博報堂に関する企業情報


電博だけじゃない! 広告業界への転職志望者が知っておきたい「広告関連会社」の種類

電博だけじゃない! 広告業界への転職志望者が知っておきたい「広告関連会社」の種類

一口に広告業界といってもさまざまな会社が関わっています。広告代理店のみならず、制作会社、PR会社やコンサルティング会社など、それも広告に携わっている会社です。いったいどのような会社があるのか見ていきましょう。




株式会社博報堂の営業職(アカウント・エグゼクティブ)経験者Fさんが語る「転職のススメ」

株式会社博報堂の営業職(アカウント・エグゼクティブ)経験者Fさんが語る「転職のススメ」

クライアントの要望に応じて、必要となる人材やスキルも刻々と変化する広告業界。アカウント・エグゼクティブを経験したFさんによると、転職希望者にはADKや東急エージェンシーなど同業他社の出身者のほか、ロジックを持って資料作りとプレゼン実績のあるコンサル経験者にも向いているという。


株式会社博報堂の営業職(アカウント・エグゼクティブ)経験者Eさんが語る「転職のススメ」

株式会社博報堂の営業職(アカウント・エグゼクティブ)経験者Eさんが語る「転職のススメ」

広告代理店のAE(アカウント・エグゼクティブ)といえば、担当する法人クライアントの広告統括責任者。広告のことなら何でもカバーし、媒体や領域を問わず要望に応える役目を担っています。そんなAEを担当していたEさんの体験談です。


株式会社博報堂の営業職(法人営業)経験者Cさんが語る「転職のススメ」

株式会社博報堂の営業職(法人営業)経験者Cさんが語る「転職のススメ」

転職希望者にも人気の高い、広告業界2位の博報堂。正社員になるのは新卒以外ではかなり難しそうだが、契約社員であれば中途採用も道があるのだとか。営業職では可能性が比較的高いとはいえ、やはり即戦力が求められる。前職で経験を積み、実績を残してから臨むのがいいだろう。


株式会社博報堂の営業職(アカウントプラナー)経験者Aさんが語る「転職のススメ」

株式会社博報堂の営業職(アカウントプラナー)経験者Aさんが語る「転職のススメ」

広告代理店では、法人クライアントとの接点である営業職を「アカウント・エグゼクティブ(AE)」と呼ぶが、その右腕として現場リーダーの役割を担うのが「アカウントプラナー」だ。博報堂でこの職として働いていた30代男性に内情を明かしてもらった。


【粒ぞろいより粒違い】株式会社博報堂に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【粒ぞろいより粒違い】株式会社博報堂に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

国内第2位、世界第7位の広告代理店。親会社は博報堂DYホールディングス。企業フィロソフィに「生活者発想」と「パートナー主義」を掲げる。4マス媒体の売上構成比は54.7%。社員の個性を重視し、「粒ぞろいより粒違い」が人材育成の方針。10年間で複数の異なる領域の業務を担当する「多段階キャリア育成制度」がある。