【世界シェア2位】(株)ダイセルに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【世界シェア2位】(株)ダイセルに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1919年、セルロイド製造企業8社の合同により大日本セルロイド株式會社として設立したのが始まり。セルロイドを応用した化学品製造をはじめ、セルロース化学、有機合成化学、高分子化学、火薬工学分野などの事業を行っている。タバコ用フィルターでは日本唯一の製造メーカーであり、世界シェアも第2位。


1. ダイセルってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

大阪市北区大深町と東京都港区港南に本社を置く日本の大手化学品メーカーである。

1-2 創業者と沿革

岩井勝次郎
岩井商店は明治末からセルロイド(プラスチックの一種)の輸入を始め、東京市場では岩井の取扱高が大半を占めていた。そしてセルロイドの国産化を計画し、明治41(1908)年に鈴木商店、三菱とともに兵庫県の網干に日本セルロイド人造絹糸を設立し、岩井勝次郎が取締役に就任する。

岩井勝次郎が設立に関与した網干・尼崎のセルロイド工場は、大正8(1919)年に大日本セルロイドに合流し、現在のダイセルに至っている。

1908年(明治41年)に三井家出資の堺セルロイド株式会社、三菱(岩崎家)・岩井商店・鈴木商店出資の日本セルロイド人造絹糸株式会社が設立されたのが、国産セルロイド会社設立のスタートで、これが、堺工場・網干工場の前身です。

1919年9月
堺セルロイド48%、日本セルロイド人造絹糸21%、大阪繊維工業16%、東京セルロイド7%、その他4社(三国セルロイド・能登屋セルロイド・東洋セルロイド・十河セルロイド)8%の比率で、大日本セルロイド株式会社 創立

1927年7月 三国セルロイド株式会社(後の三国プラスチックス株式会社)を設立、セルロイドの加工開始
1928年5月 東京工場内に写真フィルム生地試験工場(フィルム試験所)を設置
1929年9月 アセテートプラスチックを開発
1934年1月 写真フィルム事業を分離し、富士写真フイルム株式会社(現富士フイルム株式会社)を設立
1935年9月 新潟県に新井工場を新設、アセチレン系有機合成事業を開始
1938年6月 酢酸セルロースの製造を開始
1953年7月 写真フィルム用酢酸セルロース(TAC)の製造を開始
      発射薬の製造を開始

沿革|会社情報|株式会社ダイセル

http://www.daicel.com/profile/history.html

株式会社ダイセルは、人や環境にやさしく安全な「モノづくり」にこだわり続け、革新的な材料の提供を通じて広く社会の成長・発展に貢献していきます。

1-3 本社所在地とネットワーク

大阪本社 
大阪市北区大深町3-1(グランフロント大阪タワーB)

出典:
http://www.daicel.com/profile/company.html

東京本社
東京都港区港南2-18-1(JR品川イーストビル)

出典:
http://www.daicel.com/profile/company.html

海外事業拠点|会社情報|株式会社ダイセル

https://www.daicel.com/profile/foreign.html

ダイセルグループの海外事業拠点をご紹介します。

1-4 ビジョン・ミッション

私たちダイセルグループは、『化学の無限の可能性』を信じ、 独自の技術・ノウハウを駆使して
『社会が求める機能』を具現化し、 暮らしと社会の豊かさ向上に貢献する企業グループであり続けます。

The Daicel Spirit
私たちは、ダイセルスピリッツを共有化し、革新によって成長していきます。
■私たちは、あるべき姿を描き、誠実に、地道な努力を積み重ねることが革新の原点であると考えます。
■私たちは「モノづくり」にこだわります。
私たちの「モノづくり」とは、「新たに意義のある価値を創造すること」です。
■私たちはひとりひとりの存在感と達成感を大切にします。

[Grand Vision 2020]
私たちダイセルグループは、世界に誇れる 『ベストソリューション』 実現企業を目指します。

世界に誇れる「モノづくりの仕組み」を構築し、社会やお客様のニーズをしっかりととらえ、最良のソリューションを創造し、グローバルに提供する『ベストソリューション』実現企業になることを目指します。

