【全国に寮・社宅完備】(株)淀川製鋼所に転職するなら知っておきたいまとめ

【全国に寮・社宅完備】(株)淀川製鋼所に転職するなら知っておきたいまとめ

大阪府大阪市に本社を置く日本の鉄鋼メーカー。通称「ヨドコウ」。主力事業は家庭用・業務用の物置(ヨド物置シリーズ)やカラー鋼板の製造である。ヨド物置に使用されているカラー鋼板は業界1位のシェアとなっており、さいたまスーパーアリーナや市立吹田サッカースタジアムの屋根など全国の有名建築物に使用されている。


1. 淀川製鋼所ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

大阪府大阪市に本社を置く日本の鉄鋼メーカー、「淀川製鋼」や「ヨドコウ」とも称する。

1-2 創業者と沿革

沿革|会社情報|淀川製鋼所(ヨドコウ)

http://www.yodoko.co.jp/company/history/index.html

「ヨドコウ」でおなじみの淀川製鋼の沿革をご紹介します。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社
大阪府大阪市中央区南本町四丁目1番1号

事業所一覧|会社情報|淀川製鋼所(ヨドコウ)

http://www.yodoko.co.jp/company/branch/index.html

「ヨドコウ」でおなじみの淀川製鋼の事業所一覧をご紹介します。

海外展開|会社情報|淀川製鋼所(ヨドコウ)

http://www.yodoko.co.jp/company/worldwide/index.html

「ヨドコウ」でおなじみの淀川製鋼の海外展開をご紹介します。

関係会社|会社情報|淀川製鋼所(ヨドコウ)

http://www.yodoko.co.jp/company/affiliates/index.html

「ヨドコウ」でおなじみの淀川製鋼の関係会社をご紹介します。

1-4 ビジョン・ミッション

■基本理念
「新しい個性を持った価値の創造」

淀川製鋼グループは、表面処理鋼板事業を主体として「新しい個性を持った価値の創造」をグループの基本理念に掲げ、社会から信頼され、必要とされる存在価値のある企業を目指します。

■経営理念
・顧客と株主から信頼され、期待される機能を創造します。
・広く社会から必要とされるベストメーカーを目指します。
・社員一人ひとりの個性をもって充実し、変革に挑戦し、成長します。
・社会・自然環境と調和し、共生に努めます。

■行動原則
・顧客の期待を超える品質・サービスに向けた行動をします。
・安全はすべての基礎であり、安全第一の行動をします。
・法とモラルを必ず守って社会最適な行動をします。
・革新と創造へ挑戦の心を持って行動します。
・信頼と思いやりを持って行動します。
・自然環境と共生する行動をします。
・連携した行動をします。

2. 淀川製鋼所って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
平成25年度 1575億5100万円
平成26年度 1758億8900万円
平成27年度 1592億1400万円

▲経常利益
平成25年度 75億9000万円
平成26年度 71億7300万円
平成27年度 84億4400万円

▲親会社株主に帰属する当期純利益
平成25年度  32億7000万円
平成26年度  26億1700万円
平成27年度 △27億7100万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高構成比(平成28年3月期)
鋼板関連事業      92.8%
ロール事業       2.2%
グレーチング事業    2.2%
不動産事業・その他事業 2.8%

▲セグメント別売上高(平成28年3月期)
鋼板関連事業 1477億5800万円
ロール事業 34億7400万円
グレーチング事業 35億5000万円
不動産事業・その他事業 44億3000万円

▲地域別売上高(平成28年3月期)
日本 1002億1400万円
台湾 232億200万円
アメリカ 135億6700万円
その他 222億3000万円

2-3 主力商品

■鋼板関連事業「ヨド物置」

ヨド物置は、耐久性に優れたガルバリウム鋼板仕様でさらにサビに強くなりました。
安全に、安心して、長く使える。そんな、自然環境と快適な暮らしに配慮した物置です。

■グレーチング事業「ヨドかるがるグレーチング」

新機構の<パワーアシスト機構>で、重いグレーチングも女性やお年寄りの方が、カル~ク開閉できます。

■ロール事業「鉄鋼用ロール」

鋼板の材料(スラブ)を回転するロール間に通して薄く延ばし、機械的な性質を向上させます。 薄く延ばされた鋼板は、様々な工程を経て造船用鋼板や自動車用鋼板、建材商品など多種多様の商品となり人々の生活を支えます。
ロールは人々の生活の基礎を支える重要な製品です。

