【有休取得率95%】SCSK株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【有休取得率95%】SCSK株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

住友商事の情報システム部門が独立したシステムインテグレーター。2011年にCSKを吸収合併し、住商情報システムからSCSKに商号変更。100%出資子会社に(株)クオカードがある。システム開発と保守で売上高の75%を占める。厚労省「第1回 働きやすく生産性の高い企業・職場」大企業部門の最優秀賞(厚生労働大臣賞)を受賞。


1. SCSKってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

ソフト・ハードウェア開発を行う住友商事グループのシステムインテグレーター。

1-2 創業者と沿革

1968年10月 大阪府大阪市東区大川町(現 大阪市中央区北浜)にコンピューターサービス株式会社(株式会社CSK)を設立
1969年10月 大阪府大阪市東区北浜(現 大阪市中央区北浜)に住商コンピューターサービス株式会社を設立
2011年10月 住商情報システム株式会社を存続会社として株式会社CSKと合併し、SCSK株式会社に商号変更

沿革 | SCSK株式会社

https://www.scsk.jp/corp/history.html

2011年10月以前の統合2社それぞれの変遷も含め、SCSKの歴史をご紹介します。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地
東京都江東区豊洲3-2-20(豊洲フロント)

所在地・アクセス| SCSK株式会社

https://www.scsk.jp/corp/base.html

全国のオフィス、およびデータセンター拠点をご紹介します。

*日本全国に事業拠点あり。

SCSKグループ一覧 | SCSK株式会社

https://www.scsk.jp/corp/group.html

国内外の主なSCSKグループ企業をご紹介します。

*国内・海外グループ会社一覧

1-4 ビジョン・ミッション

今後当社は新たな経営体制のもと、これまで築いてきた経営基盤を引き継ぎ、融合と成長のさらなる加速に向けて、新中期経営計画に掲げる以下3つの基本戦略を、達成への道筋に沿って着実に実行に移してまいります。

1.サービス提供型ビジネスへのシフト
当社の知的財産・IT資産をベースに、当社ならではの高付加価値サービスを創り、お客様の事業を長期に渡り支援し続けるビジネスへの転換を図ります。

2.時代の変化を捉えた戦略的事業の推進
成長産業や当社の強みを発揮できる分野に対して、将来性、成長性を見極めながら各領域において戦略的事業を推進し、日本の成長産業のさらなる発展に寄与します。

3.グローバル展開 第2ステージ
戦略的事業における日本企業のグローバル展開において、現地向けの支援体制を整備・強化し、お客様のグローバルビジネス拡大に貢献します。

2. SCSKって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高/営業利益率
2017年3月期 3293億0300万円(10.2%)
2016年3月期 3239億4500万円(9.8%)
2015年3月期 2976億3300万円(9.4%)

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高(2017年3月期)
システム開発 1270億5100万円(38.6%)
保守運用・サービス 1258億0200万円(38.2%)
システム販売 731億4700万円(22.2%)
プリペイドカード・その他 33億0200万円(1.0%)

2-3 主力事業

システム開発事業

FastAPP
迅速な開発・容易な運用・柔軟な改善を実現する業務アプリケーションの超高速開発プラットフォームサービス
FastAPPサービスは、自社開発の「超高速開発・実行基盤」と、導入サポートから活用コンサルティングまで「充実のサポートサービス」を組み合わせた、SCSKならではの「安心のマネージドサービス」です。

保守運用・サービス事業

netXDC
ソリューション指向データセンター
ファシリティやネットワークの提供にとどまらず、お客様のシステムライフサイクルを共有し、システムの企画・設計から構築・運用、その改善提案まで、一貫したサービスをワンストップで提供します。

システム販売事業

ProActive for SaaS
セキュアなクラウドプラットフォームで利用できる安心のクラウドERPソリューション
マイナンバー、IFRSなどの制度対応をはじめ、多様な業務要件に適合する超寿命ERP「ProActive」の標準機能を月額費用で利用できるサービスです。短期間での導入、システムのTCO低減など、SaaSとしての多彩なメリットを享受いただけるクラウドERPです。

3. SCSKの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

取締役会長 大澤 善雄
1975年 4 月 住友商事(株)入社
2002年 6 月 住商エレクトロニクス(株)取締役兼任
2003年 4 月 住友商事(株)理事
2003年 6 月 当社取締役兼任
2005年 4 月 住友商事(株)執行役員
2008年 4 月 同社常務執行役員 メディア・ライフスタイル事業部門長
2008年 6 月 同社代表取締役 常務執行役員
2011年 4 月 同社代表取締役 専務執行役員
2013年 4 月 同社代表取締役 社長付
2013年 6 月 当社顧問兼任
2015年 4 月 当社代表取締役社長 兼 COO
2016年 4 月 当社代表取締役社長 当社取締役会長(現職)

