【安全第一】西日本旅客鉄道(株)(JR西日本)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【安全第一】西日本旅客鉄道(株)(JR西日本)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称はJR西日本。国鉄から鉄道事業および船舶事業を引き継いで発足した旅客鉄道会社の一つ。本社は大阪府大阪市北区。北陸地方・近畿地方・中国地方の大部分、信越地方・三重県・福岡県の一部に路線網を持つ。


1. 西日本旅客鉄道株式会社どんな会社?

1-1. ひとことで言うと

中国・北陸地方を中心にローカル線を多数抱えているうえ、戦前の鉄道省、戦後の日本国有鉄道時代から人口の多い京阪神周辺地区では「私鉄王国」といわれるほどの近畿日本鉄道・阪急電鉄・阪神電気鉄道・山陽電気鉄道・南海電気鉄道・京阪電気鉄道などの並行する私鉄と、山陽新幹線は航空路線と、またほぼ全域でマイカーや高速バスなどの道路交通との激しい競争となっている。

総延長距離5,008.7キロ、2府16県におよぶ鉄道網が私たちのネットワークです。
安全性向上に向け、「安全考動計画2017」をJR西日本グループを挙げて推進しています。
また、お客様から安心・信頼していただける鉄道を築き上げるため、
CSマインドの醸成や快適で便利な設備の提供、接客レベルの向上などに努めています。

1-2. 創業者と沿革

1987年(昭和62年)4月1日:国鉄が分割民営化され、西日本旅客鉄道発足。初代会長に村井勉、社長に角田達郎が就任。

村井 勉
1918年福岡県小倉市生まれ。
東京商科大学(現一橋大学)へ入学後、住友銀行へ入行。
その後、東洋工業(現マツダ)代表取締役副社長に就任後、アサヒビール代表取締役社長を経て、JR西日本初代代表取締役会長へ就任。

1987年(昭和62年) 4月1日 西日本旅客鉄道株式会社発足
1988年(昭和63年) 3月13日 近畿地区8線区9区間で愛称名を使用開始
4月10日 本四備讃線(岡山~高松駅間の愛称「瀬戸大橋線」)全線開業
6月28日 第1回定時株主総会開催
10月4日 社旗、社歌「あしたへ向かって」制定
1989年(平成元年) 7月21日 「トワイライトエクスプレス」運転開始

1993年3月:山陽新幹線「のぞみ」登場
1996年10月:東京、大阪、名古屋証券取引所に株式上場
1999年3月:「700系のぞみ」登場
2000年3月:「ひかりレールスター」登場
2003年11月:「ICOCA]サービス開始
2011年3月:山陽・九州新幹線直通列車「さくら」「みずほ」がデビュー
2015年3月:北陸新幹線 長野~金沢間が開通

今後の予定
2017年(平成29年)
「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が運行開始。
可部線可部駅 - あき亀山駅間が開業。
三江線三次駅 - 江津駅間が廃止予定。

2018年(平成30年)
京阪神エリアの300駅に駅ナンバリング導入予定。

2019年(平成31年)
おおさか東線新大阪駅 - 放出駅間が開業。

1-3. 本社所在地とネットワーク

本社所在地

〒530-8341
大阪府大阪市北区芝田二丁目4番24号

支社
金沢支社(旧金沢鉄道管理局)
所在地:石川県金沢市広岡三丁目3-77(最寄駅:金沢駅)

岡山支社(旧岡山鉄道管理局)
所在地:岡山県岡山市北区駅前町二丁目1-7 (最寄駅:岡山駅)

広島支社(旧広島鉄道管理局)
所在地:広島県広島市東区二葉の里三丁目8-21 (最寄駅:広島駅)

新幹線管理本部(旧新幹線総局)
福岡支社
所在地:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 新幹線博多ビル6階(最寄駅:博多駅)

1-4. ビジョン・ミッション

「福知山線列車事故のような事故を二度と発生させない」という変わらぬ決意のもと、JR西日本グループは組織をあげて安全性向上に取り組んでいます。安全レベルを着実に向上させるための具体的計画として「安全考動計画2017」を策定し、具体的な数値目標を掲げて平成25年4月から取り組んでいます。この実現に向けて、「安全・安定輸送を実現するための弛まぬ努力」「リスクアセスメントのレベルアップ」「安全意識の向上と人命最優先の考動」「安全投資」の4つの柱に重点的に取り組んでいます。

