【新社名・新オフィス】(株)LIFULL(ライフル)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【新社名・新オフィス】(株)LIFULL(ライフル)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1995年創業。住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME'S」などの情報サービス事業の企画・運営を行っている。当サイトの総掲載物件数はNo.1を誇る(2017年1月産経メディックス調べ)。2017年4月より会社名をネクストからLIFULLに変更した。多様なデバイスを通じて最適な情報を提供することを目標としている。


株式会社LIFULL(ライフル)

http://lifull.com/news/9088/

株式会社LIFULLのコーポレートサイトです。株式会社LIFULLは、総掲載物件数No.1の不動産・住宅情報サイト「HOME'S」、世界最大級のアグリゲーションサイト「Trovit」、暮らしとお金の情報サイト「MONEYMO」の運営をしています。

社名変更および本社移転のお知らせ

1. LIFULLってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

住宅・不動産ポータルサイト「LIFULL HOME'S」などの企画・運営を行う企業である。

1-2 創業者と沿革

創業者の1人、武藤 英明。1988年 法政大学法学部卒業。日本管理センター株式会社の創業者で代表取締役 社長執行役員。
1997年 株式会社ネクスト(現 株式会社LIFULL)を設立、代表取締役に就任。
1999年 株式会社アパマンショップネットワーク(現 株式会社アパマンショップホールディングス)に入社、システム部長に就任。
2001年 株式会社原弘産に入社、取締役に就任。
2001年 株式会社不動産ビジネス研究所を設立、代表取締役に就任。
2002年 日本管理センター株式会社を設立、代表取締役 社長執行役員に就任。

創業者で現取締役社長、井上 高志。

リクルートコスモス在籍時代、井上には今でも忘れられない出来事がある。ある若い夫婦に井上担当の新築マンションを気に入ってもらえた。しかし、残念ながら住宅ローンの審査が通らず、夫婦は購入を断念せざるを得なかった。契約できなかった夫婦の落胆ぶりは井上にも痛いほど分かった。そこで井上はその夫婦のニーズに合う物件を探し回り、競合他社の物件まで片っ端から夫婦に紹介。結果、その夫婦は競合他社のマンションを購入することになった。当然、それを知った上司からは大目玉を食らった。だが後日、その夫婦が井上のところにお礼を伝えに来てくれた。その時の夫婦の満面の笑顔を見て、「あらゆる不動産情報を提供する仕組みをつくり、この笑顔をもっと増やしたい」と思うようになった。これが後年、ネクストの「HOME’S」の事業へとつながっていった。まさに井上にとっての起業の原体験である。

株式会社LIFULL(ライフル)沿革

http://lifull.com/company/history/

株式会社LIFULLのコーポレートサイトです。株式会社LIFULLは、総掲載物件数No.1の不動産・住宅情報サイト「HOME'S」、世界最大級のアグリゲーションサイト「Trovit」、暮らしとお金の情報サイト「MONEYMO」の運営をしています。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地:
東京都千代田区麹町1-4-4

出典:
http://lifull.com/company/

株式会社LIFULL(ライフル)

http://lifull.com/company/access/

株式会社LIFULLのコーポレートサイトです。株式会社LIFULLは、総掲載物件数No.1の不動産・住宅情報サイト「HOME'S」、世界最大級のアグリゲーションサイト「Trovit」、暮らしとお金の情報サイト「MONEYMO」の運営をしています。

支店の所在地

株式会社LIFULL(ライフル)グループ会社

http://lifull.com/company/group/

株式会社LIFULLのコーポレートサイトです。株式会社LIFULLは、総掲載物件数No.1の不動産・住宅情報サイト「HOME'S」、世界最大級のアグリゲーションサイト「Trovit」、暮らしとお金の情報サイト「MONEYMO」の運営をしています。

グループ会社の所在地

1-4 ビジョン・ミッション

▪社是 利他主義

▪経営理念
常に革進することで、より多くの人々が心からの「安心」と「喜び」を得られる社会の仕組みを創る

VISION 事業方針
・世界一のライフデータベース&ソリューション・カンパニーへ。

会社を成長させる原動力。それは、人です。私たちは、LIFULLの社員一人ひとりが自分の能力を最大限に発揮できる環境づくりを進めています。大切なのは、心の奥底にある“何かを成し遂げたい”という欲求を後押しすること。周囲からの押しつけではなく、自分から貢献したい、成長したいと思うことで、人はそれまで以上の才能や実力を発揮するのだと考えています。さまざまな発想が飛び交う創造性あふれるワークスタイルを実現しながら、LIFULLはさらなる成長を目指します。

