コカ・コーライーストジャパン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

コカ・コーライーストジャパン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

関東・東海・南東北地方1都15県におけるコカ・コーラ社製品の製造・販売を行っている日本最大のコカ・コーラボトラー。子会社としてコカ・コーラ社製品および他社製品を取り扱う自動販売機オペレーション事業等を行うFVイーストジャパン株式会社を擁す。2017年4月1日、コカ・コーラウエストと経営統合し、持株会社制へ移行。


1. コカ・コーライーストジャパンってどんな会社?

コカ・コーラ東西統合を発表 アジアに攻勢、九州から

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO07846950Q6A930C1LX0000/

コカ・コーラウエストは30日、コカ・コーライーストジャパンとの経営統合でコカ・コーラボトラーズジャパンを発足すると発表した。来年4月にはコカウエストを母体として、連結売上高1兆円を超す世界有数の巨大

コカ・コーラウエストとコカ・コーライーストジャパンが経営統合し、持株会社としてコカ・コーラボトラーズジャパンが2017年4月1日に発足。コカ・コーライーストジャパンは3月29日に上場廃止

1-1 ひとことで言うと

関東・東海・南東北地方1都15県におけるコカ・コーラ社製品の製造・販売を行っている日本最大のコカ・コーラボトラー。

1-2 創業者と沿革

関東・東海地方を営業基盤とするコカ・コーラボトラー4社(コカ・コーラ セントラル ジャパン(初代)、東京コカ・コーラボトリング、三国コカ・コーラボトリング、利根コカ・コーラボトリング)の経営を持株会社方式で統合することとなった。
2013年7月1日、コカ・コーラ セントラル ジャパン(初代)が他の3社を株式交換で完全子会社化するとともに、コカ・コーラ セントラル ジャパン(初代)の事業部門を新設会社のコカ・コーラ セントラル ジャパン(2代目)に新設分割。持株会社となったコカ・コーラ セントラル ジャパン(初代)は社名をコカ・コーライーストジャパンに変更した。
2015年4月1日、仙台コカ・コーラボトリングを株式交換方式により事業統合し、南東北(福島、宮城、山形)が担当区域に加わった。また、コカ・コーラ社製品および他社製品を取り扱う自動販売機オペレーション事業や飲食店運営事業を行っていた子会社8社を統合した100%子会社、FVイーストジャパンが発足し、コカ・コーライーストジャパン発足時に26法人に及んだグループ会社は4法人となった。
2016年4月26日、コカ・コーラウエストとの経営統合へ向け協議を始めると発表、2016年9月30日、経営統合に合意し、2017年4月1日付で新会社「コカ・コーラボトラーズジャパン」が発足することを発表した。

沿革 コカ・コーライーストジャパン株式会社の企業情報

https://www.ccej.co.jp/corporate/history.html

コカ・コーライーストジャパン株式会社は、関東・東海・東北地域の1都15県に根付いて事業展開する、日本国内最大、世界有数のコカ・コーラボトラーです。コカ・コーラ社製品から自動販売機など機材のご依頼までお気軽にお問い合わせください。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地:
東京都港区赤坂六丁目1番20号 国際新赤坂ビル西館

出典:
https://www.ccej.co.jp/corporate/summary.html

グループ会社一覧 コカ・コーライーストジャパン株式会社の企業情報

https://www.ccej.co.jp/corporate/group.html

コカ・コーライーストジャパン株式会社は、関東・東海・東北地域の1都15県に根付いて事業展開する、日本国内最大、世界有数のコカ・コーラボトラーです。コカ・コーラ社製品から自動販売機など機材のご依頼までお気軽にお問い合わせください。

1-4 ビジョン・ミッション

-革新と挑戦- 飲料の新しい世界を創る

コカ・コーライーストジャパングループの想い。それは、飲料を通じて明るい未来を創りつづけること。
私たちは、これまでの常識や価値観を変えることを恐れず、バリューチェーンのあらゆる領域において、イノベーションとチャレンジに取り組みます。
そして、人々に新たな感動と驚きをお届けし、より豊かでうるおいに満ちた世界を実現します。

・飲料業界のNo.1企業となる
コカ・コーライーストジャパングループは、飲料業界を常にリードする存在となります。私たちは、常に革新的な取り組みに挑戦し、質の高い製品やサービスを提供していきます。そして、お客様から信頼され、選ばれる魅力的なブランドづくりを追求していきます。

