広告に関する企業情報

広告代理店、PR会社


【海外事業54%】株式会社電通に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【海外事業54%】株式会社電通に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京・汐留に本社を置く日本最大の広告会社。連結売上高は2兆円を超え、国内2位の博報堂の約2倍、3位のADKの約4倍を誇る。広告会社単体で世界最大の売上規模で、グループとしては5位。売上総利益に占める海外事業の割合は54.3%。社長の過労自殺に伴い交代した新社長は「最優先の経営課題は、労働環境の改革」と述べている。


株式会社アイドママーケティングコミュニケーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイドママーケティングコミュニケーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1979年に設立されたマーケティング事業を主とする企業。折込広告やPOPなどのマーケティングツール制作を得意としており、個別の連携を深く取ることでその事業に合った販促効果の向上等の実績を上げている。女性社員が多いのも特徴であり、2017.1.20現在で女性比率は64%に上っている。


株式会社ホープに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ホープに転職するなら知っておきたい情報まとめ

2005年にPPS事業を中心として創業され、自治体に向けたコンサルティングサービスを手がける企業。PPSとは自治体の有する資産を民間とシェアすることで、財源確保の厳しい地方自治体でも財源の確保が可能になるようにすることを目的に支援している。


AppBank株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

AppBank株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

iPhoneを中心としたスマホユーザー向けにメディア事業と、ECサイト・リアル店舗を運営するストア事業を主軸として展開する。メディア事業では、「AppBank.net」やゲーム攻略メディアなど多彩なコンテンツを配信。ストア事業ではAppBank Storeを中心に、新業態への積極的な進出を図る。


GMOメディア株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

GMOメディア株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

インターネット上に広告やコンテンツの配信を目的に2000年に設立した企業。広告収入をベースに無料でサービスを提供している。「PointTown」を中心としたECメディアや「prican」「CoordiSnap」等、ユーザーの情報発信をサポートするソーシャルメディアを軸にスマートフォン、PC向けに多ブランドを展開する。


営業職―広告会社に転職するなら知っておきたい職種

営業職―広告会社に転職するなら知っておきたい職種

広告代理店にとっての営業部門は、まさに顔といってもいいほど、会社を代表する部門。新卒入社組の7~8割が最初に配属されるといわれています。営業の仕事とは具体的にどのようなことをおこなっているのでしょうか。


【広告営業への転職】「広告代理店」はなぜ必要なのか?

【広告営業への転職】「広告代理店」はなぜ必要なのか?

「コンテンツのあるところに広告あり」という言葉をベースに、広告枠の買い付けと広告制作を代行する広告代理店の仕事を整理します。これを頭に入れておくことで、どのようなキャリアの人がどこに転職できるのかが分かるようになります。


電博だけじゃない! 広告業界への転職志望者が知っておきたい「広告関連会社」の種類

電博だけじゃない! 広告業界への転職志望者が知っておきたい「広告関連会社」の種類

一口に広告業界といってもさまざまな会社が関わっています。広告代理店のみならず、制作会社、PR会社やコンサルティング会社など、それも広告に携わっている会社です。いったいどのような会社があるのか見ていきましょう。


株式会社アドウェイズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アドウェイズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

2001年に設立。スマートフォン向けを中心に、インターネット広告事業やアフィリエイトサービスのプロバイダ事業を手がけている。中国をはじめとしたアジア圏や米国にも進出しており、特に中国では最大級の規模となるアフィリエイトサービス事業者である。


株式会社アマナに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アマナに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1979年設立。広告などで使用する写真のビジュアル受託制作、写真家が保有する写真の代理販売、TV-CMやウエブ等の企画制作事業を主に手がけている企業。(株)アマナイメージズなどをグループ会社に持つ。


株式会社フルスピードに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社フルスピードに転職するなら知っておきたい情報まとめ

SEOやリスティング広告、アフィリエイト広告、ソーシャルメディアマーケティングなどといったインターネットの広告分野で多角的にサービス支援を行っている会社である。特にサービスの要となっているSEOは、インターネット黎明期からサービス提供を行っており、ノウハウや技術などを積み重ねてきた。


株式会社トライステージに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社トライステージに転職するなら知っておきたい情報まとめ

2006年設立のダイレクトマーケティング支援企業。商品開発から事業計画、表現企画、媒体選定、受注・物流、顧客管理まで「売れる商品」作りのための総合的なサービスを的確に提供できることを強みとしている。WEBビジネス、海外事業も推進中。




株式会社博報堂の営業職(アカウント・エグゼクティブ)経験者Fさんが語る「転職のススメ」

株式会社博報堂の営業職(アカウント・エグゼクティブ)経験者Fさんが語る「転職のススメ」

クライアントの要望に応じて、必要となる人材やスキルも刻々と変化する広告業界。アカウント・エグゼクティブを経験したFさんによると、転職希望者にはADKや東急エージェンシーなど同業他社の出身者のほか、ロジックを持って資料作りとプレゼン実績のあるコンサル経験者にも向いているという。


株式会社博報堂の営業職(アカウント・エグゼクティブ)経験者Eさんが語る「転職のススメ」

株式会社博報堂の営業職(アカウント・エグゼクティブ)経験者Eさんが語る「転職のススメ」

広告代理店のAE(アカウント・エグゼクティブ)といえば、担当する法人クライアントの広告統括責任者。広告のことなら何でもカバーし、媒体や領域を問わず要望に応える役目を担っています。そんなAEを担当していたEさんの体験談です。


株式会社アサツー ディ・ケイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アサツー ディ・ケイに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アサツー・ディ・ケイは日本の広告業界で電通、博報堂に次ぐ第3位の広告代理店。略称はADK(エーディーケー)。「私たちは、消費者を動かします。」をミッションに掲げ、事業を行っている。1999年1月、旭通信社と第一企画が合併して発足した。


株式会社博報堂の営業職(法人営業)経験者Cさんが語る「転職のススメ」

株式会社博報堂の営業職(法人営業)経験者Cさんが語る「転職のススメ」

転職希望者にも人気の高い、広告業界2位の博報堂。正社員になるのは新卒以外ではかなり難しそうだが、契約社員であれば中途採用も道があるのだとか。営業職では可能性が比較的高いとはいえ、やはり即戦力が求められる。前職で経験を積み、実績を残してから臨むのがいいだろう。


株式会社博報堂の営業職(アカウントプラナー)経験者Aさんが語る「転職のススメ」

株式会社博報堂の営業職(アカウントプラナー)経験者Aさんが語る「転職のススメ」

広告代理店では、法人クライアントとの接点である営業職を「アカウント・エグゼクティブ(AE)」と呼ぶが、その右腕として現場リーダーの役割を担うのが「アカウントプラナー」だ。博報堂でこの職として働いていた30代男性に内情を明かしてもらった。


超人気企業・電通への転職成功談――ネット掲示板の書き込みから「キャリアアップの抜け道」を探る

超人気企業・電通への転職成功談――ネット掲示板の書き込みから「キャリアアップの抜け道」を探る

世界屈指の規模を誇る広告代理店、電通。過労自殺事件後に就任した山本敏博・新社長は、「労働環境の改革」を最優先の経営課題に掲げた。もしかすると働き方の見直しとともに、増員が必要となる部署があるかもしれない――。そんな電通への中途採用をねらう人が注目するのが、2014年11月に2ちゃんねるに登場した、とあるスレッドだ。