【人材育成に注力】合同製鐵株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【人材育成に注力】合同製鐵株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

大阪市に本社を構える鉄鋼(電気炉)メーカー。かつては銑鋼一貫製鉄所を持つ高炉メーカーであったが、1994年(平成6年)に撤退。新日鐵住金が株式の約15%を保有しており、筆頭株主であり、新日鐵住金の持分法適用関連会社。


1. 合同製鐵ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

合同製鐵株式会社は大阪市を本拠とする鉄鋼メーカー(電気炉メーカー)である。

1-2 創業者と沿革

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地
大阪市北区堂島浜二丁目2番8号
(東洋紡ビル8階)

出典:https://www.godo-steel.co.jp/company/jigyosho.html

1-4 ビジョン・ミッション

■経営理念
「地球規模の環境保全」及び「環境調和型社会の構築に貢献すること」

■GOing & DOing
合同製鐵は、省資源・リサイクル時代の旗手として“鉄の再生”を担っています。
電気炉というフレキシブルな生産構造であらゆる状況の変化に対応できるメリットを活かし、ますます多様化・細分化する製品ニーズと高品質に応え、常に時代が求める新しい鉄鋼製品を供給しています。
“産業の米”と呼ばれ、あらゆる分野で多岐にわたり使用されている<鉄>。 長い年月を経て老化し、破棄されるその<鉄>に新たな生命を吹き込み、再生させるのが、合同製鐵です。 貴重な資源の有効利用と高品質製品の提供を実現させ、社会に貢献し続けます。
<鉄>を通じて明日を見つめ、GOing<発進!>&DOing<実行!>
合同製鐵は、現在進行形の企業なのです。

2. 合同製鐵って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2017年3月期 994億6500万円
2016年3月期 1000億2400万円
2015年3月期 1255億9500万円

▲経常利益
2017年3月期 27億6100万円
2016年3月期 53億3900万円
2015年3月期 43億9500万円

▲当期純利益
2017年3月期 19億7900万円
2016年3月期 56億8100万円
2015年3月期 29億800万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲事業別セグメント売上高(自 平成27年4月1日 至 28年3月31日)
鉄鋼事業 995億3800万円
その他の事業 6億800万円

▲地域別セグメント売上高(自 平成27年4月1日 至 28年3月31日)
日本 942億1200万円
アジア 57億4800万円
その他 6300万円

2-3 主力商品

線材
当社の線材は、電気炉、炉外精錬設備、連続鋳造設備および高性能の線材圧延ミルを有し、製鋼・圧延一貫体制により製造されています。 また、線材工場の高機能ミルを使用した高精度、高品質の異形コイル鉄筋(Deformed Bar in Coil)の製造も行っています。

形鋼
当社の形鋼には、H形鋼、溝形鋼があり、建築、土木などの各分野で広く好評をいただいております。

EGジョイント
合同製鐵株式会社が開発しました、新しい機械式継手シリーズであるEGジョイントとEG定着版
これらは、建設業界にて高い品質とコストダウン、作業簡略化・鉄筋工事の工程を大幅に短縮する効果をもたらす大変優れた製品です。

3. 合同製鐵の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長 明賀 孝仁(めいが たかよし)
昭和30年1月15日生
昭和52年4月 新日本製鐵㈱入社
平成12年11月 同社建材事業部堺製鐵所形鋼部長
平成19年4月 同社執行役員建材事業部堺製鐵所長
平成21年4月 同社執行役員八幡製鐵所長
平成23年4月 同社常務執行役員
平成23年6月 同社常務取締役
平成23年11月 同社常務取締役設備・保全技術センター所長
平成24年4月 同社常務取締役
平成25年4月 新日鐵住金㈱取締役当社参与
平成25年6月 当社取締役副社長販売担当
平成26年6月 当社代表取締役社長
出典:
http://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS01941/5a282818/ce09/45f8/815f/a6b181efc623/S1007SLU.pdf

3-2 発言、ブログ、エピソード

普通鋼電炉工業会(会長・明賀孝仁合同製鉄社長)は12日、会長・副会長会議を開催し、明賀会長が「(前回会合のあった)2カ月前に需要環境を〝夜明け前〟と表現したが、現状もほぼ同じ状態が続いている」と述べた。その背景について「杭打ちデータの改ざんや橋桁落下の事故などを受けた施工管理の見直しが、鋼材実需の出遅れ要因になっているのでは」と指摘。「足元の需要は〝逃げ水〟のようだが、年度の後半から、来年度にかけての需要回復は堅いだろう。引き続き足元の低水準の需要に見合った生産継続が非常に大切だ」と語った。

