【福利厚生充実】日本たばこ産業株式会社(JT)に転職するなら知っておきたいまとめ

【福利厚生充実】日本たばこ産業株式会社(JT)に転職するなら知っておきたいまとめ

たばこ事業法により国産葉たばこの全量買取契約が義務づけられる一方、煙草製造の独占を認められている会社。海外戦略にも積極的で、JTインターナショナルを含めた販売シェアは世界第3位。2007年に英ギャラハーを買収し、世界2位のブリティッシュ・アメリカン・タバコに迫る。証券コード:2914


1. 日本たばこ産業ってどんな会社?

1-1. ひとことで言うと

日本のたばこ、並びに医薬品、食品・飲料の製造・販売会社である。

1-2. 創業者と沿革

日本政府は、1898年(明治31年)1月1日から葉タバコの専売を開始し、その担当部署として前年4月に大蔵省が管轄する葉煙草専売所を全国に61箇所設置した。

1985年4月1日 - 日本専売公社財産の全額出資により日本たばこ産業株式会社設立。日本たばこ産業株式会社法(昭和59年法律第69号)に基づき公社の一切の権利義務を承継。
1997年4月 - 塩専売制度廃止に伴い、当社の塩専売事業が終了。

JTグループの歴史|JTウェブサイト

https://www.jti.co.jp/corporate/outline/history/index.html

JTは、1898年の専売局設置にはじまり、日本の商法のもと、日本たばこ産業株式会社法によって、1985年4月に設立されました。海外におけるJTグループの歴史は、1784年のAustria Tabak設立まで遡ります。その後、北アイルランド、米国にてギャラハー、RJRの基礎が築かれました。

1-3. 本社所在地とネットワーク

本社
東京都港区虎ノ門2-2-1 JTビル

※全国に15支社、5工場、3研究所を置く。

日本フィルター工業(株)、富士フレーバー(株)、ジェイティエンジニアリング(株)、日本たばこアイメックス(株)、鳥居薬品(株)、テーブルマーク(株)

1-4. ビジョン・ミッション

お客様を中心として、株主、従業員、社会の4者に対する責任を高い次元でバランスよく果たし、
4者の満足度を高めていく

■ 4Sモデルを通じ、中長期の持続的な利益成長を実現
お客様に新たな価値・満足を継続的に提供
中長期的視点から、将来の利益成長に向けた事業投資を実行

■ 4Sモデルの追求が、中長期に亘る企業価値の継続的な向上につながり、4者のステークホルダーにとって共通利益となるベストなアプローチであると確信

■JTグループミッション
私たちJTグループの使命。
それは自然・社会・人間の多様性に価値を認め
お客様に信頼される「JTならではのブランド」を
生み出し、育て、高め続けていくこと

■JTグループWAY
そのために、私たち一人ひとりが
・お客様を第一に考え、誠実に行動します。
・あらゆる品質にこだわり、進化し続けます。
・JTグループの多様な力を結集します。

2. 日本たばこ産業って何をする会社?

2-1. 業績推移・見通し

「たばこ事業は、これまでのように大きく成長することはもうないのではないか。」

こうしたお声をお客様・投資家様からお聞きします。しかし、高い競争優位性で約6割のシェアを保持する国内たばこ事業の安定基盤と、これからご紹介する海外たばこ事業の飛躍的な成長によって、JTのたばこ事業は持続的に成長しており、現在、世界第3位のポジションに位置しています。

日本たばこ産業(JT)が2015年9月末をめどに飲料事業から撤退することを決めた。かつては清涼飲料水「桃の天然水」や缶コーヒー「ルーツ」といったヒット商品を生み出したが、最近は目立ったヒットもなく、競争が激しさを増す飲料業界で存在感を示せず撤退に追い込まれた。
JTによると、撤退を決めたのは製造・販売事業で、他社製品も販売している自動販売機のオペレーター事業は継続する考えだ。生産拠点は持たず製造は他メーカーに委託していたため、工場などの閉鎖はなく、JTの飲料事業部や子会社のジェイティ飲料の社員は配置転換や再雇用する方針だ。

