記事総数:10

公開中の企業情報


【広告営業への転職】「広告代理店」はなぜ必要なのか?

【広告営業への転職】「広告代理店」はなぜ必要なのか?

「コンテンツのあるところに広告あり」という言葉をベースに、広告枠の買い付けと広告制作を代行する広告代理店の仕事を整理します。これを頭に入れておくことで、どのようなキャリアの人がどこに転職できるのかが分かるようになります。


株式会社博報堂の営業職(アカウント・エグゼクティブ)経験者Fさんが語る「転職のススメ」

株式会社博報堂の営業職(アカウント・エグゼクティブ)経験者Fさんが語る「転職のススメ」

クライアントの要望に応じて、必要となる人材やスキルも刻々と変化する広告業界。アカウント・エグゼクティブを経験したFさんによると、転職希望者にはADKや東急エージェンシーなど同業他社の出身者のほか、ロジックを持って資料作りとプレゼン実績のあるコンサル経験者にも向いているという。


株式会社博報堂の営業職(アカウント・エグゼクティブ)経験者Eさんが語る「転職のススメ」

株式会社博報堂の営業職(アカウント・エグゼクティブ)経験者Eさんが語る「転職のススメ」

広告代理店のAE(アカウント・エグゼクティブ)といえば、担当する法人クライアントの広告統括責任者。広告のことなら何でもカバーし、媒体や領域を問わず要望に応える役目を担っています。そんなAEを担当していたEさんの体験談です。


「学べるリミット40歳」に反発の声 糸井重里さんも否定「折り返し点は65歳で、ずっと伸び盛り」

「学べるリミット40歳」に反発の声 糸井重里さんも否定「折り返し点は65歳で、ずっと伸び盛り」

今年1月17日付けの日経新聞「IoTが崩す転職35歳限界説」には、「最新技術を持っていれば40~50代でもあっという間に行き先が見つかる」という求人サービス幹部の発言があった。転職可能性は年齢ではなく、どれだけの仕事ができるかということであり、学びの姿勢と大いに関係があるのではないか。


株式会社博報堂の営業職(法人営業)経験者Cさんが語る「転職のススメ」

株式会社博報堂の営業職(法人営業)経験者Cさんが語る「転職のススメ」

転職希望者にも人気の高い、広告業界2位の博報堂。正社員になるのは新卒以外ではかなり難しそうだが、契約社員であれば中途採用も道があるのだとか。営業職では可能性が比較的高いとはいえ、やはり即戦力が求められる。前職で経験を積み、実績を残してから臨むのがいいだろう。


株式会社博報堂の営業職(アカウントプラナー)経験者Aさんが語る「転職のススメ」

株式会社博報堂の営業職(アカウントプラナー)経験者Aさんが語る「転職のススメ」

広告代理店では、法人クライアントとの接点である営業職を「アカウント・エグゼクティブ(AE)」と呼ぶが、その右腕として現場リーダーの役割を担うのが「アカウントプラナー」だ。博報堂でこの職として働いていた30代男性に内情を明かしてもらった。


【体育会系注目】「電通の中途採用」は、やはり狭き門なのか 現役社員が語る「2017年最新事情」

【体育会系注目】「電通の中途採用」は、やはり狭き門なのか 現役社員が語る「2017年最新事情」

社員の自殺が労災認定され、社会問題となった株式会社電通。2017年1月に就任した山本敏博社長は「労働環境の改革」を最優先の経営課題に掲げたが、その影響で新たな採用が増えているという噂は本当なのか。現役の電通社員に内情を聞いた。


電通の中途採用は「優秀だけでなく、予想外な実績を出してくれそうな人物」を期待される

電通の中途採用は「優秀だけでなく、予想外な実績を出してくれそうな人物」を期待される

さまざまな社会問題もありながら、転職希望者の人気が高い株式会社電通。その中で働くということは、どんな生活になるのか。数年前まで契約社員として働いていた30代女性のAさんに、社内から見た様子を語ってもらった。


超人気企業・電通への転職成功談――ネット掲示板の書き込みから「キャリアアップの抜け道」を探る

超人気企業・電通への転職成功談――ネット掲示板の書き込みから「キャリアアップの抜け道」を探る

世界屈指の規模を誇る広告代理店、電通。過労自殺事件後に就任した山本敏博・新社長は、「労働環境の改革」を最優先の経営課題に掲げた。もしかすると働き方の見直しとともに、増員が必要となる部署があるかもしれない――。そんな電通への中途採用をねらう人が注目するのが、2014年11月に2ちゃんねるに登場した、とあるスレッドだ。


【海外事業54%】株式会社電通に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【海外事業54%】株式会社電通に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京・汐留に本社を置く日本最大の広告会社。連結売上高は2兆円を超え、国内2位の博報堂の約2倍、3位のADKの約4倍を誇る。広告会社単体で世界最大の売上規模で、グループとしては5位。売上総利益に占める海外事業の割合は54.3%。社長の過労自殺に伴い交代した新社長は「最優先の経営課題は、労働環境の改革」と述べている。