機械

自動車、建機・工機、重機・造船、電機・電子に携わる会社です。

機械に関連するキーワード

電機・電子 自動車関連
>>機械に関連するキーワード一覧

機械の企業情報一覧

河西工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

河西工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車用内装トリムをメインとした、自動車用内装部品メーカー。ドアトリムは国内トップシェアを誇り、ラゲッジトリムの他、防音部品やその他車体部品などを企画開発から生産まで一貫して行っている。2015年度の顧客別売上シェアは日産64.8%、本田21.9%、トヨタ8.1%となっている。


株式会社今仙電機製作所に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社今仙電機製作所に転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車用ランプ、シートアジャスタ等の多様な自動車部品を主力とするメーカー。独立系で製品開発から製造販売までを行っており、事業別では自動車部品関連事業が90%以上を占めている。また、航空機関連のワイヤーハーネス事業や、電動車いす関連の福祉機器事業なども行っている。地域別の売上高は日本と北米が構成比の6割を占める。


株式会社ショーワに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ショーワに転職するなら知っておきたい情報まとめ

埼玉県行田市に本社を置く大手自動車部品メーカーで、二輪車用ショックアブソーバにおいては世界シェアNo.1。主な顧客は本田技研で2015年度の全体の売上収益2582億円に対して1565億円を越えている。地域別に見るとアメリカでの売上収益が755億円とトップで、次いで日本の578億円となっている。


株式会社エクセディに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社エクセディに転職するなら知っておきたい情報まとめ

エクセディは、AT車用部品のトルクコンバータとMT車用部品のマニュアルクラッチで世界トップクラスのシェアを誇る企業である。地域別の売上高は日本に次いでアジア・オセアニアが多く、企業のグローバル化が進んでいる。女子卓球部は日本卓球リーグにおける強豪チームとしても知られており、2015年より1部リーグに昇格した。


愛三工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

愛三工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車の燃料系・吸排気系製品(主に燃料ポンプモジュール、スロットルボデー、キャニスタ、エンジンバルブなど)の専門メーカー。親会社のトヨタ自動車と共同で液化石油ガス (LPG) エンジンを使用した自動車(LPG自動車)の開発を行っている。陸上競技部と自転車競技部の存在が広く知られている。


株式会社ヨロズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ヨロズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

設立1948年のサスペンションを主体とする自動車部品メーカー。サスペンション事業では、国内メーカーのほか、海外メーカー向けにも出荷をしており、国内トップシェアを誇る大手企業。社名は元々「萬」であったが現代に入り、誰でも読めるように親しみを込めてカタカナ表記へと変更した。


株式会社エフ・シー・シーに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社エフ・シー・シーに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1939年に設立されたクラッチメーカー企業。自動車・オートバイのクラッチで二輪業界では世界首位のシェアを誇る。また、オートバイに関しては国内四大メーカーであるホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキにクラッチを供給しており、国内シェアは100%のトップメーカー。


株式会社ジャムコに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ジャムコに転職するなら知っておきたい情報まとめ

航空機用内装品の製造・販売、航空機の整備を行う企業。主軸の内装品事業では、ギャレー(厨房設備)やラバトリー(化粧室)の製造において世界トップクラスのシェアを占める。ボーイング社やエアバス社など100社を超える世界のエアラインを取引先とし、航空業界を独自の技術力でリードする。


株式会社ケーヒンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ケーヒンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

本田技研工業系列では最大手を占める、エネルギーマネジメントの総合システムメーカー。2015年度は本田技研から取引優良感謝賞4部門のうち5つの賞を受賞している。二輪車のキャブレター技術は世界トップシェアを誇り、四輪車でもガソリン車に加えてハイブリッド車向け製品や代替燃料など、多様なニーズに対応可能な製品を生み出している。


【Hondaフィロソフィー】本田技研工業株式会社(ホンダ)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【Hondaフィロソフィー】本田技研工業株式会社(ホンダ)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