・地域社会にとってOnly One企業となる
コカ・コーライーストジャパングループにとって、地域社会は非常に大切なパートナーです。私たちは、地域にとって最も身近な存在として、自然環境に配慮し、豊かなまちづくりに貢献していきます。

・従業員が働きがいと誇りを感じるBest One企業となる
コカ・コーライーストジャパングループの発展には、従業員一人ひとりの成長が欠かせません。私たちは、すべての従業員が前向きに楽しく働くことができ、社会からも認められる企業をつくり上げていきます。

2. コカ・コーライーストジャパンって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2016年12月期 5724億9600万円
2015年12月期 5631億6200万円
2014年12月期 5232億9900万円

▲営業利益
2016年12月期 184億8900万円
2015年12月期 107億9100万円
2014年12月期 93億5600万円

▲当期純利益
2016年12月期 107億1800万円
2015年12月期 53億5400万円
2014年12月期 34億3400万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

当社グループは、「飲料事業」の単一セグメントであるため、記載を省略しております。

2-3 主力事業

製品卸売り事業
商店、小売店向け卸し販売
販売店様からの注文に応じて、缶・ビン・PETボトル製品などを納入するための卸し販売を行っています。

ディスペンサーを使った販売
ファストフード店等でおなじみの濃縮されたシロップに水や炭酸ガスを混入し商品化する「ディスペンサー」を使った販売を行っています。コカ・コーラ社飲料およびそれを使ったカクテル等のメニューのご提案なども行っています。

自動販売機事業
お客様にさわやかな憩いのひとときをお届けするため、自動販売機や、オフィス向けにコーヒーやお茶の提供を行っています。自動販売機に関する業務や作業の一切を当社が行わせていただきます。自動販売機の設置に伴う手続きをはじめ、販売商品の補充はもちろん、メンテナンス、売上金回収管理までのすべてを行うことが可能です。お客様のご注文、ご要望に応じての対応も行っております。

3. コカ・コーライーストジャパンの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役副社長
ジャワハル・ソライ クップスワミー

2016年、コカ・コーライーストジャパンの代表取締役副社長 CFOに就任。ザ コカ・コーラ カンパニー(TCCC)のインド法人およびインド最大のコカ・コーラボトラー、ヒンドゥスタン コカ・コーラ ベバレッジ社(HCCBPL)、TCCCのアトランタ本社など、コカ・コーラシステムでの19年の経験を含め、26年にわたり財務部門を中心に広範な経験を有する。
HCCBPLのファイナンシャルプランニング&アナリシス担当ディレクター、調達部門バイスプレジデント等を経て、2013年7月、HCCBPLのCFO兼ファイナンスエグゼクティブディレクターに就任し、財務、調達、ERPやシェアードサービスを管掌。また、ボトラーズネパール、ボトラーズネパール(テライ)、コカ・コーラベバレッジスリランカといった上場コカ・コーラボトラーの取締役を務めた。

3-2 発言、ブログ、エピソード

情報はありません

4. コカ・コーライーストジャパンではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結8355人 単体4204人(平成27年12月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均41.5歳(平成27年12月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均18.1年(平成27年12月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均666万6886円(平成27年12月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

氏名:山岸優里絵
入社年:2014年
配属先:営業本部 フィールドセールスオペレーション統括部
FSO 首都圏第二統括部 埼玉販売部
仕事の内容:フィールドセールスレップ

私の役割は、酒屋さんや病院の売店などに売り方の提案を行うこと、自動販売機での販売提案や注文を取ること、そして、HORECA(ホテル・レストラン・カフェ)店へ店舗の売上につながる提案を行うこと。担当するエリアの中でオールマイティに営業活動を行っています。

将来は自分の語学力も活かして、日本はもちろん世界も見据えた多くの人々にコカ・コーラ社製品やコカ・コーライーストジャパンの情報を発信する仕事をしたいという希望を持っています。しかし、どんな部署に異動しても、「コカ・コーラ」の原点が現場にあるという気持ちは、変わらずに大切に持ち続けたいと強く思います。