2. 西日本旅客鉄道株式会社の業績・主力商品・見通し

2-1. 業績推移・見通し

▲営業収益(連結)
・2018年3月期:1兆5,004億円
・2017年3月期:1兆4,414億円
・2016年3月期:1兆4,513億円
・2015年3月期:1兆3,503億円
・2014年3月期:1兆3,310億円

▲営業利益(連結)
・2018年3月期:1,913億円
・2017年3月期:1,763億円
・2016年3月期:1,815億円
・2015年3月期:1,397億円
・2014年3月期:1,345億円

▲当期純利益(連結)
・2018年3月期:1,104億円
・2017年3月期:912億円
・2016年3月期:858億円
・2015年3月期:667億円
・2014年3月期:656億円

西日本旅客鉄道過去10年の売上高・営業利益の推移(スマートホンではタップ、PCではマウスオーバーで詳細が表示されます)

2-2. 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高(2018年3月期)
・運輸業:9,667億9,200万円
・流通業:2,490億8,400万円
・不動産業:1,578億2,200万円
・その他:4,371億3,600万円

2017年度 連結営業収益 1兆5,004億円の内訳
運輸業63.4%/流通業16.0%/不動産業9.3%/その他11.3%

運輸収入 8,678億円の内訳
新幹線51.6%/近畿圏35.6%/その他12.8%

JR西日本グループは様々な事業を行っていますが、連結営業収益では運輸業が約63%と、大きな割合を占めています。

さらに、運輸業の中心となる鉄道事業の運輸収入のうち、新幹線が全体の約51%を占めています。当社としては、この新幹線をはじめとして運輸業をさらにブラッシュアップしていくとともに、運輸業以外にもより一層力を入れていくことが重要であると考えています。

2-3. 主力商品

起点を大阪とし終点を博多にする山陽新幹線。路線距離は553.7キロに及ぶ。駅数は19個。

【運輸業】
◼︎鉄道事業
◼︎バス事業
◼︎船舶事業

【不動産業】
◼︎ショッピングセンター運営業
◼︎不動産賃貸・販売業

【流通業】
◼︎物販・飲食業
◼︎百貨店業
◼︎卸売業等

【その他】
◼︎ホテル業
◼︎旅行業
◼︎工事業
◼︎その他

3. 西日本旅客鉄道株式会社の経営者ってどんな人?

3-1. 社長のプロフィール

来島 達夫(きじま たつお)
(昭和29年9月22日生)
昭和53年4月 日本国有鉄道入社
昭和61年2月 同新幹線総局総務部人事課長
昭和62年4月 当社人事部勤労課副長
平成14年6月 当社広報室長
平成18年6月 当社執行役員人事部長
平成21年6月 当社常務執行役員総合企画本部長
平成21年10月 当社常務執行役員総合企画本部長、東京本部長
平成22年6月 当社取締役兼常務執行役員総合企画本部長、東京本部長
平成24年11月 当社代表取締役副社長兼執行役員福知山線列車事故ご被害者対応本部長
平成28年6月 当社代表取締役社長兼執行役員(現在)

出典:
https://www.westjr.co.jp/company/ir/pdf/20160518_1.pdf

3-2. 発言・エピソード

鉄道を基幹事業とする私たちは、地域と離れて存在することはできません。地域との共生は私たちの未来を切り拓く重要なテーマです。地域の皆様と密接に関わりながら、豊かな暮らしの創造や地域の活性化に力を尽くしていきます。また、地域ニーズに合致した最適な交通体系の構築に向けて、地域の皆様と誠実に対話し、地域の声に耳を傾け、共に考えていくことが必要だと考えています。
ダイバーシティや働き方改革、健康経営についても、取り組みをさらに進めていきます。社員一人ひとりが、限られた時間内で仕事での成果を出すとともに、生み出した時間で家族や友人と過ごしたり、地域人材として活躍したりすることが新たな仕事の成果につながるなど、仕事と私生活の双方の価値が高まる形で、ワーク・ライフ・バランスを高め、より充実した素晴らしい人生を送ってもらいたいと願っています。
西日本地域の皆様のお役に立ち、地域の皆様から頼りにしていただける存在となれるよう、グループをあげて、事業活動全般の基盤となるコーポレート・ガバナンスの強化を図りながら、経営環境の変化や社会課題に立ち向かっていきます。

来島氏は人事部門が長く、尼崎JR脱線事故の被害者対応本部長を2012年11月から務める。「今後も、お一人お一人がどのような状況にあるのか理解した上で対応に当たらなければならない」と遺族、被害者へのきめ細かい対応を続ける姿勢を強調した。同本部長は、常務執行役員に昇格する倉坂昇治執行役員に代わる。

 鉄道事業では、北陸新幹線の延伸ルートを巡る政府、与党や自治体との調整も懸案。人口減が懸念される中、不動産や流通など鉄道以外の事業拡大に力を入れる考えも示した。

4. 西日本旅客鉄道株式会社ではどんな社員が働いているの?

