【グローバル人材育成を強化】ユニチカ(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【グローバル人材育成を強化】ユニチカ(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

水着キャンペーンモデルを企業マスコットガールにした「ユニチカマスコットガール」を選出している企業で、そのことからもわかるように元々は繊維事業が盛んな企業である。近年ではその技術を活かして「高分子事業」や「機能材事業」にも力を入れ、包装用ナイロンフィルムは世界市場でトップシェアを占めている。


1. ユニチカってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

本店を兵庫県尼崎市に、本社を大阪市中央区と東京都中央区に置く、日本の繊維メーカーである。

1-2 創業者と沿革

尼崎の商人本咲利一郎、梶源左衛門、大塚茂十郎、中塚弥平らに旧尼崎藩の士族が加わって、尼崎側28人、それに広岡信五郎(初代社長)・木原忠兵衛ら大阪の有力財界人17人が参加して発起した。

1889年(明治22年) 6月19日 - 尼崎の有志と大阪財界の出資により有限責任尼崎紡績会社を創立。

ユニチカ|会社情報|沿革

http://www.unitika.co.jp/company/history.html

We Realize It! 実現するのはユニチカです。ユニチカ株式会社の会社情報、株主・投資家情報、環境・社会活動(CSR)、事業紹介、テクノロジー(研究・技術開発)、製品情報をご紹介しています

1-3 本社所在地とネットワーク

本社
大阪府大阪市中央区久太郎町4-1-3 大阪センタービル

ユニチカ|会社情報|事業部・グループ会社一覧

http://www.unitika.co.jp/company/group.html

We Realize It! 実現するのはユニチカです。ユニチカ株式会社の会社情報、株主・投資家情報、環境・社会活動(CSR)、事業紹介、テクノロジー(研究・技術開発)、製品情報、採用情報をご紹介しています

1-4 ビジョン・ミッション

■理念
暮らしと技術を結ぶことによって社会に貢献する
それを実現するのは、ユニチカです。

■経営方針
・会社の経営の基本方針
 当社グループは、「暮らしと技術を結ぶことによって社会に貢献する」ことを経営の理念とし、「人々の生活と環境に貢献し、社会的存在感のある企業」を目指しております。当社グループは、経営の基本方針である「構造改革の実施」、「機能素材メーカーとしての基盤確立」、「企業体質・株主資本の強化」を推進する中で、社会に貢献することこそ、当社グループの企業価値を高め、ひいては株主に貢献できるものと確信しております。

2. ユニチカって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2015年度 1464億7400万円
2014年度 1591億2600万円
2013年度 1626億8600万円

▲営業利益
2015年度 104億5000万円
2014年度 89億1600万円
2013年度 67億9900万円

▲親会社株主に帰属する当期純利益
2015年度 69億3300万円
2014年度 △270億3300万円
2013年度 5億8300万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高(2015年度)
高分子事業 563億1300万円(38.4%)
機能材事業 119億1400万円(8.1%)
繊維事業  654億3100万円(44.7%)
その他   128億1400万円(8.7%)

▲地域別売上高(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
日本 1142億7500万円
アジア 204億8200万円
欧州他 117億1600万円

2-3 主力商品

セグローバ(繊維事業・産業資材)

ポリエステルフィラメントを使った、河川の護岸のための侵食防止シート。従来のコンクリートブロックマットの二酸化炭素排出量に比較して、約90%の削減効果が期待できる。

エンブレットPC(高分子事業・フィルム)

ストレスなく開封できる直線カット性ポリエステルフィルム。
蒸着加工によりバリア性を付与することもできます。

ガラス繊維ICクロス(機能材事業・ガラスクロス)

プリント配線基板用ガラスクロス。素材から製織、表面処理まで結集した技術による独自のクオリティを提供。

3. ユニチカの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長執行役員 注連 浩行

昭和27年2月10日生
昭和50年4月 当社入社
平成13年1月 総合企画部長兼情報システム推進部長
  15年1月 経営企画本部長
  15年4月 執行役員
  17年4月 常務執行役員
  20年6月 取締役上席執行役員
  24年7月 取締役常務執行役員
  26年6月 代表取締役社長執行役員(現)

3-2 発言、ブログ、エピソード

日々刻々と変化する時代の流れに呼応して、ユニチカは変化を遂げています。そして、「人財」である社員の創造的な発想と開発の努力によって、世界初の技術、グローバルトップシェアの製品、高機能資材を数多く世の中に提供してきました。これは当社の経営理念である「暮らしと技術を結ぶことによって社会に貢献する」に基づくものであります。これからも長年培ってきた技術力、事業展開力、「人財」力の「ユニチカならではの強み」を最大限に生かし、絶えざる高機能資材の開発を通じて、より一層社会のニーズに応えていきます。

