記事総数:14  総PV数:69857

公開中の企業情報


「AI採用」で得をするのは、頭はいいけど暗い人? 印象評価からデータ重視の選考へ

「AI採用」で得をするのは、頭はいいけど暗い人? 印象評価からデータ重視の選考へ

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第14回。AI(人工知能)に仕事が奪われると危機感を煽る意見がある一方で、人間がやるよりも仕事の質が高まるという指摘もあります。それでは企業の「採用選考」はどう変わるのでしょうか。得をする人がいれば、もしかすると損をしてしまう人もいるかもしれません。

悩まないキャリアの歩き方


「なりたい自分」の諦め方 きちんと絶望するから希望が生まれる

「なりたい自分」の諦め方 きちんと絶望するから希望が生まれる

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第13回。日々の仕事に打ち込めず、「自分はここにいてよいのか」と悶々とする思いを抱えている人はいないでしょうか。そんな人たちに曽和氏は、自らの体験とともに、夢を「きちんと諦める」ことでようやく自分が「何か」に近づくことができると説いています。

悩まないキャリアの歩き方


「優秀な人から辞めていく」のは本当なのか?「早熟な転職」にはリスクもある

「優秀な人から辞めていく」のは本当なのか?「早熟な転職」にはリスクもある

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第12回。会社でよく聞く「優秀な人から辞めていく」という定説を疑います。売り手市場の中で転職する人が増えていますが、残ることによる利益も踏まえる必要があるでしょう。

悩まないキャリアの歩き方


社長になるにはどうすればいい? 出世に近づく「3つの道筋」

社長になるにはどうすればいい? 出世に近づく「3つの道筋」

どうせ働くならヒラより社長! 社長になるにはどうすればいい? 出世の近道は? 人材研究所代表・曽和利光氏の連載第11回。今回は社長になる3つの道筋について検討してもらいました。キャリアを考える上で「社長になる」という選択肢を置いてみると、会社員として働くのとは違った風景が見えてくるかもしれません。

悩まないキャリアの歩き方


リクルートのOBOGに学ぶ「よいキャリア」を歩むポイント

リクルートのOBOGに学ぶ「よいキャリア」を歩むポイント

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第10弾。リクルートの人たちがどんな考えて転職に望んでいるか、3つのポイントをまとめてもらいました。「市場価値より一品モノを目指せ」という考え方は、みなさんにも使えるのではないでしょうか。

悩まないキャリアの歩き方


残業のない会社は単純に「良い会社」といえるのか?

残業のない会社は単純に「良い会社」といえるのか?

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第9弾。「働き方改革」がいつの間にか「働かない改革」になっている昨今ですが、これで本当に生産性の問題は解決するのでしょうか。曽和氏はあえて「残業にも一分の理はある」とし、仮に残業をなくすとしても会社として補うべきものがあると指摘します。

悩まないキャリアの歩き方


悪用厳禁! 転職面接で「前の会社の悪口」をキレイに言う方法

悪用厳禁! 転職面接で「前の会社の悪口」をキレイに言う方法

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第8弾。転職面接では「前職の悪口は言うな」というのが鉄則ですが、転職の動機を尋ねられたり、批判的な内容を言わないと話が矛盾したりする場合には、「前の会社の悪口」を言わざるを得ないときもあるでしょう。そのときは、どのように乗り切ったらよいのでしょうか。

悩まないキャリアの歩き方


「自分を引き上げてくれる人」を作れ! 能力や実績だけでは「出世」はできない

「自分を引き上げてくれる人」を作れ! 能力や実績だけでは「出世」はできない

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第7弾。最近の若い人は「出世」に興味がないと言いますが、曽和さんは「正しいことをしたければ偉くなれ」という『踊る大捜査線』の名台詞を引用し、正当な自己アピールの必要性を説きます。

悩まないキャリアの歩き方


転職を見据えた「筋のいい年収アップ」と「筋の悪い年収アップ」の見分け方

転職を見据えた「筋のいい年収アップ」と「筋の悪い年収アップ」の見分け方

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第6弾。今回は「年収アップ」を目指した転職の落とし穴について解説します。自分の実力と報酬が見合っていないと感じている方に、一読をおすすめします。

悩まないキャリアの歩き方


希望の職種に異動したければ、上司に「絶対異動させないで」と言えるようになろう

希望の職種に異動したければ、上司に「絶対異動させないで」と言えるようになろう

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第5弾。いまの仕事を変えたい、希望する人気部署に異動したいと思ったら、かえって目の前に打ち込んだ方がいいという「逆説」について解説します。

悩まないキャリアの歩き方


「市場価値」で仕事を選ぶ落とし穴 その道を目指す人が増えれば希少価値が下がる

「市場価値」で仕事を選ぶ落とし穴 その道を目指す人が増えれば希少価値が下がる

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第4弾。今回はキャリア開発の場面でよく言われる「市場価値」について。当たり前のように使われる言葉ですが、本当に大事なことなのでしょうか。

悩まないキャリアの歩き方


「あなたの強みを教えてください」は、下手な面接担当者ほどよく聞く質問である

「あなたの強みを教えてください」は、下手な面接担当者ほどよく聞く質問である

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第3弾。今回は採用面接でよく聞かれる「あなたの強み、弱み」について、安易に尋ねる採用担当者を牽制し、応募者に対応の心構えを授けます。

悩まないキャリアの歩き方


「そんな志望動機なら、ウチじゃなくてもいいよね?」とアホな面接担当者が詰めてきたときの返し方

「そんな志望動機なら、ウチじゃなくてもいいよね?」とアホな面接担当者が詰めてきたときの返し方

人材研究所代表の曽和利光氏が贈る新連載の第2弾。京都大学で学んだ心理学とリクルート人事部GMなどとして2万人を面接した経験を踏まえて、キャリアの悩みにアドバイスします。

悩まないキャリアの歩き方


就活や転職に悩む若い人たちは「やりたいことの捏造」に時間をかけてはいけない

就活や転職に悩む若い人たちは「やりたいことの捏造」に時間をかけてはいけない

人材研究所代表の曽和利光氏が贈るコラムの新連載が始まりました。タイトルは「悩まないキャリアの歩み方」。京都大学で学んだ心理学とリクルート人事部GMなどとして2万人を面接した経験を踏まえて、キャリアの悩みにアドバイスします。

悩まないキャリアの歩き方