コスモエネルギーホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

コスモエネルギーホールディングス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

コスモエネルギーホールディングスは、コスモ石油(株)の単独株式移転により設立された純粋持株会社。2016年1月にグループ事業体制を変更し、供給機能を担うコスモ石油(株)、販売機能を担うコスモ石油マーケティング(株)、資源開発を担うコスモエネルギー開発(株)の3社を主力事業会社とした。


1. コスモエネルギーホールディングスってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

原油の開発から、精製、物流、販売に至るまで実に幅広い分野で事業を展開

1-2 創業者と沿革

1907年(明治40年)5月   - 丸善礦油部創業。
1912年(明治45年)    - 丸善礦油合名会社に改組。
1933年(昭和8年)11月8日 - 丸善礦油大阪製油所が独立し、丸善石油株式会社設立。
              丸善石油株式会社が丸善礦油合名会社を合併。

1939年(昭和14年)9月4日 - 新潟県下の中小製油業者8社が合同し、大協石油株式会社設立。

1986年(昭和61年)4月1日 - 丸善石油、大協石油、旧・コスモ石油(精製コスモ)の3社が
              合併し、(現)コスモ石油株式会社が発足

2015年(平成27年)10月1日 - コスモ石油株式会社の単独株式移転により設立。
               コスモ石油に代わり東京証券取引所第一部に上場。
2016年(平成28年)1月1日 - コスモ石油株式会社からグループ経営企画、経営支援及び
               経営管理事業を会社分割により承継。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地
東京都港区芝浦一丁目1番1号

国内外のグループ会社一覧

1-4 ビジョン・ミッション

■コスモエネルギーグループ経営理念

わたしたちは、 地球と人間と社会の調和と共生を図り、無限に広がる未来に向けての持続的発展を目指します。

■調和と共生

・地球環境との調和と共生
地球環境問題を人類が解決すべき最重要課題の一つと認識し、グローバルな環境保全活動に積極的に取り組む。

・エネルギーと社会の調和と共生
わが国のエネルギー供給の一翼を担う企業として、消費者ニーズ・社会的ニーズを捉えた安全で快適なエネルギーを安定供給することを使命とし、総合エネルギー企業へと更に進化する。

・企業と社会の調和と共生
社会は企業の存立基盤であるとの観点から、法令と国際ルールを遵守し、公正で社会的良識を持った行動をとるとともに、社会貢献活動に積極的に取り組み、社会との調和のとれた総合的な発展を目指す。

■未来価値の創造

・顧客第一の価値創造
革新的な発想に基づく安全で安定した製品、及びサービスの開発・提供を通じて、消費者・ユーザーの生活を豊かにしたいというニーズに応え、満足度を高める。

・個の多様な発想による価値創造
個の興味と関心と、変化を先取りする積極的な姿勢から生まれる革新的な発想と価値創造を尊重する。

・組織知の発揮による価値創造
情報・知識・経験を組織で共有し、個の充実を組織で調和をとり、コスモエネルギーグループ全体としての新しい価値・技術を創造する。

2. コスモエネルギーホールディングスって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2013年度 3兆5377億8200万円
2014年度 3兆358億1800万円
2015年度 2兆2443億600万円


▲営業利益
2013年度 397億円
2014年度 △384億円
2015年度 △297億円


▲当期純利益
2013年度 43億円
2014年度 △777億円
2015年度 △502億円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント売上高(2015年度)
石油事業:2兆2207億円
石油化学事業:481億円
石油開発事業:558億円
その他:714億円

2-3 主力事業

石油事業

石油事業は、コスモ石油による石油精製事業、コスモ石油マーケティング主体の石油製品販売事業およびリテール事業から構成されます。石油精製事業においては、千葉製油所における東燃ゼネラル石油との合弁会社である京葉精製共同事業合同会社の設立、四日市製油所における昭和シェル石油グループとの事業提携など、アライアンスによる競争力の強化を進めています。石油製品販売・リテール事業については、国内石油需要が減少する中で燃料油マージンを主な収益源とする事業形態から「カーライフ価値提供業」へのビジネスモデルの転換を図るべく、個人向けカーリース事業への取り組みを強化しています。

石油化学事業

コスモエネルギーグループは、石油化学事業と石油精製事業の一体運営を進め、コンビナート全体の競争力を高めるべく、2016年3月に丸善石油化学を連結子会社化しました。また、韓国のヒュンダイオイルバンク(HDO)とコスモ石油との合弁会社であるヒュンダイ・コスモ・ペトロケミカルHCP)に対し、安定的にミックスキシレンを供給しています。HCPにおいては、パラキシレン製造装置の省エネルギー改造工事などによるコスト削減に取り組み、競争力強化を図っています。

