金融

銀行、証券、保険、クレジット・リースに携わる会社です。

金融に関連するキーワード

銀行
>>金融に関連するキーワード一覧

金融の企業情報一覧

株式会社宮崎銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社宮崎銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

宮崎県宮崎市に本社を置く、1932年に設立された地方銀行。宮崎県内だけでなく鹿児島県にも鹿児島営業部を置き、地盤を広げている。また大分県、福岡県、大阪府に各1店舗、熊本県、東京都に空中店舗を構える。2007年以降に、個人特化型のミニ銀行「みやぎんほっと」を展開したことで話題となった。


株式会社トマト銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社トマト銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

「にんげん大好き」をスローガンに掲げる旧山陽相互銀行を前身とした岡山の第二地方銀行である。岡山県内の金融機関のシェアとしては第三位で、セブン銀行やイオン銀行のATMとも提携している。進歩的でユニークな活動をしており、ファジアーノ岡山FCのスポンサーにもなっている。


株式会社みなと銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社みなと銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

みなと銀行は1999年に阪神銀行とみどり銀行が合併し発足。さらに2000年にさくら銀行(現在の三井住友銀行)がTOBによって傘下子会社となり、兵庫県下で最大規模の地域金融機関となった。様々な成長分野への事業サポートも行っており地域の産業育成や雇用創出の後押しをしている。


株式会社北日本銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社北日本銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

岩手県に本店を置く第二地銀。地域に根差した経営を目指し、堅実な経営を行っている。2011年の地震後は特に、被災企業の支援に力を入れるとともに、医療・福祉、アグリ・食産業分野への取り組みへのサポートを強化している。融資だけでなく、経営コンサルタント的な業務も行う総合サポート体制を構築している。


株式会社大東銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大東銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

福島県を中心に展開している第二地銀、埼玉県にも支店を持つ。南東北の第二地銀やイオン銀行、セブン銀行とATMを使った入出金で提携している。各種ローンの種類が多く、地元の企業や人々に親しまれている。震災後は、地域復興のための活動に力を入れている。ブラジルの銀行と提携し、在日ブラジル人向きのブラジル送金サービスも提供。


株式会社佐賀銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社佐賀銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

佐賀銀行は佐賀県佐賀市に本店を置く地方銀行である。スローガンは「このまちで、あなたと」。九州他県に比べて佐賀県自体の経済力が小さいことから県外進出が顕著な点が特徴的。九州外は東京支店のみであるが、福岡都市圏や筑後への出店が目立つ。事業パートナー・投資業務・佐賀県の地域活性への貢献にも力を注ぐ。


株式会社三重銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社三重銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三重銀行は明治28年に四日市銀行として創業された、三重県四日市市に本店を置く地方銀行。歴代・現任頭取、役員といった経営層は旧三井銀行出身者が占めているという特徴を持つ。ローンプラザを数多く設置し、住宅ローンの年間伸び率は国内地方銀行トップを誇る。


株式会社鳥取銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社鳥取銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

鳥取銀行は大正10年に設立された「株式会社鳥取貯蓄銀行」を前身とする、鳥取県内に本店を持つ唯一の地方銀行である。また、鳥取県の指定代理金融機関としての役割も果たしている。三菱UFJフィナンシャル・グループと深い関係性を持つ銀行としても知られている。


株式会社四国銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社四国銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

高知県高知市に本店を構える地方銀行で、県下最大の金融機関である。高知県内及び徳島県、香川県、愛媛県、本州にそれぞれ支店を置いている。2013年にインターネット専用支店(バーチャル支店)として、高知の偉人である坂本龍馬の名にあやかった「龍馬支店」を開設したことで話題となった。


株式会社栃木銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社栃木銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

栃木県に本店を置く第二地方銀行。店舗数は92店舗で、栃木県だけではなく、埼玉県越谷市に9拠点を設置するほか、三郷市にも出店するなど、隣接する埼玉県に多くの営業店を開設しており、北関東エリアを営業基盤とする地域密着型金融機関である。自己資本比率12.11%(2016年3月現在)で財務体質は良好。


