自動車関連に関する企業情報


【インド市場好調】スズキ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【インド市場好調】スズキ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の大手四輪車および二輪車のメーカー。世界販売台数は世界第10位、国内販売台数は2015年度で国内第3位。2016年10月12日に業界首位のトヨタ自動車との提携実現に向け、鈴木修会長がトヨタ豊田章男社長と共同会見を行っている。


株式会社ユーシンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ユーシンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

貿易業から製造業に転じ、東証一部の会社となった。世界17ケ国に24の工場を展開し、自動車部品や農業・産業機械の部品を供給している。2013年にフランスのValeo社アクセスメカニズム事業を買収したことで、主力のキーセットは世界シェア首位となった。


株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバは、「モーター・制御・機構」の技術に長けている、自動車・二輪車用部品の製造、販売を手がける部品メーカー。グローバル展開を行っており、二輪スタータでは世界シェアの3割から4割を占めるトップ企業。培った技術を活かして、ライフサポート製品なども手掛けている。


【企画開発手当あり】(株)ブロードリーフに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【企画開発手当あり】(株)ブロードリーフに転職するなら知っておきたい情報まとめ

2005年創業。自動車整備・鈑金などの自動車アフターマーケット関連事業者を対象に、自動車部品等のデータベースを組み入れた業務アプリケーションやネットワークサービスを提供する企業。ビジネスパートナーとして全国各地に営業所を配置し、訪問型のサポートや提案を行っている。


VTホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

VTホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

VTホールディングスは1983年設立のホンダベルノ東海を前身とし、M&Aにより、国内有数の自動車ディーラーグループとなった。自動車ディーラーとしては後発組だが、既成概念にとらわれない販売手法などで成長を続けている。自動車販売だけでなく、不動産業やレンタカー事業にも進出している。


【寮・社宅が充実】(株)パイオラックスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【寮・社宅が充実】(株)パイオラックスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

パイオラックスは、ばねを主力事業に据える金属製品メーカー。本社所在地は神奈川県。ばねの中でも特に自動車部品の製造で世界的に有名であり、駆動系の精密バネやファスナーなどでは世界トップクラスのシェアを誇る。ほかには、カテーテルなどの医療機器の開発も手掛けている。


【2年間の留学制度あり】(株)リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【2年間の留学制度あり】(株)リケンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車や産業用機械の部品製造をするメーカーである。主力であるピストンリングは製品技術力・生産技術力が国内外で高く評価され、ピストンリングでは国内トップの50%を超えるシェアを獲得。世界ではシェア20%で3位となっている。AT用シールリングでも国内ではシェア70~80%とトップである。


【世界トップクラスのシェア】TPR(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【世界トップクラスのシェア】TPR(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区に本社を置く、自動車用ピストンリングなどを製造・販売するメーカー。関連会社は国内20社、海外34社を数える。主力製品はピストンリングとシリンダーライナーでシリンダーライナーは世界トップシェアを誇る。ピストンリングは国内2位に位置し、トヨタ向けが約3割となっている。旧社名は帝国ピストンリング(株)。


【福利厚生が充実】イーグル工業(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【福利厚生が充実】イーグル工業(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

NOK株式会社から独立分離し誕生した部品メーカー。東京都港区に本社を置く。回転機器内部の液体漏れを防ぐメカニカルシールや特殊バルブ等を製造・販売している。特に自動車向けのメカニカルシールは世界トップシェアを誇る。宇宙用ロケットにも部品提供しており、宇宙産業の発展にも貢献している企業。


【1年間の海外研修あり】(株)椿本チエインに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【1年間の海外研修あり】(株)椿本チエインに転職するなら知っておきたい情報まとめ

産業用及び自動車用のチェーンを主製品とする大阪府の老舗機械メーカー。産業用チェーンは世界一のシェアを誇る。自動車エンジンに使われるタイミングチェーンドライブシステムについても世界トップシェアを獲得している。別部門のマテハン事業においても国内トップシェアを誇る商品を抱える。BtoBの世界的企業。


【自動運転で採用強化中】トヨタ自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【自動運転で採用強化中】トヨタ自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