代表取締役社長 谷原 徹
1982年 4 月 コンピューターサービス(株)入社
2003年 6 月 (株)CSK執行役員
2005年10月 (株)CSKシステムズ執行役員
2007年 6 月 (株)CSK-ITマネジメント代表取締役社長 
2009年 3 月 (株)CSKホールディングス執行役員
2010年10月 (株)CSK専務執行役員
2011年10月 当社取締役 専務執行役員
2016年 4 月 当社代表取締役社長(現職)

3-2 発言、ブログ、エピソード

「弊社社員の計画的有給休暇取得に関するお願い」
IT大手SCSKは、谷原徹社長の名前で、顧客企業向けにこんな文書を作成している。2012年から、当時の中井戸信英社長の主導で、1人あたりの残業時間を月20時間未満に削減することや有休100%取得を目標に、働き方改革に取り組んできた。部署ごとの目標設定や有休の全社一斉取得日の設定を打ち出した。文書は13年に作られた。その結果、16年度の有休取得率95・3%、それまで約27時間あった残業は18時間にまで短縮した。
とはいえ、情報システムを構築する仕事は、相手からの要求や納期に左右され、長時間労働に陥りやすい。SCSKは、部課長クラスが率先して顧客に理解を求めることを徹底。トップのメッセージとして冒頭の文書を持参して、説明することもある。

第1回 働きやすく生産性の高い企業・職場表彰受賞企業
大企業部門・厚生労働大臣賞(最優秀賞) SCSK株式会社
【経営トップのイニシアティブによる働き方改革運動の取り組みと、業務のクオリティ・職場コミュニケーションの変革による生産性向上】
2011年の経営統合を機に「人を大切にします」という約束を掲げ、経営トップが強いイニシアティブを発揮して社員の健康を重視する健康経営を推進。2013年からは働き方改革運動「スマートワーク・チャレンジ」を実施している。その結果、営業利益の連続増益、残業時間の削減、有給休暇取得率の上昇を達成している。
★経営トップは、健康的な働き方を優先することについて、それによる一時的な業績ダウンも覚悟すると明言し、顧客にも自ら手紙を書き理解を求めるなど強いリーダーシップの下で推進
★設計プロセスの強化を中心とした業務プロセスの見直しを図り、作り直し作業による納期に間に合わせるための長時間残業を防止し、生産性を向上
★コミュニケーションが取りやすい規模への組織単位の改編、1週間先までの全社員の予定の見える化、仕事のバックアップ体制の整備による休みやすい環境の構築など、コミュニケーションを重視した組織改革の実施により仕事のシェアが広がり、残業削減が実現
★残業の有無にかかわらず一律支給する手当の導入など、減少した残業代を全部還元する制度とし、社員が所得減を気にせず業務の効率化に取り組める制度を構築
★有給休暇取得率は95%となっているが、100%取得を躊躇しないように、病気等の不測事態に利用できるバックアップ休暇(年5日)を導入

4. SCSKではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 11,910人(臨時従業員数3,675人)
単体  7,241人(2017年3月31日現在)

4-2 平均年齢

42歳6か月(単体、2017年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

17年9か月(単体、2017年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

726万5000円(単体、2017年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

押谷 優志 2013年入社 ProActive事業部 カスタマーサポート部
仕事の内容:ProActive事業部のサポートメンバーとして、障害対応や機能改善に携わる
質の良い仕事を行う上で欠かせないのは、やはりコミュニケーションではないでしょうか。作業時”やるべきこと”のイメージが湧くまで、手順や段取りの確認や質問を行うことを心がけています。

丹波 真奈 2012年入社 金融システム第三事業本部 証券システム第二部
仕事の内容:証券基幹システム構築プロジェクトに参画し、主に同システムの取引所接続部分の開発やWEB画面について、お客様の要望に対する設計・開発・テストを行う。
自分の手がけた画面が実際に動き出し、お客様はじめ多くの方に活用していただけることに喜びを感じると共に、仕事のモチベーションも上がります。

 

5. SCSKの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

当社の行動指針にある「Challenge」「Commitment」「Communication」の”3C”に基づいて、常に高い目標を掲げて情熱を持って挑戦する人、お客様や仲間に対して責任を持って誠実に行動する人、相手の心に通じるコミュニケーションができる人であるならば、いろいろなチャンスのある会社であると自負しています。

5-2 育成に関する方針・施策

■教育体系
研修に関しては4つのカテゴリを設定し、人事資格等級や専門性レベルに応じてマインド(人間力)・スキル(仕事力)両面の強化を目指したコンテンツを提供しています。「キャリア開発」は変化対応力や学習マインドを養成します。昇格や一定の年齢の節目で行わるコンテンツを含みます。「リーダーシップ開発」は人間力やマネジメントスキルを開発します。「専門能力開発」は職種に応じた技術力などの専門性を開発します。「ビジネス基礎能力開発」は汎用的なスキルを開発します。
また、各事業部門においては、全社共通教育を活用するとともに、事業戦略に応じた育成を両輪として推進しています。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

