人気企業情報一覧


カゴメ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

カゴメ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

明治32年創業の食品メーカー。トマト加工事業で国内最大手。1933年に国内初のトマトジュースを発売。野菜ジュースや植物性乳酸菌飲料などの健康系飲料も早くから手がける。登記上の本店は名古屋だが、社内全般の管理業務は東京本社で行われている。


【平均年収1905万円】M&Aキャピタルパートナーズ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【平均年収1905万円】M&Aキャピタルパートナーズ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

金融系でもコンサル系でもない、不動産業界出身者が設立したM&A仲介サービスを手掛ける企業。事業承継M&Aが中心。独立系というしがらみのなさと成功報酬型の料金体系を看板に中小企業を中心にクライアント数を順調に伸ばす。平均年収1900万円超という高給でも注目を集めている。


「新入社員もう辞めた」ツイート50連発! 3日で会社を判断するのは慧眼なのか?

「新入社員もう辞めた」ツイート50連発! 3日で会社を判断するのは慧眼なのか?

新年度が始まって、2週間あまり。ツイッターには「今年の新入社員辞めた」というつぶやきが相次いでいる。入ってみてブラック企業と分かっても、辞められなかった就職氷河期と比べれば、恵まれた環境になったと喜ぶべきか。


超人気企業・電通への転職成功談――ネット掲示板の書き込みから「キャリアアップの抜け道」を探る

超人気企業・電通への転職成功談――ネット掲示板の書き込みから「キャリアアップの抜け道」を探る

世界屈指の規模を誇る広告代理店、電通。過労自殺事件後に就任した山本敏博・新社長は、「労働環境の改革」を最優先の経営課題に掲げた。もしかすると働き方の見直しとともに、増員が必要となる部署があるかもしれない――。そんな電通への中途採用をねらう人が注目するのが、2014年11月に2ちゃんねるに登場した、とあるスレッドだ。


東洋ゴム工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋ゴム工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

タイヤ事業が8割を占める大阪市のゴム製品メーカー。TOYO TIRES(トーヨータイヤ)およびNITTO(ニットー)のブランド名で展開。ブリヂストン、住友ゴム工業、横浜ゴムに次ぐ国内第4位。2008年にブリジストンと資本・業務提携を締結。タイヤ事業以外で2007年、2015年に性能偽装問題が発覚した。


【中途採用】株式会社バリューデザイン:国内1位の導入実績を誇る「クラウド型電子マネー発行システム」を提供【FinTech転職】

【中途採用】株式会社バリューデザイン:国内1位の導入実績を誇る「クラウド型電子マネー発行システム」を提供【FinTech転職】

2016年9月26日に東証マザーズに上場した株式会社バリューデザインが、業務拡大に伴い人材採用を積極化している。主力事業は「バリューカード」ASPサービスで、いま注目のフィンテック(FinTech)業界の一角だという。


電通の中途採用は「優秀だけでなく、予想外な実績を出してくれそうな人物」を期待される

電通の中途採用は「優秀だけでなく、予想外な実績を出してくれそうな人物」を期待される

さまざまな社会問題もありながら、転職希望者の人気が高い株式会社電通。その中で働くということは、どんな生活になるのか。数年前まで契約社員として働いていた30代女性のAさんに、社内から見た様子を語ってもらった。


新日鐵住金株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

新日鐵住金株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

粗鋼生産量で国内最大手、世界3位の鉄鋼メーカー。業界国内1位の新日本製鐵と同3位の住友金属工業が合併して2012年に発足。2017年3月をめどに日新製鋼を買収する予定。なお、統合後の新日鐵住金としては住友グループ広報委員会等に加入していない。


【広告営業への転職】「広告代理店」はなぜ必要なのか?

【広告営業への転職】「広告代理店」はなぜ必要なのか?

