化学・繊維に関する企業情報

インキ、塗料、ゴム、シリコンウエハを含む


【平均勤続20年】信越化学工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【平均勤続20年】信越化学工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1926年に信越窒素肥料として発足。現在は化学メーカーとして有機・無機化学品および電子部品材料を扱う。主力である塩化ビニール樹脂・半導体ウエハーは国内外においてシェアトップを誇る。TOPIX Core30の構成銘柄であり、上場する化学セクター内で最大の時価総額を誇る企業である。


【建築塗装】エスケー化研株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【建築塗装】エスケー化研株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

建築塗料・建築仕上材の総合メーカー。本社は大阪府茨木市にある。廃溶剤を再利用した下塗り塗料を製造・販売していた四国化学研究所が始まり。建築仕上塗材は床・壁・屋根など内外装問わず幅広く製造・販売している。海外展開はアジアが中心である。


 フマキラー株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

フマキラー株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

フマキラー株式会社の前身である大下回春堂は、大正時代に「強力フマキラー液」を開発。殺虫剤は現在でも同社の売り上げを支える主力商品である。殺虫剤に関する事業の基盤はそのころから築かれていた。2008年には、火や電気、また電池さえも使用しない「おすだけベープ」を開発。グッドデザイン賞を獲得した。


3Mジャパングループに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

3Mジャパングループに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

生活用品から医療用品、産業用品など、サイエンス技術を活かして幅広い商品を製造している外資系企業である。3Mジャパングループとは「スリーエム ジャパン」「スリーエム ジャパン プロダクツ」「スリーエム販売」「スリーエム ヘルスケア販売」「スリーエムフェニックス」の5つの法人の総称を指している。


富士フイルム株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

富士フイルム株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

富士フイルムホールディングス傘下の精密化学メーカー。グループのイメージングソリューション、インフォメーションソリューションの事業を担う。近年では写真フィルムの技術を活かし、グラフィックシステムやヘルスケアの分野に進出。中でも化粧品アスタリフトは高評価。


BASFジャパン株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

BASFジャパン株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

BASFは「化学でいい関係をつくる」ことを目指すドイツに本社を構える企業。150年の歴史があり、経済的な成功や環境保護、社会的責任を重視し、化学薬品の製造や建設業界への高度な技術を提供している。世界でも有数の化学メーカーとされており、イノベーション化された技術はトップクラス。企業内の福利厚生や評価制度も定評がある。


ライオン株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ライオン株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日常生活に欠かせない洗剤、石鹸、歯磨きなどの衛生管理に必要な製品をはじめ、医薬品や化学品を開発・製作しているメーカー。トップシェアの歯磨きは、創業品目としても知られており、台所用洗剤「ママレモン」などの台所用洗剤など、消費者の生活に密着した製品を生み出している。CMや商品の紹介のキャッチコピーは「今日を愛する。」


株式会社カネカに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社カネカに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

化成品、機能性樹脂、発泡樹脂、食品、ライフサイエンス、エレクトロニクス、合成繊維など実に多様な事業を展開。化学が色々な産業と密接に絡んでいることの証でもあるが、その裾野の広さを活かした「多軸経営」を推進する。生分解性ポリマーなど新規事業開発にも次々にチャレンジしている。


帝人株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

帝人株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の大手繊維事業者で本社は東京都千代田区。ヘルスケア分野での医薬品や医療機器、フィルム・シート分野での自動車部品なども展開。また、情報・エレクトロニクス分野での新規事業創出のため、研究開発にも努めている。グループ会社は国内58社、海外111社。


株式会社クラレに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社クラレに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

先端技術であった人造絹糸レーヨンを企業化することを目的に1926年に創立された会社。主力事業は自動車のフロントガラス用中間膜の原料などとして使用されるビニールアセテート事業で50%近くを占めている。その他にも人工皮革のクラリーノなどが有名である。


株式会社日本触媒に転職するなら知っておきたいまとめ

株式会社日本触媒に転職するなら知っておきたいまとめ

1941年創業の世界トップクラスの化学メーカー。主力事業は高吸水性樹脂などを取り扱う機能性化学品で、事業別構成比で50%を占めている。高吸水性樹脂は世界の約4分の1の紙おむつに使われている。グローバル展開も顕著で2018年にはベルギーにプラントを新設予定である。


住友化学株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

住友化学株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

住友グループの中核企業、国内の化学メーカーでは第2位の業績である。食品用の包装材や水族館の水槽など幅広い分野で使われる石油化学品事業が主力、次いで高度な有機合成技術を基に行っている医薬品部門が堅調な売上となっている。海外ではアジアを中心に世界で75事業所を展開している。


芦森工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

芦森工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

シートベルト・エアバッグなど自動車安全部品や、墜落防止用の器具・漁業用ロープといった産業資材の製造を行う。会社で製造している消防用ホースに関しては、国内トップシェアを誇る。平成28年3月期の売上高と営業利益は、それぞれ513億8000万円と20億7100万円と、両方とも前年比増となった。


株式会社トーア紡コーポレーションに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社トーア紡コーポレーションに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

トーア紡コーポレーションは、多角化経営の繊維メーカーである。持株会社であるため、傘下に東亜紡織株式会社、トーア紡マテリアル株式会社などの企業を持つ。半導体生産事業や不動産賃貸業などの事業にも力を入れる一方、新事業にも力を入れ自社の100周年に向かい、更なるトーア紡ブランドの飛躍を目指している。


サカイオーベックス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

サカイオーベックス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

100年以上の歴史で培った独自の繊維加工技術を応用し、テキスタイルを中心に、電子機器・情報システム、水産・環境資材、アパレル製品製造販売など事業フィールドを多彩に展開。独自の繊維加工技術を応用し、高付加価値加工商品を提供、確かな実績を重ねる。技術と感性を融合したOver & Extension Copanyを目指す。


ダイニック株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ダイニック株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業1919年以来、書籍装丁用などのブッククロスメーカーとしては国内トップの実績を誇る。他にコンピュータリボン、壁材、不織布の製造・販売を行っている。子会社15社、関連会社2社とグループを構成されており、京都市右京区と、東京都港区の2ヶ所に本社がある。


日本フエルト株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本フエルト株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

製紙用製品や工業用繊維製品を取り扱っており、日本で初めてエンドレス・ ニードル・フェルトの製造に成功した。1917年の創業当時から国内のフエルト業界を引っ張る存在であった。現在、埼玉県と栃木県に大規模工場を所有しているほか、海外にも連結子会社がある。


イチカワ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

イチカワ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

抄紙用具を取り扱っているイチカワ。主力商品としては、抄紙用フエルトやシュープレス用ベルトなどがある。また、国内では千葉県の柏工場の他、茨城県に岩間工場と開発研究所も所有している。さらに、海外進出も積極的に行っており、輸出比率は40%以上となっている。


住江織物株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

住江織物株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

業界有数の大手老舗メーカー。カーペットのシェアでは首位を誇る。日本の国会議事堂の赤絨毯は同社の特注品であることは有名。インテリア部門ではカーペットやカーテンのほかにも椅子張地、人工芝など、その他壁装材や袱紗や風呂敷、緞帳など美術工芸品をも取り扱う。近年は自動車や公共交通などの輸送機械向の内装材のシェアを伸ばしている。


日東製網株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日東製網株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

強力で軽量、また水中の抵抗力も少ないという無結節網(むけっせつあみ)。無結節網の世界初となる製造機を作った企業が日東製網である。その国内におけるシェアは半分を占めている。2010年に創立100周年を迎えている老舗企業であり、水中での漁具の様子を詳しく観察できる「NaLAシステム」の開発なども行っている。