【沖縄県の一部上場企業】沖縄電力(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【沖縄県の一部上場企業】沖縄電力(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

沖縄県の沖縄本島、37の有人離島へ電力を供給する電力会社。発電設備のほとんどが火力で、重油の他に石炭やLNG(液化天然ガス)なども燃料として使用している。沖縄県を代表する企業の一つで、約5%の株式を県が保有する。日本で唯一、原子力発電所を持たない電力会社である。


1.沖縄電力ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

沖縄電力株式会社(おきなわでんりょく)は、沖縄県を事業地域とする電力会社。

1-2 創業者と沿革

昭和47年 5月 沖縄振興開発特別措置法に基づき、琉球電力公社の業務を引き継ぎ、政府および沖縄県の出資する特殊法人として設立

1-3 本社所在地とネットワーク

本社
沖縄県浦添市牧港五丁目2番1号

沖縄電力

https://www.okiden.co.jp/company/group/

沖縄電力の公式Webサイト(ホームページ)です。個人・法人のお客さまの電気料金のご案内や、各種ビジネスサポート、企業情報、IR情報などについてご紹介しています。

グループ会社一覧

1-4 ビジョン・ミッション

■経営理念
経営理念とは、当社が社会に対してどのような価値を提供するのかを表した「基本理念」、基本理念を実現するために経営の軸として堅持することを表した「経営の基本的方向性」、役職員一人ひとりが心がけるべき「行動指針」からなる。
 当社が永続的に事業活動を行っていくためには、その事業が社会に受け入れられる必要があり、そのためには役職員全員が経営理念を将来にわたって受け継ぎ、正しく認識し、真摯な努力によって実現していくことが求められる。

■行動指針
1.仕事は手堅く、スピーディーに行う
2.自ら発意し、計画し、実行する
3.高い目標に果敢に挑戦する
4.皆で支援し、目標を達成する
5.収支の意識を強く持ち、日常的にコストダウンに取り組む
6.知識や技術を貪欲なまでに探求・習得し、継承する
7.高い倫理観の下に行動する

2.沖縄電力って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高(連結)
平成25年度 1792億円
平成26年度 1850億円
平成27年度 1822億円

▲経常利益(連結)
平成25年度 69億円
平成26年度 76億円
平成27年度 52億円

▲親会社株主に帰属する当期純利益(連結)
平成25年度 47億円
平成26年度 49億円
平成27年度 36億円

2-2 事業セグメントと業績内訳

当社グループの主たる事業である電気事業セグメントのみ記載している。

▲販売電力量及び料金収入
販売電力量 76億4,900万円(平成28年3月時点)
料金収入  162億400万円(平成28年3月度時点)
(有価証券報告書より抜粋)

2-3 主力事業

オール電化とは
オール電化とは、家中すべての熱源(キッチン、お風呂、冷暖房など)を電気でまかなうことをいいます。

お客さまそれぞれに最適なエネルギーをご提案します。
エネルギーの使い方は、業種や規模などによって異なります。
沖縄電力では、これまで多くのお客さまにエネルギーをお届けしてきた
実績を活かし、お客さまに最適なエネルギーとサービスをお届けします。

3.沖縄電力の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役会長
石嶺 伝一郎

昭和47年4月 琉球電力公社入社
平成10年4月 沖縄電力(株)経理部長
平成12年6月 総務部長
平成13年6月 取締役総務部長
平成15年6月 常務取締役
平成17年6月 代表取締役副社長、離島カンパニー社長
平成19年6月 代表取締役社長、お客さま本部長、CSR担当
平成25年4月 代表取締役会長(現)

代表取締役社長
大嶺 滿


昭和55年4月 沖縄電力(株)入社
平成15年6月 経理部長
平成17年6月 取締役経理部長
平成20年6月 取締役、企画本部副本部長
平成21年6月 カヌチャコミュニティ(株)代表取締役社長
平成21年6月 沖縄電力(株)常務取締役、企画本部長
平成23年6月 代表取締役副社長、CSR担当
平成25年4月 代表取締役社長(現)