▲2015年度の全社売上収益は2兆2,529億円
※2014年度において、決算期を3月31日から12月31日に変更。2015年度において、飲料事業を非継続事業に分類。

▲2015年度の全社営業利益は5,652億円

2-2. 業績セグメントと業績内訳

収益のほとんどを国内外のたばこ事業で上げている。海外たばこ事業が国内を上回っている。

■セグメントごとの従業員数(単体、2016年12月31日現在)
国内たばこ事業 5,806人(臨時従業員数 1,106人)
医薬事業 746人(同 8人)
全社共通業務等 746人(同 3人)

2-3. 主力商品

たばこ事業
セブンスター(Seven Stars、一部ボックスはSEVEN STARS表記)は、日本たばこ産業(JT)から製造・販売されている日本の代表的なたばこの銘柄の一つで、JTの主力銘柄のひとつ。通称「セッター」など。

加工食品事業
コシと弾力、もちもちでなめらかな食感が好評の冷凍さぬきうどん。こだわりの大釜茹でと急速冷凍で、さぬきの味・おいしさをご賞味いただけます。ファミリーニーズにも、ストックにも最適な5食入。

苦節30年…JTの医薬事業に光 自社品が相次ぎ承認、黒字化にメド

http://answers.ten-navi.com/pharmanews/6459/

1987年の参入から約30年。ようやく光が差してきたJTの医薬事業。「スタリビルド」がブロックバスター化、新規作用機序の抗がん剤も順調に成長。事業基盤は固まりつつあるここからが正念場に。

3. 日本たばこ産業株式会社の経営者ってどんな人?

3-1. 社長のプロフィール

小泉 光臣(写真右)は、日本たばこ産業株式会社の代表取締役社長兼執行役員社長。 国内外のタバコ事業に関わってきた小泉は、国際的な事業展開や無煙タバコなどの新しい製品開発の推進等を目指している。タバコ単体ビジネスよりも多角的経営を重視し、食品事業・医療事業は今後強化するつもりである。

1957年(昭和32年)4月15日: 神奈川県に生まれる。
1981年(昭和56年)3月: 東京大学経済学部卒業。
1981年(昭和56年)4月: 日本専売公社入社。
2001年(平成13年)6月: 日本たばこ産業経営企画部長。
2003年(平成15年)6月: 日本たばこ産業執行役員・人事労働グループリーダー。
2004年(平成16年)6月: 日本たばこ産業執行役員・たばこ事業本部事業企画室長。
2006年(平成18年)6月: 日本たばこ産業常務執行役員・たばこ事業本部事業企画室長。
2007年(平成19年)6月: 日本たばこ産業取締役兼常務執行役員・たばこ事業本部営業統括部長。
2007年(平成19年)7月: 日本たばこ産業取締役兼常務執行役員・たばこ事業本部マーケティング&セールス責任者。
2009年(平成21年)6月: 日本たばこ産業代表取締役副社長兼執行役員副社長・たばこ事業本部長
2012年(平成24年)6月: 日本たばこ産業代表取締役社長兼執行役員社長。

3-2. 発言・エピソード

20歳から1日あたり40本から50本のタバコを喫煙している。飲食店においては、高級フランス料理店のような場所では喫煙許可のある店舗であっても喫煙しない。喫煙場所は自社、居酒屋、パブ、スナックなど。喫煙具にこだわりを持つ。人に迷惑をかけないスマートな喫煙を心がけている。

公共的空間での全面禁煙に関する2010年2月25日の厚生労働省健康局長通知が全国自治体に通達されたときは、当惑するJT社員たちに、法律で全面禁煙ではない、冷静になれ、と諭した。

教科書を書き換えるつもりで、事にあたれと社員には常に言っています。学生時代は教科書から学ぶスタイルでいいが、社会に出ると教科書を書き換えるつもりでいなければならない。メビウスもマーケティングの教科書を書き換えるつもりでやれといいました。

4. 日本たばこ産業ではどんな社員が働いているの?