ユニチカグループのあるべき姿として長期ビジョン「ビジョン2020」を掲げております。今回そのビジョンに向かって、成長戦略の推進、事業ポートフォリオの改革を骨子とした新中期経営計画を策定いたしました。新しい経営体制のもと「スピード」をもってこの計画を着実に推し進めてまいります。そのためにも、初心にかえり、企業文化の改革にも取り組んでいく所存です。

4. ユニチカではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 3906人
単体 1120人(平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体 40.0歳(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体 17.1年(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体 517万1862円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

那須健太 2001年入社
機能材事業本部ガラス繊維事業部産業資材営業部大阪営業グループ

ガラス繊維という「燃えない」「伸び縮みしない」「電気を通さない」3つの特性を持った、繊維の営業をしています。この3つの特性を必要とする建築・インテリア・断熱材分野のお客様をメインに拡販を行っています。
人々の目に付くところに使用されるケースは少ないですが、ガラス繊維という「素材」をお客様が「製品」へと仕上げられていきます。既存のシェアを確保しつつ、新規取引先を増やすことが私の任務です。

熊沢 頌平 2013年入社
技術開発本部 中央研究所 研究開発グループ

ナノコン(超微細強化材を用いたナイロン6系強化材料)に続く先進的ナイロン樹脂の製造技術を開発しています。具体的には、ナイロンの重合技術を活用して初めて実現できる新規フィラー配合ナイロンを開発しています。樹脂特性を客先にどうアピールしていくかが課題で、現在は発泡用途としての販売を考えており、発泡特性のアピール方法を模索しています。

 

5. ユニチカの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

わたしたちは、「ユニチカの‘It’」を実現するために次のような人材を求めています。

◆自分の「夢」やユニチカの「あるべき姿」の実現に向け、挑戦し続け、変化を起こす人。

<そのために大切な3つ>
・バイタリティ
どんな困難な状況でも、信念と情熱を強く持ち、達成するまで諦めない姿勢。
・対話力
相手の意を正しく理解するとともに、自分の考えを的確に伝える力。
・グローバルマインド
ビジネスの枠組みや自分の活躍フィールドをグローバルに捉える思考。

5-2 育成に関する方針・施策

■教育・研修
社員全体の能力の一層の底上げが、組織力の基盤をより強固にするとの考えから、従来の教育研修体系を再整備し、2012年度から新しい体系やプログラムで実施しています。
・ OJT
On the Job Trainingの略で、各職場での実務を通して、仕事に必要な知識や技術などを意図的・計画的・継続的に指導することによって育成し、能力開発を行うものです。

・OFF JT
Off the Job Trainingの略で、新入社員研修、昇格者研修など、職場を離れて行う集合研修のことです。

・SD
Self Developmentの略で、自己啓発や自己学習の支援を指します。

グローバル人材育成について

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

■評価・処遇
社員の期待役割をより明確にし、その役割に応えて成果に繋げることをより公正に評価できるよう、評価制度を運用しています。
・人事考課:1年間のコンピテンシー(実践能力)の発揮や能力・役割の向上、業務遂行プロセスの状況を評価します。
・業績評価:目標管理制度に基づき、年2回の業績評価を実施しています。
評価結果は、上司との面談を通じて確実にフィードバックを行うことで、社員一人ひとりの今後の能力開発、育成に繋げています。

6. ユニチカ出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

牧 ひろし
司会&モノマネ漫談

本名 新道龍三
広島市出身 
中央大学卒業
ユニチカ(株) 本社勤務 経理部を経て翌年 牧伸二に師事

佐伯 美香
東雲大学・短期大学バレー部コーチ
1990年 成安女子高(現 京都産業大学付属高等学校) 卒業 ユニチカ・バレー部 入部
1996年 Vリーグ 優勝 MVP賞・ベスト6賞・レシーブ賞 受賞 アトランタオリンピック 出場
1997年 ビーチバレーへ転向
2000年 シドニーオリンピック 出場 現役引退
2001年 結婚
2002年 出産 現役復帰
2008年 北京オリンピック 出場
2010年 愛媛大学非常勤講師 東雲大学・短期大学バレー部コーチ

7. ユニチカの福利厚生は?

