電機・電子に関する企業情報

半導体、家電、事務機器、住宅設備、医療機器を含む


双葉電子工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

双葉電子工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ラジオ受信用真空管の製造・販売を目的に1948年に設立された。千葉県茂原市に本社を構える国内大手の蛍光表示管メーカーで、ラジコンのFutabaとしても有名。2010年代からは、車載用タッチパネルや有機ELディスプレイの製造販売も手掛けている。


ニチコン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ニチコン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1950年(昭和25年)設立。京都市に本社を置く、コンデンサとエネルギー・環境関連製品を中心とした回路製品を開発・製造・販売を行う企業。「リチウムイオン電池式 停電補償装置」がJECA FAIR2014製品コンクールで「一般社団法人 日本電設工業協会 奨励賞」を受賞した。


日本ケミコン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本ケミコン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1931年設立。東京都品川区に本社を置く電子部品を製造・販売する会社である。世界1位、25%のシェアを誇るアルミ電解コンデンサだけでなく、電気二重層キャパシタが世界で初めて自動車の減速エネルギー回生システムに搭載されるなど、新しい製品の開発にも積極的に取り組んでいる。


スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社は、静岡市に本社を置く、電子機器・工作機械・精密部品メーカー。市場規模1000億円以下のニッチな市場においてシェアを確保するグローバルニッチ戦略を基本とし、海外売上高の割合が高く、2016年には全体の8割の売り上げが海外でのものとなっている。


キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社は、戦前精密時計を製作していた英工社の秩父工場を母体に、キヤノンの子会社として1954年に設立された精密機器を製造・販売する企業である。坂巻社長の発案で、会社から椅子を無くして業績を伸ばすなど先進的な試みを行っている。IT分野、情報セキュリティ分野にも進出している。


タツタ電線株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

タツタ電線株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

電線・ケーブル・通信を取り扱う基盤事業を行う電線ケーブルメーカー。事業領域は広く産業用ロボットに欠かせない機器用電線、半導体パッケージを構成する重要な部材をはじめとする様々なエレクトロニクス製品、コンピュータ室や電気室での漏水検知システムや環境分析事業も手がけている。


KOA株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

KOA株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業以来の経営理念「農工一体」を長野県で実行し続けている電子部品を製造販売する企業。固定抵抗器の分野では、世界1位のシェアを有し、6割は海外での売り上げになるが、製品の75%は、長野県内の工場で作り続けている。抵抗器の他にサーミスタやインダクタ、ヒューズ、バリスタの分野でも高いシェアを誇る。


【Switch絶好調】任天堂株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【Switch絶好調】任天堂株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

明治時代に花札などのかるたの製造元として創業。1902年に国内初のトランプ製造に着手し、1953年には日本初のプラスチック製トランプの製造に成功。現在はゲーム機のハードとソフトで総合首位。「柔軟な経営判断を行えるよう」特定の経営指標を目標として定めず、世界一の娯楽企業を目指す。


新電元工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

新電元工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

新電元工業株式会社は、1949年に電元工業の半導体・整流器部門を継承、新電元工業として発足した電気機器メーカー。主な事業は半導体、電源、電装、ソレノイドなどの製品製造及び販売。関連会社に株式会社秋田新電元、新電元メカトロニクス株式会社、新電元熊本テクノリサーチが挙げられる。


株式会社メガチップスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社メガチップスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社メガチップスは、初めて国内で研究開発に特化した工場を持たない半導体メーカー。その技術において、世界第20位を誇っている(2013年時点)。国内拠点は大阪、東京、千葉。その他に、アメリカ、中国、台湾、インドを拠点としたグローバルネットワークを展開している。


日本電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1949年に株式会社日本電子光学研究所としてスタートし、1961年に日本電子株式会社に社名を変更。透過電子顕微鏡の設計および製造事業を始めとして、多くの分野を手がける理化学機器メーカー。世界シェアは7割、「日本電子の電子顕微鏡がなければ、世界中の研究開発は滞ってしまうことになる」とまで言われている。


TOA株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

TOA株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1934年に設立されたTOAは、長年の技術開発ノウハウを活用して「セキュリティ&セーフティ」「インフォメーション&コミュニケーション」「プロフェッショナルオーディオ」の3分野において革新的な製品を世界中に提供しており、日本の空港施設の放送設備においては90%超のシェアを誇る。


日立マクセル株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日立マクセル株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日立マクセルは、電器・コンシューマー、産業用部材、電池といった製品の製造・販売を手がける日立製作所の関連会社。カセットテープを日本で初めて製品化した会社としても知られている。近年ではプロジェクターやLEDヘッドランプ用レンズ、エステ家電なども製造。一旦日立製作所に完全子会社化されたが、後に独立を果たした。


千代田インテグレ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

千代田インテグレ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

「軟らかい素材」を自在に高精度加工する「ソフトプレス」という技術を用いて、多くの分野にマーケットを持つ総合部品メーカーである。中国や東南アジアを中心に欧米にも拠点や工場を持つグローバルな企業へと成長し続けている。国内10拠点、海外25拠点を持ち、2017年の春にはメキシコ工場が新たに稼働予定。


アルパイン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アルパイン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アルパインは車載音響機器、情報通信機器の開発から製造、販売までを手掛けるメーカー。電子部品メーカーのアルプス電気を親会社に置くアルプスグループに属する。早くから積極的に海外展開を進めており、現在の売上比率も9割近くを海外が占めている。2000年にいわき本社で映画「千と千尋の神隠し」の制作協力が行われた。


レーザーテック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

レーザーテック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

世界初の装置を通じて新たな市場を開拓し、牽引している企業。「毎年一つの新製品を開発しよう、それも世界で初めてのものを」というスピリットを掲げ、「LSIフォトマスク欠陥検査装置」や「走査型カラーレーザー顕微鏡」、「位相シフト量測定器」など、世界初の装置を開発し続けている。


船井電機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

船井電機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

船井電機は設立当初から海外への輸出に積極的で、北米では高いブランド認知度を誇り、ウォルマートなどを中心とした広範な販路を持つ。欧州でも順調に販路を広げ、LEDバックライトを搭載する液晶テレビは“KATANA LED”ブランドで販売され、「高品質」「高信頼性」の製品づくりには定評がある。


日本セラミック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本セラミック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

セラミックセンサや超音波センサ、フェライト、モジュール製品等の開発・製造・販売をしている会社である。特に赤外線センサの分野では世界シェアの6~7割で日本セラミックの製品が採用されていて、今後もセキュリティ製品の人感センサとしての活用が期待される。


OBARA GROUP株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

OBARA GROUP株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

OBARA GROUP株式会社は、自動車業界で活用される「抵抗溶接機器」や造船・建設の分野で利用される「アーク溶接機器」の開発・製造を行っている企業。企業グループの経営戦略の策定・推進などを通して経営効率を高めるために設立された純粋持ち株会社である。


山一電機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

山一電機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

半導体検査用ICソケット、コネクタ、高速伝送FPC、光学フィルタ等の製造・販売等を行う。特に最新のアプリケーションを支える半導体製品は世界のトップシェアを誇る。1985年には米国法人を設立。現在では、ドイツ、シンガポール、香港、上海、韓国、フィリピンなどにも販売拠点、生産工場を置き、グローバルな事業展開を図っている。