株式会社愛媛銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社愛媛銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

愛媛県が本社の第二地方銀行。西日本の第二地銀の中では比較的店舗が多い。県外店舗も多く、高知県・広島県・香川県・岡山県・大分県・大阪府(2店舗)・東京都にも店舗を持つ。イメージガールは水樹奈々。ふるさとの発展に役立つ銀行として、社会貢献に取り組むべく「ひめぎん ふるさと観守り隊」を結成している。


株式会社長野銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社長野銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称「ながぎん」。一般的な銀行業務のほか、地域に密着したサービスが特徴。主に中小企業を対象をした「チャレンジⅢ」、長野県信用保証組合と提携した「フレックス」などの融資業を積極的に行っている。2015年からはセブン銀行と提携しATMの時間外利用手数料を無料化にするサービスも開始された。


株式会社愛知銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社愛知銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社愛知銀行は、創業100年を超えた老舗の第二地方銀行。愛知県内に98店舗、県外に8店舗、計106店舗を展開しており、エリアを広げず地域に密着したサービスを実施している。また子会社の愛銀リース、愛銀ディーシーカード、愛銀コンピュータサービス、愛銀ビジネスサービスは、それぞれ金融サービスに係る事業を行っている。


株式会社第三銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社第三銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社第三銀行は、東海・近畿地区を中心に98店舗を展開している第二地方銀行。地域密着型の金融機関として、地域や顧客のニーズに応える体制づくりに努めている。また、女性が働きやすい環境を整えるため「Lady Go!」という名前のプロジェクトチームを編成。子育て支援体制をより充実させるため、各種制度の改善に取り組んでいる。


株式会社清水銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社清水銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

清水銀行は主に静岡県静岡市で業務を行っている地方銀行で、昭和3年に6つの銀行が合併することで誕生した。静岡市の指定金融機関を受託しており、Jリーグの清水エスパルス創設時からのスポンサーとしても有名。また、アニメ「ハルチカ」とのタイアップを行うなど、先進的な取り組みを行っている。


株式会社中京銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社中京銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社中京銀行は三重県で設立され、のちに名古屋へ移転した第二地方銀行。国内に87の実店舗と、店舗や窓口を持たないインターネット上の仮想店舗を1店舗展開している。また、中京ビジネスサービスや中京カードなど5つのグループ企業を持つ。2014年には中京銀行では史上初となる女性支店長が誕生し、女性活躍推進に取り組んでいる。


株式会社北越銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社北越銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

長岡市を中心に、新潟県内に店舗を展開している県内2位の地方銀行である。明治11年に第六十九国立銀行として創業。昭和23年に改称した。略称は「ホクギン」。2018年4月に持株会社「第四北越フィナンシャルグループ」を新設して、新潟市の第四銀行(県内1位)と経営統合することで基本合意。2020年を目処に合併を検討中。


株式会社筑波銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社筑波銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2010年に関東つくば銀行と茨城銀行が合併し、筑波銀行として新たに誕生した。茨城県内を中心に、県外も合わせて140店舗以上をかまえている。ロゴマークは、茨城の5つの地域と住む人々をあらわし、青色は空や海、湖を、緑色は森など茨城の自然をイメージしている。


株式会社福井銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社福井銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1899年(明治32年)に創設された福井県のトップバンク。福井県内におけるシェアは、預金・貸出金ともに約40%に上る。北陸・福井を中心に、銀行業務をメインとした総合的な金融サービスの提供に係る事業を行っている。福井県や県内のほぼ全ての市町村の指定金融機関である。


株式会社島根銀行に就職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社島根銀行に就職するなら知っておきたい情報まとめ

島根県を中心に展開する第二地方銀行。創業100年の歴史を持つ。地域の経済活性化を推し進める「しまぎんビジネス情報仲介制度」「しまぎん成長基盤強化応援ファンド」など、地方銀ならではの地域密着型の取り組みを行っている。マスコットキャラクターを使用したCMで情報発信し、地域の活動にも積極的に参画している。