証券に関する企業情報


みずほ証券株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

みずほ証券株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

みずほフィナンシャル・グループの証券会社で東京都千代田区に本社がある。国内拠点は273、海外は24拠点あり、現地法人の米国みずほ証券は国債市場特別参加者として、米国財務省から指定されている。日経ヴェリタスの株式アナリストランキングで2017年に1位を獲得している。


【年収1億円】ゴールドマン・サックス証券株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【年収1億円】ゴールドマン・サックス証券株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

米国ニューヨークを本拠地とする世界最大手の金融機関、ゴールドマン・サックスの証券部門における日本法人。日本では非上場。投資銀行業務、セールス&トレーディング業務を中心に、個人・法人の顧客ニーズに対応した幅広い金融サービスを提供している。年収1億円を超えるケースも。


株式会社マネーパートナーズグループに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社マネーパートナーズグループに転職するなら知っておきたい情報まとめ

元は北辰商品株式会社の外国為替事業部だったが、2005年にMBOによって会社分割され、株式会社マネーパートナーズが設立した。100通貨から可能なFXなどの金融取引業や、証券・金融サービスのためのさまざまなシステムを提供している。また、オンラインセミナーも開催しており、2008年には持株会社へ移行した。


株式会社小林洋行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社小林洋行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和24年に証券や商品先物取引を扱う会社として設立、昭和46年には農水省、通産省より商品取引員の許可を得た。平成22年に商品先物取引業務を子会社へ移し、平成23年には持株会社へ。証券だけではなくインターネット広告代理店業務や不動産業務なども含む各子会社の経営管理を行っている。


だいこう証券ビジネス株式会社に転職するなら知っておきたいまとめ

だいこう証券ビジネス株式会社に転職するなら知っておきたいまとめ

証券・金融業界のアウトソーシングビジネス分野において、日本国内における先駆け的存在の大手企業。証券会社の設立から、システムサポート、商品供給、法制度対応まで幅広く証券会社をサポートしている。野村総合研究所の子会社。主要子会社に株式会社DSB情報システム、ジャパン・ビジネス・サービス株式会社がある。


藍澤證券株式会社に転職するなら知っておきたいまとめ

藍澤證券株式会社に転職するなら知っておきたいまとめ

実業家、 藍澤彌八によって創業された証券会社で、国内では中堅証券会社に位置する。本社は東京都中央区日本橋。店頭などではカタカナで「アイザワ証券」と表記する場合もある。中国株やアジア株、アメリカ株など多種多様な外国株の取り扱いに力を入れている。


日本アジア投資株式会社に転職するなら知っておきたいまとめ

日本アジア投資株式会社に転職するなら知っておきたいまとめ

日本国内およびアジア諸国でのボーダレスな投資事業を展開、ベンチャー事業の支援を行っている会社。主に日本企業のアジア進出、アジア企業の日本との提携をサポートしている。母体は経済同友会。現在では日本最大規模を誇り、他にもメガソーラー事業など再生可能エネルギープロジェクトへの投資も行っている。


光世証券株式会社に転職するなら知っておきたいまとめ

光世証券株式会社に転職するなら知っておきたいまとめ

1961年4月、大阪証券取引所の初代社長・巽悟朗によって創業された、独立系の総合証券会社。大阪市中央区に本社がある。社名の由来は聖書マタイによる「地の塩、世の光」からきている。投資金融サービス業として株式、債券、投資信託、ETF・REIT、先物・オプション、保険などを取り扱っている。


【東証・大証】(株)日本取引所グループ(JPX)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【東証・大証】(株)日本取引所グループ(JPX)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京証券取引所グループと大阪証券取引所(現・大阪取引所)の経営統合に伴い発足した持株会社。世界第3位の規模を誇り、「アジア地域で最も選ばれる取引所」を目指す。上場企業時価総額とETF・ETN売買代金でアジア第1位。営業収益の46%は取引関連。平均年間給与は1012万円と高給で知られる。


【タックスリース】株式会社FPGに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【タックスリース】株式会社FPGに転職するなら知っておきたい情報まとめ

航空機や貨物コンテナ、船舶などの高額商品をリース資産としてファンドで共同購入し、所得課税の繰り延べにより節税する「タックスリース」を提供する会社。リース資産は保有せず、日本の税制に即したオペレーティング・リース事業の組成を行って投資家に匿名組合出資金を販売するもので、リース会社ではない。


