消費財

食品・飲料、アパレル、化粧品・生活用品、製薬に携わる会社です。

消費財に関連するキーワード

アパレル 食品・飲料 化粧品・生活用品 製薬
>>消費財に関連するキーワード一覧

消費財の企業情報一覧

【平均年収960万円】武田薬品工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【平均年収960万円】武田薬品工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の医薬品企業での売上高は1位。世界の医薬品企業の売上高順位(2016年)では16位。アステラス製薬、第一三共、大塚ホールディングス、エーザイと共に国内5大医薬品メーカーのひとつ。


【育休取得率99%】株式会社ワコールに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【育休取得率99%】株式会社ワコールに転職するなら知っておきたい情報まとめ

国内シェア約3割を占める女性下着のトップメーカー。主軸の「ワコール」と低価格の「ウイング」を展開。通販会社「ピーチジョン」とともにワコールホールディングス(東証一部)の100%子会社。女性従業員比率は89%(ワコール)、女性管理職比率は20.8%(グループ全体)、育児休業取得率は99%(同)。


【女性管理職3割超】株式会社資生堂に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【女性管理職3割超】株式会社資生堂に転職するなら知っておきたい情報まとめ

銀座に創業し140年の歴史を有する化粧品メーカー。国内シェアは1位、年間売上は世界で5位を誇る。120の国々で事業を展開し海外売上比率が5割を超える。2000年代に入り、当時100を超えていたブランドを整理統合し、新ブランド等に集約、大再編した。『美しい生活文化の創造』に向かって邁進中である。


【世界最大】ヤマハ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【世界最大】ヤマハ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

世界最大の総合楽器メーカー。ピアノの売上高で世界シェア1位を誇るほか、100種類以上の楽器を製造している。音響機器や音楽ソフト、部品・装置に至るまで様々な製品を揃える。グローバル展開でも知られ、売上高の3分の2は海外。欧米・アジアなど世界30か国以上に拠点を置いている。


【スポーツクラブ運営も】グンゼ(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【スポーツクラブ運営も】グンゼ(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

「YG」「BODY WILD」など男性用アンダーウエアブランドで有名な企業。男性用以外にも、女性用アンダーウエアやレッグウエアも手掛ける。エンジニアリングプラスチックス分野でのOA機器の製造販売や、複合施設やスポーツクラブなどの経営も行っており、売上高ベースでアパレル関連事業は約半分の割合となっている。


【医療関連製品のトップメーカー】(株)ホギメディカルに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【医療関連製品のトップメーカー】(株)ホギメディカルに転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和30(1955)年創業の医療用製品を手がけるメーカー。前身の「保木明正堂」として創業。医療関連製品のリーディングカンパニーとして、研究開発、製造、販売までを行う。手術着など医療用不織布製品のシェアはトップクラス。手術用具と組み合わせたキット販売も行う。


【平均年間給与680万円】(株)三陽商会に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【平均年間給与680万円】(株)三陽商会に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1943年(昭和18年)設立。東京都新宿区に本社を置くアパレルメーカーである。販売網は百貨店が主体。自社ブランドだけでなく、ライセンス契約を結んだ海外のさまざまなブランドの販売も手掛ける。2015年6月末にバーバリーのライセンス契約が終了するも、その後継ブランドとして「マッキントッシュロンドン」を全国に展開している。


【業界トップクラスの売上高】伊藤ハム米久ホールディングス(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【業界トップクラスの売上高】伊藤ハム米久ホールディングス(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

伊藤ハム、米久という食肉業界をけん引してきた2社が経営統合し誕生した持株会社。両社が独立して事業を行う点は変わらないが、2社それぞれの強みを活かしたシナジー効果で、さらなる事業成長を目指している。統合により連結売上高は業界2位、ハム・ソーセージ部門の売上高は国内トップとなった。


【平均年間給与800万円】日本水産(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【平均年間給与800万円】日本水産(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

「ニッスイ」のブランド名で知られる、日本の水産・食品会社。漁業・養殖生産・加工・販売までを一貫して行っている。家庭用・業務用の冷凍食品や缶詰・びん詰めの食品を国内のマーケット向けに製造販売する食品事業を主幹事業としている。海洋関連の技術を持ち、深海調査船の運航・管理業務の委託等も請け負う。


【アンデスメロンを開発】(株)サカタのタネに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【アンデスメロンを開発】(株)サカタのタネに転職するなら知っておきたい情報まとめ

国内・海外の生産農家や農業法人に、作物の種苗販売を手掛ける企業。研究開発も行っており、独自の品種を開発。「アンデスメロン」はサカタのタネから産まれたオリジナル品種で、ブランドとなった。研究・生産・物流・品質管理・営業・卸売りと、種苗に関する一連の事業を展開している。