3-2 発言、ブログ、エピソード

那覇商工会議所は27日、臨時議員総会を開き、新会頭に沖縄電力代表取締役会長の石嶺伝一郎氏(67)を選出した。11月1日付で就任する。石嶺新会頭は、年内に県内12経済団体で構成する県経済団体会議議長や県商工会議所連合会会長への就任を予定している。

大嶺氏は同日の記者会見で、液化天然ガス(LNG)の卸販売など収益源の多様化を図るほか、コスト削減を進める考えを表明。政府が進める電力システム改革に向けた議論については「沖縄県の特殊性を踏まえ、発送電の一貫体制が必要」と強調した。

4.沖縄電力ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 2605人
単体 1533人(平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 38.3歳(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 16.8年(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 750万6499円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

岩間 理恵
1998年入社 内部監査室

内部監査室は、会社法や金融商品取引法に基づき、社内の内部統制システムが有効に機能しているかを評価する部署です。具体的には、会社法に基づく業務監査と金融商品取引法に基づくJ-SOX監査があります。私は、J-SOX監査で燃料プロセスを担当しています。燃料室や各発電所の業務プロセスを評価し、社外監査人による監査を受けています。

崎浜 秀太
2010年入社 総務部法務グループ

総務部を構成する7つのグループのひとつである法務グループは、株主総会の運営や株式事務に関する業務、社内各部署からの法律相談への対応や社内のコンプライアンス推進活動に関する業務等、様々な役割を担っています。その中で私は、主に株主総会の運営や株主さまからの問い合わせへの対応などを担当しています。

 

5.沖縄電力の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

当社は、利益追求は勿論のこと、安定供給の確保などの公益的課題や地域社会への貢献にも取り組んでいかなければなりません。そのため当社の社員には、ライフラインを支える者としての使命感と高い倫理観、短期的な利害のみにとらわれない長期的な視野、数多くの離島を抱える島嶼県ならではの地域特性への理解と地域貢献の精神、多くの課題に対し柔軟かつ積極的に立ち向かうチャレンジ精神などが求められます。
また、電気事業をベースに沖縄県の抱える様々な諸問題に積極的・論理的に対応できるような総合力のある人物を求めています

5-2 育成に関する方針・施策

▲教育制度について
社内における職位別に受講する階層別研修、それぞれの職種のスキルアップを図る部門研修、語学や海外留学など国際的な感覚を身につけるための特別研修などがあります。沖縄電力では「人を育み、人を大切にする」という経営の基本的方向性のもと、”人財”育成に取り組んでいます。

▲新人社員研修について
新入社員研修は、4月から6月までの3ヶ月間行われます。新入社員が新社会人としてスタートするにあたり、良識ある社会人、プロ意識をもった企業人としての心構え、態度、行動を身につけることを主な目的とすると同時に、当社の会社概要など7月からの本採用時にスムーズに配属先で働けることを目指して実施します。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

■初 任 給
高専・短大・専門卒 172,000円( 平成28年度実績 )
大学院・大学卒 197,000円( 〃 )

■昇 給
年1回(4月)

■賞 与
年2回(6月、12月)

6.沖縄電力出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

仲井眞 弘多(なかいま ひろかず)
元沖縄県知事
1987年 沖縄電力(株)理事
1990年 沖縄県副知事(~平成5年6月 その後、沖縄電力(株)へ戻る)
1995年 沖縄電力(株)代表取締役社長
2001年 沖縄県商工会議所連合会会長
2003年 沖縄電力(株)代表取締役会長
2006年 沖縄県知事
2014年 沖縄県知事退任

山川 やすひろ
那覇市議会議員
■昭和45年6月生まれ
■沖縄電力株式会社入社

7.沖縄電力の福利厚生は?

・社内持株会
・カフェテリアプラン
・県内保養所
・財形貯蓄制度
など、社員が仕事をしやすい環境づくりのため、様々な制度を用意しています。

8.沖縄電力の中途採用は?