世界最大手の自動車メーカー。世界販売台数は1000万台を突破し、2015年まで4年連続で世界首位、2016年は2位。「過去10年で売上高が増えた企業」1位。現在、自動運転、コネクティッドカーの開発に向けて、AI(人工知能)、画像認識、信号処理、機械学習、地図自動生成などのスペシャリストの採用を強化している。


【達成感が大きい】アイダエンジニアリング(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【達成感が大きい】アイダエンジニアリング(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

プレス機械を中心とした成形システムを開発・製造している企業。創業90余年という歴史の中で、常に高い技術力を保持し、事業を拡大。1968年に日本初の工業用ロボットの開発・製造も手がけている。1970年代からは海外進出を開始し、グローバルネットワークを着実に広げ、現在、売上高は世界第2位の実績を誇る。


【国内外に約700店舗】イエローハット(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内外に約700店舗】イエローハット(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

黄色いカウボーイハットで知られる自動車用品店「イエローハット」を全国に店舗展開している企業。国内の自動車用品業界では売上第2位。小売・卸売の2部門があり、タイヤを中心とした消耗品販売に注力。ピットサービス部門を強化し、車検・整備などサービス収入の拡大を図る。児童が通学時に被る帽子が社名の由来となっている。


【社長2人体制】株式会社IDOMに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【社長2人体制】株式会社IDOMに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1994年創業の国内最大手の中古車買取・販売会社。旧社名は(株)ガリバーインターナショナルで、本社は東京都千代田区にある。外国製の高級車や生活にマッチした中古車の販売を手掛けるなど、中古車の概念を変えるイノベーションを起こしている。海外展開にも注力しており、米国やタイ、ニュージーランド、中国にも出店している。


株式会社東海理化に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社東海理化に転職するなら知っておきたい情報まとめ

トヨタグループ大手自動車部品メーカー。トヨタ関連をメイン顧客とし、自動車用各種スイッチ、キーロック、シートベルト、シフトレバーなど「運転席に座って手が届く」範囲の操作機器、制御装置を供給している。世界中に拠点を展開し、国内外でトップクラスの「ものづくり」を支える技術開発と生産技術を強みに、企業価値の向上を目指している。


【来季V字回復へ】三菱自動車工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【来季V字回復へ】三菱自動車工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱自動車工業は1970年に三菱重工業から独立して設立された日本最古の自動車メーカーである。近年は電気自動車を中心に市場拡大を目指している。三菱グループに属していたが、2016年から日産自動車が大株主となり、ルノー・日産アライアンスの一員に加わった。


日産車体株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日産車体株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日産車体は、1949年に鉄道車両および自動車の車体生産メーカーとしてスタートし、1951年より日産グループの一員として、日産ブランドのクルマづくりを担い続けている企業。現在、日産ブランドのLCV・MPVを核として、開発から生産まで、全社一体となってグローバルに高品質なクルマを展開している。


【充実した福利厚生】豊田合成(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【充実した福利厚生】豊田合成(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊田合成は、主にゴム・樹脂製品の自動車部品を開発・生産しているメーカーである。トヨタ自動車工業(当時社名)のゴム部門を源流とする。ゴム・樹脂の技術を応用し、通信・空調・住宅向け製品の開発やLEDの開発・供給なども手がけている。自動車メーカーの現地車両開発に対応し、自社の営業体制・生産体制をグローバルに展開している。


【有給取得率99%】テイ・エス テック(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【有給取得率99%】テイ・エス テック(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

四輪車向けシートやドアトリム(ドアの内張り)を中心に、さまざまな自動車内装品の開発・生産を行う部品メーカー。二輪車向けシートや医療用チェアなども手がける。売上の約9割がホンダ車関連。生産拠点を北米、アジア、欧州に有しており、グローバルな製品供給体制に強みである。


【5日連続休暇制度】ユニプレス(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【5日連続休暇制度】ユニプレス(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車用プレス部品の総合メーカーとして、国内外の大手自動車メーカー向けに車体プレス製品やトランスミッション用製品、樹脂プレス製品などの製造を手がけている。部品の設計、開発、試作から量産までを一貫して担う高い技術力を強みに、日本・米州・欧州・アジアの各拠点からグローバルに製品を供給している。