機械

自動車、建機・工機、重機・造船、電機・電子に携わる会社です。

機械に関連するキーワード

電機・電子 自動車関連
>>機械に関連するキーワード一覧

機械の企業情報一覧

中外炉工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

中外炉工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

「サーモテック」と呼ばれる熱技術を中心に、エネルギー、情報・通信、環境保全の3分野で事業を展開している。“製品”としては、自動車・機械部品の熱処理炉から大気浄化用の排ガス処理装置まで、非常に幅広くラインナップが揃う。設立は1945年、大阪市に本社を置き、東京、名古屋に支社を構える。中国、インドネシアなど海外にも進出。


【平均年収1318万円】ファナック(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【平均年収1318万円】ファナック(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

世界4大産業用ロボットメーカーのひとつで、全世界の工場の自動化に貢献している。1956年に日本で民間初の NC(数値制御装置)とサーボ機構の開発に成功し、世界シェアの約5割、産業用ロボットの世界シェアトップを誇る。国内生産にこだわり、山梨県の本社工場でほぼ全量を製造している。[fanuc]


株式会社アドバネクスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アドバネクスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

精密ばねを専門とする金属加工部品のメーカー。小さい、かつ精密な部品を得意とする企業。製品は自動車部品、OA機器部品など、身の回りの製品に使われている。線ばね、板ばねなどの製造のほか、フォーミング、深掘り、インサート成形といった技術を持つ。「ADVANCE」と「NEXT」の掛け合わせが社名の由来である。


三益半導体工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三益半導体工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

半導体産業用の素材を生産する企業。半導体の需要が今日ほどまだない頃からシリコンウエハーの加工を手がけている。世界最高レベルのクリーンルームを工場を有し、安定した生産体制を構築している。長年蓄積された半導体加工のノウハウを活かし、再生ウエハーの分野では世界一のシェアを誇る。


大同工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

大同工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

二輪・四輪車や産業用機械など部品の製造・販売をしている会社で、本社は石川県加賀市にある。ブランドである「D.I.D」のオートバイ用チェーンは世界トップシェアを誇る。2015年度の売上高は453億2600万円で3期連続増。チェーンやリムホイールの他にも福祉機器としていす式階段昇降機「楽ちん号」等も手掛けている。


木村化工機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

木村化工機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

プラントエンジニアリングを主力とする機械関連の会社で本社は兵庫県尼崎市にあり、2015年度売上高は3期連続の増収となっている。その中の内訳はエンジニアリング事業が46.4%と半数近くを占め、次いで化学装置などを扱う化工機事業が34.5%となっており、プラント設計や建設も行っている。


アネスト岩田株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アネスト岩田株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

空気圧縮機や塗装機器などを製造・販売している会社で本社は神奈川県横浜市にある。2016年度の売上高2016年度295億4800万円で3期連続の増収となっている。製品別に見ると、圧縮機器(コンプレッサ)と塗装機器が100億円を越えて主力となっている。2016年には創業90周年を迎えた。


サムコ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

サムコ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

半導体等の電子部品を研究開発しながら製造・販売している会社で本社は京都市にある。2016年7月期末売上高は53億4500万円で3期連続の増収、製品別ではエッチング装置が37億円を超えて主力となっている。ケンブリッジ大学との共同研究なども行っている。


油研工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

油研工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

油圧機器のメーカーで本社は神奈川県藤沢市にある。2015年度売上高は277億円、製品別では油圧製品が173億円を越え、次いで油圧システムなどのシステム製品が約59億円となっている。地域別構成比では日本以外のアジア地域で約半分を占めており、グローバル市場への拡大を推し進めている。


ダイコク電機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ダイコク電機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の電子機器メーカーでパチンコ・パチスロ関連機器を製造・販売しており、本社は愛知県名古屋市にある。2015年度の売上高は470億400万円で3期連続の減収となっている。事業別ではホール向けの情報システム事業が340億円を越え主力となっており、制御システム事業ではパチスロ機の製造・販売もしている。


新晃工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

新晃工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1938年に藤井徳義によって設立された。空調機器の製作、販売をする会社である。大阪市北区に本社を置く。国内初の国産空調機の製造を手掛けたことでも有名で、業務用空調機の国内トップシェアを誇る専業メーカーである。環境に配慮した製品づくりにも注力。2015年には省エネ大賞を受賞した。


大和冷機工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

大和冷機工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1958年2月に創業した、業務用冷蔵庫の製造、販売を行う機械メーカーである。スーパーマーケットを始めとした、商業向け大小冷蔵庫、冷凍庫、製氷機、ショーケースの製造および販売をメインに事業展開。業界トップレベルのシェア、知名度、品質を誇っている。


日本ピストンリング株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本ピストンリング株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1934年12月設立。2014年に創業80年を迎えた、ピストンリングなどの自動車部品を中心に製造・販売する企業である。さいたま市中央区に本社を置く。主力である自動車関連事業では焼結複合カムシャフトを世界に先駆けて工業化に成功した。自動車部品以外でも電気・電子材料・医療部品などの開発も行い、幅広い分野で活躍している。


株式会社ツバキ・ナカシマに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ツバキ・ナカシマに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1934年創業。鋼球事業・精機事業・送風機事業の3つの事業を柱とする、奈良県葛城市に本社を置く企業である。一番の魅力は世界トップレベルでもあるナノレベルの「球面加工技術」。この球面加工技術から創り出される精密ボールは、日本のみならず世界中の産業を支えている。


大豊工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

大豊工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

大豊工業は、愛知県、豊田市に本社を置く、すべり軸受を主要製品としている自動車部品会社である。生産の中心であるすべり軸受は、主にトヨタ自動車へ供給。売上高の7割をトヨタ系企業が占めており、エンジンベアリングのシェアは9割となっている。


アルインコ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アルインコ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アルインコは1938年、鉄工所として創業。その後、建設用「足場」製造事業をスタートし、自社ブランドを確立させる。建設用足場の製造・販売・レンタルでは国内ではトップクラス。設計・搬入・組立・解体・撤去まで行う「オクトシステム」で建設業界に貢献。"足場用"防犯システムの開発、アジア諸国への進出など飛躍を見せている。


酒井重工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

酒井重工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

酒井重工業株式会社は1918年創業のモータートラック商会を前々身に持つ日本の機械メーカーである。本社所在地は東京都港区芝大門。建設機械を主力とし、特に道路舗装機械では国内シェアの7割(2015年時点)を保有、世界でも大手の一角に数えられるなど大きな強みを有する。


サンコール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

サンコール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車のギアや電子部品などを手がける、創業70年以上の伝統ある株式会社。2016年の売上高は約367億円で、4年連続アップ。特に自動車部品の市場におけるシェアは高く、事業別でみても売上高の約8割を占める。国内だけでなく、東南アジアやアメリカ、メキシコなどにも事業所を開設。


マックス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

マックス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

マックスは、1942年、元々は航空機のウィング部品メーカーとして設立された。現在では、ステープラーのマックスとしてよく知られ、国内では最大手であるが、主力事業はインダストリアル事業である。他にも、浴室乾燥機や火災報知器などの住宅設備機器や野菜結束機といった食品包装用の機械も生産している。


株式会社ジーテクトに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ジーテクトに転職するなら知っておきたい情報まとめ

本田技研工業の持分法適用関連会社でもある大手車体骨格部品メーカー。G-TEKTのGには、Genba(現場)、 Global(グローバル)、 Grow up(成長)、 Green(環境)と多くの意が込められている。車体の骨格部品を主に取り扱っており、ダッシュボードからフロントピラー、リアパネルまで各部位を生産している。