【青森県のグローバル企業】平洋金属(株)に転職するなら知っておきたいまとめ

【青森県のグローバル企業】平洋金属(株)に転職するなら知っておきたいまとめ

日本におけるフェロニッケル製錬の大手企業。売上高は96%がニッケル事業が占めているが、ほかに発電事業なども手掛けている。2015年度の地域別売上高は日本が147億円であるのに対し、台湾が167億円とトップを占めるなどグローバル企業でもある。


1. 大平洋金属ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

大平洋金属株式会社は、青森県八戸市に拠点を置くフェロアロイ(合金鉄)メーカー。

1-2 創業者と沿革

創業者 
中野 友禮(日本曹達株式会社創業者)

福島県大沼郡川西村(現・三島町)西方の旧会津藩士の家に生まれる。神尾彦之進の二男で、幼児に中野家の養子になった。 旧制会津中学校(現・福島県立会津高等学校)を卒業後、一高の臨時中学校養成所に進んだ。その後、1908年(明治41年)、京都帝国大学理学部化学教室助手となり、中野式食塩電解法(電解ソーダ法)を開発し特許を得た。
中野はこの技術を元にして、1920年(大正9年)に日本曹達を設立し、苛性ソーダ、さらし粉の生産を開始した。そして、会社は第一次世界大戦による不況の中、順調に業績を伸ばしていった。

昭和24年12月 企業再建整備計画の認可に基づき、日本曹達株式会社の鉄鋼部門より分離独立し、日曹製鋼株式会社として発足。国内資源の活用として砂鉄の製錬に着目し、砂鉄を原料に電気炉による砂鉄銑の生産を開始
昭和27年1月 東京証券取引所、大阪証券取引所に上場

大平洋金属|沿革・沿革図

https://www.pacific-metals.co.jp/corporate/history.html

東京都千代田区。フェロニッケルの精練およびスラグ製品の製造。企業・IR情 報、製品紹介。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地

青森県八戸市大字河原木字遠山新田5-2

東京本店
東京都千代田区大手町1-6-1(大手町ビル)

出典:
https://www.pacific-metals.co.jp/corporate/office.html

大平洋金属|事業所案内

https://www.pacific-metals.co.jp/corporate/office.html

東京都千代田区。フェロニッケルの精練およびスラグ製品の製造。企業・IR情 報、製品紹介。

大平洋金属|関連会社

https://www.pacific-metals.co.jp/corporate/group.html

東京都千代田区。フェロニッケルの精練およびスラグ製品の製造。企業・IR情 報、製品紹介。

1-4 ビジョン・ミッション

■経営理念
人の力を活かし、地球の資源をより有用なるものとして提供し、人類社会の幸福に貢献する

■経営方針
1.当社グループ全体の経営戦略を一体化して、グループ各社のシナジー効果を最大限に発揮すること。
2.世界に誇る製錬技術の開発と品質向上に全力を傾注し、経営の効率化と競争力で世界有数の基盤を確立すること。
3.コンプライアンスを推進すること。
4.公正・透明・自由な競争を通して、適正な利益を確保すること。
5.かけがえのない地球を守るため、あらゆる環境問題に積極的に取り組むこと。
6.社員の個性を伸ばし創造性を十分に発揮させるとともに、物心両面のゆとりと豊かさを追求し、生きがいのある職場を実現すること。
7.広く社会との交流を進め公正な企業情報を積極的に開示すること。

2. 大平洋金属って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2016年3月期 476億4900万円
2015年3月期 612億2500万円
2014年3月期 564億800万円


▲営業利益
2016年3月期 △153億5800万円
2015年3月期 △77億8800万円
2014年3月期 △40億8000万円

▲当期純利益
2016年3月期 △383億7000万円
2015年3月期 △16億1200万円
2014年3月期 △61億5000万円

出典:http://www.pacific-metals.co.jp/file/news/20160518034426-1.pdf

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高(2016年3月期)

ニッケル事業 452億3900万円
発電事業 6億6100万円
その他事業 195億2000万円


出典:http://www.pacific-metals.co.jp/file/news/20160714093519-1.pdf

▲地域別売上高(2016年3月期)