氏名:貴田雄太
入社年:2013年
配属先:サプライチェーン本部 製造統括部
工場統括部 茨城工場 製造課 6号ライン
仕事の内容:製造専門職

現在は、「綾鷹」や「アクエリアス」などの充てんを担当しています。ラインの機械の稼働状況をチェックし、故障への対応や改善につながる提案とその実行も行っています。たとえば、ラインが1分停止したとします。1分間に300本充てんできるとすれば、トータルで10回10分停止すれば、3000本ものロスが生じることになります。こうした状況を回避するために、現場で目を光らせ、改善策を考え、すぐに実行するのです。たとえ思いつきでもやってみる。上司や先輩のアドバイスを受けることもありますが、ひとりの判断で自由に試験する環境があります。任される範囲も広く、やりがいも大きいものがあります。

 

5. コカ・コーライーストジャパンの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

これから我々の仲間に加わる皆さんには、常に積極的でポジティブな精神を持ってほしいと考えています。変化を恐れることなく、何ごとにも前向きに取り組んでほしい。歴史を作る人間と歴史に翻弄される人間がいるとすれば、歴史を作る人間であってほしいと思うのです。キャリアは自ら切り拓くという精神で、果敢に挑んでほしい。仕事に対しては常に自主的に、オーナーシップを発揮すること。そして、どんなことでもいい、次代に貢献できる功績を残すこと。そんなスタンスで、仕事に取り組む人材であってほしいと考えています。

人事方針

(1)全社員に対し、意欲ややりがいを感じられる機会を提供し、潜在能力の高い社員には、成長のサポートを提供する
(2)職場における能力開発を重視し、推進する
(3)パフォーマンス(成果と発揮能力)に連動して報いる
(4)適時適材適所で登用し、職責に応じて処遇する
(5)チームでの成果創出を支援する
(6)社員の多様なバックグラウンド(性別・年齢・経験など)を尊重する
(7)社員の健康とワークライフバランスを推進する
(8)ファンクションごとのマネジメントシステムを確立し、各専門性の向上を支援する

5-2 育成に関する方針・施策

・ファンクションごとに、現場主導のマネジメントを促進する
  ⇒各ファンクションに人材開発ビジネスパートナーを配置し、組織開発を支援する

・ファンクションごとに必要とされる能力や専門性を強化する
  ⇒能力開発は上長および本人の両方が責任を持つものとする

・社員のキャリア開発を支援する
  ⇒社員の主体性を重んじ、自己開発を支援する
  ⇒自己開発に必要な具体的な行動要件や知識、スキルを開示する

・将来重要な役割を担う後継者を発掘し、育成を強化する

・グローバルに通用するリーダーになれるよう、能力を備えかつ希望する社員には育成支援を行う

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

・パフォーマンスの評価結果に応じ、変動給(賞与・インセンティブ)で適切に報いる
・職務毎に定義された役割・責任に基づく、職務型のグレード・報酬制度を採り入れる
・グレード毎に基本給の幅を設定することで、能力や経験を反映する
・市場競争力があり公平な報酬水準の実現を目指す
・社員に評価され、喜ばれ、そしてビジネスの成長に資する報酬・福利厚生制度を目指す
・個人の業績目標は、上長の目標に連動し、事業全体の戦略・目標に沿ったものとする
・社員一人ひとりの業績と役割行動を評価し、包括的に処遇に反映させる
・評価者と被評価者の双方向コミュニケーションを徹底する

給与 ~全職種共通~
■大学・大学院卒: 月給 207,000円(昨年度実績) 
■専門卒: 月給 172,000円(昨年度実績) 

諸手当 時間外勤務手当、休日手当、代休手当、深夜手当など
昇給  年1回
賞与  年3回/4.5ヶ月分(昨年度実績)

6. コカ・コーライーストジャパン出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報がありません。

7. コカ・コーライーストジャパンの福利厚生は?

・社員に評価され、喜ばれ、そしてビジネスの成長に資する報酬・福利厚生制度を目指す
・多様なバックグラウンドを持った社員が活躍できるよう、柔軟なワークスタイルを提供する
・安全な職場環境を提供する

RTM活動

労働時間を削減しながら外勤時間を増やし「売上拡大」と「ワークライフバランスの実現」を目指しています。

勤務制度に関する取り組み

プライベートの時間を充実することでリフレッシュし、新たな気持ちで出勤することは、さらなる業務効率の改善に重要です。実現のための意識改革活動や諸制度の整備を積極的に推進しています。
定時退社の促進
フレックスタイム制(一部の部署で導入)
変形労働時間制度(1か月)

保険
社会保険完備(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)

福利厚生
・退職給付制度(確定拠出年金、退職一時金)
・社員持株会
・財形貯蓄制度
・共済会
・契約宿泊施設
・各種チケットの割引
・カフェテリアプラン

8. コカ・コーライーストジャパンの中途採用は?