4-1. 従業員数

【連結】
・運輸業:26,229人(臨時従業員:3,239人)
・流通業:2,795人(臨時従業員:3,415人)
・不動産業:1,389人(臨時従業員:398人)
・その他:17,456人(臨時従業員:4,912人)
合計:47,869人(臨時従業員:11,964人)

【単体】
・運輸業:25,082人(臨時従業員:3,086人)
・流通業:1人(臨時従業員:1人)
・不動産業:136人(臨時従業員:13人)
・その他:72人(臨時従業員:10人)
合計:25,291人(臨時従業員:3,110人)

(2018年3月31日現在)

4-2. 平均年齢

単体 40.9歳(2018年3月31日現在)

4-3. 平均勤続年数

単体 15.9年(18.1年)(2018年3月31日現在)

平均勤続年数欄の括弧書は、国鉄における勤続年数を通算した平均勤続年数であります。

4-4. 平均年間給与

単体 675万8,258円(2018年3月31日現在)

4-5. 社員インタビュー、コメント

細井 健治
本社 運輸部 運輸計画課 担当課長
1994年入社
鉄道会社にとっての最大の商品は鉄道です。その商品をつくるのが輸送改善業務であり、とてもやりがいを感じました。ただし、鉄道事業は営利を追求すればよいというものではありません。一般の民間企業であれば、収益を拡大できる分野に経営資源を集中しますが、鉄道事業はそうはいきません。たとえ、ご利用者数の少ない線区であろうとも、地域の方々には生活の足として欠かせない存在なのです。つまり、会社にも地域の方々にも最善の意思決定とは何であるのかを意識しつつ、地域とのつながりと鉄道事業の未来を描いていくのが私たちの仕事でした。

向原 好洋
福知山支社 総務企画課
2013年入社
列車の運行ダイヤを改正したり、駅構内の施設を改良したりというのは、鉄道会社特有の仕事です。ですがその背景には、地域からのニーズがあります。地域のニーズに応える仕事ができるのも、鉄道会社ならではだと感じています。

田上 加奈子
本社 人事部 ダイバーシティ推進
2010年入社
入社5年目、間接部門に異動して2年目に広報担当となり、初めて一人で任された案件が「茨木駅のリニューアル工事着工」の件名でした。ただ、駅のリニューアルというトピックスは他の鉄道会社も同じようにやっており、マスコミにとっては珍しくない内容です。普通にプレスリリースを行ってもインパクトは弱いので、上司のアドバイスなどを参考にしながら、プレス内容の伝え方をはじめ、アプローチの仕方を工夫することを意識しました。

戎 彩子
本社 営業本部(商品企画)
2005年入社
現在は、本社営業本部で「トクトクきっぷ」の企画・販売促進を担当しています。地元の観光関係者や当社の数多くの部署と連携しながら、「地域の魅力を満喫してもらいたい」という思いを、きっぷの内容や料金といった具体的な形へと高めていく仕事です。思いがけない異動で出会った新たな仕事ですが、地域と当社が同じ想いをもって連携して取り組む日々に、やりがいを感じるようになりました。入社当時は予想もしなかったようなキャリアを歩むことができ、自分のなかに潜む可能性にチャレンジできることが、この会社の魅力の一つだと私は思います。

5. 西日本旅客鉄道株式会社の人材採用・育成方法

5-1. 採用に関する方針・施策

一人ひとりが主役
当社グループの大きな強みは、鉄道を基軸として施策を展開する力、地域の皆様と連携する力、そして「目標達成に向けて一人ひとりが考動する力、組織として結集する力」であると考えています。こうした認識のもと、中期経営計画を、「一人ひとりの考動で実現していく中計」と位置づけ、お客様起点、現場起点の発想に立ち、一人ひとりが納得感をもって目標に向かって考動し、その力を組織として結集する取り組みを進めてきました。当社グループの幅広い領域で活躍する社員一人ひとりが、安全を支える主役であり、成長に向かう原動力です。また、そういった先輩社員の魅力に惹かれ入社している社員も多くいます。当社グループの事業は社員一人ひとりがいきいきと働くことで成り立っており、今後も「一人ひとりの考動」を通じて目標実現に向けた取り組みに参画し、それが成果に繋がる好循環を生み出していくとともに、成長を支える原動力である人材を財産として大切に育てていきたいと考えています。

