機械

自動車、建機・工機、重機・造船、電機・電子に携わる会社です。

機械に関連するキーワード

電機・電子 自動車関連
>>機械に関連するキーワード一覧

機械の企業情報一覧

【福利厚生に強み】本田技研工業(ホンダ)の管理部門の勤務経験者が語る「転職のススメ」

【福利厚生に強み】本田技研工業(ホンダ)の管理部門の勤務経験者が語る「転職のススメ」

「ホンダ」のブランドで知られ、グローバルに事業展開する自動車メーカー、株式会社本田技研工業。二輪車では世界No.1。「有給休暇取得率ランキング」(東洋経済新報社調べ)で5年連続第1位に輝いており、働きやすい環境といえそうだが、年功序列のため「若手にとっては厳しい会社」という声もある。


株式会社安川電機に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社安川電機に転職するなら知っておきたい情報まとめ

安川電機を代表する製品の1つに産業用ロボットがある。全電気式産業用ロボットを日本で初めて発売したのも安川電機で、産業用ロボットの分野は世界トップクラスと言われている。さらに、産業用ロボットの他にも、ACサーボモータやインバータといった製品も取り扱っている。


DMG森精機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

DMG森精機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

工作機械製造の歴史もあるが、急伸しているのは「数値制御(NC)」の機械工作である。その中で、DMG森精機の機械事業の中心は、CNC旋盤やマシニングセンタなどの中型機。海外では、アメリカ、中国、ドイツ、ポーランド、イタリア、ロシアでも製作しており、日本では、奈良県大和郡山市、三重県伊賀市を拠点として製造している。


株式会社ニコンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ニコンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

光学機器、関連装置の製造・販売を手がける大手光学機器メーカー。1917年の創業以来、光学技術のパイオニアとして、デジタルカメラ、交換レンズなどの映像関連製品やその周辺領域の製品・サービスを提供する映像事業を主力とする。産業用精密機械分野では、半導体露光装置、FPD露光装置などの製造・販売を行っている。


シスメックス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

シスメックス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

兵庫県に本社を構える医療機器メーカーである。検体検査機器に強みを持ち、ヘマトロジー(血球計数分野)、血液凝固分野、尿検査分野では、市場シェア1位を誇っている。さらに、売上の約8割が海外というグローバルな企業でもあり、世界190カ国以上に製品やサービスを提供している。


株式会社JVCケンウッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社JVCケンウッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

映像技術、音響技術、無線技術、音楽・映像ソフトを手掛ける企業である。映像機器等で知られる日本ビクター、音響機器等で知られるケンウッドの合併により誕生した。現在は、カーナビゲーションやカーオーディオ、ドライブレコーダー等の分野が主力であり、売上の約半数を占めている。


ブラザー工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ブラザー工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

プリンターやミシンなどを製造するブラザー工業株式会社。実は売上の90%近く(連結では75%)が日本国外であり、日本国内よりも北米やヨーロッパでブランド力が高い企業である。特に、この企業の代表的な製品として広く知られているミシンについては、世界トップクラスのシェアを誇っている。


オムロン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

オムロン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

京都に本社を構える大手電気機器メーカー。一般消費者には、健康医療機器などでお馴染みの超有名企業である。端的な例は家庭用電子血圧計であり、世界トップシェアだ。ただ、オムロンの真価は、産業機器、電子部品、車載電装部品などに見られる。ATM、自動改札機などもこの企業の成果である。ベンチャースピリット溢れる企業として知られる。


セイコーエプソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

セイコーエプソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

情報関連機器、精密機器のメーカーで長野県諏訪市に本社がある。製品のブランドは「エプソン(EPSON)」でプリンターや、プロジェクタ、パソコンといった情報関連機器や電子デバイス部品の製造を行っている。「セイコーグループ中核3社」の1つとされ、腕時計の開発・生産も行っている。


株式会社豊田自動織機に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社豊田自動織機に転職するなら知っておきたい情報まとめ

