自動車関連に関する企業情報


東京ラヂエーター製造株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京ラヂエーター製造株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1938年創業。主にトラックや産業建設機械用の熱交換器(ラジエータ、インタークーラなど)を製造する自動車用部品メーカー。海外にも拠点を持ち、グローバリゼーションを意図した教育を実践。またワークライフバランスを大切にし、生産性の向上や働き方の改革にも取り組んでいる。


【ホンダ哲学】本田技研工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【ホンダ哲学】本田技研工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

「ホンダ」のブランドで知られる、日本の大手輸送機器及び機械工業メーカー。世界最大の二輪・四輪メーカーとして、368社の連結子会社と83社の持分法適用会社(2016年3月末日現在)を擁している。事故ゼロ社会の実現に向け、様々な技術の研究、開発を進めている。


【世界シェアNo.1】マブチモーター(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【世界シェアNo.1】マブチモーター(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

千葉県松戸市に本社を置く小型モーターの開発・製造・販売を手がけるメーカー。ラジコンから自動車、家電製品、通信機器など世界中の暮らしや産業のなかで広く使われており、世界トップクラスのシェアを誇る。近年は生産拠点をアジアに移し、日本国内においては難易度の高い研究などに取り組んでいる。


【Q&A】転職者が気になっている「自動車業界」に関する疑問まとめ

【Q&A】転職者が気になっている「自動車業界」に関する疑問まとめ

就職・転職希望者の間で関心の高い疑問についてお答えします。ここでは自動車業界のホンダ、トヨタ、三菱、日産、ダイハツ、スズキの6社をピックアップしました。必要な学歴、第二新卒の扱い、正社員募集、面接、残業、福利厚生といったあたりに、興味が集まっているようです。


【福利厚生に強み】本田技研工業(ホンダ)の管理部門の勤務経験者が語る「転職のススメ」

【福利厚生に強み】本田技研工業(ホンダ)の管理部門の勤務経験者が語る「転職のススメ」

「ホンダ」のブランドで知られ、グローバルに事業展開する自動車メーカー、株式会社本田技研工業。二輪車では世界No.1。「有給休暇取得率ランキング」(東洋経済新報社調べ)で5年連続第1位に輝いており、働きやすい環境といえそうだが、年功序列のため「若手にとっては厳しい会社」という声もある。


ヤマハ発動機株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ヤマハ発動機株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ヤマハ発動機は静岡県磐田市に本社を構えるオートバイを中心に船舶エンジンや自動車エンジン、電動自転車、産業用ロボットなどを製造するメーカーである。モータースポーツはもちろん、サッカー、ラグビーなどスポーツチームの親会社でもある。Jリーグ・ジュビロ磐田は同社が親会社。


ヤマハ発動機株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ヤマハ発動機株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ヤマハ発動機は静岡県磐田市に本社を構えるオートバイを中心に船舶エンジンや自動車エンジン、電動自転車、産業用ロボットなどを製造するメーカーである。モータースポーツはもちろん、サッカー、ラグビーなどスポーツチームの親会社でもある。Jリーグ・ジュビロ磐田は同社が親会社。


株式会社シマノに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社シマノに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業は大正10年。自転車部品、釣具、ボート用品の製造を主要な事業とし、自転車パーツメーカーとしては世界最大である。2017年発売のマウンテンバイクコンポーネント「DEORE」と「ULTEGRA」はともに好調で、自転車文化などへの更なる貢献に努めている。2021年3月には創業100年を迎える。


近畿車輛株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

近畿車輛株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

近畿車輛は鉄道車両を生産する近鉄グループの企業。生産した車輌にはローレル賞やブルーリボン賞、ブルネル賞などを受賞したものが数多くある。近年はSmartBESTやHARMOなど自己充電型や省エネタイプのバッテリー車の開発に積極的に取り組んでいる。


株式会社エフテックに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社エフテックに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