「ホンダ」のブランドで知られる、日本の大手輸送機器及び機械工業メーカー。世界最大の二輪・四輪メーカーとして、368社の連結子会社と83社の持分法適用会社(2016年3月末日現在)を擁している。事故ゼロ社会の実現に向け、様々な技術の研究、開発を進めている。


日本車輌製造株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本車輌製造株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

鉄道車両製造のトップメーカーである日本車両は、新幹線等の輸送用機器だけではなく、道路橋・鉄道橋・水門等のインフラや建設機械・発電機等の「大型」と呼ばれる機器も生産している企業である。国内のみならず、海外へも鉄道車両を輸出し、鉄道の発展に寄与している。


プレス工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

プレス工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1925年創業の、神奈川県にある自動車部品・建設機械部品メーカー。小型トラックから大型の業務用トラックまで幅広い車種に対応した製品を製造している。また尾道工場ではマツダ社の製品組み立ても請け負っている。2016年3月期の売上高は1958億600万円。


株式会社名村造船所に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社名村造船所に転職するなら知っておきたい情報まとめ

国内屈指の造船会社として知られている名村造船所は、積載荷重30万トン級のタンカー、バルクキャリアーなどの大型商船を手掛ける会社で、世界の海で活躍する船舶を造りだしている。その技術は橋梁、大型鉄構構造物、浮体構造物といったインフラ製造等、多岐にわたる。


武蔵精密工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

武蔵精密工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

武蔵精密工業は主に自動車・二輪車の部品を製造する企業である。本社は愛知県。車両の足廻りに当たる部品の製造に長けており、関連企業である本田技研工業に対するシェアではトップである。また、モータースポーツ「MuSASHi-RT HARC-PRO」やBリーグ「三遠ネオフェニックス」のスポンサーとしても知られる。


新明和工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

新明和工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

新明和工業は川西航空機を前身とする輸送機器製造会社である。本社所在地は兵庫県。川西航空機当時から航空機製造の有力企業であり、現在も海上自衛隊への航空機供与を行う。一方、塵芥車などの特装車なども製造し、売上高比率では航空機製造を上回る規模となっている。


カルソニックカンセイ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

カルソニックカンセイ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

カルソニック社とカンセイ社が合併することにより誕生。多くの自動車会社を取引先とする品質の高い自動車部品を販売している企業として知られている。現在は日本だけにとどまらず、海外にも製作の拠点を作っており、グローバルな展開を行っている企業である。


極東開発工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

極東開発工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

極東開発工業株式会社は特装車事業・環境事業・パーキング事業の3事業を軸に展開する総合メーカーである。本社所在地は兵庫県。特に特装車事業を主力としており、コンクリートポンプ車シェア国内1位・タンクローリ国内1位・ダンプトラック国内2位・ゴミ収集車国内3位などの実績を誇る。


日信工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日信工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日信工業株式会社は四輪車及び二輪車向けブレーキ装置及びアルミ製品等の開発、製造、販売を主力とする自動車部品メーカーである。本社所在地は長野県東御市。国内外の多種のメーカーに部品供給を行っており、二輪車向けブレーキ装置のシェアは世界トップを誇る。


トピー工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

トピー工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

トピー工業株式会社は分類上、電気炉メーカーに該当する鉄鋼メーカーである。本社は東京都品川区。自動車用ホイールなどを中心に自動車・建設機械用部品を製造する輸送用機器メーカーも兼ねている。特にスチールホイールでは国内トップ、アルミホイールでは国内2位のシェアを誇る。


曙ブレーキ工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

曙ブレーキ工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の自動車部品メーカーで各完成車メーカーへ供給している。本社を埼玉県、本店(グローバル本社)を東京都中央区に置く。ブレーキ製品を主に製造し、ブレーキパッドの日本および米国市場では4割のシェアを誇る。また、自動車に留まらず新幹線や鉄道への部品供給でも長い歴史を有している。