2. ダイセルの業績・主力商品・見通し

2-1 業績推移・見通し

▲売上高(連結)
 2018年3月期 4629億5600万円
 2017年3月期 4400億6100万円
 2016年3月期 4498億7800万円

▲営業利益(連結)
 2018年3月期 589億3200万円
 2017年3月期 643億600万円
 2016年3月期 643億4900万円

▲親会社に帰属する当期純利益(連結)
 2018年3月期 371億円
 2017年3月期 432億円

ダイセル過去10年の売上高・営業利益の推移(スマートホンではタップ、PCではマウスオーバーで詳細が表示されます)

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高(連結、2018年3月期)
 セルロース 891憶円
 有機合成  820憶円
 合成樹脂  1683憶円
 火工品   1172憶円
 その他   64億円

▲地域別売上高(連結、2018年3月31日)
 日本  2168億4400万円
 アジア 中国  709億200万円
     その他 866億2600万円
 その他 885億4200万円

2-3 主力事業

[合成樹脂]
エンジニアリングプラスチック、光学特性に優れた環状オレフィン・コポリマー、ポリマーアロイなどの高機能製品からポリスチレン系シートや容器包装製品、機能性フィルムなどの多様なプラスチック加工製品で、幅広い産業分野にユニークな製品を展開しています。

出典:
http://www.daicel.com/business/plastics/

[火工品]
有機合成、高分子化学、プラスチック成形、組立加工などの固有技術を結集し、長年培ってきた火工品(パイロテクニックデバイス)技術で、さまざまな分野で安全・安心を実現する製品を展開しています。

[セルロース]
ダイセルの出発点は、セルロース誘導体の一つである硝酸セルロースを原料としたセルロイドの製造でした。その技術をベースとして、セルロイドの不燃化をめざして酢酸セルロースを事業化、その後、たばこフィルター用アセテート・トウやセルロース系水溶性高分子などさまざまセルロース誘導体の生産へと拡大し、くらしの中のさまざまなところで役立っています。

3. ダイセルの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長 社長執行役員
役員人事・報酬委員会委員、経営諮問委員会委員長
札場 操 昭和31年2月23日生
昭和54年4月 当社入社
平成16年10月 当社総合企画室主席部員
平成18年6月 当社執行役員 当社事業支援センター副センター長
平成20年6月 当社原料センター長
平成22年6月 当社代表取締役社長(現) 当社社長執行役員(現)

出典:
https://www.daicel.com/ir/pdf/yuho/yuho151.pdf


3-2 発言、ブログ、エピソード

昨年、大阪本社をグランフロント大阪ビルへ移転した。執務室はフリーアドレスとし、部署の壁を越えた交流を促している。2017年には総合研究所に新棟を建設し、研究開発と生産技術の融合を進める計画。仕事を成功させるには他部署、他社などとしっかり連携し、境目をフォローすることが大切。「見える化、言える化、聞ける化」で社内外の交流を促し、より良いダイセルを創りたい。

―2017−19年度の次期中計で重点を置く点は。

「新しいソリューションの幅を広げる。メディカル領域では、医薬成分を体内に効率的に届けるドラッグデリバリーの部分で提供できる商品を開発する。インフレーターの火薬技術を用いた無針注射器もその一つだ。ヘルスケア領域では疾患の発現を遅らせる商品のラインアップを有機合成事業とも連携しながら広げていきたい」

4. ダイセルではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 12,309人(臨時従業員数 1,189人)
 セルロース事業 345人(同 13人)
 有機合成事業  999人(同 168人)
 合成樹脂事業  2,616人(同 211人)
 火工品事業   6,512人(同 401人)
 その他     381人(同 124人)
 全社(共通)  1,456人(同 272人)
単体 2,354人
2018年3月31日現在

4-2 平均年齢

単体 41.2歳(2018年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体 16.2年(2018年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体 769万9,184円(2018年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

福田瞳
2014年入社
有機合成カンパニー 研究開発センター
ダイセルは、教育熱心な会社で研修が充実。私も主力の大竹工場で現場の人たちを手伝いながら、1年間モノづくりを学びました。この経験があるおかげで、現場の声を実感を伴った理解に結び付けることができるので、研究を行う上ですごくプラスになっています。

