【残業なんてやめなさい】カルビー(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【残業なんてやめなさい】カルビー(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本のスナック菓子メーカー。会社名のカルビーは、当時の日本人に不足しているとされたカルシウムの「カル」と、ビタミンB1の「ビー」を組み合わせた造語。2005年に3代続いた同族経営をやめ、創業家外の社長を迎えている。CEOの松本晃氏は「残業なんてやめなさい」という言葉で有名。


1.カルビーってどんな会社?

ダラダラと残業しているあなたへ
僕はあちこちでいつも言うんです。残業なんてやめなさいって。
経営者として、残業手当を払うことなんてまったく惜しくない。
あんなの微々たるもの。わずかなものでしかありません。
それよりも、あなたがだめになってるよ、と僕は伝えたいんです。
残業をしていても、人間がまったく進歩しないじゃないですか。そうでしょ。
(カルビー代表取締役会長兼CEO 松本晃氏)

1-1 ひとことで言うと

スナック菓子を中心とした菓子の製造・販売、コーンフレーク等の製造・販売を行う日本の大手菓子メーカー。社名は創業当時の日本人に不足しているとされたカルシウムの「カル」と、ビタミンB1の「ビー」を組み合わせた造語である。

1-2 創業者と沿革

1949年(昭和24年):広島県広島市(現在の南区宇品)にて、松尾糧食工業株式会社として設立。
1955年(昭和30年):社名をカルビー製菓株式会社に改める。
1964年に発売された、瀬戸内海の小海老を使ったかっぱえびせんがヒット商品となり、カルビーの名が知られるようになる。

1971年:仮面ライダーのカード付きスナック菓子や、藤谷美和子を起用したポテトチップスのCMでも話題になった。
1973年 本社を東京都に移転。社名を「カルビー(株)」に変更
パッケージに製造年月日の刻印をスナック菓子で最初に始める
「プロ野球スナック(カード付)」発売

2010年 カルビー本社を東京・丸の内へ統合・移転
「ベジップス」(2品)近畿地区で発売
「エコレールマーク」の認定
2011年 3月11日 カルビー東証一部上場

2005年には3代続いた同族経営をやめて、創業家外の社長兼CEO・CIOとして、中田康雄が就任。(略)2009年6月24日より伊藤秀二に代表取締役社長をバトンタッチし、同時に社外取締役制度の強化を図り、カゴメ相談役喜岡浩二・キッコーマン取締役会議長茂木友三郎・一橋大学教授一條和生を迎え入れた。

会社沿革 | カルビー株式会社

http://www.calbee.co.jp/company/enkaku.php

カルビー株式会社のオフィシャルサイトです。ポテトチップス・かっぱえびせん・じゃがりこなどの商品情報をはじめ、会社情報、お客様相談室などの情報を掲載しています。

1-4 本社所在地とネットワーク

本社所在地
東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館22階

事業本部:北海道、東日本、中日本、西日本
自社工場:千歳、新宇都宮、清原、研究開発本部、下妻、各務原、綾部、湖南、広島東棟、 広島西棟、鹿児島
協力工場:カルビーポテト帯広工場、北海道フーズ、ポテトフーズ東松山工場
支店:北海道、東日本、東京、中部、近畿、中四国、九州
物流拠点:千歳、宇都宮、東松山、各務原、滋賀、広島、鹿児島
研究開発本部:宇都宮

1-5 ビジョン・ミッション等

【カルビーグループ企業理念】
私たちは、自然の恵みを大切に活かし、おいしさと楽しさを創造して、人々の健やかなくらしに貢献します。
【カルビーグループビジョン】
顧客・取引先から、次に従業員とその家族から、そしてコミュニティから、最後に株主から尊敬され、賞賛され、そして愛される会社になる

2.カルビーって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2017年3月期 2524億2000万円
2016年3月期 2461億2900万円
2015年3月期 2221億5000万円
2014年3月期 1994億4100万円

▲経常利益
2017年3月期 286億2500万円
2016年3月期 265億4500万円
2015年3月期 256億1500万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

スナック市場シェア 54%
(※カルビーとジャパンフリトレーの合計)
ポテトチップス市場シェア 72%
シリアル市場シェア 38%
(出典)カルビーグループ決算説明会(2017.5.15)

2-3 主力商品

ポテトチップス【うすしお味】
じゃがいものおいしさを生かした、カルビーならではのパリッと軽い食感と、塩味をきりっと効かせたメリハリのある味わいで、どんどん食べ進むおいしさです !