【28万台の自販機を保有】ダイドーグループホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【28万台の自販機を保有】ダイドーグループホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1975年に大同薬品の清涼飲料・営業部門から独立。2017年1月にダイドードリンコなどを傘下に置く持株会社制へ移行した。全国に約28万台の自販機を保有しており、飲料販売部門の約8割が自販機による売上で、コーヒー飲料が過半数を占めている。飲料のほか「たらみ」のゼリーなど食品販売も手掛ける。


【海外事業を強化】日清オイリオグループ(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【海外事業を強化】日清オイリオグループ(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都中央区に本社を置く日本の製油会社で家庭用食用油国内首位のシェアを持つ食品メーカーでもある。ヘルシーフーズ事業では、高齢者・介護者向けのトロミ調整食品やサプリメントなども手掛けている。アジアを中心に油脂・加工油脂事業の展開、健康オイルの販売、ファインケミカル事業の海外拠点の拡充など、海外事業を強化。


【業界トップクラスメーカー】(株)J-オイルミルズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【業界トップクラスメーカー】(株)J-オイルミルズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

食用油脂の製造・販売を主軸事業とする会社で2003年4月に味の素製油、ホーネンコーポレーション、吉原製油の3社が統合して設立された。主力の製油事業の売上は2015年度1704億円を越え、その他にスターチや栄養補助食品、化成品の製造販売などを手掛けている。


【グローバル企業】アリアケジャパン(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【グローバル企業】アリアケジャパン(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

飲食業、食料品製造業者が使用する業務用調味料を製造している企業。鶏肉、豚肉由来の天然調味料の分野では国内トップシェア。2016年3月期の売上高は464億円と、5期連続で伸びている。北米、欧州、アジアと海外にも展開しており、世界7ヶ所に生産拠点を設けている。


わらべや日洋ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

わらべや日洋ホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2016年9月に持株会社体制に移行、子会社のわらべや日洋株式会社は、コンビニエンスストア、主にセブン-イレブンに弁当や惣菜、おにぎりなどを製造・卸販売する中食事業を展開しており、一日最大300万食を生産している。食材の生産・加工から食品の製造、配送と一貫したシステムを構築し、5期連続で売上高は伸びている。


【世界展開を推進中】(株)極洋に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【世界展開を推進中】(株)極洋に転職するなら知っておきたい情報まとめ

かつては捕鯨を主軸事業としていたが商用捕鯨禁止後、水産品の買い付け・加工、鰹・鮪の漁撈を手掛ける水産会社である。切り身製品などの水産商事事業の売上高は2015年度で2226億円、全体の約50%を占めている。最近ではDHAやグルコサミンなど水産由来のサプリメントをはじめとした健康食品も手掛けている。


【栃木県のグローバル企業】マニー(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【栃木県のグローバル企業】マニー(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

マニーは、栃木県宇都宮市に本社を置く医療機器などを製造、販売するメーカーである。手術用の縫合針、リーマ、ファイルなどを手がけ、業界シェアを90%近く占める。元々松谷製作所という名前であったが、海外からは長くて発音がしづらいとのことから略してマニーとなった。


【日本唯一 きのこ総合企業】ホクト株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【日本唯一 きのこ総合企業】ホクト株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ホクト株式会社は、きのこの研究開発から、生産、配送、販売まですべての過程を手がける日本で唯一のきのこ総合企業である。看板商品のぶなしめじ、エリンギ、まいたけはテレビCMでもおなじみ。米国・台湾・マレーシアにも拠点を置き、世界市場へも進出している。「きのこ総合研究所」で研究の中枢を担い、高品質なきのこ生産を行っている。


【日本初のスティックシュガー】三井製糖(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【日本初のスティックシュガー】三井製糖(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三井製糖は砂糖事業における国内最大手企業。砂糖事業のほか、甘味素材や食品素材などの製造、販売を行う。上白糖などのパッケージに用いられるスプーンのシンボルが有名であり「スプーン印」の商標を登録済。1971年には日本初となるスティックシュガーを発売。海外進出にも積極的でアジア圏の砂糖メジャーを目標としている。


【1910年創業】(株)不二家に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【1910年創業】(株)不二家に転職するなら知っておきたい情報まとめ

山崎製パンの子会社。洋菓子小売チェーン店を直営とFCで展開している。卸しの菓子事業は「ミルキー」「カントリーマアム」「ホームパイ」「ルック」「ポップキャンディ」を軸に販売を強化。社名の由来は、創業者である藤井家の「藤」と日本のシンボルである「富士山」、「二つと無い存在に=不二」。