中山 一
2011年入社
特機・MSDカンパニー MSD事業部調達企画部 調達グループ
原料調達

職場の雰囲気は、ひと言で言うと良い意味で"ラフ"だ。化学品メーカーに抱いていた「堅くておとなしい人が多い」というイメージに反し、予想以上に個性派の集まりだという点も魅力の一つかもしれない

村上 沙紀
2008年入社
エンジニアリングセンター 電気計装グループ
発電設備の建設

私は会社選びのポイントにまず考えたのが、仕事をするなら業務の一部分だけではなく、全体を理解しながら幅広く働きたいということでした。例えば、メンテナンスだけでなく恒久対応もするし、その経験を生かして投資業務や現場を知った上で制御ソフトの設計をするなど。そう考えたときに、電気メーカーより異業種のメーカーを選んだほうが同じ電気系の業務でも幅広く活躍できるチャンスが多いと思ったのです。そこで当社のHPと出会いました。

陳晟悦 CHIN SEIETSU
2011年入社
セルロースカンパニー フィルターマーケティング部
私の担当は、英国に本社のある世界的なたばこ会社と、東南アジアにあるたばこ会社やフィルターメーカー約10社。英国のたばこ会社とは、欧州・アフリカにある現地工場とのやり取りも。グローバルな広がりを持った仕事は、まさに私がやりたかった仕事です。

5. ダイセルの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

[キャリア採用]
採用においては、とにかく前向きな転職意欲のある方を求めています。ダイセルには、新しい道を切り拓こうとしているあなたにとって、力を発揮する場、さらなる成長を遂げる環境がきっとあります。あなたがこれまでの人生で培ってきたスキル、アイデアをダイセルでぜひ活かしてください。前職において、何かしらの理由により退職という判断をされていると思いますが、それを後ろ向きにとらえず、皆さんがお持ちの知見をダイセルの中で活かしていきたいと思います。そのためにも、お互いの考えや価値観をよく理解した上で、ダイセルと末永くお付き合いしたいと思われる方を歓迎いたします。

[新卒採用]
海外売上高比率が50%を超えるダイセルにおいて求められる人材は、
未知の世界に対して、積極的に飛び込んでいく前向きな姿勢と行動力を持った人。
自分とは異なる価値観を受け入れられる寛容性をもった人。
また、自分の専門性を活かすことのできる英語力と、異文化にも対応できるコミュニケーション能力を持った人。

[留学生採用]
私たちダイセルグループでは、長期計画ビジョン(Grand Vision 2020)を掲げ、世界に誇れる「モノづくりの仕組み」を構築し、社会やお客様のニーズをしっかりととらえ、最良のソリューションを創造し、グローバルに提供する『ベストソリューション』実現企業になることを目指しています。今後、ますますグローバル競争時代が進展していく中、このビジョン実現のため、グローバルで活躍できる人材の採用を積極的に進めています。高い専門能力とチャレンジ精神があり、グローバルで活躍しようと思われている意欲的な留学生の方の応募をお待ちしています。

5-2 育成に関する方針・施策

[人材育成制度]
ダイセルの人材育成制度のベースとなっているのは「能力は仕事を通してのみ身につけることができる」という考え方です。それを補完する研修制度も充実していますし、1998年に研修センター、教育訓練センターを開設して人材育成をさらに徹底する意気込みです。

■MBO
■モノづくり研修
■海外語学研修など
■新入社員の導入研修

[技術者人材育成制度]
プロフェッショナル集団として技術系人材の果たすべき役割は特に大きく、個々人の成長が必須です。個々の成長をサポートするため、当社では技術者を対象に技術者育成の仕組みを構築しています。

■モノづくり研修 対象:入社1年目
■技術者専門教育 対象:入社2年目~ 主事になるまでに以下の技術を身につけます。
 1.共通基礎技術
  モノづくり研修などで実施中の最低限必要な基礎技術項目(全分野、職種共通)
 2.共通応用技術
  共通基礎技術項目の中で、分野や職種別に育成強化が必要な項目(目標レベルを共通基礎より上積み)
 3.固有専門技術
  研究・開発系、生産技術系、製品製造技術系等における当社固有の技術項目
 4.公的資格
  化学会社の社員の常識として、必要な資格(危険物他)と部門固有で必要な資格
 5.技術以外知識
  全分野、職種共通で必要な技術以外の基礎知識(財務・法務・企業倫理・語学など)