・財形制度・・・住宅取得を目的とした貯蓄で、住宅金融公庫の公的融資を利用可能。
・従業員持株会制度・・・自社株を1000円単位から購入可能。
・社宅・独身寮・単身赴任寮・・・全事業所に完備し、リーズナブルな社宅費・寮費で入居可能。
・持ち家制度・・・マイホームの購入や建設を奨励する制度で、5年間補助金を支給。
・福祉会・・・結婚や出産時などの祝い金、教育資金の貸出しなど。
・産前産後休暇、育児休職制度、子ども看護休暇
出産後も安心して働ける環境を整え、男性社員の育児休職取得も奨励。

8. ユニチカの中途採用は?

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


株式会社中央倉庫に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社中央倉庫に転職するなら知っておきたい情報まとめ

中央倉庫は、倉庫・運送・国際の一貫した総合物流体制を確立し、内陸の総合物流ではトップクラス。倉庫は自社保有にこだわり、管理・運営する倉庫の9割は自社保有である。環境保全にも積極的で、2008年4月には交通エコロジー・モビリティ財団のグリーン経営の認証を取得した。


安田倉庫株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

安田倉庫株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

旧・安田財閥が財閥解体により再編された芙蓉グループに属する総合物流会社。事業は倉庫・輸配送のほか、不動産や文書保管や情報管理も手掛けている。また、近年のIT社会に対応し、大型サーバー製品の移設、回収した廃棄製品のデータ消去などのIT機器キッティングサービスにも対応している。


東洋埠頭株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋埠頭株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

南満州鉄道の子会社として出発した東洋埠頭は、以後80年余り、埠頭業・特殊倉庫のパイオニアとして貢献してきた。現在も埠頭会社の中では規模・売り上げともにトップを誇る。時代に合わせて常にサービスの拡充を行い、近年は物流関連のアウトソーシングも行っている。


株式会社宇徳に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社宇徳に転職するなら知っておきたい情報まとめ

本社が神奈川県横浜市にある港湾運輸事業をしている企業。港湾事業の他に物流・プラント事業も行っている。重量物輸送を得意としていることから各プラントの設計・施工から保守管理までしている。2015年度セグメント別売上構成比ではプラント・物流が57%、港湾事業42%となっている。


株式会社サンリツに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サンリツに転職するなら知っておきたい情報まとめ

総合物流サービスの企業で本社は東京都港区にある。主力の梱包事業では軽量物から重量物まで顧客のニーズに合わせた梱包をし、平成27年度売上高構成比は70.1%に上る。倉庫事業では空調完備、24時間管理などで様々な取扱い品に対応しており、90%を越える倉庫稼働率を維持している。


最新の投稿


株式会社中央倉庫に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社中央倉庫に転職するなら知っておきたい情報まとめ

中央倉庫は、倉庫・運送・国際の一貫した総合物流体制を確立し、内陸の総合物流ではトップクラス。倉庫は自社保有にこだわり、管理・運営する倉庫の9割は自社保有である。環境保全にも積極的で、2008年4月には交通エコロジー・モビリティ財団のグリーン経営の認証を取得した。


安田倉庫株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

安田倉庫株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

旧・安田財閥が財閥解体により再編された芙蓉グループに属する総合物流会社。事業は倉庫・輸配送のほか、不動産や文書保管や情報管理も手掛けている。また、近年のIT社会に対応し、大型サーバー製品の移設、回収した廃棄製品のデータ消去などのIT機器キッティングサービスにも対応している。


東洋埠頭株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋埠頭株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

南満州鉄道の子会社として出発した東洋埠頭は、以後80年余り、埠頭業・特殊倉庫のパイオニアとして貢献してきた。現在も埠頭会社の中では規模・売り上げともにトップを誇る。時代に合わせて常にサービスの拡充を行い、近年は物流関連のアウトソーシングも行っている。


株式会社宇徳に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社宇徳に転職するなら知っておきたい情報まとめ

本社が神奈川県横浜市にある港湾運輸事業をしている企業。港湾事業の他に物流・プラント事業も行っている。重量物輸送を得意としていることから各プラントの設計・施工から保守管理までしている。2015年度セグメント別売上構成比ではプラント・物流が57%、港湾事業42%となっている。


株式会社サンリツに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サンリツに転職するなら知っておきたい情報まとめ

総合物流サービスの企業で本社は東京都港区にある。主力の梱包事業では軽量物から重量物まで顧客のニーズに合わせた梱包をし、平成27年度売上高構成比は70.1%に上る。倉庫事業では空調完備、24時間管理などで様々な取扱い品に対応しており、90%を越える倉庫稼働率を維持している。


wiget_w300 wiget_w300