4-1. 従業員数

連結 44,667人(臨時従業員数 7,904人)
単体  7,298人(同 1,117人)(2016年12月31日現在)

4-2. 平均年齢

42.0歳(単体、2016年12月31日現在)

4-3. 平均勤続年数

18.6年(単体、2016年12月31日現在)

4-4. 平均年間給与

899万1126円(単体、2016年12月31日現在)

4-5. 社員インタビュー・コメント

浜野 香織さん 2007年入社
大学院後期課程修了(理学部 生物科学科 植物生理学専攻)
植物イノベーションセンター(経営企画部磐田駐在)(2014年当時)
日本に1社しかないたばこ会社と言えば、ユニークでしょうか?しかしJTはたばこだけではなく、医薬や食品も十分な力を持っています。一見関連のない事業がそれぞれに大きく活躍している会社はそう多くはないのではないでしょうか?

木戸 祐一郎さん 2010年入社
大学院前期課程修了(工学研究科 高分子化学専攻)
社員全員がお互いをJTにとっての財産、人財としてとらえて尊重しているからこそ、まるで親が子を育てるように時には厳しく、時には温かく接し、結果として充実感のある仕事ができるとともに自分自身の成長を実感することができます。ぬるま湯に浸かっているような安易さではなく、全力を注いで成し遂げた仕事に確かな手応えと評価を感じられることに働きやすさを感じます。

筒井岳彦(つつい・たけひこ)
日本たばこ産業・経営企画部長 1975年生まれ。父親の仕事の都合で、5〜9歳までアメリカで過ごす。1997年、早稲田大学理工学部卒業後、JT入社。小田原工場に配属され、生産管理業務を担当。2001年から、本社製造統括部製造部に所属し、2003年から企業買収プロジェクトを担当。2005年より、ジュネーブのJTインターナショナルに出向し、ギャラハー社の買収プロジェクトなどに参画。2008年よりコーポレートストラテジー担当部長とし て、JTインターナショナルのCEOをサポート。2012年3月に本社に異動し、37歳で経営企画部長に就任。

 

5. 日本たばこ産業株式会社の人材採用・育成

人財マネジメント
私たちは、JTグループの持続的な成長に資するべく、“人財の多様性こそ、競争力の源泉である”という認識のもと、従業員に対して、次に掲げる責任を中長期にわたり高い次元で果たしてまいります。
1.従業員を尊重し、公正な処遇を行います
2.透明性の高いルール/基準を策定します
3.全てのJTグループ従業員に成長の機会を提供します

5-1. 採用に関する方針・施策

現状に満足すると成長は止まります。私たちが求める新たな仲間は、現状に甘んじることなく、「常にチャレンジを続けることができる人たち」です。

これまでどんな学問を学んだかということに固執する必要はありません。知識はいつか陳腐化します。どのように学んだのかが重要です。そしてそれは、JTという“場”においても然りです。「これがおもしろそうだ」「やってみよう」――その好奇心こそ、JTにおける仕事のスタートです。その中で何を学び、何を体現し、どう成長していくか、ある意味皆さん次第です。

5-2. 育成に関する方針・施策

育成は、ある場所に人を“引き上げる”ことであり、引っ張る側の言葉に過ぎません。しかし、求めているのは成長であり、そのためには本人の意志が必要です。現状に満足し成長の意志がないところでは、どのような育成プログラムがあっても効果は発揮されません。成長とは、こうありたいと思う未来の自分と今の自分とのギャップの発見であり、それを埋めていこうとする姿勢です。この気持ちは、若手社員だけではなく、たとえ社長になったとしても、持ち続けてほしいと思っています。だから私たちは、そういった社員に対して、その人の“まだ行ける、こうなりたい”という発見をサポートし、その成長の意志に対して支援しています。

■ポジションごとの女性従業員の内訳(2015年12月31日現在)
執行役員3.1%、執行役員以外のマネジメント職11.4%、マネジメント職および執行役員以外の従業員28.8%