2. LIFULLって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上収益
2016年3月期 257億700万円
2015年3月期 181億6500万円
2014年3月期 146億9000万円

▲EBITDA(償却前営業利益)
2016年3月期 48億5900万円
2015年3月期 31億4900万円
2014年3月期 27億8100万円

▲当期利益
2016年3月期 26億7000万円
2015年3月期 17億9600万円
2014年3月期 13億3600万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲事業別売上高(2016年3月期)
国内不動産情報サービス 184億1700万円
国内不動産事業者向け 31億2200万円
海外 35億700万円
その他 6億6000万円

2-3 主力事業

国内不動産情報サービス
「HOME'S」
全国の不動産を「借りる」「買う」から「建てる」「リフォームする」「投資する」まで、幅広い豊富な情報を提供する総掲載物件数No.1(※)の不動産・住宅情報の総合サイトです。
※産経メディックス調査(2017.1.26)
運営:株式会社LIFULL

海外
オーストラリア国内向け不動産・住宅情報サイト「Lifull Australia Real Estate」の企画・運営など
運営:株式会社LIFULL

国内不動産事業者向け
「レンターズネット」
レンターズネットは不動産会社向けのクラウド型業務支援システムで、賃貸営業業務を広範囲かつ効率的にサポートするサービスです。
運営:株式会社レンターズ

3. LIFULLの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長 井上 高志

1968年11月23日生まれ
1991年4月 株式会社リクルートコスモス(現:株式会社コスモスイニシア)入社
1992年4月 リクルート転籍
1995年7月 ネクストホーム創業
1997年3月 当社設立 代表取締役社長
2011年11月 代表取締役社長 兼 HOME'S事業本部長
2014年4月 代表取締役社長 兼 国際事業部長
2016年4月 代表取締役社長 兼 グローバルコーポレートコミュニケーション部長
2017年4月 代表取締役社長 兼 クリエイティブ部長 兼 LIFULL研究所長

3-2 発言、ブログ、エピソード

創業以来掲げてきた、テクノロジーによる不動産業界の革新、いわゆる“不動産テック(リーテック)” を後押しする技術が次々に誕生し、それらをいかに活用し、価値提供につなげるかが、非常に重要になっています。私たちは、すでに進めているAIによる情報精度やマッチング精度の向上、VRを活用した新しいユーザーエクスペリエンスの提供に加え、今後は従来のインターネットメディアという枠にとどまらない次世代情報サービスの拡充を進める計画です。国や言語に関わらず、誰もが安心・納得して住み替えや不動産取引を行えるプラットフォームの構築を目指し、挑戦し続けます。

大きく分けて2つあります。1つ目は、主力事業である「HOME’S」を圧倒的No.1にすること。現在は「HOME’S」のブランド力強化、「HOME’S」内での新サービスの立ち上げを次々に行っています。そして3年以内に、競合他社の追随を許さないような圧倒的なポジションを築きたいと考えています。

 2つ目は新規事業の育成。中でも、注力しているのが2006年に立ち上げた地域コミュニティサイト「Lococom」です。これは従来のSNSに「地域」の軸をプラスし、リアルに存在する人と地域とコンテンツをつなぐコミュニケーションの場です。この「Lococom」を通じて、より多くの人々を幸せにしていきたい。たとえば「Lococom」で草の根の力を集め、地域の医療や教育などを改革していきたいと考えています。そして、今後は「住」だけでなく「学」、「働」、「楽」、「金」、「健康」などの分野もカバーできる「暮らしのインフラ」を創っていこうと思っています。

4. LIFULLではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結793人
単体492人(2016年3月31日時点)

4-2 平均年齢

単体平均33.7歳(2016年3月31日時点)

4-3 平均勤続年数

単体平均5.1年(2016年3月31日時点)

