東京都港区に関する企業情報


【Hondaフィロソフィー】本田技研工業株式会社(ホンダ)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【Hondaフィロソフィー】本田技研工業株式会社(ホンダ)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

「ホンダ」のブランドで知られる、日本の大手輸送機器及び機械工業メーカー。世界最大の二輪・四輪メーカーとして、368社の連結子会社と83社の持分法適用会社(2016年3月末日現在)を擁している。事故ゼロ社会の実現に向け、様々な技術の研究、開発を進めている。


KYB株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

KYB株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2015年、カヤバ工業株式会社より社名を変更。創業は1919年、資本金は276億4,760万円。太平洋戦争の時には、零戦など戦闘機向けのショックアブソーバーを生産し、当時の経験が現在の自動車部品製造技術に繋がっている。自動車用ショックアブソーバのシェアは国内で1位、 世界でも3位を占める。


【高年収】ゴールドマン・サックス証券株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【高年収】ゴールドマン・サックス証券株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

米国ニューヨークを本拠地とする世界最大手の金融機関、ゴールドマン・サックスの証券部門における日本法人。投資銀行業務、セールス&トレーディング業務を中心に、個人・法人の顧客ニーズに対応した幅広い金融サービスを提供している。


【プレステ4・Xperia】ソニー株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【プレステ4・Xperia】ソニー株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1946年創業の電機メーカー。独創的な商品とサービスで世界を席巻し「SONY」ブランドを確立させてきた。連結子会社は1300社を超え、ソニーグループの事業持株会社としてグループを束ねている。創業事業であるエレクトロニクス分野の業績不振から赤字決算が続いていたが、2016年春に黒字に転換。ソニー復活の声があがっている。


【福利厚生が充実】日本通運株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【福利厚生が充実】日本通運株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本最大手の総合物流企業。陸・空・海全てを駆使した総合物流能力の高さから国内外の法人より絶大な信頼を得ている。国内では引越しサービス最大手として、「引越しは日通」のキャッチフレーズで業績をけん引する。近年では世界中の拠点を駆使し、物流コンサルティングやロジスティック事業を拡大中。社会人野球の老舗企業としても有名。


【再建進むか】株式会社東芝に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【再建進むか】株式会社東芝に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の大手電機メーカー。大手重電3社(日立製作所、東芝、三菱電機)の一角。三井グループの構成企業。連結での海外売上比率は59%、従業員20万人のうち海外の従業員が4割以上を占めているなど、グローバル化が進んでいる。不正会計問題を契機に経営危機に陥り、2017年4月の新卒採用を中止。東証2部への降格のおそれも出ている。


トーセイ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

トーセイ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都港区虎ノ門に本社を置く不動産会社。資産価値の低下した不動産を再生し投資家などに販売する不動産流動化事業が、売上高全体の50%以上を占める。分譲マンション「THEパームスシリーズ」開発も好調。2017年秋にはホテル開業を予定し、さらなる経営の多角化をめざす。


株式会社ユーシンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ユーシンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

貿易業から製造業に転じ、東証一部の会社となった。世界17ケ国に24の工場を展開し、自動車部品や農業・産業機械の部品を供給している。2013年にフランスのValeo社アクセスメカニズム事業を買収したことで、主力のキーセットは世界シェア首位となった。


昭和電線ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和電線ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和電線グループの持株会社。創業以来、巻線や電力のケーブル、電話線、光ファイバーケーブルなどを製造、電気や情報通信の社会インフラを支えてきた。電線業界大手6社の一角を成す。2015年度の売上高1697億円を超え、そのうち主力の電線線材事業が800億円を占めた。免震部材や制震部材を取り扱うデバイス事業なども展開している。


日立マクセル株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日立マクセル株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日立マクセルは、電器・コンシューマー、産業用部材、電池といった製品の製造・販売を手がける日立製作所の関連会社。カセットテープを日本で初めて製品化した会社としても知られている。近年ではプロジェクターやLEDヘッドランプ用レンズ、エステ家電なども製造。一旦日立製作所に完全子会社化されたが、後に独立を果たした。


株式会社日立国際電気に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社日立国際電気に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日立グループの電気機器メーカーで国際電気・日立電子・八木アンテナの3社が、2000年10月1日付で、旧国際電気を存続会社として合併し誕生した。アジアにおける半導体メーカーの設備投資などにより、エコ・薄膜プロセス部門が2015年度売上収益905億を越えている。