本田グループの自動車部品メーカーで、自動車の操縦に大きく関わるシャーシやサスペンション、サブフレーム、ペダルなどのシャーシ部門を専門に手掛けている。主要取引先は日本の自動車メーカーのほとんどであり、海外にも目を向けたグローバルな展開も視野に入れている。


レシップホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

レシップホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

輸送用機器や産業機器の製造をするレシップグループの持株会社、グループにはレシップ、レシップエスエルピー、レシップ電子などがある。2015年度事業別では輸送機器事業が70.5%を占めており、路線バスの交通系ICカードシステムや新幹線やトラックなどの照明機器などを手掛けている。


GMB株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

GMB株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

奈良県に本社がある独立系の部品メーカー。平成27年度売上高は駆動伝達系部品が57.9%と半数以上を占めており、その他にもエンジン部品、ベヤリングなども生産している。地域セグメント構成比で見ると韓国が61.2%と最も多く、主要顧客も現代自動車で250億円以上の売上高になっている。国内外での事業所は9つある。


株式会社ティラドに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ティラドに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都渋谷区に本社がある熱交換器を製造する会社。二輪車用や建設産業機械用の熱交換器では世界シェアNo1。自動車用の熱交換器が売上構成比の約60%を占めている。温室効果ガスの削減に配慮した家庭用固定式燃料電池システムやハイブリッド車用モータオイルクーラなどの製造、販売もしている。


株式会社ミクニに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミクニに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

キャブレターや燃料噴射装置など自動車・オートバイの部品を製造する会社で本社は東京都千代田区にある。2023年には創業100周年を迎える。事業別構成比では自動車関連が約60%を越えており、その他に航空機部品の輸入販売、福祉機器の製造販売なども手掛けている。生田久貴社長はラグビー元日本代表選手でもある。


富士機工株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

富士機工株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ステアリングコラム、シート部品、シフター等の自動車部品を製造しているメーカーで本社は静岡県湖西市にある。ステアリングコラム事業が売上高の50%以上を占めており、主要顧客には日産、ジェイテクト、タチエスなどがある。国内拠点は4ヶ所、海外では米、欧州や中国など20ヶ所に拠点がある。


株式会社安永に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社安永に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

コネクティングブロックなどエンジン部品や工作機械を製造している会社で本社は三重県伊賀市にある。2015年度の売上構成比ではエンジン部品が7割弱を占める。その他にもエンジン部品生産で培ったノウハウで工作機械や検査測定装置、またグループ会社では環境機器としてエアーポンプやディスポーザなども手掛けている。


株式会社TBKに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社TBKに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都町田市に本社がある自動車のブレーキ、ポンプなどを製造・販売するメーカー。中大型車向けドラムブレーキの国内シェアは75%となっており、自動車用の他に建設機械用も製造をしている。海外にもタイ、中国、インドにエンジン関連部品、ブレーキなどの製造・販売拠点を設けている。


盟和産業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

盟和産業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車部品、産業資材品を製造している会社、本社は神奈川県厚木市にある。2015年の構成比では自動車部品93.9%、そのうちトランク部品が43.9%を占めており、メーカー別ではトヨタグループが60.4%となっている。自動車部品による樹脂加工技術開発から床材などの住宅資材も製造している。


株式会社モリタホールディングスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社モリタホールディングスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

生命・財産を火災から守るという理念のもと100年以上消防車を供給し続け、2017年現在、国内でトップシェア。自然環境を守るためのリサイクルプラントやごみ処理機器の分野にも力を入れている。1997年に株式会社モリタへ社名を変更し、2008年に持株会社体制へと移行した。


三櫻工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三櫻工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称は「三桜工業」輸送用機器を製造しており、各種チューブの加工品は国内シェアトップクラス。グローバルな事業展開をしているのが特徴で、23か国88か所に製造拠点を持っている。また、自動車部品を加工する設備も自社で作成している。新製品開発の際の解析や設計技術向上にも力を入れており、コスト低減を実現した。