じゃがりこ【サラダ】
独自の製法で “ はじめカリッとあとからサクサク ” の心地よい食感が楽しめます。

ニンジンとパセリのつぶつぶがおいしそうなじゃがりこの定番、サラダ味です。

フルグラ
カルビーのフルグラは、オーツ麦、ライ麦などの穀類を主原材料とするおいしさ・栄養にこだわったグラノーラをひとりでも多くの方に食べていただきたい、そんな思いから生まれました。
グラノーラのザクザクとした楽しさ抜群の食感、フルーツを組み合わせることで生まれる味覚のハーモニーをお楽しみください。

3.カルビーの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

株式会社カルビー 
代表取締役会長兼CEO 松本 晃
まつもと・あきら●1947年京都市出身。
京都大学大学院農学部修士課程修了。伊藤忠商事、センチュリーメディカルを経て、ジョンソン・エンド・ジョンソンに転職、99年に同社日本法人の社長就任。2009年から現職。

株式会社カルビー
代表取締役社長兼COO 伊藤 秀二
いとう・しゅうじ●1957年、福島県生まれ。法政大学経営学部卒業後、79年にカルビー入社。関東事業部長などを経て、2001年執行役員、04取締役に就任。じゃがりこカンパニーCOO等を経て、09年より現職。日本スナック・シリアルフーズ協会会長も兼任。
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E8%97%A4%E7%A7%80%E4%BA%8C

3-2 発言、エピソード

カルビーの経営における私の取り組みは、「コスト・リダクション」と「イノベーション」の2つが根幹である。これは2009年6月にカルビーの会長兼CEOに就任以来一貫して変わらない。おかげさまで就任以来、増収増益を続けてきたが、これは逆に言えば、カルビーはそれまで持てるポテンシャルを十分に発揮できていなかったからだとも言える。(松本氏)

“何かに固執していては、約束を守り続けることはできない”。これを言い換えると、約束を守っていくためには私たちは絶えず変化していかなければならない、ということになります。これは頭で理解できても、実行することは容易なことではありません。しかし、その場から動き変化していかなければ、ブランドは鮮度を失い “年をとっていく” だけの存在となってしまいます。(伊藤氏)

4.カルビーではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 3,860人(臨時従業員数 3,726人)
 食品製造販売事業 3,349人(同 3,340人)
 その他 100人(同 77人)
 全社(共通) 411人(同 309人)
単体 1,726人(同 1,903人)(2017年3月31日現在)

4-2 平均年齢

39.7歳(単体、2017年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

15.2年(単体、2017年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

761万1000円(単体、2017年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

大和 悠 中日本事業本部 中部支店
2008年入社 文学部 教育学科卒
営業のおもしろさのひとつは、取引先が違えばアプローチも全く異なること。また、同じ取引先であっても、いつも同じ正解は存在しません。その時々でのベストを選択することを、担当メンバーと一緒に試行錯誤しています。メンバーもそれぞれの個性があり、可能性は無限だなぁと感じる毎日です。課長である私自身は直接の担当先をもたないので、頭でっかちにならない様にメンバーとしっかり対話すること、同行して現場を見ることを心がけています。最終的にお客様にとって、会社にとって、そしてメンバーの成長にとって良いことを、一緒になって汗水流しながら考えること、これが私のやりがいです。

大野 憂佳 研究開発本部 開発3部
2012年入社 農学部 生物生産科専攻
新食感スナックの開発を担当しています。カルビーには様々な食感の商品がありますが、今までにない食感作りを意識しています。素朴な思いつきからスタートした開発ですが、小さなフライヤーで手作りを重ね、現在はパイロット機(試作用機械)での安定生産に向けた製造条件の検討を行っています。新しいことを始めるのは、品質、コスト、生産性など多くの課題がありますが、エンジニアとタッグを組んで、他の開発や製造現場の方々に協力してもらいながら課題解決を図っています。また、商品企画担当者と一緒に商品コンセプト作りも始めています。

高 裕一 財務経理本部 財務企画部
2006年入社 農学研究科 食品生物科専攻
私が取り組んでいる業務は、大きく分けて二つ「業績分析」と「資金管理」です。 前者の「業績分析」では、月次の財務業績が確定次第、年度始めに策定した計画および前年実績との比較を迅速に行うことで、今カルビーは“どういう”状態で“どこ”に問題があるのか、“どうすれば”もっと良くなるかなどについて分析します。この分析結果は、部署のリーダーである本部長から経営トップ層へ報告され、会社の方針や次の具体的アクションを決定する判断材料となるため、大変重要な業務になります。後者の「資金管理」では、日々の収支と資金残高を確認しながら、半年先までの資金繰り予定をたて、余剰資金(すぐに使う予定のない資金)については短期運用を行い、資金の増加を図っています。