◇キャリアサポート
■キャリア面談
~上司から、今後のキャリアについてのアドバイスを得られる機会
年に一度、自分の考えるキャリアプランを上司と共有し、アドバイスを得られます。現在の担当業務の範囲に留まらず、これから挑戦してみたいことや目指す姿、その実現に向けた行動計画などについて話し合うことができます。これまでの経験を振り返り、自分の強みや弱み、これから強化したいこと、そのために何をすべきかなどを中長期的な視点で見つめ直す機会となります。

■キャリアマネジメント研修
~「目指す姿」の実現に向け、今後のキャリアプランを作成
キャリアを考える節目となる入社3年目以降の社員に対して、自分のキャリアについて真剣に考え、具体的なキャリアプランを作成する「キャリアマネジメント研修」を実施。まず、現状の自己分析を行い、そのうえで「目指す姿」の実現に向けて、「何を」「いつまでに」「どのように」強化すればよいかを段階的に考え、今後のキャリアプランを作成していきます。また、グループワークを通じて、同世代の他職種、他部門の参加者との交流から、「気づき」や「刺激」を新たに得る絶好の機会となります。

■キャリアチャレンジ制度
~社員自ら、異動を希望する部門へ直接応募できる制度
「キャリアチャレンジ制度」は、年1回、社員が自らのキャリアプランの実現に向けて、異動を希望する部門に自分の意思で応募することができる制度です。希望先部門による選考を経て、異動の可否が決まるという仕組みです。毎年、この制度を利用し、希望した部門で活躍している社員がいます。

グローバル人財育成
JT とJTI は、両社の協業をさらに進化させるとともに、グローバルベースでの専門性を有し、全世界で活躍できる人財の育成を目的に、2006年から当プログラムをスタート。「Exchange Academy」「Development Assignment」「Functional Assignment」という3つの内容で構成されています。

海外の大学院へ留学する機会を、JTは積極的に提供しています。
・MBA(Master of Business Administration):グローバルビジネスに必要不可欠な経営の知識、フレームワーク、マネジメントスキルを身につけます。
・MOT(Management of Technology):技術的な可能性を見極めて事業と結びつけ、イノベーション創出のためのマネジメント力を身につけます。
・LL.M.(Master of Laws):法学修士(米国)。法律、法務分野の先進的かつ専門的なトレーニングから、グローバルなフィールドで働く力を身につけます。

5-3. 評価・報酬に関する方針・施策

JTでは、「社員と会社は、『仕事』を通じて貢献/処遇し、ともに『成長』する」との基本コンセプトに基づく人事制度を実施しています。具体的には、職務(仕事)の大きさの違いや専門性を重視した給与制度の設定、社員の仕事への貢献の度合いに対する公正な処遇、社員の自律的成長の支援などを行なっています。

6. 日本たばこ産業株式会社出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

森永卓郎(もりながたくろう)
獨協大学 経済学部教授。東京大学経済学部を卒業後、日本たばこ産業、UFJ総合研究所などを経て現職。ベストセラー「新版 年収300万円時代を生き抜く経済学」(光文社)をはじめ著書多数。

株式会社カカクコム
代表取締役社長 畑 彰之介
平成11年4月 日本たばこ産業㈱入社。平成13年12月 株式会社カカクコム入社。営業部長、執行役員、取締役を経て、平成28年6月 代表取締役社長に就任。

オンコリスバイオファーマ 浦田泰生社長
うらた・やすお●1955年愛知県生まれ。京都薬科大学、同大学院修士課程修了。83年小野薬品入社(臨床開発部)、94年日本たばこ産業入社、医薬総合研究所、研究開発企画部長、医薬事業部調査役等を経て、2004年3月オンコリスバイオファーマを設立し現職。

7. 日本たばこ産業株式会社の福利厚生は?