石油開発事業

コスモエネルギーグループは、長年の信頼関係を築いてきたアラブ首長国連邦のアブダビ首長国、およびカタール国との強い信頼関係を基盤に、開発プロセスの主導権を持つオペレーターとして、中東地域の権益に参画しています。主にアブダビ石油、カタール石油開発、合同石油開発の3社で石油開
発を行っていますが、その中でも特にアブダビ石油のプロジェクトは、50年近く安定的に生産を続けており、現在は既に生産中の3油田と同等の生産量が見込まれるヘイル油田の開発を推進しています。また、2014年にはIPIC※グループでスペインの総合石油会社大手セプサ社と戦略的包括提携を締結、同11月にはコスモアブダビエネルギー開発へセプサから20%の出資を受け、提携の強化を図っています。

3. コスモエネルギーホールディングスの経営者ってどんな人?

3-1 社長の プロフィール

取締役会長
木村 彌一

昭和 38年 4月 大協石油株式会社入社
平成 5年 6月 コスモ石油株式会社取締役
平成 8年 6月 同社常務取締役
平成 10年 6月 同社代表取締役専務取締役
平成 13年 6月 同社代表取締役副社長
平成 16年 6月 同社代表取締役社長
平成 22年 6月 同社代表取締役社長社長執行役員
平成 24年 6月 同社代表取締役会長
平成 27年 10月 当社取締役会長(現職)

代表取締役社長 社長執行役員 森川 桂造
昭和 46年 4月 大協石油株式会社入社
平成 12年 6月 コスモ石油株式会社取締役
平成 14年 6月 同社常務取締役
平成 16年 6月 同社専務取締役
平成 18年 6月 同社代表取締役専務取締役
平成 20年 6月 同社代表取締役副社長
平成 22年 6月 同社代表取締役副社長執行役員
平成 24年 6月 同社代表取締役社長社長執行役員
平成 27年 10月 当社代表取締役社長社長執行役員(現職)

3-2 発言、 ブログ、 エピソード

社長交代の記者会見で木村社長は「2012年は中期経営計画の最終年度であり、次の中期経営計画を策定する年でもあり、新しい中計の策定段階からリーダーシップを発揮してもらういいタイミングだと考えた」と述べた。

新社長に内定した森川氏は「経営環境が厳しい中でかじ取りを任された。収益基盤を築いた上で、持続的な成長、発展に向けて全力を尽くしたい」と抱負を述べた。

森川社長も手をこまねいていたわけではない。全国に4つあった製油所のうち坂出製油所(香川県)を13年に閉鎖。発表当時に「コスモの歴史で最大の決定」と述べている。このほか、千葉製油所では東燃ゼネラルと、四日市製油所(三重県)では昭和シェルと連携して、コスト削減を進めている。昨年10月には持ち株会社制に移行、傘下に事業会社3社を置いた。事業ごとに他社との提携を加速させる狙いがある。他社から「結婚してもいい」と言われるように会社を立て直すことが森川氏の使命だ。

1.業界は三社体制となり、経営統合の二社は、今後益々合理化・効率化の動きを加速させ、コスト競争力の強化に努めるものと思われます。
2.当社グループの現状の財務体質や収益力の劣後性はすぐに解消しませんが、柔軟かつスピーディな決断力・実行力で、この難局を乗り切ることは可能です。
3.従って、今進めている取り組みを加速させながら、もう一度我々グループのサプライチェーン等をすべて一から見直し、事業の選択と集中、資産のスリム化と効率化、達成手段として事業ごと地域ごとのアライアンスの推進を、他社を上回るスピードで実行する必要があります。

まさに、コスモエネルギーグループの未来は皆さん一人一人の実行力にかかっています。原油価格や為替など我々の手の届かない要因がもたらす困難に対しては、組織を超えた全員の結集力で乗り切る以外に道はありません。今年も全員でベストを尽くしましょう。
(森川社長)

4. コスモエネルギーホールディングスではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 7116人
単体 157人
(平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均40歳1ヶ月(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均16年4ヶ月(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均738万155円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