 

5.カルビーの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

私たちはいま再び、挑戦者を探しています。
自立した実行力で、カルビーの未来に革新を起こす人を、待っています。
カルビーは自分に任されている、というほどの想いで、挑んできてください。
”カルビーを任せます。”

カルビーは、職種別選考とイノベーティブ人財選考の2種類の選考を行っております。
各選考へのエントリー要項・選考フローの確認はそれぞれのアイコンをクリックし、確認してください。
※新卒採用募集はカルビー採用ホームページのみで行っております。
※1)職種別選考と2)イノベーティブ人財選考の重複エントリーはできません。
※1)、2)ともに、入社後の職種が限定されるわけではありません。キャリア形成の一環として、職種間ローテーションもあります。

5-2 育成に関する方針・施策

カルビーでは、働く全ての従業員のことを、"人材"ではなく"人財"と言います。そこに込められているのは、「人は会社の財産であり"財=たから"である」という考えと、「会社の成長をつくる従業員一人ひとりが、"財"だと思われるような人物に成長してほしい」という期待からです。
また、カルビーの人財育成は、シンプルな考え方のもとにつくられています。それは「学ぶきっかけや学んだことを生かすチャンスを提供する」ということ。自立的に困難な課題へ挑戦する人を応援する会社であり続けるということです。例えば、自らのキャリアは自ら築いて欲しいという想いのもと始まった「新卒ドラフト」「新卒チャレンジ」「仕事チャレンジ」や次世代リーダーを目指したいという意志を後押しする「海外武者修行チャレンジ」、課長・部長といった役職へ自ら手を挙げてチャレンジできる「役職チャレンジ」といった各種制度もその一環です。
自立的に自らのキャリアへ挑む場として用意されたこれらの取り組みは、創業以来、カルビーのDNAに今も残る"革新"を受け継ぐ、新たな人財をサポートするものとなっています。

新入社員研修は以下の通りです。
・入社時研修(本社 座学を中心に実施 約2週間)
・工場実習(工場 現場作業の体験実習等 約1ヶ月)※但し配属事業所によって異なる場合あり
・馬鈴薯研修(北海道 馬鈴薯(じゃがいも)の収穫・貯蔵業務の体験実習 1ヶ月)
新入社員研修終了後は、3年目ステップアップ研修、職種別研修、階層別研修など多様な研修制度や、参加者を公募する海外武者修行チャレンジ、自己啓発支援制度を準備しています。
自立的実行力のある人財の育成を目指して現在も随時ブラッシュアップしています。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

人事評価はシンプルに数字で示し、社員は結果を出さなければ夜中まで残業しても評価されない。「コミットメント(C)&アカウンタビリティ(A)」。約束したことに対して結果責任を負う。最初は社内から猛反発があったが、今ではこのC&Aがすっかり社内の共通語になった。同時に階層を減らし、部長補佐や部長代行などの中2階ポストを廃止した。

「日本の会社には、わけのわからない階層が多すぎる。課長でもないのに課長役とか、部長補佐とか部長代行とか、すぐに中2階をつくりたがるんですね。そうすることで、上がれない人もちょっと上げて満足させる。身分と責任を混ぜこぜにして、併存させてしまうわけです。でも、こんなことをやっていたら、会社はもちません。生き残ろう、成長しようと思ったら、変えるしかないんです」

6.カルビー出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

■中田康雄氏(なかた・やすお)
中田康雄事務所 代表取締役
カルビー 前代表取締役社長兼CEO・CIO

日本の実業家。東京都中央区出身。元カルビー株式会社代表取締役社長兼CEO・CIO、元株式会社コジマ社外取締役、元株式会社オートバックスセブン社外取締役、株式会社中田康雄事務所代表取締役。株式会社みらいワークス社外取締役。EXILEが所属する、株式会社LDHアドバイザー。株式会社プロレド・パートナーズ顧問。日本のCIOの一人としても名高い。
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E7%94%B0%E5%BA%B7%E9%9B%84

戦略設計において重要なのは、何より「実態の把握」だと思います。どれだけのエネルギーを割いて、どれだけ深く顧客、環境、現場といった様々な実態ににじり寄ることができているか。それではじめて課題が浮き彫りになり、戦略がふつふつと湧いてくるのです。一方、実態の把握を阻害するのは、怠慢さ、そして従来から続く固定概念です。「こんなもんだ」「こうであるはず」という思い込みが実態を覆い隠し、結果として経営的課題を隠すことになっているのです。

7.カルビーの福利厚生は?