■「貢献度」と「行動」の評価
当社における人事評価は、「貢献度」、「行動」、「専門性」の3つの観点で行っています。
このうち、「貢献度評価」は、「役割・人材像」を踏まえて設定された目標の達成度を組織への貢献度の観点から評価するもので、「行動評価」は、目標を達成していくための日々の行動の観察結果を「行動評価基準書」に照らし合わせて評価するものです。
期初の「目標設定面談」では、上司・部下で面談を行い、事業計画に連鎖したチャレンジングな目標を設定するとともに、成果を上げていくために期待される行動を確認します。「期中レビュー」では、目標達成に向けて互いの力を最大限に活かすべく活発なコミュニケーションを図り、期末の「評価面談」で、職務遂行の成果(貢献度評価)および職務遂行の過程で観察された行動のレベルの評価(行動評価)を行います。
■専門性の評価(専門性認定制度)
専門性認定制度は社員の専門能力の向上を図り、その結果を認定することで、営業職、技術職の専門性の可視化を図り、社員が継続的に成長し続ける環境を提供するものです。
専門性認定は営業職、技術職の専門能力と知識を当社のキャリアフレームに基づいて7段階のレベルで認定するものです。普段の業務においては、専門能力や知識だけではなく、経験やコンピテンシーも重要な要素となり、それらにより高いパフォーマンスが発揮され、高い成果が期待されます。
当社のキャリアフレーム(14職種・35専門分野)は、ITスキル標準(ITSS)、組込標準(ETSS)、情報システムユーザースキル標準(UISS)をベースに当社事業特性を加味して定義されています。
適正な人材の可視化と個々人の専門性の可視化の推進のために、専門性認定レベルには有効期間が設けられています。全社の高度IT人材から選出された審査員が認定審査を行っていますが、その審査員から各自の強み、弱み、今後必要なスキルについてきめ細かいアドバイスをしています。それを受けて、本人が3~5年後、10年後のキャリア設計を考える仕組みへとつなげています。

6. SCSK出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

内田ひとみ 株式会社HUGRES 代表取締役
IT企業㈱CSK(現SCSK㈱)入社後、結婚退職。約10年の子育て期間を経て、人材育成会社の研修講師としてキャリアを再スタート。資格取得後、㈱リクルート及び㈱パソナにてキャリアカウンセラーとして延べ10000人以上(女性、若年、ミドルシニアなど)の方々へのキャリア相談や転職サポート、職業紹介に従事。管理職として部下育成や後進指導などのマネージメント業務に携わるとともに自治体への企画提案営業、新規事業立上げ、人材育成プログラム開発、研修講師等の経験を積み、2015年2月HUGRES設立。

江口 真也 Futurewere株式会社代表取締役
SCSソリューションス (現 SCSK株式会社)、インターコムの IT 企業を経て、2011年株式会社ブクペCTO に就任。ウェブサイト、iPhone、 Android アプリの開発・運用に従事。Futurewere 株式会社を設立後、代表取締役として「みんなのデート」の開発・運営に従事し現在に至る。

7. SCSKの福利厚生は?

《福利厚生》

■育児・介護と仕事の両立支援制度
育児休業制度は、法律で定められている期間よりも長い通算3年間を限度として最大6回まで分割して取得することが可能です。ほかにも、マタニティ休暇、子の看護休暇、復職支援金など、さまざまなサポートがあります。また、介護支援制度についても、短時間勤務、介護休暇、相談窓口の設置など、手厚い制度を整えています。

■メニュー型福利厚生制度
オフタイムを充実させ、仕事への活力を高められるよう、宿泊施設、レジャー施設、スポーツクラブ、自己啓発などの分野をサポートする「メニュー型福利厚生制度」があります。社員は自分の興味や関心、必要に応じて、自由にプランを選択することができるため、非常に満足度の高いサポートを受けることが可能になっています。

■リラクゼーションルーム
リラクゼーションルームにはあんま指圧マッサージ資格保有者が常駐しており、社員の健康を増進するとともに、仕事の効率を上げることも目的としています。

■独身寮
独身寮は、入寮条件(自宅からの通勤が120分超)を満たせば男女とも入寮可能です。男子寮、女子寮があり、共同タイプ、ワンルームタイプなどを用意しています。

■そのほか諸制度
各種社会保険、退職金制度、企業年金基金、財形貯蓄、従業員持株会、慶弔見舞金、ボランティア休暇、ノー残業デー(毎週水曜)、通年カジュアルスタイル、働きやすい職場づくり委員会(e-workコミュニティ) など
※社員同士の親睦に対する補助制度もあります。