「次の一歩」を共に
当社は、2017年4月1日に会社発足30年を迎えました。この間、JR西日本グループの基幹事業である鉄道サービスをご利用いただくお客様は、1日約400万人から約500万人へ、また「OSAKA STATION CITY」をはじめ生活サービス事業においても多くのお客様にご利用いただいています。これは、当社グループの提供するサービスがお客様や社会から必要とされていることの証であり、私たちJR西日本グループで働く者の大きな「喜び」であり、「誇り」です。近年では、優れた技術・ノウハウを持つベンチャー企業との連携を通じてイノベーションの創造と地域活性化を図る新会社の設立、JR西日本エリア外での不動産事業の拡大のための資本提携、ブラジルの鉄道事業への参画など、次代の事業展開を見据えた布石を着実に打ちつつあります。これらは、「西日本エリア」、「鉄道」といった従来の枠組みを越えて決断し、新たに踏み出した一歩であり、JR西日本グループには、「西日本エリア」「鉄道」にとどまらない限りない可能性が開けています。
今年は、2018年度から5年間の新たな安全計画と中期経営計画がスタートする年です。改めて「お客様のかけがえのない尊いお命をお預かりしている」という責任を自覚し、「安全の確保こそ最大の使命である」との決意を新たにして、「次なる30年の礎」を築く「次の一歩」を踏み出していきます。そして、これからも、お客様の暮らしを支え、地域の活性化に貢献する事業活動を通じて、お客様、地域や株主の皆様、共に働く仲間に対して価値を提供し続けていけるよう、取り組んでいきます。私たちと共に持てる力を存分に発揮し、当社グループと地域の未来を切り拓いていきたいという志をお持ちの方の挑戦を、心からお待ちしています。

求める人材像

「主導性」「しなやかさ」「挑戦」
お客様の安全・安心を守り、西日本の地域活性化に貢献する責任感と使命感を有するとともに、主体的にチームのかじ取りの一翼を担って「考動(自ら考え、行動すること)」ができる「主導性」と、環境の変化を受け入れながら物事を進められる「しなやかさ」を備え、失敗を恐れず果敢に「挑戦」できる。そのような人を求めています。

次なる30年に向けて、ともに未来を切り拓いていきましょう。

これから当社に入社される皆さんには、どうなっているのか全く予測できない30年後に、JR西日本グループの経営の中核を担っていただくことになります。当社は近年、優れた技術・ノウハウを持つベンチャー企業との連携を通じてイノベーションの創造と地域活性化を図る新会社の設立、JR西日本エリア外での不動産事業の拡大のための資本提携、海外事業への参画など、次代の事業展開を見据えた布石を着実に打ちつつあります。これらは、「西日本エリア」、「鉄道」といった従来の枠組みを超えて決断し、新たに踏み出した一歩であり、JR西日本グループには、「西日本エリア」、「鉄道」にとどまらない限りない可能性が開けています。
「自分たちがこれからの30年を背負って立つ」そんな気概を持って入社される頼もしい皆さんとともに、次の30年に向かって、新しい価値創造に挑戦し、一緒に未来を切り開いていけることを楽しみにしています。

◎高卒以上
◎経験年数不問
また経験豊富な方は即戦力として歓迎します。

5-2. 育成に関する方針・施策

【期待される役割】

総合職採用について
将来的に経営の一翼を担うことを期待
JR西日本の幅広いビジネスフィールドの中での活躍を期待しています。入社後は、鉄道運行の現場を経験していただき、その後に本社や支社の企画部門や現場のマネジメント部門での経験を積み重ねながら、将来的に経営の一翼を担い活躍することを期待しています。

プロフェッショナル採用について
鉄道のプロフェッショナルとして活躍することを期待
鉄道のプロフェッショナルとして活躍することを期待しています。地域に密着して、鉄道運行の最前線を支える業務に従事していただきます。また、将来的には、その経験と意欲、能力に応じて、本社や支社の企画部門や現場のマネジメント部門など、さまざまな分野での活躍も期待しています。

