不動産・建設

不動産、建設、住宅に携わる会社です。

不動産・建設に関連するキーワード

不動産
>>不動産・建設に関連するキーワード一覧

不動産・建設の企業情報一覧

株式会社大林組に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大林組に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大林組は、1892年創業の大手総合建設会社。創業以来、竹中工務店、奥村組、錢高組、鴻池組と並び大阪に拠点を置いていたが、2010年、登記上本店を東京に移転。業績は、国内建設市場の回復や生産性の向上を背景に順調に上向き、2016年度は過去最高益となっている。


鹿島建設株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

鹿島建設株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称「鹿島」。スーパーゼネコン、日本の最大手総合建設会社である。国内大手ゼネコンとしては、五本の指に入る。1880年(明治13年)創立、さらにその源流は、1840年(天保11年)の大工の棟梁、鹿島岩吉にまで遡る。超高層ビルなどの建築、インフラなどの土木を中心に、海外プロジェクトや、姫路城保存修理なども手掛ける。


日本工営株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本工営株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区に本社がある日本で最大手の建設コンサルタント。2016年度売上高は1000億円を越え、5期連続の増収となっている。コンサルタント分野は水資源、都市開発、交通運輸、防災など多岐に渡る。海外でも展開しており、これまでに156ヶ国でプロジェクトに携わってきている。


住友林業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

住友林業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業1961年の住友林業グループの会社。国内山林の経営、バイオマス発電事業などの資源環境事業、木材建材事業をはじめとする自然素材「木」を生かした住生活に関するあらゆるサービスを提供する。現在では木材・建材事業よりも住宅・不動産事業での売り上げが大きくなっている。


TOTO株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TOTO株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

衛生陶器・住宅設備機器を製造する国内メーカー。日本において衛生陶器の分野で約6割のシェアがある。TOTOによって初めて発売されたユニットバスをはじめ 、ウォシュレットなど多彩な商品を扱っている。それに加えて、「トルネード洗浄」など独自の技術を活かした製品づくりも行っている。


大成建設株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

大成建設株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

大成建設は東京都新宿区に本社を構え、「地図に残る仕事」を掲げ140年に及ぶ歴史の中で、社会の基盤を支える社会貢献性の高いプロジェクトを数々手がけるスーパーゼネコン5社の一角である。超高層ビルやダム、橋、トンネル、地下鉄などの大規模な建築土木工事に強みを持つ。


日揮株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日揮株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

主にプラントの設備や製造をする企業、本社は神奈川県横浜市にある。主力は総合エンジニアリング事業で売上高の90%以上を占めている。1928年の創業以来、世界80ヶ国で参画してきたプロジェクトは2万件を越えている。最近では蓄積したノウハウを元にビッグデータ・ソリューション事業も行っている。


株式会社ランドビジネスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ランドビジネスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

不動産賃貸事業を主とし、中央・千代田・港区を中心に立地するオフィス「プラザシリーズ」、付加価値を高めた特徴ある賃貸住宅「ラナイシリーズ」などの物件を提供している。平成17年にジャスダック上場後翌年に東証二部、さらに翌年には東証一部に上場した。本社は霞が関ビル、平均給与1000万超えというデータも見逃せない。


グランディハウス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

グランディハウス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

住宅設計・建築、宅地開発・分譲を行う企業。本社を栃木県に置き、北関東で事業展開するハウスメーカーで唯一の東証一部上場企業である。群馬県、茨城県、千葉県にグループ企業を設立し、新築住宅だけでなく、成長分野として注目されている中古住宅やマンションの流通事業も手がけるなど、積極的にシェア拡大を図っている。


京阪神ビルディング株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

京阪神ビルディング株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

8棟のオフィスビル・5棟のウインズビル・7棟のデータセンタービルの他、6棟の商業施設と物流倉庫の管理を行う。平成28年3月期の売上高は149億3000万円で、前期より7700万円アップ。同期営業利益は前期より1億5100万円増の51億1800万円。当期純利益も前期より8億7700万円アップし36億1000万円となった。


