ガラス・セメントに関する企業情報


【世界シェアトップクラス】日本ガイシ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【世界シェアトップクラス】日本ガイシ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

電力用碍子(がいし)・セラミックス製造を主力とする会社。碍子とは電線とその支持物とのあいだを絶縁するために用いる器具のこと。ただし現在の稼ぎ頭は排ガス浄化部品に移行している。碍子や排ガス浄化装置などで世界シェア1位。NAS電池などオンリーワン事業あり。商号は日本碍子だが、1986年より社名表記を日本ガイシに変更。


東洋炭素株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋炭素株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋炭素は等方性黒鉛などの炭素製品、セラミックス、ガス発生装置の製造を行う企業である。なかでも等方性黒鉛は1974年に日本で初めて開発に成功し、以後リーディングカンパニーとして国内シェア5割、世界シェア3割と首位を誇っている。利用用途も原子力、宇宙船、半導体、太陽電池など広く、市場規模はグローバルに拡大している。


【純利益42%増】株式会社フジミインコーポレーテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【純利益42%増】株式会社フジミインコーポレーテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

フジミインコーポレーテッドは、LEDやハードディスクなどの幅広い分野の製品に対応する研磨材等の製造販売を行っている研磨剤メーカーである。半導体シリコンウエーハ製造用研磨材では世界シェアNo.1を誇る。最近ではLED・ディスプレイ用部品などの表面加工分野やパウダー技術を活かした応用分野にも取り組んでいる。


【休暇が取りやすい】ニチアス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【休暇が取りやすい】ニチアス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

保温・断熱分野のパイオニアとして出発し、110余年の歴史の中で培った技術を活かし、現在はエネルギー産業をはじめ、石油精製、石油化学、自動車、建設、住宅産業、エレクトロニクス、環境関連産業分野へと、その事業領域をグローバルに拡大。ニチアスの「断つ・保つ」技術は省エネルギー、省資源など地球環境の保全にも貢献している。


ニチハ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ニチハ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ニチハは外壁材や外壁用アクセサリーを中心とした住宅用建材の大手メーカーである。創業時は中村合板の子会社としてハードボードを製造していたが、後に住友銀行(現・三井住友銀行)の支援を受けて建材メーカーとして再出発した。高級感のある洋風外壁が特徴であり、窯業系サイディング材の最大手メーカーとしての地位を確立している。


【業界唯一】アジアパイルホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【業界唯一】アジアパイルホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

杭基礎の構築を専業とする基礎建設会社ジャパンパイル(株)を傘下に擁する持株会社。主力のコンクリートパイル製造・施工シェアは国内2位。国内で培った基礎建設の技術を国外でも活用すべく、ベトナムとミャンマーにグループ会社を設立。アジアの豊かな暮らしと発展に貢献することを目指し、グローバル事業に注力している。


【少数精鋭】東海カーボン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【少数精鋭】東海カーボン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

カーボン材料の開発などを手がける炭素製品の総合メーカー。世界最高水準の性能を持つ製品やトップシェアを誇る分野を数々持ち、最先端分野の材料研究に取り組むなど、時代のニーズを先取りした製品開発を行っている。2018年に創立100周年を迎えるにあたり、真のグローバル企業を目指すため、「人材」と「教育」に注力している。


【所定外労働 月平均4.8時間】日本カーボン(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【所定外労働 月平均4.8時間】日本カーボン(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本カーボンは日本で最も古い炭素メーカーである。日本で最初に製鋼用電気炉向け人造黒鉛電極の工業化に成功したことに始まり、その後は炭素繊維製品、特殊炭素製品、リチウムイオン電池負極材、炭化ケイ素連続繊維製品など、その時代のニーズに応える付加価値の高いカーボン製品を、日本そして世界へ次々と送り出している。


【世界シェアNo.1の技術】HOYA(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【世界シェアNo.1の技術】HOYA(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都新宿区に本社を置く光学機器・ガラスメーカー。事業分野はメガネやコンタクトレンズなどの「ライフケア」、光学レンズなどを扱う「情報・通信」の2事業を展開している。コンタクトレンズの小売は国内シェア第1位。海外ではHDD用ガラスディスク(世界シェア92%)をはじめとした、世界シェアNo.1の製品をいくつも持っている。


デンカ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

デンカ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1915年に設立された、総合化学品会社。化学肥料、セメントなどの製品の開発・生産を行っている。旧社名は「電気化学工業株式会社」で、2015年に社名変更した。創立100周年を機に「Denka100」という経営計画を掲げ、次の100年も存続する企業を目指している。


セントラル硝子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

セントラル硝子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1936年にソーダ製品の生産販売を目的として創立された企業。ガラス事業、ファインケミカル事業への展開という大きな事業構造の変化を経て、板ガラス及び化成品をベースに新規製品の開発を行っている。近年では独自のフッ素技術をベースにファインケミカル分野に注力、医農薬原薬・中間体、電子材料、精密ガス等も展開している。


太平洋セメント株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

太平洋セメント株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

国内首位のセメント会社。宇部興産、三菱マテリアル、住友大阪セメントを抑える。1998年に秩父小野田と日本セメントが合併して設立。1990年のピーク時と比べて需要が半分になる事業環境の中、大規模リストラで財務体質の改善を図る。北米にセメント工場を抱えており、「トランプ銘柄」の一角という見方も。


住友大阪セメント株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

住友大阪セメント株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1994年に住友セメントと大阪セメントが合併。セメント事業が売上の4分の3以上を占め、セメント販売において太平洋セメント、宇部三菱セメントに次いで国内3位のシェアを誇る。住友グループ広報委員会の参加企業。


日本電気硝子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本電気硝子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本電気硝子株式会社は元・NECグループのガラスメーカー。フラットパネルディスプレイ(FPD)用ガラスや液晶ディスプレイガラスの大手であり、特に液晶用ガラス基板では世界の生産量の20%を供給し、米コーニング、旭硝子とともに世界3強を誇る会社である。


日本板硝子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本板硝子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

大手ガラスメーカー。国内では旭硝子に次ぐ2位。2006年には自社より売上高の大きい英ピルキントンを買収し、世界的大手となった。自動車のガラスに「NIPPON SAFETY」のロゴが入っているものは同社製。住友グループ広報委員会参加企業。