4-4 平均年間給与

単体平均636万2000円(2016年3月31日時点)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

長沢 翼
LIFULL HOME'S事業本部 技術基盤部 基盤開発ユニット長 CTO
現在は、全社の技術基盤を担っています。LIFULLの事業戦略を技術面でサポートすることが仕事です。「LIFULL HOME'S」のデータセンターをクラウドに移行したプロジェクトもその一つ。不動産・住宅情報サイトの特性上、引越しの多い時期にトラフィックが著しく増える繁忙期があり、サーバの負荷にも波があります。それをクラウド化することで、人的コスト、運用コストの効率化が実現され、さらには海外進出へのフットワークも格段に軽くなることを見越して導入しました。全サービスの基盤となるプロジェクトのため、多くの関連部門と連携を取り、数え切れない程のテストを繰り返しました。既存サイトを動かしながらのクラウド移行は、苦労も並大抵ではなかったですが、チーム一丸となりプロジェクトを成功させることができました。

伊東 祐司
LIFULL HOME’S事業本部 新UX開発部長 執行役員

現在は、2016年に「新UX開発部」という部署を立ち上げ、新たな挑戦を始めています。電話やチャット、「LIFULL HOME'S住まいの窓口」という実店舗等、インターネット以外でユーザーの住まい探しをサポートするオムニチャンネル戦略を担う部署です。不動産業界では、「LIFULL HOME'S」をはじめ、多くのWEBサービスが普及したことで、インターネットで家を探すことが当たり前の時代になりました。しかし、逆に情報が多すぎて選べなかったり、インターネットだけではまだ解決できない課題があったりします。WEB上で検索できるだけではなく、ユーザーの「相談したい」「背中を押してほしい」という細かなニーズにも応えられるように、人の手でサポートする新しいチャネルの必要性を感じ、この部署を立ち上げました。立ち上げて間もないため成果はまだまだこれからですが、ユーザーの期待に120%で応え、感動していただけるようなサービスへと成長させていきたいと考えています。

 

5. LIFULLの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

LIFULLが中期的に目指しているのは、2025年までに100ヶ国に進出、100社の子会社を設立、100人の経営者を生み出し、世界中の人々の暮らしを変えること。経営陣からのトップダウンやM&Aだけではなく、社員からの事業提案によるボトムアップを中心に事業を多産し、世の中に”LIFULL”を生み出す企業へと進化していきます。

そのため、私たちが挑戦を共にしたいのは、LIFULLのビジョンに心から共感する「同志」。そして、世の中に当事者意識を持ち、社内外を巻き込み、イノベーションを起こす「革進の核」になれる方です。

5-2 育成に関する方針・施策

▪LIFULL大学
従業員一人ひとりの能力開発を目的に、「必須プログラム」「選択プログラム」「選抜プログラム」からなるLIFULL大学(社内大学)を開校しています。

「選択プログラム」では、社長が主催する経営塾、プロジェクトマネジメント、レコメンデーション技術、ロジカルシンキング、英会話等、社員は自身が受講したいゼミを選択して受講できます。

「選抜プログラム」は、次世代リーダー育成プログラムです。トップセールス、クリエイティブアワード、ベストマネジャー、役員推薦等、次世代経営者候補を選抜した海外研修等を実施しています。

・クリエイターの日
変化の激しいICT分野のマーケティング能力、技術開発能力を高め、イノベーションを創造するため、通常業務の枠を離れて、新たな技術や手法に取り組む機会を設けています。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

・トップセールス賞
各事業部で最も高い成果を上げた営業職を全社総会において表彰します。

・全社MVP
評価基準は「挑戦」。結果如何に関わらず、「挑戦」した社員を称える表彰です。LIFULLのさらなる飛躍のためには、日々の業務の中での新たな試み、「挑戦」が必要不可欠。LIFULLの「挑戦」する風土の醸成も目指しています。

・社長賞
全社員を対象に、社長の心に響く素晴らしい仕事をした社員を称える表彰です。

・ベストマネジャー賞
LIFULLの経営リーダーに求められる『経営理念×価値観×価値創造力』を体現した管理職を表彰します。

6. LIFULL出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報はありません

7. LIFULLの福利厚生は?

・ワーキングマザー・ファザー支援
子育てしながら働く社員を支援する施策。「出産休暇」、「短時間勤務」「看護休暇」などを設けています。

・在宅勤務許可制度
会社から許可された社員は週2日在宅勤務が可能です。

・リフレッシュ手当
有休を連続で4日以上を取得した際に3万円支給する制度です。

・イベント休暇
プライべートなイベント(結婚記念日、子供の運動会等)の日に取得できる特別休暇。

・保険 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険

8. LIFULLの中途採用は?

株式会社LIFULL の求人一覧

https://hrmos.co/pages/lifull/jobs

株式会社LIFULL の求人一覧です。| HRMOS

 
 