入社後は訓練用電気設備を使った現場実習など
実務に役立つ内容の研修を用意していますので、経験の浅い方も安心。
また電気技術の研究や現場での課題を共有し
解決に向けた取り組みの発表会なども実施しています。
現場での実地研修によるスキルアップだけではなく、
理論的な知識も体系立てて身につく環境です。

5-3. 評価・報酬に関する方針・施策

【総合職採用 初任給】
(2017年度 京阪神地区実績)
225,478円(大学院卒)
205,986円(大学卒)
185,284円(高等専門学校卒)
【昇給】年1回(4月)
【賞与】年2回(6月、12月)

【プロフェッショナル採用 初任給】
(2017年度 京阪神地区実績)
190,652円(大学院卒)
183,612円(大学卒、専門学校卒[高度専門士])
172,282円(専門学校卒[専門士]、高等専門学校卒、短期大学卒)
【昇給】年1回(4月)
【賞与】年2回(6月、12月)

正社員登用の途あり、拓けるキャリア
専門社員(契約社員)としての採用後1年を目途に、
本人の希望と適性、勤務実績などを考慮し、正社員登用制度があります。
日々の業務に真摯に取り組むことで専門性が身に付き
正社員登用の途もあるため、目標や夢を持って取り組めるのもこの仕事の特徴。
ぜひこの機会を活かし、技術職社員として活躍してください。

※新卒採用者の支給実績に加え、これまでのご経験等をふまえた金額を加算します(当社規程に基づき決定します)
※基本給以外の諸手当として扶養・職務・時間外・通勤手当等を支給します

6. 西日本旅客鉄道株式会社出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

三日月 大造(みかづき たいぞう)
1971年(昭和46年)5月24日 生まれ、日本の政治家。滋賀県知事(公選第18代)。
平成6年3月 一橋大学経済学部卒業(石弘光ゼミナール・硬式テニス部)
平成6年4月 西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)入社
平成14年4月 (財)松下政経塾 入塾(第23期生)
平成15年11月 衆議院議員初当選(以降4期連続当選)
平成21年9月 国土交通大臣政務官に就任
平成22年6月 国土交通副大臣に就任
平成26年7月 滋賀県知事
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%97%A5%E6%9C%88%E5%A4%A7%E9%80%A0

私が新入社員だった頃、山口県岩国駅で駅員として赴任いたしました。20代が職場に私一人だけ。話題提供などに苦労いたしましたが、先輩方に生き方、働き方、人との接し方を教えていただいたことを思い出します。どうか仕事を一人で抱え込まず、健康に気をつけて頑張っていただきたいと思います。

7. 西日本旅客鉄道株式会社の福利厚生は?

社員や家族が、健康で豊かなゆとりある生活が送れるよう、さまざまな厚生施設や制度を用意しています。また、短日数勤務制度等の仕事と家庭の両立を支援する「制度」と、制度を利用しやすい職場の「雰囲気づくり」の両面からワークライフバランスの向上に取り組んでいます。

■住居(寮・社宅など)
独身寮や社宅の提供や、賃貸住宅の家賃補助制度など、生活の土台となる住居について不安なく生活していただくための制度を整えています。
■健康管理
社員の健康増進のために、人間ドック受診料の補助等の各種制度を用意しています。
■財産形成
結婚や住宅取得などのライフプランにあわせて、財産形成をバックアップする制度があります。給与やボーナスから貯蓄ができる「銀行提携預金」や「財形貯蓄制度」のほか、社員の住宅取得を促進するための融資制度も用意しています。
■共済会
相互扶助の精神に基づいて、結婚祝いや保育所利用補助、また万一の場合の弔慰金、傷病見舞金などの各種給付を行うほか、フィットネスクラブなどを割引料金で利用できる制度があります。
■制度
厚生年金保険、健康保険、雇用保険、労災保険、財形貯蓄制度、持家融資制度、住宅取得に対する利子補給制度、社員持株制度などがあります。

8. 西日本旅客鉄道株式会社の新卒採用、中途採用の求人は?

JR西日本新卒採用サイト

https://www.westjr.co.jp/company/recruit/fresh/

JR西日本の2019年新卒採用に関するご案内です。募集要項やJR西日本の業務内容を案内しています。

9. 西日本旅客鉄道のキャリコネ、Vorkers、転職会議、カイシャの評判の総合評価や他口コミ項目を見る

10. 西日本旅客鉄道の、業界平均と比較したホワイト・ブラック企業度は?

