商社・流通・運輸

商社、小売、陸運・倉庫、鉄道、海運、空運に携わる会社です。

商社・流通・運輸に関連するキーワード

商社 陸運・倉庫 空運
>>商社・流通・運輸に関連するキーワード一覧

商社・流通・運輸の企業情報一覧

株式会社パスコに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社パスコに転職するなら知っておきたい情報まとめ

航空測量最大手。人工衛星、航空機、車両などを使って国内外の地理空間情報を収集、加工し、他業務と連携。ICTを融合したソリューションを創造し提供する。世界の先端技術を活用し、航空写真測量では世界トップレベルを誇る。官公庁・自治体からの受注比率が高い。1999年にセコム株式会社の傘下に。


共栄タンカー株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

共栄タンカー株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都港区に本社を構える外交海運会社。日本郵船の子会社としてタンカーの運航や長期貸出が事業のメイン。原油船5隻、製品船5隻、バラ積み船6隻を所有。コスモ石油向けの貸船が過半数。昭和12年創業で、日本国内で初めてタンカーを製造した会社でもある。


乾汽船株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

乾汽船株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都中央区に本社を構える海運業及び倉庫・不動産業を営む会社。1904年に英国製船を購入し、海運業を始めた創業者・乾新兵衞によって創業された。2014年にグループ企業同士であった海運業の「旧・乾汽船」と倉庫・不動産業を営んでいた「イヌイ倉庫」が合併し、現在に至る。バラ積み船に強み。


明治海運株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

明治海運株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2011年に創業100周年を迎えた、神戸発祥で商船三井系の海運会社。自動車専用船・タンカーなどを保有し、中長期契約で貸し渡しすることで運航している。本業は海運業だが、大正時代から貸ビル業を併営し、また1992年からはホテル事業も手掛けている。


三信電気株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三信電気株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和26年(1951)設立。集積回路・半導体素子・一般電子部品等のエレクトロニクス部品及びOA機器や通信機器、映像機器等の電子機器を国内外にて展開する大手商社。また、民間企業や官公庁、自治体向けのインフラ設計や構築、運用保守等も行っている。


加賀電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

加賀電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区に本社を構える、昭和43年(1968)創立の企業。独立系総合商社として電子部品や半導体の販売、受託製造のEMS、自社製品ブランドの「TAXAN」をはじめとしたパソコンなどの情報機器の販売を展開している。国内外合わせて16カ国で事業を展開し、グループ会社は40社を超える。


ソーダニッカ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソーダニッカ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

独立系の化学品専門商社。主力である「か性ソーダ」は国内販売シェアトップクラスを誇る。その他、無機薬品、有機薬品、合成樹脂などの事業を展開。国内4箇所にケミカルセンターを配置し顧客のニーズに合わせ安定供給をしている。東京都中央区日本橋に本社を置く。


株式会社立花エレテックに入社するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社立花エレテックに入社するなら知っておきたい情報まとめ

大正10年(1921)「立花商会」として創業。産業用の電機機器や半導体などの電子部品を扱う技術商社。主力はFA機器、情報機器となっている。ほかに半導体や空調機器、産業機械などを取り扱う。本社は大阪市西区。平成13年(2001)年に現在の社名に変更。


株式会社ルネサスイーストンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ルネサスイーストンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ルネサスイーストンは、1954年12月に創業した、半導体デバイス・電子部品を扱う専門商社である。集積回路・半導体素子・表示デバイスなどの販売や、ソフトウェア開発及び電子機器の開発・設計を担う。創業当時から日立製作所の第一号電子特約店として発展を続けている。


太平洋興発株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

太平洋興発株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

主な事業は、不動産、商事、サービス、建設工事の4つ。オーストラリアやインドネシアなどからの輸入石炭の販売を主力とする。不動産業は計画から施工・販売まで一貫して担当し、ISO9001認証を取得したマンション管理業務も行う。サービス業では、有料老人ホーム『シルバーシティ・シリーズ』で新しい生活スタイルを提案している。