関連する投稿


株式会社サンテックに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サンテックに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

大型複合施設やオフィスなどの工事現場で、電気工事を中心に総合的な設備工事を行っている。1975年に海外事業を始め、アジア地域の9ヶ国15都市に事業拠点を置く。現在の海外売上比率は4割前後と業界トップクラス。環境をテーマとした太陽光発電やESCO事業の推進を行い、省エネルギーと地球環境の保全に貢献している。


旭情報サービス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

旭情報サービス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1962年創業の情報サービス会社。2001年に東証二部に上場。ネットワークサービス事業を主軸にシステム開発・システム運用事業も展開。本社は東京都千代田区。創業の精神である社是「誠」を普遍の信条とする"AISビジョン体系"を制定し、独立系IT企業としてICT社会の発展に努める。


株式会社セールスフォース・ドットコムに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社セールスフォース・ドットコムに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

CRM(顧客管理)ソリューションで世界最大シェアのソウトウェア企業。本社は米国カリフォルニア州。2000年に日本法人である株式会社セールスフォース・ドッドコムが設立された。米フォーブス誌の「世界で最も革新的な企業」ランキングで4年連続第1位に選出。クラウド基盤サービス(PaaS)市場においてもNo.1の企業。


株式会社日本政策金融公庫に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社日本政策金融公庫に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本政策金融公庫は、100%政府出資の政策金融機関である。民間金融機関の補完を旨としつつ、社会のニーズに対応して、種々の手法により政策金融を機動的に実施。「国民生活事業」「農林水産事業」「中小企業事業」「危機対応等円滑化業務」を柱とし、融資を通じて国民生活の向上に寄与することを目的としている。


株式会社WACUL(ワカル)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社WACUL(ワカル)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

Webサイト運営に必要な大量のデータを高性能な人工知能が分析し、データの意味するところを自動で「わかる」化させる「AIアナリスト」を提供。データ分析後、課題・改善方針・方針実行後の効果までわかる。また、AIだけではフォロー出来ない部分は担当者がサポートしてくれる点などが評価され、2017年度グッドデザイン賞を受賞した。


最新の投稿


【倉庫業界研究】三菱倉庫・三井倉庫・住友倉庫 比較――就職・転職するならどの会社?

【倉庫業界研究】三菱倉庫・三井倉庫・住友倉庫 比較――就職・転職するならどの会社?

今回は倉庫業界のトップ3社について見ていきます。倉庫会社というと「荷物を置く場所を貸す仕事」という印象くらいしかなく、就職・転職先としてイメージが湧かないかもしれません。しかし調べてみると、さまざまな仕事を行っていることが分かります。


株式会社ヤギに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ヤギに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1893年に創業された、大阪の繊維専門商社。現在では、トレンドに関する各種の情報を駆使し、原料から二次製品まで幅広い事業を展開。素材の開発から商品企画、生産までをトータルで担う体制を整えた企業である。創業以来、繊維業界をリードする存在として、新規事業にも果敢に挑戦している。


サイオス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

サイオス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

オープンソースソフトウェアを軸に、WebアプリケーションやOS(基本ソフトウェア)、クラウドを加えたITシステムの開発/基盤構築/運用サポート等の事業を展開。2017年10月にサイオス株式会社を持株会社とする経営体制へ移行、サイオステクノロジーが事業を承継。サイオス株式会社はサイオスグループのバックオフィス機能を担う。


「仕事が楽しい人」は、いったいどんな仕事をしているのか? ネットは「仕事は嫌」という人ばかりだけど

「仕事が楽しい人」は、いったいどんな仕事をしているのか? ネットは「仕事は嫌」という人ばかりだけど

世界で一番「仕事が嫌い」な国民である日本人。それでいながら、先進国で一番休暇を取らず、労働時間が長いのですから、ドMとしかいいようがありません。


「銀行員の転職急増」の裏でパワハラ横行? 若手メガバンク社員「同期と後輩の自殺で退職を考え始めた」

「銀行員の転職急増」の裏でパワハラ横行? 若手メガバンク社員「同期と後輩の自殺で退職を考え始めた」

口コミサイトには、若手銀行員が「パワハラ」「職場いじめ」に悩み、退職を決意する投稿が目につきます。いま銀行の内部で、何が起こっているのでしょうか?


wiget_w300 wiget_w300