世代間や社員個人の多様化するニーズに公平に報いる福利厚生制度としてカフェテリアプランを導入しています。このカフェテリアプランでは、自己開発や育児、介護、健康増進、さらには宿泊施設など、多岐にわたるメニューを用意し、知識・技術の習得、ライフプランの設計、心身のリフレッシュなど、あらゆるシーンで活用できるしくみを構築しています。社員は、あらかじめ与えられたポイントを使って各種メニューを利用することで、会社から一定の補助を受けられます。

女性が安心して働けるよう、各制度に取り組んでいます。具体的には、産前産後休暇、育児休業、育児のための短時間勤務など、育児をしながら仕事を続ける方に配慮した制度を設けています。もちろん、制度が用意されているだけではなく、その制度が取得しやすい職場環境になるよう努めております。実際に、医薬事業部で、育児休暇を取得し、復帰後、活躍している社員もおります。

社会保険完備(健康・厚生年金・雇用・労災)、確定給付年金、確定拠出年金、持株会、財形貯蓄、カフェテリアプラン制度、育児・介護休職など

8. 日本たばこ産業株式会社の中途採用求人は?

8-1.中途採用求人の全体傾向

日本たばこ産業(JT)のような伝統的な大企業の場合、社員のほとんどは新卒採用で入社しています。ただし、専門職の社員が退職して欠員が出た場合や、社内の人材だけで経営課題に対応できない場合には、社外から専門性を有した人材を中途採用することがあります。そのチャンスを掴めるかどうかは、情報収集の巧拙にかかっています。

8-2.「コーポレートサイト」のキャリア採用求人

現在、会社の採用サイトには総合職(法務系スタッフ)研究開発職(医療事業部)の求人が掲載され、関連会社でも事務系総合職などの求人を行っています(2017年8月15日現在)。

キャリア採用情報 | JT ウェブサイト

https://www.jti.co.jp/recruit/career/?tenshock

JTキャリア採用の採用情報を掲載しています。

JTグループ企業採用情報|JTウェブサイト

https://www.jti.co.jp/recruit/group/

鳥居薬品株式会社、日本フィルター工業株式会社、テーブルマーク株式会社、ケイエス冷凍食品株式会社、富士食品工業株式会社、株式会社サンジェルマン、TSネットワーク株式会社

8-3.「求人情報サイト」の公開求人

会社の採用サイトに掲載されている求人のほかにも、一般の求人情報サイトには臨床開発モニター(CRA)事業開発ライセンス担当・リーダー候補(いずれも医療事業部)の求人が公開されています(2017年8月15日現在)。

 

8-4.「転職エージェント」に提供される非公開求人

このほか、応募者の質向上や極秘プロジェクトの人材確保を目的として、転職エージェントにのみ「非公開求人」の情報が提供されている場合があります。
大手人材紹介サービスの「リクルートエージェント」や「PASONA(パソナ)」「マイナビエージェント」や「DODA(デューダ)」に登録すると、希望に合った非公開求人をキャリアアドバイザーから紹介してもらえることがあります。

キャリコネがおすすめする、信頼の大手人材紹介サービス4社

https://careerconnection.jp/consultant/agent.html?utm_source=tenshock&utm_medium=73&utm_campaign=body&utm_content=link_8-4&dmai=TEN

信頼の大手人材紹介サービス会社「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」、「PASONA(パソナ)」や「DODA(デューダ)」に登録

DODAの「合格診断」は、転職人気企業ランキングの上位300社のうち、現在求人募集中の企業から合格可能性のある転職先候補を診断し、メールでお知らせしてくれるサービスです。日本たばこ産業(JT)は総合ランキング82位で、営業職の求人もありますので、今「受かる」可能性があるのかどうか事前に診断してもらえます。診断によっては、自分が思いもよらなかった企業との出会いが得られるチャンスもあるようです。

 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年に川崎製鉄と日本鋼管 (NKK) が統合して発足。粗鋼生産量で新日鐵住金に次いで国内2位、世界5位の規模。親会社はJFEホールディングスで、その傘下にJFEエンジニアリング、JFE商事などを置く。社名のJFEは日本(Japan)、鉄鋼(鉄Fe)、エンジニアリング(Engineering)の略。