愛知県刈谷市豊田町に本社を置く日本の機械メーカー。世界に誇る自動車メーカー「トヨタ自動車」の本家にあたる。1926年(大正15年)創業。自動織機製造がメインであったが、現在では自動車製造やエンジン開発など多岐に渡る事業領域を持っている。フォークリフトとカーエアコン用コンプレッサーで世界トップシェア。


川崎重工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

川崎重工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

神戸に本社を置き、100年以上の伝統を持つ明治創業の名門重工業会社。100を超える関連企業と手を携える。造船会社として始まったが、航空、鉄道、モーターサイクルなど、事業分野は多岐にわたる。総合重工業として、航空技術を新幹線に応用するなどの応用力が強み。


ヤマハ発動機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ヤマハ発動機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ヤマハ発動機は静岡県磐田市に本社を構えるオートバイを中心に船舶エンジンや自動車エンジン、電動自転車、産業用ロボットなどを製造するメーカーである。モータースポーツはもちろん、サッカー、ラグビーなどスポーツチームの親会社でもある。Jリーグ・ジュビロ磐田は同社が親会社。


株式会社IHIに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社IHIに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社IHIは東京都江東区に本社を構える建設機械・プラントメーカー。旧社名は石川島播磨重工業株式会社であり、頭文字をとって現社名に。造船や橋・トンネル建設から建機まで幅広く手がけるが、近年では航空機エンジンや宇宙産業など幅広く手がける創業160年以上を誇る老舗企業。


株式会社シマノに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社シマノに転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業は大正10年。自転車部品、釣具、ボート用品の製造を主要な事業とし、自転車パーツメーカーとしては世界最大である。2017年発売のマウンテンバイクコンポーネント「DEORE」と「ULTEGRA」はともに好調で、自転車文化などへの更なる貢献に努めている。2021年3月には創業100年を迎える。


アイシン精機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アイシン精機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車部品の開発と生産をベンチャー的に行なう。自動変速機(オートマチックトランスミッション)は世界トップレベル。トヨタグループだけでなく、国内外のブレーキシステムやトランスミッション、ドア周り、エンジン関連、GPSカーナビゲーションなども生産している。世界初のボイスカーナビゲーションの開発でも知られている。


株式会社島津製作所に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社島津製作所に転職するなら知っておきたい情報まとめ

「科学技術で社会に貢献する」という社是のもとに、1875年に京都で創業して以来、創業者のパイオニア精神を受け継ぎ、140年にわたって分析機器、計測機器、医用機器、航空機器を柱に製造事業を展開する。


株式会社モリタホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社モリタホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

生命・財産を火災から守るという理念のもと100年以上消防車を供給し続け、2017年現在、国内でトップシェア。自然環境を守るためのリサイクルプラントやごみ処理機器の分野にも力を入れている。1997年に株式会社モリタへ社名を変更し、2008年に持株会社体制へと移行した。


三櫻工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三櫻工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称は「三桜工業」輸送用機器を製造しており、各種チューブの加工品は国内シェアトップクラス。グローバルな事業展開をしているのが特徴で、23か国88か所に製造拠点を持っている。また、自動車部品を加工する設備も自社で作成している。新製品開発の際の解析や設計技術向上にも力を入れており、コスト低減を実現した。


サノヤスホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

サノヤスホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1911年に造船業として創業し、1990年に建設用機器を製造していた菱野金属工業と合併、その後レジャー関連企業の明昌特殊産業とも合併した。2012年に持株会社に体制を移行し、組織の再編を行った。造船事業と建機事業を主軸に、さらなる発展を目指している。


ニチユ三菱フォークリフト株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ニチユ三菱フォークリフト株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

国内で初めてバッテリーフォークリフトの開発に成功、国内市場を中心に事業を展開してきた。2013年に日本輸送機株式会社と、会社分割した三菱重工業のフォークリフト事業部が統合し、商号を変更した。三菱重工業グループに所属しており、フォークリフト業界のシェアは国内第2位。