記事総数:112  総PV数:74989

公開中の企業情報


株式会社ミマキエンジニアリングに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミマキエンジニアリングに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1975年設立、長野県に本社を置く企業。業務用のインクジェットプリンタや、カッティングプロッタなどの製造・販売を行っている。近年では、3Dプリンタなども手掛ける。売上高の約75%は海外市場であり、その額はここ5年で2倍に成長。連結売上高1000億円を目標に掲げる。


ヤーマン株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ヤーマン株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1978年設立。ローラー美顔器や脱毛器をはじめとした美容家電、フィットネス家電、スキンケア品などの開発・製造・販売を主な事業としている。通販や店販など、多彩な販売経路を持つ。アメリカやアジア圏に子会社、正規代理店を設けるなど、海外への進出も積極的に行っている。


田淵電機株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

田淵電機株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1925年創業。大阪府に本社を置き、太陽光発電用のパワーコンディショナや、家電などの変成器製品(トランス)といった電機製品の開発・製造を主な事業としている。ワイヤレス給電向けコイルやメガソーラー向け発電システムを開発、2013年には、ソーラーアワードを受賞した。


宮越ホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

宮越ホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1966年創業、2011年5月東証一部に上場。クラウン株式会社をはじめとした企業を傘下に持つ、持株会社である。中国深圳市の都市総合開発事業のほか、日本や中国など、アジア圏で企業やプロジェクトへの投資を主な事業としている。メイン事業が中国を拠点としているため、中国にグループ会社が多い。


養命酒製造株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

養命酒製造株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

主力製品である養命酒の製造が始まったのは、1602年。事業として設立されたのは1923年という、歴史ある企業である。現在は養命酒関連商品のほか、ハーブを使ったお酒やサプリメントなどの健康食品類も販売。養命酒が生まれた長野県に商業施設「くらすわ」も開業し、地元の銘品などを販売している。


オエノンホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

オエノンホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1924年創業。焼酎をはじめとした酒類の製造・販売を行う合同酒精株式会社などを傘下に持つ持株会社である。グループとしては焼酎業界で出荷量2位、純米酒は出荷量1位を誇る。「オエノン」の社名は、ギリシャ・ローマ神話に由来。すべてを酒に変える女神「オエノ」と多角化「オン」を目指す姿勢を合わせた意味を持っている。


丸大食品株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

丸大食品株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和29年創業。ハムやソーセージといった食肉加工品、惣菜などの製造・販売を主な事業としている。食肉業界の大手4社の1つで、業界4位のシェア率を誇る。主力製品である「燻製屋ウインナー」は、モンドセレクションで通算4回の最高金賞を受賞している。


日新製糖株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日新製糖株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

2011年に設立された日新製糖ホールディングス(株)が、子会社の日新製糖(株)と新光製糖(株)を吸収合併し、現在の社名に商号変更した。「カップ印」の砂糖のブランドで知られている。砂糖の精製販売をしているほか、スポーツクラブ「ドゥ・スポーツプラザ」の運営なども事業として行っている。


塩水港精糖株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

塩水港精糖株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

明治37年、台湾で創業。「パールエース」ブランドで知られる、砂糖の製造・販売を主な事業としている企業。2005年に三菱商事の系列となっている。オリゴ糖に関する技術に長けており、開発した「オリゴのおかげ」をはじめとする製品は、オリゴ糖ブームのきっかけともなった。


日本甜菜製糖株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本甜菜製糖株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

大正8年に創立。十勝平野の中央に総合研究所を置き、甜菜の栽培技術を生かしたビート糖などの製糖を、事業の中心としている。現在では、これまで培った技術を元に、機能性食品素材の開発や、農産物の育成に使われるペーパーポット®の製造・販売なども行っている。


東洋精糖株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋精糖株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1949年設立。砂糖の製造・販売事業を中心に行っており、みつ花印のブランドで知られている。砂糖のほかにも、機能性食品や化粧品素材の製造・販売などを行う。これらの事業で培った酵素技術を生かして、新たな素材の研究開発も積極的に行っている企業である。


フィード・ワン株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

フィード・ワン株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

2014年に持株会社として設立され、畜産用・水産用の配合飼料の製造・販売や鶏卵の生産などを事業として行っている飼料メーカー。農場の経営指導やFeed(飼料)にこだわったブランディングを行うことで、安心・安全なおいしさを届け、食の未来を創造することを目指している。


中部飼料株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

中部飼料株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和24年創業。家畜飼料や、農産業用の肥料の製造・販売を中心に事業を行っているメーカー。飼料業界内では上位に位置している。農産業・畜産業用製品以外にも、近年ではペットフードやビタミンEを強化した高栄養価の卵「ごまたまご」なども製造している。


鳥越製粉株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

鳥越製粉株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

鳥越製粉は明治10年創業の、福岡県福岡市に本社を置く製粉会社。家庭用・業務用の小麦粉の製粉や、焼酎向け精麦を主な事業としている。「使う身になって作る」こと、独創的・創造的であることがモットー。昭和35年に日本で最初にフランスパン専用の小麦粉「フランス印」を発売し、平成22年には食品産業技術功労賞を受賞した。


昭和産業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和産業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1936年創業。小麦粉の製粉や食用油の製造、家畜用の配合飼料などの製造・販売を行う。業務用商品製造が主体であるが「レンジでチンするから揚げ粉」などの家庭用商品でも有名。国内食品メーカーで唯一小麦、大豆、菜種、トウモロコシの主要4穀物を取扱い、穀物取扱量は日本一を誇る。売上高は堅調に推移し、製粉業界では第3位に位置する。


株式会社山形銀行に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社山形銀行に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

第八十一国立銀行として創立。由利銀行、楯岡銀行など複数の銀行と合併し、昭和40年に山形銀行となった。山形県内・県外合わせて80店舗以上。銀行業務のほか、グループ会社にてリース業務や信用保証業務を行っている。シンボルマークは、県の木にも指定されているさくらんぼである。


株式会社秋田銀行に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社秋田銀行に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

最初は第四十八国立銀行として開業。昭和16年に、秋田銀行や湯沢銀行と合併し新たに秋田銀行として誕生した。秋田県内外合わせて、90か所以上の店舗を構える。県内の店舗にある看板には「あきぎん」と表記。長生きの秘訣を学ぶ「あきぎん長活き学校」、秋田初のクラウドファンディング「FAN AKITA」なども運営している。


株式会社青森銀行に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社青森銀行に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

明治12年に第五十九国立銀行として創業。昭和18年に青森銀行として創立された。青森県内を中心に100か所以上の店舗を構える地方銀行である。「県内No.1の信任と存在感を持って、地方活性化をリードする」銀行であることを目指す姿として、銀行業やクレジットカード業務、信用保証業務などを行っている。


株式会社筑波銀行に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社筑波銀行に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

2010年に関東つくば銀行と茨城銀行が合併し、筑波銀行として新たに誕生した。茨城県内を中心に、県外も合わせて140店舗以上をかまえている。ロゴマークは、茨城の5つの地域と住む人々をあらわし、青色は空や海、湖を、緑色は森など茨城の自然をイメージしている。


株式会社北越銀行に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社北越銀行に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

長岡市を中心に、新潟県内に店舗を展開している県内2位の地方銀行である。明治11年に第六十九国立銀行として創業。昭和23年に改称した。略称は「ホクギン」。2018年4月に持株会社「第四北越フィナンシャルグループ」を新設して、新潟市の第四銀行(県内1位)と経営統合することで基本合意。2020年を目処に合併を検討中。