記事総数:22

公開済みの企業情報


フィンテックグローバル株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

フィンテックグローバル株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

企業が保有する債権や不動産を売却した場合に得られる利益を証券化し、企業や地域への支援を行う、ブティック型投資銀行である。公共財関連事業においては「メッツァ」という北欧テーマパーク及びムーミンのテーマパークについて出資し、2018年秋の開業に向けての取り組みを進めている。


JIG-SAW株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

JIG-SAW株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

サーバ・クラウド上における、あらゆるデバイスや機器の自動監視・自動制御のシステムを提供している企業。「インターネットをとりまく全てのモノ、コトを支え守る。」をテーマに、これからのデジタルユニバースを支えるNo.1企業を目指している。


株式会社sMedioに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社sMedioに転職するなら知っておきたい情報まとめ

sMedioはマルチメディア系のソフトウェアの開発を行っている会社である。設立当初はソフトウェア開発が中心だったが、市場の需要に柔軟に対応し、モバイルソリューション事業にも注力。さらにはIoT社会の実現に向けて日々、技術を進歩させ、現在ではワイヤレスコネクティビティやセキュリティー関連分野で高い評価を得ている。


【日本で唯一のメーカー】(株)小森コーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【日本で唯一のメーカー】(株)小森コーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

「KOMORI」のブランドで知られる印刷機メーカー。日本で唯一、紙幣印刷機を手がけており、日本のほかに、ドイツ、ナイジェリア、インド等にも納入実績を持つ。紙幣印刷の技術力を他の印刷分野などにも活用し、オフセット印刷機は国内シェアは1位、世界シェアもトップクラスである。ニューイヤー駅伝出場チームとしても馴染みが深い。


【石川県の求人多数】澁谷工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【石川県の求人多数】澁谷工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ボトリングシステム(飲料や医薬品などの液体充填システム)の製造では国内トップシェア、世界でも高いシェアを占めるメーカーである。特にペットボトルのボトリング装置はシェア100%を誇る。近年はiPS細胞などの再生医療にも力を入れており、2014年には日本初の再生医療の専門工場を新設した。本社は石川県金沢市。


【グローバルニッチトップ企業】新東工業(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【グローバルニッチトップ企業】新東工業(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

鋳造技術からスタートした、世界トップクラスの鋳造プラントメーカー。鋳造技術から得られた多くの技術やノウハウをもとに、環境保全技術やバリ取りなどの表面処理技術を磨き、事業拡大を繰り返してきた。特に表面処理に関しては国内第1位、世界第2位のシェアを誇る主力事業となっている。


ニチハ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ニチハ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ニチハは外壁材や外壁用アクセサリーを中心とした住宅用建材の大手メーカーである。創業時は中村合板の子会社としてハードボードを製造していたが、後に住友銀行(現・三井住友銀行)の支援を受けて建材メーカーとして再出発した。高級感のある洋風外壁が特徴であり、窯業系サイディング材の最大手メーカーとしての地位を確立している。


【休暇が取りやすい】ニチアス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【休暇が取りやすい】ニチアス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

保温・断熱分野のパイオニアとして出発し、110余年の歴史の中で培った技術を活かし、現在はエネルギー産業をはじめ、石油精製、石油化学、自動車、建設、住宅産業、エレクトロニクス、環境関連産業分野へと、その事業領域をグローバルに拡大。ニチアスの「断つ・保つ」技術は省エネルギー、省資源など地球環境の保全にも貢献している。


【純利益42%増】株式会社フジミインコーポレーテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【純利益42%増】株式会社フジミインコーポレーテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

フジミインコーポレーテッドは、LEDやハードディスクなどの幅広い分野の製品に対応する研磨材等の製造販売を行っている研磨剤メーカーである。半導体シリコンウエーハ製造用研磨材では世界シェアNo.1を誇る。最近ではLED・ディスプレイ用部品などの表面加工分野やパウダー技術を活かした応用分野にも取り組んでいる。