3. 淀川製鋼所の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

(左)
代表取締役会長
國保 善次
昭和20年12月12日生
昭和47年8月 当社入社
平成13年6月 取締役呉工場長
平成15年7月 取締役 
       SYSCO社董事長
平成16年6月 上席執行役員 
       SYSCO社董事長
平成17年6月 取締役常務執行役員
       SYSCO社董事長
平成18年6月 代表取締役社長
平成24年4月 代表取締役会長(現任)

(右)
代表取締役社長
河本 隆明
昭和25年4月6日生
昭和48年4月 当社入社
平成16年6月 執行役員
       呉工場長(兼)製造部長
平成18年6月 上席執行役員
       呉工場長(兼)製造部長
平成19年6月 上席執行役員市川工場長
平成21年6月 取締役常務執行役員
       経営企画本部長(兼)鋼板工場統括
       物流部長・海外事業企画室長・鋼板向上統括
平成24年4月 代表取締役社長(現任)

3-2 発言、ブログ、エピソード

淀川製鋼所は1日、同社所有のヨドコウ迎賓館(国指定重要文化財、兵庫県芦屋市)の竣工90周年記念行事開催を前に、施設の保存・維持・運営などに協力している関係者を現地に招き、復元された建設当時の机や椅子をはじめ展示内容を披露した。

披露後の情報交換会では、同社の國保善次会長が「ヨドコウ迎賓館の維持保存は企業の社会貢献の一つととらえると同時に、一般の方々に広くライトの哲学と作品に触れ体感していただくことを目的としている。今後も今まで以上にライトの遺産とも言える建物を守り、より多くの方に知っていただけるよう努めたい」とあいさつした。
(國保会長 社長当時の発言)

このたびの熊本地震では、当社ならびに当社グループ会社に人的・物的被害はありませんでしたが、取引先様の中には、会社の施設や設備、そして社員のご自宅などに大きな被害を受けられた企業様もありました。当社社員は、震災の翌日には飲料水など緊急に必要となる物資を積んだ車で被災地の取引先様を回り、被害状況の把握につとめました。その後もできる限りの支援をさせていただいております。
事業活動のあらゆる側面で「安全・安心・環境・景観」をキーワードとしている当社では、物置をはじめとする当社エクステリア商品を、防災や災害発生後の避難生活などに役立てていただくべく、さまざまな取り組みを進めています。このたびの震災で、被災地の自治体の方とお話をするなかで、避難生活をされている方々から更衣室や授乳室といったプライベート空間の不足に関するお悩みがあることを伺いました。
当社では、このような場合にプライベート空間を確保できる、「ヨド物置エルモ」や「ヨド蔵MD」の間仕切りオプションセットをラインアップに揃えています。これらの商品を避難生活でお困りの皆様に役立てていただくため、一部の避難所に提供させていただきました。
(河本社長)

4. 淀川製鋼所ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 2452人
単体 1157人
(平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 37.9歳(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 16.4年(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 604万1723万円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

高市 例
営業本部 販売部 静岡営業所

■これが私の仕事
建材商品(屋根・外壁)の営業。設計事務所への商品PR。
事前にお客さんと打合せしたことを自分で手配・段取りして、当日、現場に屋根や外壁が納入された時には、「けっこう大きいことしてるな」と実感します。数量が大きければ大きいほど、うれしくなります。

■ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き
社員の方々の雰囲気に魅かれました。
商品を通じて、人に貢献できる仕事をしたいと考えていました。その中で、当社は私の地元である大阪に本社を持ち、昔から物置のCMで知っていたので興味を持ちました。説明会を受けた中で、屋根・外壁も扱っていることを知り、阪神甲子園球場の銀傘やJR大阪駅の大屋根など、普段はあまり意識しないけども人の役に立っている、縁の下の力持ち的なところに魅かれました。面接では、ありのままの自分で面接を受けることができ、ありのままの自分を引き出してくれた社員の方々の雰囲気と心配りが決め手となりました。

田村 匡史
ロール事業部 生産グループ 製紙システムチーム

■これが私の仕事
製紙用ロールの設計やオーバーホールが私の主な仕事です。
また客先工場に赴き、製紙用ロール・設備の点検や整備も行っています。
自分が設計したロールが作られ、客先へ出荷された時、仕事をやり遂げた満足感を感じます。

■ズバリ!私がこの会社を選んだ理由 ここが好き
ヨドコウは一般消費者向けの「物置」、企業向けの「鋼鈑」や「ロール」を作っており、自分が設計・製造したものが様々な利用者に使ってもらえると思いました。
またヨドコウの代名詞と言える「物置」などのエクステリア製品を鋼鈑から一貫生産している技術力に魅力を感じました。
説明会ではフレンドリーな雰囲気を感じ取ることができ、面接では自分を高く評価してくれていると感じました。

 

5. 淀川製鋼所の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

■求める人材
1.バイタリティーにあふれ、向上心を持って変革に挑戦できる人物。
2.「今、何が求められているか」を素早く感じ取り、自ら考え、自ら力を発揮し、自ら行動する人物。
3.何か一つ光るものを持ち、自分の個性を生かしながら周囲と協働できる人物。

5-2 育成に関する方針・施策

■新入社員研修について
本社での入社式後、約3週間の集合研修がスタートします。全国の各工場を巡回してビジネスマナーやヨドコウ社員として知っておかなければならない基礎知識、製造設備や製品等、働くうえで必要となる事項を学びます。またこの期間中、同期入社の全員が行動を共にするので、同期としての一体感も高まります。集合研修のあとは、製造業の要である生産の現場を学ぶ機会として、工場等での研修を行います。

■教育研修
新入社員研修、階層別研修、語学研修、考課者研修等

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

■給与(総合職)
修士卒:231,700円 学部卒:206,600円 (2016年度実績)

昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(6月、12月)

6. 淀川製鋼所出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

寺田 徳男
井上酒造、桜の郷酒造
代表取締役

昭和31年4月 株式会社淀川製鋼所入社
昭和49年9月 井上酒造株式会社へ出向
昭和54年9月 井上酒造株式会社代表取締役就任
平成6年9月 櫻の郷醸造合名会社(現 櫻の郷酒造株式会社)代表社員就任
平成21年3月 櫻の郷酒造株式会社代表取締役に就任し現在に至る

藤田 卓
株式会社機能性ガラス研究所
代表取締役 

1974年~1986年 (株)淀川製鋼所入社、市川工場技術部にて極薄鋼板の表面処理材開発等に従事する。
1986年~1999年 松浪硝子工業(株)入社、光・電子用途を中心に極薄ガラスの市場開拓、営業活動に従事する。
2000年~2012年 同社 取締役 光・電子材営業部長及び取締役社長室長として6期12年間務める。
2012年~ 株式会社機能性ガラス研究所を設立する。
出典:
http://www.touchpanel.co.jp/07011.php

7. 淀川製鋼所の福利厚生は?

■福利厚生について
勤務地が全国となりますが、全ての事業所において独身寮・社宅への入居が可能です。独身寮・社宅のない地域での勤務の際には、営業所におきましては、借上社宅等へ入居いただくことができます。また、財形貯蓄・持株会の制度では、奨励金の支給や、住宅購入資金融資の制度もあります。その他にも、自社のゴルフ場や提携の福利厚生サービスを利用できます。

8. 淀川製鋼所の中途採用は?