台湾 167億8800万円
日本 147億6700万円
中国 73億7000円
インド 50億7400万円
韓国 36億4800万円

2-3 主力事業

■ニッケル事業
フェロニッケル
ニッケル鉱石は、エルケム方式による世界最大級の電気炉により製錬され、ステンレス鋼の主原料として鉄とニッケルの合金であるフェロニッケルに生まれ変わります。ニッケル系ステンレス鋼は、耐熱、耐食、耐酸、耐摩耗性に優れた特性を有し、加工されて、やがては私たちの暮らしを便利に楽しく彩る生活機器に用いられます。
このような生活機器の中に当社のフェロニッケルが活かされ、私たちの目に見えないところで、豊かな暮らしに役立っています。

■発電事業
株式会社大平洋エネルギーセンター(以下、TEC)は、1995 年 12 月の電気事業法の改正により新たに制度化された「電力卸供給事業」に基づき、電気事業会社への電力卸供給を専業とする会社です。1997 年 1 月に設立し、2000 年 7 月より東北電力株式会社様に電力の卸供給を開始しています。ディーゼル発電機を 8 基所有しており、供給最大電力は 44,000kW となっています。

■その他事業
焼却灰・ホタテ貝殻リサイクル
事業内容・・・ 焼却灰、ホタテ貝殻を資源化し、再利用するリサイクル事業
製  品・・・ コンクリート、アスファルト用骨材、護岸材、人工海洋石材

3. 大平洋金属の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長 
佐々木 朗
昭和 24 年 10 月8日生

昭和24年10月8日生
昭和 47 年4月 当社 入社
平成9年 12 月 当社 八戸製造所第一製造部次長
平成 11 年7月 当社 製造本部製造部次長
平成 13 年4月 当社 製造本部工務部長
平成 18 年6月 当社 取締役製造本部工務部長
平成 20 年4月 当社 製造本部環境事業部長兼務
平成 21 年4月 当社 取締役製造副本部長
平成 21 年4月 当社 環境管理室長兼務
平成 21 年6月 当社 上席執行役員製造副本部長
平成 22 年6月 当社 取締役上席執行役員製造本部長兼製造部長
平成 23 年6月 当社 取締役常務執行役員製造本部長兼製造部長
平成 24 年 12 月 当社 取締役常務執行役員製造本部長
平成 26 年 6月  当社代表取締役社長(現職)
出典:

3-2 発言、ブログ、エピソード

 当社はフェロニッケルを主力製品とし、製錬工程において副産物として得られるフェロニッケルスラグ加工品を生産しております。さらには、低品位ニッケル鉱石からの製錬技術を生かした、ごみ焼却灰などの再資源化システムの事業を展開し、地域の循環型リサイクルにも貢献しております。
 フェロニッケルに関しましては、予備還元用のロータリーキルンと、世界最大級のエルケム式電気炉を保有し、当社独自に開発した製錬技術の更なる効率化を目指し、品質の安定と向上を図っております。
 海外活動につきましても、フィリピンにおけるニッケル鉱山の開発事業、インドネシア、フィリピン及びニューカレドニアに対する技術支援、さらにフィリピンおよびジャカルタ事務所を開設し積極的に取り組んでおります。

私たちは、環境との調和に配慮したフェロニッケル及びスラグ製品の生産を通じ、地域社会への安心と、お客様への信頼・満足を提供し、当社で働く全ての人にとって安全で快適な職場を実現するため、品質・環境・労働安全衛生マネジメントシステムを統合した活動方針をここに定め、全てのステークホルダーの信頼に応えられるよう全社一丸となって取り組んでまいります。

4. 大平洋金属ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 482人
単体 435人(平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 37.4歳(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 14.4年(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 520万2371円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

情報がありません

 

5. 大平洋金属の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

情報がありません

5-2 育成に関する方針・施策

社員の個性を伸ばし創造性を十分に発揮させるとともに、物心両面のゆとりと豊かさを追求し、生きがいのある職場を実現すること。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

Q.給与はどれくらいもらえますか?
A.給与は、月額次の通りです。(平成26年 4月 1日現在)
修士卒 225,750円
大学卒 212,050円
高専卒 184,450円
高校卒 160,150円
この他、通勤手当が支給されます。

6. 大平洋金属出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

齋藤 真也
株式会社 平野屋コンピューティング 代表取締役

1990年代

4年弱のソフト会社勤務後に独立。

【 転 身 】
新潟金属(旧太平洋金属新発田工場)に入社、3年弱の現場経験を経て業務システムの開発を
始める。

2010年12月24日 株式会社 平野屋コンピューティングを起業する。

7. 大平洋金属の福利厚生は?