《同好会活動》
SCSKには、野球、サッカー、テニス、ゴルフ、水泳、駅伝、フラワーアレンジメント、サイクリング、管弦楽など、スポーツやカルチャーを楽しむことができるさまざまな同好会活動があり、心身のリフレッシュはもちろん、組織や世代を超えた社員同士の活発な交流の場となっています。

8. SCSKの中途採用は?

 
 

関連する投稿


【4兆円企業】三菱電機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【4兆円企業】三菱電機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の大手総合電機メーカー。総売上高では日立製作所、パナソニック、東芝に次ぐ業界4位。FA機器、昇降機、タービン発電機、鉄道車両用電機品、パワー半導体、人工衛星など多くの産業用電気機器で日本国内トップシェア。2016年度のグループ総売上高は4兆3943億円。


【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年に川崎製鉄と日本鋼管 (NKK) が統合して発足。粗鋼生産量で新日鐵住金に次いで国内2位、世界5位の規模。親会社はJFEホールディングスで、その傘下にJFEエンジニアリング、JFE商事などを置く。社名のJFEは日本(Japan)、鉄鋼(鉄Fe)、エンジニアリング(Engineering)の略。


【福利厚生に強み】本田技研工業(ホンダ)の管理部門の勤務経験者が語る「転職のススメ」

【福利厚生に強み】本田技研工業(ホンダ)の管理部門の勤務経験者が語る「転職のススメ」

「ホンダ」のブランドで知られ、グローバルに事業展開する自動車メーカー、株式会社本田技研工業。二輪車では世界No.1。「有給休暇取得率ランキング」(東洋経済新報社調べ)で5年連続第1位に輝いており、働きやすい環境といえそうだが、年功序列のため「若手にとっては厳しい会社」という声もある。


【キャリア採用あり】株式会社中国銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【キャリア採用あり】株式会社中国銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

岡山県内最大の地方銀行。貸出金残高は地銀中13位、預金残高は12位。外部格付けは邦銀中1位の「A1/P-1」、メインバンク社数は地銀中7位と安定経営で知られる。ファイナンシャルアドバイザー業務や投資銀行業務、国際業務、事業再生業務、内部統制監査業務などでキャリア採用を実施している。


【キャリア採用あり】株式会社伊予銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【キャリア採用あり】株式会社伊予銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

愛媛県松山市に本店を置く大手地方銀行。愛称は「いよぎん」。頭取は歴代生え抜きで、天下り役員は在籍しない。健全経営で知られ、預金・貸出金とも全国の銀行で唯一20年連続で増加。格付機関からの格付けは、全国に7行しかないトップのAA。事業所内に保育所を置いている。


最新の投稿


【4兆円企業】三菱電機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【4兆円企業】三菱電機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の大手総合電機メーカー。総売上高では日立製作所、パナソニック、東芝に次ぐ業界4位。FA機器、昇降機、タービン発電機、鉄道車両用電機品、パワー半導体、人工衛星など多くの産業用電気機器で日本国内トップシェア。2016年度のグループ総売上高は4兆3943億円。


破産した「てるみくらぶ」社員が残した悲鳴 「ありえないノルマ」「長時間のサービス残業」「無責任な上司」

破産した「てるみくらぶ」社員が残した悲鳴 「ありえないノルマ」「長時間のサービス残業」「無責任な上司」

格安旅行会社「てるみくらぶ」の自己破産が、社会に大きな衝撃を与えている。楽しみにしていた海外旅行が中止になったうえ、代金もかえってこないと呆然とする人が多数発生しているが、社内では以前から社員が過重労働に苦しんでおり、「とにかく人が定着しない」という状況もあったようだ。


株式会社ネオキャリアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ネオキャリアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業は2000年、2017年現在で国内外に68の拠点を構える企業。人材ビジネスをサービスの中心とし、人が未来を創造する際にテクノロジーの力でサポートをする。人事に関するデータをマネジメントする国内初のプラットフォーム「jinjer」を始め、メディア、ヘルスケア、海外の人材活用にも事業を広げている。


ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業130年を超え、60ヵ国に事業を展開している最大級のグローバルヘルスケア企業。一般消費者にとっては、絆創膏ブランドの「バンドエイド」やスキンケア製品がよく知られているが、医薬品や医療機器も製造・販売しており、最も売上比率が高いのは医薬品である。総売上の約12%を研究開発費にあてており、新商品の売行きが非常に好調だ。


ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険は、1979年に米国のプルデンシャル生命保険との合弁会社としてスタートしたが、現在では合弁は解消している。プロフェッショナルなセールスパーソンを「ライフプランナー」として採用し業績を上げてきた。「ライフプランナー」という言葉はソニー生命が持つ登録商標である。


wiget_w300 wiget_w300