新日鉄住金系電炉の合同製鉄は24日、同業のトーカイ(福岡県久山町)を買収し、完全子会社化すると発表した。現在の出資率2%から引き上げる。平成28年3月末に実施し、買収額は数十億円程度とみられる。
 トーカイは九州製鋼(同)を親会社とし、鉄筋コンクリート造の建物などに使われる小形棒鋼の生産でシェアは約2%。合同製鉄は、今回の買収で同シェアを8・6%とし、東京鉄鋼に次いで4位となる。トーカイは九州製鉄と共同販売会社をつくる。
 国内市場の縮小などを受けて、九州製鋼とトーカイ両社の経営体制を見直す必要があった。合同製鉄は、九州市場に製造拠点を確保し事業拡大を狙う。
 明賀孝仁社長は「この業界はまだまだプレーヤー数が多く収れんする必要がある。その再編の中核的役割を担いたい」と話した。

4. 合同製鐵ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結1412人
単体724人(平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体37.7歳(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体16.1年(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体585万2141円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

川口 慶之
船橋製造所 製造部 製鋼工場
連続鋳造工程を担当

・自分の考えた操業改善案が、部署の仕事として確立された
配属されて半年が経った頃に、操業改善のテーマに取り組みました。やっと全体像が把握できてきたころで、まだまだ操業の細部までは知識も経験も足りない状況でした。上司や先輩、作業者に話を聞き、意見を求め、少しずつ改善案を作っていきました。この時、自分の考えた操業案が実際に目の前で行われる操業に反映されることに面白さを感じました。もちろん、うまく行かなかったこともありましたが、最終的に操業パターンが確立されたときには大きな達成感を得ることができました。後日、この時の操業改善が、研究部会で優秀論文賞に選ばれ自信にもなりました。

古川 貴之
姫路製造所 製造部 圧延工場
圧延ロールの管理、切断・精整工程に関する業務改善など

・ものづくりの連帯感と達成感
入社2年目に、設備更新の業務を担いました。それは、切断の際に、製品断面にできる疵を除去するための設備であり、顧客満足や生産性の向上といった面で緊急性のある業務でした。予算が高額なこともあり、大きなプレッシャーもありましたが、他部署や現場スタッフの協力もあり、丸1年を掛けて打合せを重ね、無事に完工できました。他の業務と並行して行っていたため、「しんどい」と感じることもありました。しかし、普段は無口な現場スタッフの一人が、「コーヒーでも飲んでいくか」と声を掛けてくれるなど、仕事が職場にとってプラスに働いていると実感できた時は、大きな満足を得ました。
協力してものづくりを行う連帯感と、成果を挙げれた時の達成感は、私にとってのやりがいの一つです。

 

5. 合同製鐵の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

Q.採用したい人物像は?
A.何事にも一生懸命で、「よく遊び、よく学ぶ」メリハリのある人。素直に物事に向かい、チャレンジ精神旺盛な人物を求めています。また、当社では、一人ひとりの個性を大切にしつつ、組織の中で協調性をもって仕事に取り組む人材・風土を目指しています。特に、コミュニケーションを大切に考える当社では、他人の意見を理解し、自分の意見を伝える力を重視しており、面接においても「会話」を中心に相互理解を深めています。しっかりと「自分」をアピールして下さい。

5-2 育成に関する方針・施策

・基本は 『人』 づくり
合同製鐵は、企業にとって一番大切なのは『人』であり、人の英知とやる気がすべての源泉であるという観点に立ち、「人づくり」に情熱を注いでいます。
当社の人材育成は、少数精鋭主義をベースに、社員一人ひとりの個性を尊重しながら、自立型(発電機型)人間の育成を目指しています。
具体的には、自己啓発とOJTの推進、階層別研修及び専門技術研修等の実施、さらには、業務目標管理制度をはじめとする個々人の能力発揮を重視した人事制度の実施により、環境変化に対応ができ、競争力のある人材育成を図っています。
当社には、前人未到の挑戦的な課題を執念深く追求し、解決する「物づくりのロマン」を共に感じ、味わっていきたいという思いが根底にあるのです。

・教育研修
新入社員研修、階層別研修、専門別研修、通信教育など

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

・初任給 2016年度実績
学部卒・・・201,800円
修士了・・・227,500円

・昇給 年1回(4月)
・賞与 年2回(6月、12月)

6. 合同製鐵出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

久保田 達之(くぼた たつゆき)
中小企業診断士
品質マネジメントシステム審査員
環境マネジメントシステム審査員

●昭和45年 新日鉄・堺製鉄所:環境技術課長
●昭和49年 新日鉄・堺製鉄所:転炉工場長
●昭和51年 新日鉄・堺製鉄所:製鋼技術課長
●昭和58年 新日鉄:部長待遇・出向
●昭和58年 合同製鉄・大阪製造所:製鋼部長
●昭和62年 合同製鉄・大阪製造所:生産技術部長
●平成元年 合同製鉄・大阪製造所:環境管理部長
●平成元年 新日鉄:年満退職
●平成 3年 合同製鉄・大阪製造所:新技術開発プロジェクト・リーダー
●平成 5年 合同製鉄:退職

7. 合同製鐵の福利厚生は?