福利厚生の一環として、八戸地区には独身寮と社宅を完備しています。
東京地区は、借上社宅にて対応しています。
法人契約している全国各地の契約保養所の施設があります。
他、従業員の財産形成を支援するための「財形貯蓄制度」「持株制度」等があります。

8. 大平洋金属の中途採用は?

大平洋金属|募集要項

https://www.pacific-metals.co.jp/recruit/index.html

東京都千代田区。フェロニッケルの精練およびスラグ製品の製造。企業・IR情 報、製品紹介。

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


株式会社中央倉庫に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社中央倉庫に転職するなら知っておきたい情報まとめ

中央倉庫は、倉庫・運送・国際の一貫した総合物流体制を確立し、内陸の総合物流ではトップクラス。倉庫は自社保有にこだわり、管理・運営する倉庫の9割は自社保有である。環境保全にも積極的で、2008年4月には交通エコロジー・モビリティ財団のグリーン経営の認証を取得した。


安田倉庫株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

安田倉庫株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

旧・安田財閥が財閥解体により再編された芙蓉グループに属する総合物流会社。事業は倉庫・輸配送のほか、不動産や文書保管や情報管理も手掛けている。また、近年のIT社会に対応し、大型サーバー製品の移設、回収した廃棄製品のデータ消去などのIT機器キッティングサービスにも対応している。


東洋埠頭株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋埠頭株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

南満州鉄道の子会社として出発した東洋埠頭は、以後80年余り、埠頭業・特殊倉庫のパイオニアとして貢献してきた。現在も埠頭会社の中では規模・売り上げともにトップを誇る。時代に合わせて常にサービスの拡充を行い、近年は物流関連のアウトソーシングも行っている。


株式会社宇徳に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社宇徳に転職するなら知っておきたい情報まとめ

本社が神奈川県横浜市にある港湾運輸事業をしている企業。港湾事業の他に物流・プラント事業も行っている。重量物輸送を得意としていることから各プラントの設計・施工から保守管理までしている。2015年度セグメント別売上構成比ではプラント・物流が57%、港湾事業42%となっている。


株式会社サンリツに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サンリツに転職するなら知っておきたい情報まとめ

総合物流サービスの企業で本社は東京都港区にある。主力の梱包事業では軽量物から重量物まで顧客のニーズに合わせた梱包をし、平成27年度売上高構成比は70.1%に上る。倉庫事業では空調完備、24時間管理などで様々な取扱い品に対応しており、90%を越える倉庫稼働率を維持している。


最新の投稿


株式会社中央倉庫に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社中央倉庫に転職するなら知っておきたい情報まとめ

中央倉庫は、倉庫・運送・国際の一貫した総合物流体制を確立し、内陸の総合物流ではトップクラス。倉庫は自社保有にこだわり、管理・運営する倉庫の9割は自社保有である。環境保全にも積極的で、2008年4月には交通エコロジー・モビリティ財団のグリーン経営の認証を取得した。


安田倉庫株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

安田倉庫株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

旧・安田財閥が財閥解体により再編された芙蓉グループに属する総合物流会社。事業は倉庫・輸配送のほか、不動産や文書保管や情報管理も手掛けている。また、近年のIT社会に対応し、大型サーバー製品の移設、回収した廃棄製品のデータ消去などのIT機器キッティングサービスにも対応している。


東洋埠頭株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋埠頭株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

南満州鉄道の子会社として出発した東洋埠頭は、以後80年余り、埠頭業・特殊倉庫のパイオニアとして貢献してきた。現在も埠頭会社の中では規模・売り上げともにトップを誇る。時代に合わせて常にサービスの拡充を行い、近年は物流関連のアウトソーシングも行っている。


株式会社宇徳に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社宇徳に転職するなら知っておきたい情報まとめ

本社が神奈川県横浜市にある港湾運輸事業をしている企業。港湾事業の他に物流・プラント事業も行っている。重量物輸送を得意としていることから各プラントの設計・施工から保守管理までしている。2015年度セグメント別売上構成比ではプラント・物流が57%、港湾事業42%となっている。


株式会社サンリツに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サンリツに転職するなら知っておきたい情報まとめ

総合物流サービスの企業で本社は東京都港区にある。主力の梱包事業では軽量物から重量物まで顧客のニーズに合わせた梱包をし、平成27年度売上高構成比は70.1%に上る。倉庫事業では空調完備、24時間管理などで様々な取扱い品に対応しており、90%を越える倉庫稼働率を維持している。


wiget_w300 wiget_w300