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


株式会社中央倉庫に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社中央倉庫に転職するなら知っておきたい情報まとめ

中央倉庫は、倉庫・運送・国際の一貫した総合物流体制を確立し、内陸の総合物流ではトップクラス。倉庫は自社保有にこだわり、管理・運営する倉庫の9割は自社保有である。環境保全にも積極的で、2008年4月には交通エコロジー・モビリティ財団のグリーン経営の認証を取得した。


安田倉庫株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

安田倉庫株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

旧・安田財閥が財閥解体により再編された芙蓉グループに属する総合物流会社。事業は倉庫・輸配送のほか、不動産や文書保管や情報管理も手掛けている。また、近年のIT社会に対応し、大型サーバー製品の移設、回収した廃棄製品のデータ消去などのIT機器キッティングサービスにも対応している。


東洋埠頭株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋埠頭株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

南満州鉄道の子会社として出発した東洋埠頭は、以後80年余り、埠頭業・特殊倉庫のパイオニアとして貢献してきた。現在も埠頭会社の中では規模・売り上げともにトップを誇る。時代に合わせて常にサービスの拡充を行い、近年は物流関連のアウトソーシングも行っている。


株式会社宇徳に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社宇徳に転職するなら知っておきたい情報まとめ

本社が神奈川県横浜市にある港湾運輸事業をしている企業。港湾事業の他に物流・プラント事業も行っている。重量物輸送を得意としていることから各プラントの設計・施工から保守管理までしている。2015年度セグメント別売上構成比ではプラント・物流が57%、港湾事業42%となっている。


株式会社サンリツに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サンリツに転職するなら知っておきたい情報まとめ

総合物流サービスの企業で本社は東京都港区にある。主力の梱包事業では軽量物から重量物まで顧客のニーズに合わせた梱包をし、平成27年度売上高構成比は70.1%に上る。倉庫事業では空調完備、24時間管理などで様々な取扱い品に対応しており、90%を越える倉庫稼働率を維持している。


最新の投稿


株式会社中央倉庫に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社中央倉庫に転職するなら知っておきたい情報まとめ

中央倉庫は、倉庫・運送・国際の一貫した総合物流体制を確立し、内陸の総合物流ではトップクラス。倉庫は自社保有にこだわり、管理・運営する倉庫の9割は自社保有である。環境保全にも積極的で、2008年4月には交通エコロジー・モビリティ財団のグリーン経営の認証を取得した。


安田倉庫株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

安田倉庫株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

旧・安田財閥が財閥解体により再編された芙蓉グループに属する総合物流会社。事業は倉庫・輸配送のほか、不動産や文書保管や情報管理も手掛けている。また、近年のIT社会に対応し、大型サーバー製品の移設、回収した廃棄製品のデータ消去などのIT機器キッティングサービスにも対応している。


東洋埠頭株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋埠頭株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

南満州鉄道の子会社として出発した東洋埠頭は、以後80年余り、埠頭業・特殊倉庫のパイオニアとして貢献してきた。現在も埠頭会社の中では規模・売り上げともにトップを誇る。時代に合わせて常にサービスの拡充を行い、近年は物流関連のアウトソーシングも行っている。


株式会社宇徳に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社宇徳に転職するなら知っておきたい情報まとめ

本社が神奈川県横浜市にある港湾運輸事業をしている企業。港湾事業の他に物流・プラント事業も行っている。重量物輸送を得意としていることから各プラントの設計・施工から保守管理までしている。2015年度セグメント別売上構成比ではプラント・物流が57%、港湾事業42%となっている。


株式会社サンリツに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サンリツに転職するなら知っておきたい情報まとめ

総合物流サービスの企業で本社は東京都港区にある。主力の梱包事業では軽量物から重量物まで顧客のニーズに合わせた梱包をし、平成27年度売上高構成比は70.1%に上る。倉庫事業では空調完備、24時間管理などで様々な取扱い品に対応しており、90%を越える倉庫稼働率を維持している。


wiget_w300 wiget_w300