シンフォニアテクノロジー株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

シンフォニアテクノロジー株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

発電機、モーター、航空宇宙、産業用大型車両、トーイングトラクター、プリンターをはじめとする電気機器などの生産を行う大手総合電機メーカーであり、2017年には創業100周年を迎える老舗企業。高い技術力と開発力を武器に、最先端のテクノロジーを生み出している。


【1909年創業】三井倉庫ホールディングス(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【1909年創業】三井倉庫ホールディングス(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1909年創業の三井グループの物流持株会社。倉庫事業、港湾運送事業、国際輸送などの物流事業のほか、都市部の所有地を活用した不動産賃貸事業をおこなっている。近年はBPOや3PLも展開。国内24都道府県、世界20カ国30海外現地法人のネットワークを持つ。傘下に三井倉庫、三井倉庫ロジスティクス、三井倉庫インターナショナル等。


【世界351都市のネットワーク】(株)近鉄エクスプレスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【世界351都市のネットワーク】(株)近鉄エクスプレスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

海外46ヵ国 351都市 848拠点を持つ日本の大手国際総合物流企業(2017年3月現在)。国際海上貨物輸送、国際航空貨物輸送に加え、通関手続きや物流情報の管理なども総合的に行っている。2015年にはシンガポールのAPLロジスティクス社を買収するなど、グローバルに高品質なロジスティクス・サービスの展開を目指している。


【福井県のグローバル企業】セーレン(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【福井県のグローバル企業】セーレン(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車用シート材を扱う業界大手企業。エアバッグなども手掛ける。売上高1位の車輌資材は、メルセデス・ベンツにファブリックシート材が初採用された。2018年より、メキシコとブラジルのセーレン現地法人で生産し現地ベンツ社に納入を開始する。グローバルシェア20%に向け取り組みを進めている。


【医療関連製品のトップメーカー】(株)ホギメディカルに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【医療関連製品のトップメーカー】(株)ホギメディカルに転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和30(1955)年創業の医療用製品を手がけるメーカー。前身の「保木明正堂」として創業。医療関連製品のリーディングカンパニーとして、研究開発、製造、販売までを行う。手術着など医療用不織布製品のシェアはトップクラス。手術用具と組み合わせたキット販売も行う。


【世界展開を推進中】(株)極洋に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【世界展開を推進中】(株)極洋に転職するなら知っておきたい情報まとめ

かつては捕鯨を主軸事業としていたが商用捕鯨禁止後、水産品の買い付け・加工、鰹・鮪の漁撈を手掛ける水産会社である。切り身製品などの水産商事事業の売上高は2015年度で2226億円、全体の約50%を占めている。最近ではDHAやグルコサミンなど水産由来のサプリメントをはじめとした健康食品も手掛けている。


【平均年間給与800万円】日本水産(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【平均年間給与800万円】日本水産(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

「ニッスイ」のブランド名で知られる、日本の水産・食品会社。漁業・養殖生産・加工・販売までを一貫して行っている。家庭用・業務用の冷凍食品や缶詰・びん詰めの食品を国内のマーケット向けに製造販売する食品事業を主幹事業としている。海洋関連の技術を持ち、深海調査船の運航・管理業務の委託等も請け負う。


【新社屋完成】(株)テレビ東京ホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【新社屋完成】(株)テレビ東京ホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

2010年10月、株式会社テレビ東京を中核として誕生した認定放送持株会社。株式会社テレビ東京の他、株式会社BSジャパン、テレビ東京ブロードバンド株式会社(現株式会社テレビ東京コミュニケーションズ)が事業会社として統合した。2016年秋に港区六本木に完成した新社屋に本社移転。


【創業以来 黒字経営】(株)DTSに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【創業以来 黒字経営】(株)DTSに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本のシステムインテグレーター。システム開発・運用改善・ツール販売の事業を主軸とし、特に金融・通信系の分野に強みを有する。金融分野では2016年3月期に前年同期比117%を達成するなど堅調に推移。近年では医療分野にも進出し、「リウマチ診療支援システム」などを開発している。創業以来、黒字経営を継続する安定企業である。