消費財

食品・飲料、アパレル、化粧品・生活用品、製薬に携わる会社です。

消費財に関連するキーワード

アパレル 食品・飲料 化粧品・生活用品 製薬
>>消費財に関連するキーワード一覧

消費財の企業情報一覧

ホッカンホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたいまとめ

ホッカンホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたいまとめ

北海製罐・日本キャンパック・オーエスマシナリーの3社を主力とした、グループ全体でのトータル・パッケージ・システム事業を強みとする企業。創業は1921年。製缶、充填事業においては確かな販売力・生産力・技術力で、国内飲料事業においては業界2位の実力を持つ。本社は千代田区。


第一工業製薬株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

第一工業製薬株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

明治42年に創業。京都に本社を置く、100年を超える歴史を持つ企業である。モノゲンやノイゲンといった界面活性剤事業を中心に、産業・工業用の薬剤などの製造販売を主な事業としている。中国や台湾など、アジア諸国を中心に海外への事業展開も行っている。


コタ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

コタ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1979年に「小田製薬株式会社」として創業。サロン向けのシャンプーをはじめとするヘアケア製品の開発・製造・販売を行う。2001年に現在の社名に変更。単なる物品販売ではなく美容室に向けたコンサルティング・セールスによる営業と「旬報店システム」と呼ばれる得意先店の店販戦略を視野に入れた取り組みが特徴である。


エステー株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

エステー株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

生活日用品の革新にて、人々の暮らしを豊かにしたいとの想いから、新商品の開発力を発揮し、さまざまなニッチ市場を創造してきたエステー株式会社。 現在、エアケア・衣類ケア・湿気ケア・ハンドケア・サーモケア・ホームケアの6つの事業から構成される。「ムシューダ 」は、衣類用防虫剤において国内シェアNo.1のブランドである。


株式会社シーボンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社シーボンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1966年に設立。以来、半世紀にわたり化粧品の開発・製造から販売までを一貫して行っている。特に女性社員が活躍している企業として広く知られ、「Forbes JAPAN」の女性活躍企業ランキングでは「女性役員比率」などの3部門において国内第1位を獲得している。


株式会社アジュバンコスメジャパンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アジュバンコスメジャパンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1990年に創業の理美容院やエステティックサロン向け化粧品メーカー。人間の自然治癒力を活かす「糖」や「ミネラル」を主成分とする安心で安全な化粧品の商品企画、研究開発から販売などを行う。その品質の高さで、美のプロフェッショナルであるエステティシャンやヘアスタイリストなどから絶大な信頼を得ている。


レック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

レック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

主に掃除、バス・トイレ、台所用品などの家庭用品を中心とした日用雑貨品の企画開発・製造・販売を行う。主力商品は清掃関係の「激落ちくんシリーズ」で、メラミンスポンジ市場シェア1位(自社調べ)。取得しているパテント類は1200件以上。グッドデザイン賞も多数受賞している。


扶桑化学工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

扶桑化学工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

化学品メーカーである扶桑化学工業は、無水マレイン酸を製造販売する有機酸事業も承継。無水マレイン酸を原料としたリンゴ酸の製造は同社の主力製品である。食品・飲料用途の果実酸や半導体研磨剤原料用途の超高純度コロイダルシリカというニッチな市場で強みを発揮し、「グローバルニッチトップ企業100選」に選ばれている。


【東証一部】東都水産(株)に転職するなら知っておきたいまとめ

【東証一部】東都水産(株)に転職するなら知っておきたいまとめ

築地市場内に本社を置く水産物卸会社で、海外との取引も積極的に行っている。マグロ・鮮魚・加工品・冷凍品・塩蔵品など、さまざまな種類の水産品の集荷・販売を手がける。平成30年には埼玉県魚市場新物流センター竣工予定。築地のセリと言えば東都水産と言われるほどの大手である。


【老舗繊維商社】(株)ツカモトコーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【老舗繊維商社】(株)ツカモトコーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1812年創業の老舗大手繊維商社。ツカモト株式会社、ツカモトアパレル株式会社、ツカモトユーエス株式会社、ツカモトエイム株式会社、市田株式会社など8社で構成されるツカモトグループの事業持株会社で、「和装」「洋装」「ライフスタイル」を柱に事業を展開中。


【1920創業】(株)シモジマに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【1920創業】(株)シモジマに転職するなら知っておきたい情報まとめ