[当社の技術者像]
以下のスキルについて、最低限必要なレベル以上をバランスよく身につけ、なおかつ要求される分野において高度な専門技術を持つ技術者の育成をめざしています。 リーダー職として高い専門性をもって、シニアプレイヤーあるいはマネージャーとして担当分野をリードします。
1.知識
 必要最低限の幅広い知識を保有している。
2.行動
 課題解決に求められる行動様式(コスト・安全・納期意識や問題解決手法など)を身につけている。
3.経験
 固有専門技術については、高いレベルの得意分野があり、成果に結びつけた経験がある。
4.推進パワー
 技術スキルを具体的な業績に結びつける力(構想力、達成力、対人力など)を保有している。

[自己啓発支援制度]
・業務に必要な資格取得費用の全額補填
・各種通信教育の提供および受講費用の一部支援
・英会話プログラムの実施および受講費用の一部支援 など

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

MBOとは、目標によるマネジメント(MBO:Management By Objectives thorough Self Control)のことで、社員の能力開発と会社の業績向上のために導入されました。現在では、評価制度や進級制度とも連動しており、個人の目標の達成度合いが、賃金や一時金に反映されるしくみになっています。このしくみによって、社員一人一人が目標を達成したときには大きな達成感を得ることができ、活き活きとした会社生活を送っています。

給料
モデル賃金 ※22歳学部卒入社者
【25歳】270,000円
【30歳】340,000円(既婚・子供1人)
【35歳】400,000円(既婚・子供2人)

諸手当 住宅手当・通勤補助・配偶者手当・扶養手当他

昇給 年1回(4月)

賞与 年2回(7月・12月)

[社内検定制度]
卓越技能職制度
…より多くの技能や特殊な技能を保有している社員、技能を用いた課題解決の経験が豊富な社員を認定し、「卓越技能職」の称号付与および手当の支給を行う制度。

[基本給]〈2016年度実績〉
博士了   月給 274,300円 (21.5時間分の超過勤務手当46,700円を含む)
修士了   月給 240,000円 (21.5時間分の超過勤務手当40,800円を含む)
学部卒   月給 220,000円 (21.5時間分の超過勤務手当37,400円を含む)
高専卒   月給 190,000円 (21.5時間分の超過勤務手当32,300円を含む)
※21.5時間を超えた時間外労働については追加支給とする。

6. ダイセル出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報はありません

7. ダイセルの福利厚生は?

【制度】
融資、社員持株会、財形貯蓄、退職金、友愛会(共済会)、社宅・寮あり
【その他】
スポーツクラブ法人会員 他

【休日】
完全週休2日制(土・日曜日)、祝日、年末年始、GW、年間休日122日
【休暇】
年次有給休暇、特別休暇(誕生日、慶弔 他)
※少子高齢化が進展する中、社員がより安心感を持って働ける環境を整えるための制度を設けています。
・育児休業
・介護休業
・私傷病特別休暇
・看護休暇
・短時間勤務制度
・年次有給休暇の取得促進

通勤手当)全額支給
賃金備考)住宅手当、配偶者手当、扶養者手当、
退職金)有
社会保険)健康、厚生年金、雇用、労災

8. ダイセルの新卒採用、中途採用の求人は?

採用情報 | 株式会社ダイセル

https://www.daicel.com/recruit_top/

ダイセルの「モノづくり」にこだわり続ける事業をご紹介します。

9. ダイセルのキャリコネ、Vorkers、転職会議、カイシャの評判の総合評価や他口コミ項目を見る

10. ダイセルの、業界平均と比較したホワイト・ブラック企業度は?