慶弔休暇等はもちろん、育児に関するサポートが充実し、皆が積極的に活用しています。例えば、育児勤務については、国の定める期間よりも長い期間育児勤務ができます(小学校3年生まで)。そういった背景から、出産後も復帰される方が大半です。
■休暇
年次有給休暇、慶弔休暇、出産休暇、配偶者出産時休暇、育児休業、介護休業 他、
■福利厚生
確定拠出、確定給付(キャッシュバランス)、カフェテリアプラン、持株制度、財形貯蓄、
団体定期保険、独身寮、社宅、各種クラブ活動 他

■諸手当 通勤手当・超過勤務手当 他
■昇給 年1回(4月)
■賞与 年2回(7月、12月)
■休暇および福利厚生
 週休2日制(土・日)※但し配属事業所によって異なる場合あり
 祝日、お盆、年末年始 ※年間休日123日
 年次有給休暇、慶弔休暇、出産休暇、配偶者出産時休暇、育児休業、介護休業 他、
 確定拠出、確定給付(キャッシュバランス)、カフェテリアプラン、持株制度、財形貯蓄、団体定期保険、独身寮、社宅、各種クラブ活動 他
■勤務地 日本国内外の各事業所(転勤、グループ会社への出向あり)
■勤務時間
 本社 8:30~17:00
 支店・営業所 8:30~17:00
工場(日勤) 8:30~17:00
工場(交替) 6:15~14:55、13:15~21:55、21:45~6:25
※一部フレックスタイム制あり(コアタイム10:00~15:00)
※サマータイムあり

カルビーではライフワークバランスの考え方から、効率的な働き方をし、早く退社して家族と過ごす時間や自分を磨く時間を大切にしてほしいと考えています。制度の一例としては、従業員に福利厚生費用の一部をポイント化して付与し、そのポイントの範囲内で各自の生活スタイルや価値観に合った福利厚生事業を選択・利用してもらうカフェテリアプランを用意しています。
また、自己啓発については、年2回、約180種のコースを提供しています。通信教育や英会話、集合型研修などがあり、自分に合った勉強スタイルを自由に2コースまで選べます。

事業所ごとに各種クラブ活動を積極的に行っています。(例:マラソン・華道・英会話・水泳など)クラブ活動以外にも個人が
ケーキ教室、ワインセミナー、バーベキューの企画など、趣味を楽しみながら、活発的に交流しています。

カルビーでは企業ビジョンにも掲げているとおり、従業員とその家族を大切にしています。20年以上の勤続者には、勤続年数に応じてご家族に感謝の意を表し、休暇と旅行代金が支給される「サンクス・ファミリー制度」を実施しています。また本社では、ファミリーデーというイベントを設け、年1回従業員の家族を招き、オフィス見学やゲームを通して、家族の働いている会社について理解を深める機会を設けています。

8.カルビーの中途採用求人は?

8-1.中途採用求人の全体傾向

カルビーのような有名人気企業の場合、社員のほとんどは新卒採用および既卒・第二新卒で入社しています。ただし、専門職の社員が退職して欠員が出た場合や、社内の人材だけで経営課題に対応できない場合には、社外から専門性を有した人材を中途採用することがあります。そのチャンスを掴めるかどうかは、情報収集の巧拙にかかっています。

8-2.「コーポレートサイト」のキャリア採用求人

現在、会社の採用サイトには新卒採用のほか、既卒採用の情報があります。なお、2018年4月入社予定の既卒採用のエントリーはすでに締め切られおり、2019年4月入社の次回募集(2018年6月1日予定)では「2013年4月~2018年3月末までに日本国内または海外の4年制/6年制大学もしくは大学院(修了課程/博士課程)を卒業/修了された方」が対象になると見られます。

8-3.「求人情報サイト」の公開求人

カルビーの公開求人は、求人サイトに随時掲載されています。

 

8-4.「転職エージェント」に提供される非公開求人

このほか、応募者の質向上や極秘プロジェクトの人材確保を目的として、転職エージェントにのみ「非公開求人」の情報が提供されている場合があります。
大手人材紹介サービスの「リクルートエージェント」や「PASONA(パソナ)」「マイナビエージェント」や「DODA(デューダ)」に登録すると、希望に合った非公開求人をキャリアアドバイザーから紹介してもらえることがあります。

キャリコネがおすすめする、信頼の大手人材紹介サービス4社

https://careerconnection.jp/consultant/agent.html?utm_source=tenshock&utm_medium=83&utm_campaign=body&utm_content=link_8-4&dmai=TEN

信頼の大手人材紹介サービス会社「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」、「PASONA(パソナ)」や「DODA(デューダ)」に登録