「コンテンツのあるところに広告あり」という言葉をベースに、広告枠の買い付けと広告制作を代行する広告代理店の仕事を整理します。これを頭に入れておくことで、どのようなキャリアの人がどこに転職できるのかが分かるようになります。


日本の金融機関の年収は「40代で外資を上回る」は本当? ヘッドハンターが即座に否定「我慢すれば中高年で報いる時代は終わってる」

日本の金融機関の年収は「40代で外資を上回る」は本当? ヘッドハンターが即座に否定「我慢すれば中高年で報いる時代は終わってる」

日本の金融機関で働いていれば、若いうちは外資より給料が安いけれども、中年になれば報われる―ー。興味深い調査だが、ヘッドハンターはこの結果に疑問を呈する。少子化の進行で年功序列にも限界があるし、我慢していれば中高年で報いられる時代は、もう続かないというのだ。


【インド市場好調】スズキ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【インド市場好調】スズキ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の大手四輪車および二輪車のメーカー。世界販売台数は世界第10位、国内販売台数は2015年度で国内第3位。2016年10月12日に業界首位のトヨタ自動車との提携実現に向け、鈴木修会長がトヨタ豊田章男社長と共同会見を行っている。


株式会社博報堂DYグループに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社博報堂DYグループに転職するなら知っておきたい情報まとめ

この項目では、電通に次ぐ国内広告業界2位の「博報堂DYグループ」の持株会社である博報堂DYホールディングスに関する情報をまとめる。2003年設立。博報堂、大広、読売広告社と博報堂DYメディアパートナーズを完全子会社として傘下に置く。グループポリシーに「生活者発想」と「パートナー主義」を掲げる。


【自動運転で採用強化】トヨタ自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【自動運転で採用強化】トヨタ自動車株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

世界最大手の自動車メーカー。世界販売台数は1000万台を突破し、2015年まで4年連続で世界首位、2016年は2位。「過去10年で売上高が増えた企業」1位。現在、自動運転、コネクティッドカーの開発に向けて、AI(人工知能)、画像認識、信号処理、機械学習、地図自動生成などのスペシャリストの採用を強化している。


日本特殊陶業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本特殊陶業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車のエンジンに使うプラグやセラミック製品を開発・製造する会社。1936年創業。主力製品のスパークプラグは世界トップシェアで、F1などモータースポーツにも供給されている。コーポレート・メッセージは「心と夢に火をつけろ」。業界では「ニットク(日特)」と呼ばれる。


【平均年収1386万円】三菱商事株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【平均年収1386万円】三菱商事株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱グループの大手総合商社。社員の平均年収(単体)は1,386万円と高収入。近年は「事業投資から事業経営へ」を掲げる。2017年3月期の連結決算は初の最終赤字を計上した前期と打って変わり4,403億円の黒字となった。人材には「信」「知」「力」の基本的資質を求める。これまで400人超をキャリア採用者として迎え入れている。


リンテック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

リンテック株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京・板橋区に本社を置く粘着関連製品の総合メーカー。売上高では印刷材が最大だが、利益率は電子・光学関連事業が高い。「粘着応用技術」「表面改質技術」「特殊紙・剥離材製造技術」「システム化技術」を基盤とし、シール・ラベル用の粘着紙・粘着フィルムや、半導体チップの製造・実装工程に欠かせない特殊粘着テープ・関連装置が主力製品。


株式会社群馬銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社群馬銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

前橋市に本店を置く地方銀行。群馬県内の預金シェア34.0%、貸出金36.9%はともに1位。地方銀行全体の中でも、収益力や健全性でトップ10以内に入る。2016年に改定した人事制度では「役割給」を新設し、「すべての行員が上位職位にチャレンジできる制度」を実現した。バレーボール部、野球部、ラグビー部の活動が盛ん。


アサヒグループ(アサヒビール株式会社など)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アサヒグループ(アサヒビール株式会社など)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アサヒグループは、アサヒビール、アサヒ飲料、エルビー、アサヒグループ食品、ニッカウヰスキー、さつま司酒造などを擁する企業集団。持株会社はアサヒグループホールディングス。住友グループの企業として扱われることもある。貴金属事業などを行う「アサヒホールディングス」(神戸市・東証一部)とは無関係。


【旭硝子のお仕事・上】業界トップ企業の営業職は、驚くほどホワイトだった

【旭硝子のお仕事・上】業界トップ企業の営業職は、驚くほどホワイトだった

口コミサイト「キャリコネ」の会員から選ばれた人が語るリレーコラム。所属した会社の情報、転職のコツなどが、更にディープに綴られています。転職経験者のリアルがここにある。今回は大手化学メーカー・旭硝子(AGC)の営業職のお話です。


株式会社ダスキンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ダスキンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

売上高の67%を清掃・衛生用品のレンタルなどのクリーン・ケアグループが、27%を「ミスタードーナツ」などのフードグループが占める。日本でいち早くフランチャイズシステムをとり入れた会社で、日本全国に多数の拠点を擁する。多角経営をしているが、現在は「ONE DUSKIN」というスローガンを掲げている。