 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


パナソニック ライティングシステムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

パナソニック ライティングシステムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

照明器具の開発設計、製造を行う会社。主にLED照明を扱う。最先端技術を駆使した省エネで寿命の長い「EVERLEDS」シリーズをはじめ高品質の明かりを開発し住宅・店舗・施設や屋外に提供している。また、「東京スカイツリー」や「山種美術館」など施設にも採用された。施設や環境に応じたオリジナル照明も提供している。

非上場 大阪府 電機・電子 パナソニックグループ


【最新版】大阪労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

【最新版】大阪労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

厚生労働省が2018年12月28日に公表した「労働基準関係法令違反に係る公表事案」(2017年12月1日~2018年11月30日公表分。いわゆる「ブラック企業」リスト)のうち、大阪労働局管轄の一覧(最終更新日:2018年11月30日)です。

ブラック企業 大阪府


【軸受のパイオニア】日本精工(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【軸受のパイオニア】日本精工(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1916年に日本で初めて軸受(ベアリング)の開発・製造を成功させた会社。売り上げの6割を占める軸受けのほか、自動車の電動パワーステアリング、工作機械のボールねじなどを手がける。ボールねじは世界首位、電動パワステは2位、軸受けは3位。[NSK]

鉄鋼・非鉄金属 東京都品川区 東証一部 JPX日経400


住商グローバル・ロジスティクス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

住商グローバル・ロジスティクス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

住友商事グループ企業内外荷主企業への物流機能を担う商社系物流企業。国内のみならず海外にも多く事業拠点を持ち、ワールドワイドに多彩な物流サービスを展開。取扱い品目は、金属原料や機械、衣料品や農水産品・食品など多岐に渡る。輸出入に伴う手続きや、液体輸送容器のレンタル事業など多彩なソリューションサービスも行う。

東京都千代田区 陸運・倉庫 非上場 住友商事グループ


【P&G】プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【P&G】プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

米国に本拠地を置く世界最大の一般消費財メーカーの日本法人。本社は神戸。P&Gの名称で親しまれ、日常生活に欠かせない製品を生産・販売している。代表的なブランドに、アリエール(洗濯用洗剤)、ファブリーズ(エアケア製品)、パンパース(紙おむつ)、パンテーン(シャンプー)、ブラウン(電機シェーバー)、SK-Ⅱ(化粧品)など。

兵庫県 化粧品・生活用品 外資 doda_転職人気企業ランキング2018 キャリタス就活2019_総合ランキング200位以内


最新の投稿


三井物産フォーサイト株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三井物産フォーサイト株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三井物産100%出資のグループ会社で、オフィスビル、マンション、商業複合施設や病院や工場などの運営管理を行う総合施設管理会社。2015年に同じグループ会社である物産プロパティマネジメントと合併し、現社名に改称。多岐に渡る建物のファシリティマネジメントが主な事業になるが、他にも大規模太陽光発電所の運転保守事業なども行う。

東京都品川区 不動産 非上場 三井物産グループ



豊通保険パートナーズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊通保険パートナーズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

損害保険・生命保険を軸に、トヨタグループの企業及び個人向けに損害保険代理業を営む会社。従業員福利厚生プログラムの設計・運営や、リスクマネジメントプログラムの提供などを行っている。2018年には来店型保険ショップ「ほけん相談ステーション」を愛知県内で2拠点で運営を開始している。

愛知県 保険 非上場 豊田通商グループ


豊通ケミプラス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊通ケミプラス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ケミカル、プラスチックを中心に化学品分野の製品を取り扱う専門商社である。取扱い商品数は約5万点にのぼり、自動車資材や先端材料、食品包材、家電、パーソナル&ヘルスケアなど幅広いフィールドで研究開発から調達、生産・加工、流通、販売を行っている。豊田通商グループの企業で、総合力を発揮したソリューション提案を強みとしている。

東京都港区 商社 非上場 豊田通商グループ


トヨタ車体株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

トヨタ車体株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

トヨタ車の企画開発、および生産を行う会社。主にアルファード・ヴェルファイア等のミニバンをはじめ、商用車やSUVの製造を手がけている。他にも高齢者や身体が不自由な人向け用の福祉車両、冷凍・保冷車等の特装車なども手掛けている。海外では、アジアや北米にプレス・板金・樹脂部品の事業を展開するなど海外事業の拡大に取り組んでいる。

愛知県 非上場 自動車関連 トヨタグループ


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300