村上 達也 2007
コスモ石油株式会社 原油外航部 原油グループ
2015年に、研究職出身者として初めて、産油国から原油を調達する原油外航部に配属されました。配属された当初、原油の性状に詳しい技術系出身者を加え、生産性を向上させるのが狙いだと言われました。私はこれまでの経験を活かして製油所の精製やユーザーが使用する場面を想像しながら、新しい原油が本当によい商品なのか判断するようにしています。製油所に近いところにいたことは私の強みになっていますね。

竹本 直嗣 2013年入社
コスモ石油株式会社 千葉製油所 製造2課
千葉製油所にて各種製造装置の運転管理を担当しています。省エネのための検討や収益改善施策、触媒管理、シミュレーションを通じた運転適正化検討など、業務の幅は多岐に渡ります。入社してから日が浅くまだまだ未熟者ではありますが、コスモエネルギーグループは若手にどんどん仕事を任せる会社ですので、すでに何度かメモリアルな仕事を担当させていただきました。

石井 由香子 2008年入社
コスモ石油マーケティング株式会社 産業燃料部 産業燃料グループ
部長の教えである、現場力・人間力・コミュニケーション力を高めることを意識しながら、日々、法人様を相手に営業活動を行っています。担当している得意先は、住建材メーカー、自動車メーカー、化学メーカー、食品会社、バス会社、電力会社など。お客様によって購買方針や燃料油の使用用途が異なる中で、価格・配送方法・購買方法を相談し、できる限りお客様の要望を叶えていく仕事です。そのため、とてもたくさんの知識が必要になります。それが、この仕事の難しいところですね。しかし、知識だけがあってもダメ。相手と信頼関係を構築するためには、悩みやニーズを掴まなければなりませんから、時には関係のない話などをして、相手との心の距離を縮めていくことが大切です。どんな話題にも対応できるよう、新聞やニュースなどは必ず目を通すようにしています。

 

5. コスモエネルギーホールディングスの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

■求める人材

以下の要素を持ち、グローバルなフィールドで活躍できる人材を求めています。

5-2 育成に関する方針・施策

■教育制度

新入社員研修、OJT教育、部門別研修、階層別研修、国内留学制度、自己啓発支援、資格取得支援など

Q15. 入社後の教育研修について教えてください。

入社後にはまず新入社員研修を実施します。
この研修では、約2カ月に渡ってビジネスマナー、石油業界及びコスモエネルギーグループに関する基礎知識の習得、中央研究所見学、製油所実習、SS(サービスステーション)店頭での販売実習などを通じて、 社会人として必要な基本的スキルを習得していきます。その後、各部署に配属されるとOJTを実施します。先輩社員がトレーナーとなり、実践を通して各業務を体得していきます。
※場合により変更する可能性があります。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

2015年4月より「健全な競争意欲と高い収益意識を持って、年齢・性別・職種に関わらず能力を最大限に発揮することで人材と組織を活性化し、会社と社員が共に成長していく」ことを目的に人事制度の大幅改定を実施しました。全社員を対象とした公平かつ透明性のある評価制度としており、自律的な社員の意識向上とラインマネージャーの評価研修を実施し、適切なフィードバックに努めています。

■目的
あらゆる社員にチャンスを提供するために

■具体的施策
1.コース制を廃止
2.管理職に対しては職責に応じて報酬が決まる役割等級制度の導入
3.年功要素を排した昇格審査の実施

■目的
社員の競争意欲・収益意識の向上を促進するために

■具体的施策
1.改革や変革に挑んだ社員が高く評価される制度の導入
2.メリハリのある人事評価の実施
3.業績連動型賞与の導入

6.コスモエネルギーホールディングス出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

福田 康夫
ボアオ・アジア・フォーラム理事長
アジア人口・開発協会理事長
日本カヌー連盟会長

1936年(昭和11年)7月16日生まれ
1959年(昭和34年)3月、早稲田大学第一政治経済学部経済学科を卒業。
       大阪に本社を置く丸善石油(現:コスモ石油)に入社
1962年(昭和37年)3月から2年間、米国ロサンゼルス支店に赴任。帰国後に石油製品の
       輸入課長も務め、石油の価格・量の動向の予測・判断、産地国からの石油調達の
       輸入業務などを行っていた。
1976年11月に会社を退社し、衆議院議員秘書となり、1977年12月から1年間、
       父・赳夫の内閣総理大臣秘書官を務める。
その後、衆議院議員(7期)、内閣官房長官(第67・68・69代)、沖縄開発庁長官(第41代)、内閣府特命担当大臣(男女共同参画担当)、自由民主党総裁(第22代)、内閣総理大臣(第91代)などを歴任した。

7. コスモエネルギーホールディングスの福利厚生は?