採用情報|淀川製鋼所(ヨドコウ)

http://www.yodoko.co.jp/recruit/index.html

「ヨドコウ」でおなじみの淀川製鋼の採用情報をご紹介します。

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


株式会社中央倉庫に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社中央倉庫に転職するなら知っておきたい情報まとめ

中央倉庫は、倉庫・運送・国際の一貫した総合物流体制を確立し、内陸の総合物流ではトップクラス。倉庫は自社保有にこだわり、管理・運営する倉庫の9割は自社保有である。環境保全にも積極的で、2008年4月には交通エコロジー・モビリティ財団のグリーン経営の認証を取得した。


安田倉庫株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

安田倉庫株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

旧・安田財閥が財閥解体により再編された芙蓉グループに属する総合物流会社。事業は倉庫・輸配送のほか、不動産や文書保管や情報管理も手掛けている。また、近年のIT社会に対応し、大型サーバー製品の移設、回収した廃棄製品のデータ消去などのIT機器キッティングサービスにも対応している。


東洋埠頭株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋埠頭株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

南満州鉄道の子会社として出発した東洋埠頭は、以後80年余り、埠頭業・特殊倉庫のパイオニアとして貢献してきた。現在も埠頭会社の中では規模・売り上げともにトップを誇る。時代に合わせて常にサービスの拡充を行い、近年は物流関連のアウトソーシングも行っている。


株式会社宇徳に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社宇徳に転職するなら知っておきたい情報まとめ

本社が神奈川県横浜市にある港湾運輸事業をしている企業。港湾事業の他に物流・プラント事業も行っている。重量物輸送を得意としていることから各プラントの設計・施工から保守管理までしている。2015年度セグメント別売上構成比ではプラント・物流が57%、港湾事業42%となっている。


株式会社サンリツに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サンリツに転職するなら知っておきたい情報まとめ

総合物流サービスの企業で本社は東京都港区にある。主力の梱包事業では軽量物から重量物まで顧客のニーズに合わせた梱包をし、平成27年度売上高構成比は70.1%に上る。倉庫事業では空調完備、24時間管理などで様々な取扱い品に対応しており、90%を越える倉庫稼働率を維持している。


最新の投稿


株式会社中央倉庫に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社中央倉庫に転職するなら知っておきたい情報まとめ

中央倉庫は、倉庫・運送・国際の一貫した総合物流体制を確立し、内陸の総合物流ではトップクラス。倉庫は自社保有にこだわり、管理・運営する倉庫の9割は自社保有である。環境保全にも積極的で、2008年4月には交通エコロジー・モビリティ財団のグリーン経営の認証を取得した。


安田倉庫株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

安田倉庫株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

旧・安田財閥が財閥解体により再編された芙蓉グループに属する総合物流会社。事業は倉庫・輸配送のほか、不動産や文書保管や情報管理も手掛けている。また、近年のIT社会に対応し、大型サーバー製品の移設、回収した廃棄製品のデータ消去などのIT機器キッティングサービスにも対応している。


東洋埠頭株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋埠頭株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

南満州鉄道の子会社として出発した東洋埠頭は、以後80年余り、埠頭業・特殊倉庫のパイオニアとして貢献してきた。現在も埠頭会社の中では規模・売り上げともにトップを誇る。時代に合わせて常にサービスの拡充を行い、近年は物流関連のアウトソーシングも行っている。


株式会社宇徳に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社宇徳に転職するなら知っておきたい情報まとめ

本社が神奈川県横浜市にある港湾運輸事業をしている企業。港湾事業の他に物流・プラント事業も行っている。重量物輸送を得意としていることから各プラントの設計・施工から保守管理までしている。2015年度セグメント別売上構成比ではプラント・物流が57%、港湾事業42%となっている。


株式会社サンリツに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サンリツに転職するなら知っておきたい情報まとめ

総合物流サービスの企業で本社は東京都港区にある。主力の梱包事業では軽量物から重量物まで顧客のニーズに合わせた梱包をし、平成27年度売上高構成比は70.1%に上る。倉庫事業では空調完備、24時間管理などで様々な取扱い品に対応しており、90%を越える倉庫稼働率を維持している。


wiget_w300 wiget_w300