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


共栄タンカー株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

共栄タンカー株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都港区に本社を構える外交海運会社。日本郵船の子会社としてタンカーの運航や長期貸出が事業のメイン。原油船5隻、製品船5隻、バラ積み船6隻を所有。コスモ石油向けの貸船が過半数。昭和12年創業で、日本国内で初めてタンカーを製造した会社でもある。


日本ドライケミカル株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本ドライケミカル株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都港区に本社を構える消防用設備及び消防車両メーカー。1955年の創業以来、粉末消火器などの消防用具を製造販売を行っている。現在は同業他社の消火器のOEMや消防自動車の製造、ビル用自動火災報知設備の製造販売など幅広く手がける。現在大株主は綜合警備保障。


株式会社東京機械製作所に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社東京機械製作所に転職するなら知っておきたい情報まとめ

前身である内務省勧農局工場は1874年(明治7年)創業、非常に長い歴史を有する機械メーカーである。主に新聞輪転印刷機の分野で事業を展開しており、国内では最大手企業にあたる。また、近年は企業がカタログやパンフレットを印刷するのに用いる商業用輪転機の販売も積極的に推し進めている。


アグロ カネショウ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アグロ カネショウ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

農薬の製造・販売を行う企業で、その品目数は約90種類にも上る。国内主要農薬メーカーの一つであり、農家密着型の営業“トライアングル作戦”を展開。研究開発や海外展開も行い、世界の農薬市場においてはアジア、北・中南米を中心に成長を続けている。土壌処理分野の国内市場規模230億円において主要6剤がマーケットをシェアする。


藤倉化成株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

藤倉化成株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和13年藤倉工業(現藤倉ゴム工業)から独立した、フジクラグループに属している会社。アクリル樹脂派生製品のコーティング、建築用塗料などに関する事業を展開する大手化学工業メーカーで、海外では自動車用コーティング材が堅調である。創立100周年に向けて経営理念・行動指針を刷新し新たなスタートを切る。


最新の投稿


【オンラインゲーム大手】株式会社ネクソンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【オンラインゲーム大手】株式会社ネクソンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

PC・モバイル向けの100を超えるゲームタイトルを、海外法人や提携パートナー企業を通じて190以上の国と地域に配信・運用している会社。時価総額は1兆円を超え、ゲーム業界では任天堂に次ぐ2位。世界初のグラフィックMMORPG『風の王国』や世界初の基本プレイ無料型(F2P)ゲーム『Quiz Quiz』などを擁する。


株式会社アイチコーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイチコーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイチコーポレーションは埼玉県上尾市に本社を置く機械メーカーである。1962年(昭和37年)、前身である愛知車輌株式会社として創業。特に特装車事業において国内外で高いシェアを誇り、高所作業車売上高は2015年時点で世界3位(自社調べ)を誇る。


日東工器株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日東工器株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日東工器は、半世紀以上にわたって時代をリードする独創的な製品開発と、信頼性が高い技術の追求に取り組んでいる企業。空気・水・油・ガスなどの流体配管の接続や切り離しを簡単に、かつスピーディに行う「カプラ」が代表製品であり、世界のトップブランドとして一般家庭から産業界まで幅広く愛用されている。


パンチ工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パンチ工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パンチ工業は、金型部品業界でのトップブランドを確立している企業。社名には、創業時の製品であるプリント基板用穴あけパンチの「パンチ」と、活力にあふれた「パンチ」の効いた会社、という二つの意味が込められている。創業以来、一貫してものづくりにこだわり、材料調達から出荷まで一気通貫の生産体制を築き上げている。


豊和工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊和工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊和工業は、輸入品であった繊維機械の国産化・量産化を目指し発足した企業。1977年には防音サッシ初のJIS表示許可を受けた。金属製建具のパイオニアとして、優れた技術力に高い信頼と評価を得ている。他にも幅広い分野に進出しているが、小銃メーカーとしては国内で唯一の企業であり、わが国の防衛の一端を担っている。


wiget_w300 wiget_w300