【9日間の連続休暇 取得率100%】丸三証券(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【9日間の連続休暇 取得率100%】丸三証券(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1910年(明治43年)に丸三多田岩吉商店として創業し、100年以上もの歴史のある日本の中堅証券会社のひとつである。「公明正大」と「自主独立」の考えのもと、多くの顧客の信頼に応え評価され続けてきた。「お客様ありき」の信念で、長い付き合いができる関係を目指している証券会社である。


【上場30周年】東洋証券(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【上場30周年】東洋証券(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋証券は、中国地方にその源流を持つ中堅証券会社である。2016年に創業100周年を迎えた。「信頼」「付加価値」「得意分野」の3つを経営理念に掲げ、顧客の満足度を高め、さらなる安定した収益構造と企業価値の増大を目指している。中国株に強いという特色もある。


【創業95年】水戸証券(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【創業95年】水戸証券(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

水戸証券は東京都中央区に本社を置く、関東地方を中心に展開する独立系の証券会社である。2016年で創業95周年を迎えた。丸三証券、東洋証券などと並んで、中堅証券会社に位置づけられている。「水戸証券は、顧客・株主・社員にBESTをつくす企業でありたい」を経営理念に掲げる。


【充実した研修制度】いちよし証券(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【充実した研修制度】いちよし証券(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

いちよし証券は、東京都中央区に本店を置く日本の証券会社。中堅証券会社に位置づけられる。「お客様に信頼され、選ばれる企業であり続ける」を経営理念に掲げ、独自の「個人のお客様向け商品についての原理原則(いちよし基準)」に則った商品を提供。


【口コミ高評価】マネックスグループ(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【口コミ高評価】マネックスグループ(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都港区に本社を構える金融持株会社。マネックス証券を中核とし、ネット証券として金融ビジネスを行う。業界随一の米国株式投資の低コスト化で口座開設件数及び取引件数が伸びている。金融情報の充実さには定評があり、2016年からは投資一任サービスを開始し、ネット金融業社の最有力企業として期待されている。


【入社9年目年収900万円】カブドットコム証券(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【入社9年目年収900万円】カブドットコム証券(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区に本社を構える、インターネット専業証券会社。ネット証券の中でも明瞭な手数料体系と少額から株式投資ができる独自の商品性を有し、2016年のネット証券オリコン日本顧客満足度ランキングでは2位を獲得。三菱東京UFJフィナンシャルグループに属し、グループ企業同士の協働による新たな顧客層の取り組みを進めている。


【平均年間給与910万円】極東証券(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【平均年間給与910万円】極東証券(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都中央区に本社を構える中堅証券会社。対面営業を主体とするビジネスモデルで、安定した運用を望む富裕層を顧客基盤として営業を行っている。外国債券や不動産投資関係の商品に強みを持っており、創業より一貫して菊池家が経営を担っている。


岩井コスモホールディングス(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

岩井コスモホールディングス(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

大阪府に拠点を構える金融持株会社。中核企業として岩井コスモ証券を傘下に擁する。関西地盤の証券会社として独自の手数料体系やコールセンターを備え、対面とインターネットを組み合わせた特徴的なビジネスモデルで展開している。2010年に岩井証券が、収益規模では3倍のコスモ証券を子会社化し、ホールディングスとして再出発した。


【英会話学校で学べる制度あり】日本証券金融(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【英会話学校で学べる制度あり】日本証券金融(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本証券金融は、信用取引の株券の貸付け、資金の貸付けで圧倒的シェアを持つ証券金融会社。証券市場を活性化し、日本経済の原動力である直接金融を支える役割を担っている。傘下には、日証金信託銀行と日本ビルディングのほか、情報処理サービス等を手掛ける日本電子計算とジェイエスフィットがある。


野村ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

野村ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本とアジアを主力マーケットとし、グローバルに展開する総合金融サービスグループの持株会社。野村證券を中核とするグループは現在、営業、アセット・マネジメント、ホールセールの3部門が30カ国を超える海外ネットワークを通じ、個人・機関投資家から企業、政府機関まで様々な顧客ニーズに応えるサービスを提供している。