・休日・休暇
週休2日制/年末年始休暇/夏期休暇/年次有給休暇/半日有給休暇
慶弔休暇/育児休暇/介護休暇/リフレッシュ休暇など

・福利厚生
制度・・・各種社会保険、各種財形貯蓄制度、住宅資金融資制度、社員持株制度など
施設・・・独身寮、社宅(大阪、姫路、船橋)、保養所(六甲)

8. 合同製鐵の中途採用は?

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


株式会社中央倉庫に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社中央倉庫に転職するなら知っておきたい情報まとめ

中央倉庫は、倉庫・運送・国際の一貫した総合物流体制を確立し、内陸の総合物流ではトップクラス。倉庫は自社保有にこだわり、管理・運営する倉庫の9割は自社保有である。環境保全にも積極的で、2008年4月には交通エコロジー・モビリティ財団のグリーン経営の認証を取得した。


安田倉庫株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

安田倉庫株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

旧・安田財閥が財閥解体により再編された芙蓉グループに属する総合物流会社。事業は倉庫・輸配送のほか、不動産や文書保管や情報管理も手掛けている。また、近年のIT社会に対応し、大型サーバー製品の移設、回収した廃棄製品のデータ消去などのIT機器キッティングサービスにも対応している。


東洋埠頭株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋埠頭株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

南満州鉄道の子会社として出発した東洋埠頭は、以後80年余り、埠頭業・特殊倉庫のパイオニアとして貢献してきた。現在も埠頭会社の中では規模・売り上げともにトップを誇る。時代に合わせて常にサービスの拡充を行い、近年は物流関連のアウトソーシングも行っている。


株式会社宇徳に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社宇徳に転職するなら知っておきたい情報まとめ

本社が神奈川県横浜市にある港湾運輸事業をしている企業。港湾事業の他に物流・プラント事業も行っている。重量物輸送を得意としていることから各プラントの設計・施工から保守管理までしている。2015年度セグメント別売上構成比ではプラント・物流が57%、港湾事業42%となっている。


株式会社サンリツに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サンリツに転職するなら知っておきたい情報まとめ

総合物流サービスの企業で本社は東京都港区にある。主力の梱包事業では軽量物から重量物まで顧客のニーズに合わせた梱包をし、平成27年度売上高構成比は70.1%に上る。倉庫事業では空調完備、24時間管理などで様々な取扱い品に対応しており、90%を越える倉庫稼働率を維持している。


最新の投稿


株式会社中央倉庫に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社中央倉庫に転職するなら知っておきたい情報まとめ

中央倉庫は、倉庫・運送・国際の一貫した総合物流体制を確立し、内陸の総合物流ではトップクラス。倉庫は自社保有にこだわり、管理・運営する倉庫の9割は自社保有である。環境保全にも積極的で、2008年4月には交通エコロジー・モビリティ財団のグリーン経営の認証を取得した。


安田倉庫株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

安田倉庫株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

旧・安田財閥が財閥解体により再編された芙蓉グループに属する総合物流会社。事業は倉庫・輸配送のほか、不動産や文書保管や情報管理も手掛けている。また、近年のIT社会に対応し、大型サーバー製品の移設、回収した廃棄製品のデータ消去などのIT機器キッティングサービスにも対応している。


東洋埠頭株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋埠頭株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

南満州鉄道の子会社として出発した東洋埠頭は、以後80年余り、埠頭業・特殊倉庫のパイオニアとして貢献してきた。現在も埠頭会社の中では規模・売り上げともにトップを誇る。時代に合わせて常にサービスの拡充を行い、近年は物流関連のアウトソーシングも行っている。


株式会社宇徳に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社宇徳に転職するなら知っておきたい情報まとめ

本社が神奈川県横浜市にある港湾運輸事業をしている企業。港湾事業の他に物流・プラント事業も行っている。重量物輸送を得意としていることから各プラントの設計・施工から保守管理までしている。2015年度セグメント別売上構成比ではプラント・物流が57%、港湾事業42%となっている。


株式会社サンリツに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サンリツに転職するなら知っておきたい情報まとめ

総合物流サービスの企業で本社は東京都港区にある。主力の梱包事業では軽量物から重量物まで顧客のニーズに合わせた梱包をし、平成27年度売上高構成比は70.1%に上る。倉庫事業では空調完備、24時間管理などで様々な取扱い品に対応しており、90%を越える倉庫稼働率を維持している。


wiget_w300 wiget_w300