丸紅建材リース株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

丸紅建材リース株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

丸紅建材リースは丸紅グループに属し、主に土木建築工事に不可欠な重量仮設鋼材のリースを行う企業。40年以上に渡って建設業を支えており、2006年には東証一部上場を果たしている。取引先である建設業界のニーズに素早く応えることを命題とし、日本全国に12の支店・営業所を展開する。本社は東京都港区。


JKホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

JKホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ジャパン建材株式会社を中心とするJKグループの持株会社で、本社は東京都江東区にある。総合建材卸売事業を中核に、合板製造や木材加工、住宅建設など様々な事業を展開し、業界内のシェアは第一位。東京ビッグサイトにて開催する「ジャパン建材フェア」は毎年約2万5000人を動員しており、その売上は500億を超える。


株式会社日伝に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社日伝に転職するなら知っておきたい情報まとめ

動力伝導機器・産業用機器・制御機器などを扱う商社で、大阪に本社を構える企業。変速機などの動力伝導機器分野を主力に、卸売だけでなく、製造現場のソリューション提案やトータルコーディネートなども含めた「ものづくりの専門総合商社」を目指している。全国3カ所に物流センターを設け、迅速な供給を可能にするロジスティクス機能も持つ。


北沢産業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

北沢産業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

食品加工機械・調理機器など、業務用厨房器具を扱う専門商社。本社は東京都渋谷区にあり、日本全国に50以上の販売拠点を構えている。自社ブランドの国内製品のほか、欧米の厨房機器の輸入・販売も行う。販売だけでなく、設計や施工も含めたキッチンコーディネートなども業務用・家庭用問わずに手掛けている。


杉本商事株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

杉本商事株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

機械工具などを専門に扱う商社。大阪府に本社を構え、全国に45ヶ所の販売拠点を持つ。測定機器や工具の専門商社としてのシェアは業界トップクラスで、連結会計で2期連続の増収となっている。対面にこだわる地域密着型の営業を得意とし、様々な生産現場に向けた機械器具やガス検知器など測定機器の販売、海外輸出入業務も行う。


株式会社バイテックホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社バイテックホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

デバイス事業と環境エネルギー事業を扱うエレクトロニクス商社で、本社は東京都品川区。2015年に持株会社体制へ移行し、3期連続の増収となっている。主な事業会社はバイテックグローバルエレクトロニクス株式会社、バイテックグリーンエナジー株式会社など。デバイスの販売やソリューション提案の他、農業ビジネスへの提案なども行う。


アルテック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アルテック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

産業機械、医療機械などを扱う商社で本社は東京都中央区にある。最新の技術を使った、印刷・包装、食品製造ラインなどを提供している。オリジナル製品の開発も行っている。2015年度売上高158億1000万円、海外展開もしており日本が約79億円、次いでアジアでは約65億円の売上高になっている。


【老舗繊維商社】タキヒヨー(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【老舗繊維商社】タキヒヨー(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

名古屋市に本社を構える繊維商社。創業は1751年。しまむらなどの衣料品専門店や海外高級ブランド等、さまざまな業態向けに幅広いアパレル製品を企画・生産・卸売を行っている。そのほか、賃貸事業や合成樹脂や化成品の販売事業なども手がける。


【清掃機器商社】蔵王産業(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【清掃機器商社】蔵王産業(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

清掃機器や洗浄機器を輸入販売している商社。本社は東京都江東区。平成27年度の売上高は68億3300万円、製品別に見ると洗浄機器が27億円を越えて主力となっている。主な顧客はビルメンテ業界や製造業で、全国21ヶ所に営業拠点を有し、独自の企画力でユーザーニーズに応える。


ジェコス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ジェコス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

建設工事における仮設鋼材などの賃貸・販売を行う企業。本社は東京都中央区。2015年度売上高は860億円を越えており、そのうち仮設鋼材が約760億円、建設機械が約135億円となっている。既製の鋼材だけでなく工事ごとに対応した加工・製造を行う自社工場もある。