 

関連する投稿


【三菱商事系コンサル】(株)シグマクシスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【三菱商事系コンサル】(株)シグマクシスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

2008年に設立された三菱商事系のコンサルティング企業。顧客が目指す成果をよりスピーディーに実現するため、社内外の戦力を自在に組み合わせ提供するサービスが強み。設立5年で年間売上100億円を突破し、東証マザーズへの上場も果たした。海外戦略にも注力しており、インド・ASEANや欧米への進出支援も行っている。

コンサルティング 東京都港区 東証一部


西日本高速道路株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

西日本高速道路株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

西日本地域の高速自動車国道、自動車専用道路などを管理・運営する企業。通称NEXCO西日本。営業中の道路は3513km。サービスエリアは100個所、パーキングエリアは210個所に及ぶ(2018年11月現在)。ネットワークの整備と安全性、快適性、定時性・信頼性の確保、環境の向上など努力を続ける。

大阪府 建設 非上場


株式会社メック・デザイン・インターナショナルに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社メック・デザイン・インターナショナルに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱地所グループのインテリアデザイン会社。オフィス、ホテル、商業施設など多種多様な物件を手がけている。国内外80以上のメーカーブランドを扱い、トータルコーディネートからワンポイントの対応まで、きめ細やかなサービスを提供している。また日経ニューオフィス賞や日本サインデザイン賞など、これまで多くの賞を受賞している。

東京都港区 非上場 住宅 三菱地所グループ


ソフトバンク株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンク株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の3大通信事業のひとつで、ソフトバンクグループ株式会社の主要子会社。通信事業のほか、再生可能エネルギーの比率が高い電気を供給をするサービスや、新時代を切り開くロボット事業も展開。また、企業の社会活動として、次世代育成や高齢化社会への対応、災害対策や復興支援など、さまざまな課題に対する貢献活動も進めている。

通信・ネットワーク 非上場 東京都港区 ソフトバンクグループ


ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

2004年に設立。ソフトバンクグループ株式会社の子会社。決済代行サービスやカード・ポイントサービスなどを提供。ECやネットショップに欠かすことができないオンライン決済や、対面販売でのカード決済をサポートするサービスにおいて、導入店舗は約98,000 店舗(2018年度8月実績)に。消費者のニーズにも応えている。

非上場 東京都港区 通信・ネットワーク ソフトバンクグループ


最新の投稿


イッツ・コミュニケーションズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

イッツ・コミュニケーションズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ケーブルテレビ放送局とインターネットサービスプロバイダ事業を行う、東京急行電鉄の100%子会社。対象エリアは東急沿線、対象世帯数は1,331,456世帯(2018年10月末日現在)。また法人向けには、事業者がホームページの管理を効率的に行えるCMSの提供など、ネットワークソリューション事業も手掛ける。

東京都世田谷区 マスコミ 非上場


BNPパリバ証券株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

BNPパリバ証券株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

欧州を本拠地とし、金融サービスを提供するBNPパリバグループの一社。BNPパリバの歴史は古く、1860年にアジア太平洋地域に拠点を開設以来、日本でも長期にわたり実績を蓄積し、日本市場に外資系金融機関としての地位を築いた。コーポレートバンキングや資産運用など、革新的で高度な幅広い金融サービスを提供している。

東京都千代田区 証券 非上場 BNPパリバグループ


中央紙器工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

中央紙器工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

愛知県清須市に本社を置く段ボールメーカー。1957年に創立。トヨタグループの会社で、トヨタ向けに自動車部品用段ボールの製造・販売を行っている。段ボール事業の他に、化成品事業、新規事業を行っている。愛知県に工場を置き、中国、マレーシアに工場がある。

愛知県 印刷・製紙


メック情報開発株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

メック情報開発株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱地所グループに対するシステムの企画開発及び運用を行う会社。グループ内の情報システム部門としてICTの側面から支えており、IT戦略の新領域に対して積極的に展開している。主なシステムはビルの請求・入金業務等をトータル管理運用する「BMS」をはじめ、商業施設運営をトータル的にサポートする「SMS」などを運営している。

東京都千代田区 非上場 ITサービス・ソフトウエア 三菱地所グループ


三菱地所リアルエステートサービス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱地所リアルエステートサービス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱地所グループの傘下として不動産サービス事業を展開する会社。不動産の売買仲介や賃貸経営サポートなどのビジネス全般を行うほか、不動産情報を一元管理するクラウド型システムの「CRE@M」を運営しており情報基盤の構築をサポートしている。また企業価値を最大化にするためのCRE戦略を活用したコンサルティングも手がけている。

東京都千代田区 非上場 不動産 三菱地所グループ


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300