DODAの「合格診断」は、転職人気企業ランキングの上位300社のうち、現在求人募集中の企業から合格可能性のある転職先候補を診断し、メールでお知らせしてくれるサービスです。カルビーは総合ランキング34位で非常に人気のある企業ですが、今「受かる」可能性があるのかどうか事前に診断してもらえます(ただし8月29日現在ではDODAに求人がありません)。診断によっては、自分が思いもよらなかった企業との出会いが得られるチャンスもあるようです。

 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


ジェイ エフ イーホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ジェイ エフ イーホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

2002年9月に設立。JFEスチール、JFEエンジニアリング、JFE商事、ジャパンマリンユナイテッドをグループに持つ、持ち株会社。2012年「ダイバーシティ推進室」を設置。従業員にとって魅力があり働きがいのある職場の提供に取り組んでいる。また、震災復興支援として、「鉄」の技術を提供している。


株式会社マーキュリアインベストメントに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社マーキュリアインベストメントに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

2005年設立の投資運用会社。成長が期待できる事業や高い収益性が見込める資産に投資するなど、国境や既成概念などの枠を超えクロスボーダーをコンセプトに様々なチャレンジを行なっている。日本のファンドとしては初めて中国不動産に投資を行い香港REITとして上場させており、今後も新規ファンド立上げ・成功報酬の最大化等を目指す。


【中途入社58%】(株)サイバーエージェントに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【中途入社58%】(株)サイバーエージェントに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

「21世紀を代表する会社を創る」というビジョンを掲げる東京・渋谷の会社。創業以来19期連続で増収。インターネット広告事業とゲーム事業で収益を上げながら、「AbemaTV」などの新規事業に積極的に先行投資。社員の90%は30代以下。中途採用の割合は58%を占める。家賃・ランチ代補助などの福利厚生策が充実している。


ブルドックソース株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ブルドックソース株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1902年に食料品卸商三澤屋商店として開業し、東京都中央区に本社を置く調味料メーカー。グループ会社には創業120年超のイカリソースを持ち、2009年には中国現地法人を設立。主力商品である「ウスターソース」「中濃ソース」「とんかつソース」の他、パスタソース、ハンバーグソースなど各種ソースを製造販売している。


株式会社サンテックに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サンテックに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

大型複合施設やオフィスなどの工事現場で、電気工事を中心に総合的な設備工事を行っている。1975年に海外事業を始め、アジア地域の9ヶ国15都市に事業拠点を置く。現在の海外売上比率は4割前後と業界トップクラス。環境をテーマとした太陽光発電やESCO事業の推進を行い、省エネルギーと地球環境の保全に貢献している。


最新の投稿


株式会社プリンスホテルに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社プリンスホテルに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

西武グループの中核としてホテル・レジャー事業を担い、国内最大の事業規模を誇る。ホテル事業の他に、ゴルフ事業、スキー事業、その他レジャー事業を展開している。「ザ・プリンス」「グランドプリンスホテル」「プリンスホテル」の3つのブランドのホテルは国内外に49か所あり、平成29年3月期の営業収益は1741億円を超えている。


バンダイビジュアル株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

バンダイビジュアル株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

バンダイナムコグループの戦略ビジネスユニットの1つ、映像音楽プロデュースSBUの主幹会社。アニメーションや映像・音楽ソフトの企画・製作から販売までを手がける。直近3カ年の業績は堅調な伸びを見せており、平成29年3月期の売上高は247億円に達している。


株式会社バンダイに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社バンダイに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

バンダイナムコグループの一員として、玩具、模型、既製服(アパレル)、生活用品などを開発・販売しているメーカーである。創業は1950年。当初は外国への輸出が主であったが、国内商品にも力を入れるようになり、様々なヒット商品を世に送り出している。


太陽生命保険株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

太陽生命保険株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

明治26年創立。T&Dホールディングスの子会社として、保険事業を行っている。 高齢社会における介護のあり方に目を付け、先駆けて介護保障特約付団信(団体信用生命保険)を作ったのが太陽生命保険である。単体の保険を組み合わせ、顧客ニーズにあった保障内容を準備できる「保険組曲Best」が主力商品である。


【製薬業界研究】武田薬品・アステラス製薬・大塚HD 比較――就職・転職するならどの会社?

【製薬業界研究】武田薬品・アステラス製薬・大塚HD 比較――就職・転職するならどの会社?

今回は大手製薬メーカー3社を取り上げます。市販薬で知られるメーカーもありますが、収益の軸は基本的に「医療用医薬品」です。高収入で知られる業界ですが、特許切れによる収益性の低下など各社には様々な課題があります。就職・転職の参考になれば幸いです。


wiget_w300 wiget_w300