各種社会保険完備、財形貯蓄制度、コスモ共済会制度、慶弔見舞金支給制度、育児休職制度、介護休職制度、社宅・寮制度、研修センターなど

8. コスモエネルギーホールディングスの中途採用は?

 
 
 

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


東京都港区 東証一部 石油

関連する投稿


【オンラインゲーム大手】株式会社ネクソンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【オンラインゲーム大手】株式会社ネクソンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

PC・モバイル向けの100を超えるゲームタイトルを、海外法人や提携パートナー企業を通じて190以上の国と地域に配信・運用している会社。時価総額は1兆円を超え、ゲーム業界では任天堂に次ぐ2位。世界初のグラフィックMMORPG『風の王国』や世界初の基本プレイ無料型(F2P)ゲーム『Quiz Quiz』などを擁する。


株式会社アイチコーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイチコーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイチコーポレーションは埼玉県上尾市に本社を置く機械メーカーである。1962年(昭和37年)、前身である愛知車輌株式会社として創業。特に特装車事業において国内外で高いシェアを誇り、高所作業車売上高は2015年時点で世界3位(自社調べ)を誇る。


日東工器株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日東工器株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日東工器は、半世紀以上にわたって時代をリードする独創的な製品開発と、信頼性が高い技術の追求に取り組んでいる企業。空気・水・油・ガスなどの流体配管の接続や切り離しを簡単に、かつスピーディに行う「カプラ」が代表製品であり、世界のトップブランドとして一般家庭から産業界まで幅広く愛用されている。


パンチ工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パンチ工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パンチ工業は、金型部品業界でのトップブランドを確立している企業。社名には、創業時の製品であるプリント基板用穴あけパンチの「パンチ」と、活力にあふれた「パンチ」の効いた会社、という二つの意味が込められている。創業以来、一貫してものづくりにこだわり、材料調達から出荷まで一気通貫の生産体制を築き上げている。


豊和工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊和工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊和工業は、輸入品であった繊維機械の国産化・量産化を目指し発足した企業。1977年には防音サッシ初のJIS表示許可を受けた。金属製建具のパイオニアとして、優れた技術力に高い信頼と評価を得ている。他にも幅広い分野に進出しているが、小銃メーカーとしては国内で唯一の企業であり、わが国の防衛の一端を担っている。


最新の投稿


【オンラインゲーム大手】株式会社ネクソンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【オンラインゲーム大手】株式会社ネクソンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

PC・モバイル向けの100を超えるゲームタイトルを、海外法人や提携パートナー企業を通じて190以上の国と地域に配信・運用している会社。時価総額は1兆円を超え、ゲーム業界では任天堂に次ぐ2位。世界初のグラフィックMMORPG『風の王国』や世界初の基本プレイ無料型(F2P)ゲーム『Quiz Quiz』などを擁する。


株式会社アイチコーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイチコーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイチコーポレーションは埼玉県上尾市に本社を置く機械メーカーである。1962年(昭和37年)、前身である愛知車輌株式会社として創業。特に特装車事業において国内外で高いシェアを誇り、高所作業車売上高は2015年時点で世界3位(自社調べ)を誇る。


日東工器株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日東工器株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日東工器は、半世紀以上にわたって時代をリードする独創的な製品開発と、信頼性が高い技術の追求に取り組んでいる企業。空気・水・油・ガスなどの流体配管の接続や切り離しを簡単に、かつスピーディに行う「カプラ」が代表製品であり、世界のトップブランドとして一般家庭から産業界まで幅広く愛用されている。


パンチ工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パンチ工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パンチ工業は、金型部品業界でのトップブランドを確立している企業。社名には、創業時の製品であるプリント基板用穴あけパンチの「パンチ」と、活力にあふれた「パンチ」の効いた会社、という二つの意味が込められている。創業以来、一貫してものづくりにこだわり、材料調達から出荷まで一気通貫の生産体制を築き上げている。


豊和工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊和工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊和工業は、輸入品であった繊維機械の国産化・量産化を目指し発足した企業。1977年には防音サッシ初のJIS表示許可を受けた。金属製建具のパイオニアとして、優れた技術力に高い信頼と評価を得ている。他にも幅広い分野に進出しているが、小銃メーカーとしては国内で唯一の企業であり、わが国の防衛の一端を担っている。


wiget_w300 wiget_w300