株式会社ワークスアプリケーションズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ワークスアプリケーションズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

企業の人事システム、財務会計システム、業務プロセス統合管理、ECシステムなどの統合パッケージングソフトの開発、販売、サポートを行う。現在、人工知能により学習していく「HUE」シリーズ、カスタマイズ不要の「COMPANY」シリーズの2つを主力とする。ERPの分野では、シェアNo.1。大手企業の3社に1社に採用されている。


アクセンチュア株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アクセンチュア株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アクセンチュアは、世界最大の経営コンサルティング会社であるアクセンチュア(Accenture PLC)の日本法人である。戦略、コンサルティング、デジタル、テクノロジー、オペレーションズの分野でサービスを提供し、FORTUNE誌の「世界で最も称賛される企業」に2003年から15年連続で選ばれている。


【福利厚生に強み】本田技研工業(ホンダ)の管理部門の勤務経験者が語る「転職のススメ」

【福利厚生に強み】本田技研工業(ホンダ)の管理部門の勤務経験者が語る「転職のススメ」

「ホンダ」のブランドで知られ、グローバルに事業展開する自動車メーカー、株式会社本田技研工業。二輪車では世界No.1。「有給休暇取得率ランキング」(東洋経済新報社調べ)で5年連続第1位に輝いており、働きやすい環境といえそうだが、年功序列のため「若手にとっては厳しい会社」という声もある。


【キャリア採用あり】株式会社中国銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【キャリア採用あり】株式会社中国銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

岡山県内最大の地方銀行。貸出金残高は地銀中13位、預金残高は12位。外部格付けは邦銀中1位の「A1/P-1」、メインバンク社数は地銀中7位と安定経営で知られる。ファイナンシャルアドバイザー業務や投資銀行業務、国際業務、事業再生業務、内部統制監査業務などでキャリア採用を実施している。


最新の投稿


破産した「てるみくらぶ」社員が残した悲鳴 「ありえないノルマ」「長時間のサービス残業」「無責任な上司」

破産した「てるみくらぶ」社員が残した悲鳴 「ありえないノルマ」「長時間のサービス残業」「無責任な上司」

格安旅行会社「てるみくらぶ」の自己破産が、社会に大きな衝撃を与えている。楽しみにしていた海外旅行が中止になったうえ、代金もかえってこないと呆然とする人が多数発生しているが、社内では以前から社員が過重労働に苦しんでおり、「とにかく人が定着しない」という状況もあったようだ。


株式会社ネオキャリアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ネオキャリアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業は2000年、2017年現在で国内外に68の拠点を構える企業。人材ビジネスをサービスの中心とし、人が未来を創造する際にテクノロジーの力でサポートをする。人事に関するデータをマネジメントする国内初のプラットフォーム「jinjer」を始め、メディア、ヘルスケア、海外の人材活用にも事業を広げている。


ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業130年を超え、60ヵ国に事業を展開している最大級のグローバルヘルスケア企業。一般消費者にとっては、絆創膏ブランドの「バンドエイド」やスキンケア製品がよく知られているが、医薬品や医療機器も製造・販売しており、最も売上比率が高いのは医薬品である。総売上の約12%を研究開発費にあてており、新商品の売行きが非常に好調だ。


ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険は、1979年に米国のプルデンシャル生命保険との合弁会社としてスタートしたが、現在では合弁は解消している。プロフェッショナルなセールスパーソンを「ライフプランナー」として採用し業績を上げてきた。「ライフプランナー」という言葉はソニー生命が持つ登録商標である。


【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年に川崎製鉄と日本鋼管 (NKK) が統合して発足。粗鋼生産量で新日鐵住金に次いで国内2位、世界5位の規模。親会社はJFEホールディングスで、その傘下にJFEエンジニアリング、JFE商事などを置く。社名のJFEは日本(Japan)、鉄鋼(鉄Fe)、エンジニアリング(Engineering)の略。


wiget_w300 wiget_w300