株式会社シーアールイーに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社シーアールイーに転職するなら知っておきたい情報まとめ

物流不動産事業を行っているシーアールイー。不動産借り上げを行うマスターリース事業から、情報ネットワークを駆使したリーシング事業まで、幅広く取り扱っている。2016年7月期の決算では、物流施設の売却により物流投資事業における売上高や営業利益が大幅に伸びている。


株式会社テーオーシーに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社テーオーシーに転職するなら知っておきたい情報まとめ

TOCビルやTOCみなとみらいなど10棟以上のビル管理を行う不動産事業やランドリー事業などを行う。第50期(平成28年度)は、売上高(214億100万円)、経常利益(59億8500万円)ともに第49期を上回った。不動産事業の売上高は171億9600万円で、事業部門別売上高の80%を占める。


株式会社日本エスコンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社日本エスコンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本エスコンは1995年に創設された不動産会社で、主に不動産販売・不動産賃貸業務に携わっているが、不動産に関わる企画やコンサルティング業務にもその範囲を広げている。各種商業施設や医療機関、ホテルといった大規模な不動産開発に対しても強みを持つ総合的なデベロッパーである。


エコナックホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

エコナックホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

エコナックホールディングスでは不動産事業の他にも、子会社である株式会社テルマー湯で平成27年8月から温浴事業を行っている。さらに、もう1つの子会社である日本レース株式会社では、繊維事業において刺繍レースなどを取り扱っていることに加え、化粧品事業においてはさまざまな化粧品やシャンプーなどを取り扱っている。


日本管理センター株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本管理センター株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

オーナーと同じ目線で賃貸住宅の運営を目指し、賃貸住宅に関する保証やアパート・マンションの管理を主体に事業を展開している。“ポストアパートメーカー”をコンセプトに、リフォーム会社や工務店、ハウスビルダーとのパートナー提携によりリフォーム・管理・仲介まで一貫して提供し、収益や入居率向上のためのプロパティマネジメントを行う。


穴吹興産株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

穴吹興産株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

香川県に本社を構えている総合不動産会社。普段は「あなぶき興産」と表記しているため、この表記で会社名を認知している人も多い。分譲マンションのアルファシリーズが有名。もともとは穴吹工務店のグループ企業の一員であったが、その後独立して分譲マンション事業では穴吹工務店とも競合している。


株式会社FJネクストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社FJネクストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

マンションの販売を中心に据えて事業を行っている企業。開発・販売・運営・管理といった事業に着手しており、様々な業務が多くの人に利用されている。この他にも旅館事業等も営んでおり、不動産に関する事業に関しては少なくない存在感を誇っている企業といえる。


株式会社サンヨーハウジング名古屋に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サンヨーハウジング名古屋に転職するなら知っておきたい情報まとめ

サンヨーハウジング名古屋は、1989年に愛知県で創業された不動産会社で、主に戸建住宅事業、マンション事業、一般請負工事事業を手がけている。社名に「名古屋」と入っているものの、その営業範囲は東海地区のみならず、大阪、兵庫、石川まで幅広くエリアを拡大している。


ファースト住建株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ファースト住建株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

兵庫県で平成11年に創業された住宅メーカーで、戸建分譲事業・注文住宅事業・マンション事業などを幅広く手がけている。高品質・低価格な住宅の提供にこだわり、関西地方における住宅供給実績はトップクラス。着実な業績向上を背景として名古屋・広島・福岡、さらには関東圏などにも進出している。


株式会社ランドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ランドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

「ライオンズマンション」で知られる大京出身の松谷氏により1996年に設立された不動産会社。「ランドシティ」ブランドのマンション販売を中核としていたが、近年では高齢者介護などのサービスを付加した高価値型のシニア向け住宅販売でも事業展開を始めている。