包装材料卸問屋として1920年に創業。店舗で使う包装用品や店舗用装飾品、オフィス用の事務用品などを扱う専門商社である。東京や名古屋、関西に直営店を持ち一般向けに小売も行っている。近年は販売経路のIT化を進め、ネット販売にも注力。2011年、経営コンサルタントの船井幸雄氏から世界で最も入りたい会社のひとつに選ばれた。


【白衣のトップシェア】ナガイレーベン(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【白衣のトップシェア】ナガイレーベン(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

自社ブランドの衛生白衣などを販売する企業。1915年の創業以来、医療市場に特化し、優位なポジションを確立。数千種類の豊富なアイテム、オーダーメイド対応など競争力のある商品は、現在国内でのシェアが60%を超える。


【野菜の専門商社】デリカフーズ(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【野菜の専門商社】デリカフーズ(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

デリカフーズは、農業の目と科学者の目を持った業務用の八百屋である。産地から生産者の方と一緒に、美味しく栄養が詰まった野菜作りが「農業の目」であり、保存、カット技術、包装、配送に至るまで「科学者の目」としてお客様に届けている。また、販売だけでなく野菜に関する情報を伝えるセミナー事業も行っている。


【アミノ酸世界一】味の素(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【アミノ酸世界一】味の素(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

世界No.1のアミノ酸メーカー。製造販売するL-グルタミン酸ナトリウムを主成分とするうま味調味料「味の素」は、同社の登録商標。化粧品ブランド「Jino」の製造販売など、アミノ酸生産技術を活用したケミカル事業・医薬事業も行っている。食品会社の世界トップ10を狙う。


【グローバル展開中】大幸薬品(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【グローバル展開中】大幸薬品(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

「ラッパのマーク」でお馴染の胃腸薬「正露丸」や、ピシャット錠などの医薬品をはじめ、医薬部外品や二酸化塩素除菌消臭製品「クレベリン」などの製造・販売を行っている。国内のみならず、中国をはじめ、アメリカ、カナダ、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、モンゴル等にも輸出を行っている。


【ニッスイ系の医薬品会社】日水製薬(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【ニッスイ系の医薬品会社】日水製薬(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日水製薬は昭和10年(1935年)の創業以来、「人々の健康と幸せを実現する企業」として、多様なニーズに応える診断薬、衛生管理をサポートする産業試薬、天然資源を活かした医薬品や化粧品など、多岐にわたる製品開発に積極的に取り組んでいる。現状に満足することなく、新たな技術開発や提携のグローバル化を推進している。


【海外旅行制度あり】富士製薬工業(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【海外旅行制度あり】富士製薬工業(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

富士製薬工業は注射剤をメインとし、「急性期医療」と「女性医療」を支える製品を製造、安定供給に尽力している企業。月経困難症治療薬や不妊治療製剤、高品質な注射製剤や医師の診断をサポートする診断用製剤等、ブランド薬を中心とした新たなステージと体制を構築し、グローバルな事業展開を行っている。


【富山県の一部上場企業】ダイト(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【富山県の一部上場企業】ダイト(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

医薬品や原薬の製造・販売および製剤の製造受託を主に行う。国内メーカーのうちおよそ9割と取引実績があり、特にジェネリック医薬品向けの原薬では高いシェアを誇る。他社製品の受託・受託製造も行っており、代表的なものでは第一三共ヘルスケアのしみ改善薬「トランシーノ」や胃腸薬「新黒丸」などがある。


【平均年間給与938万】ペプチドリーム(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【平均年間給与938万】ペプチドリーム(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京大学発のベンチャー企業。特殊ペプチドを応用した医薬品の研究開発を行う。アストラゼネカ、第一三共、田辺三菱製薬、ノバルティスなど国内外の大手製薬会社と共同研究開発契約を締結。2011年には独自の手法であるRAPIDディスプレイが、産学官連携分野では栄誉ある産学官連携功労者表彰で日本学術会議会長賞を受賞している。


【トップシェアも】扶桑薬品工業(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【トップシェアも】扶桑薬品工業(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

扶桑薬品工業は、特に人工腎臓透析液分野でトップシェアを誇る企業である。痔疾用舌下錠「ヘモリンド」を筆頭に、治療上必要不可欠な医療用医薬品を一筋とし70年にわたり作り続けている。岡山、大阪、茨城に量産工場を配す傍ら、研究開発センターを中心により良き医薬の創出に努めている。