東洋炭素株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋炭素株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋炭素は等方性黒鉛などの炭素製品、セラミックス、ガス発生装置の製造を行う企業である。なかでも等方性黒鉛は1974年に日本で初めて開発に成功し、以後リーディングカンパニーとして国内シェア5割、世界シェア3割と首位を誇っている。利用用途も原子力、宇宙船、半導体、太陽電池など広く、市場規模はグローバルに拡大している。


TIS株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TIS株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TISインテックグループの事業持株会社であり、グループの中核企業。国内大手システムインテグレーターとして、業界や製品の垣根を越えてハードウェアやソフトウェアを組み合わせ、最適なシステムを提案・構築している。TISが提供するソリューションは200以上、業界内でも屈指の数を誇る。


松井証券株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

松井証券株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

松井証券は1918年創業の証券会社。1995年にインターネット証券に進出、1998年には国内初の本格的インターネット取引「ネットストック」を開始するなど、インターネット専業の証券会社として大きく成長した。2001年にはインターネット専業証券会社として国内で初めて、東証一部に上場した。


東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東海東京フィナンシャル・ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東海東京証券(株)を中心とする、東海東京フィナンシャル・グループの持株会社。証券ビジネスを中心に金融商品、サービス、ソリューションを提供している。国内14社(うち持分法適用会社4社)、海外5社のグループ会社により構成され、グローバルで幅広いサービスを提供する。


株式会社岡三証券グループに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社岡三証券グループに転職するなら知っておきたい情報まとめ

岡三証券グループ(旧・岡三ホールディングス株式会社)は、岡三証券や岡三オンライン証券など国内9社、海外1社にて構成する持株会社である。岡三証券を中心に地域に根差した証券ビジネスを展開し、岡三オンライン証券によるネット専業証券や投資顧問業務など投資に関する幅広い事業を展開している。


日産化学工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日産化学工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1887年に当時の財界人たちが発起人となり、日本初の化学肥料製造会社として誕生した「東京人造肥料会社」を前身とする化学メーカー。現在は半導体などの機能性材料や化学品、農薬などの農業化学品、医薬品などを中心に展開し、研究・開発を進めている。


昭和電工株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和電工株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和電工は石油化学やエレクトロニクスなどを手掛ける化学工業会社。もともと森コンツェルンの中核企業だった日本電気工業と、味の素の傘下にあった昭和肥料とが合併し、設立された会社である。国産アルミニウム工業化を成功させた企業であることでも知られている。


株式会社スズケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社スズケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

スズケンは、医薬品卸売や医療機器・材料の製造、保険薬局の経営や開業支援、医療・介護食品などを中心に行っている会社である。日本において医薬品流通業の中核を担っていると言っても過言ではなく、特に卸売に関しては卸大手4社の一角を占めている。


大日本住友製薬株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

大日本住友製薬株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

大日本住友製薬株式会社は、住友化学株式会社の連結子会社で、住友グループ広報委員会にも参加する製薬メーカーである。2005年に大日本製薬と住友製薬が合併し、誕生した。主に向精神薬領域やがん治療領域、循環器・糖尿病領域を中心に新薬の研究・製品開発を進めている。


協和発酵キリン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

協和発酵キリン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

協和発酵キリン(元・協和発酵工業株式会社)は、医療用医薬品の研究・開発やバイオケミカル事業等を行う、総合バイオメーカーである。主に医療機関で投与されるがん治療薬や貧血などの治療薬を手掛けている。キリンホールディングスの子会社で、キリングループに属する。


株式会社ユー・エス・エスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ユー・エス・エスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

事業として中古車オークションを行う会社の中では草分け的存在であり、業界全体で3割のシェアをもつトップ企業。全国各地にオークション会場を開設している。子会社には中古車買取専門店「ラビット」を展開する株式会社ラビット・カーネットワークや、バイクオークションを運営する株式会社ジャパンバイクオークションなどがある。