株式会社ケーズホールディングスに転職するなら知っておきたい情報のまとめ

株式会社ケーズホールディングスに転職するなら知っておきたい情報のまとめ

茨城県水戸市に本社を置き、主に「ケーズデンキ」の屋号で家電量販店チェーンを展開するケーズデンキグループの事業持株会社。業界高水準の長期無料保証や、会員制の「ケーズデンキあんしんパスポート」などのサービスを展開し、顧客満足の向上に努めている。家電リサイクル、携帯電話・インクカートリッジの回収など、CSR活動にも積極的。


1. ケーズホールディングスってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

主に「ケーズデンキ」(アルファベット表記はK's)の屋号で、家電量販店チェーンを展開

1-2 創業者と沿革

創業者 加藤馨

加藤氏はケーズHDの創業者で、1917年(大正6年)5月5日生まれ。1947年(昭和22年)3月に、茨城県水戸市元台町にラジオ受信機を主体とした販売・修理業の加藤電機商会を設立して創業。1955年(昭和30年)10月、有限会社加藤電機商会を設立した。

1980年(昭和55年)9月に、資本金2250万円でカトーデンキ販売(現 ケーズホールディングス)を設立し、代表取締役社長に就任。1982年(昭和57年)3月に代表取締役会長に就任。専務だった長男の加藤修一氏が社長に就任して経営のバトンを引き継いだ。1995年(平成7年)6月、代表取締役会長を退任して名誉会長に就任した。

沿革 | ケーズデンキ −株式会社ケーズホールディングス/会社情報/IR情報/採用情報−

http://www.ksdenki.co.jp/kshd/pages/company_history.aspx

株式会社ケーズホールディングス コーポレートサイト。会社情報、CSR情報、各エリアの新卒採用、新店舗採用、キャリア採用、パート・アルバイト採用の募集要項をご紹介します。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地:
茨城県水戸市桜川1-1-1

出典:http://www.ksdenki.co.jp/kshd/pages/company_outline.aspx

ケーズホールディングスグループ | ケーズデンキ −株式会社ケーズホールディングス/

http://www.ksdenki.co.jp/kshd/pages/ksdk_group.aspx

株式会社ケーズホールディングス コーポレートサイト。会社情報、CSR情報、各エリアの新卒採用、新店舗採用、キャリア採用、パート・アルバイト採用の募集要項をご紹介します。

店舗検索 | ケーズデンキ −株式会社ケーズホールディングス/会社情報/IR情報/採用情報−

http://www.ksdenki.co.jp/kshd/store/store_search.aspx

株式会社ケーズホールディングス コーポレートサイト。会社情報、CSR情報、各エリアの新卒採用、新店舗採用、キャリア採用、パート・アルバイト採用の募集要項をご紹介します。

全国の店舗を検索できます

1-4 ビジョン・ミッション

グループ理念
人を中心とした事業構築を図り、ケーズデンキグループに関わる人の幸福を図る
事業を通じて人の「わ」(和、輪)を広げ、大きな社会貢献につなげる

店舗運営理念
「顧客のため」を考える

社是
「感謝・健康・親切と愛情・専門店の誇り・生産性の向上」

2. ケーズホールディングスって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2014年3月期 5771億200万円
2015年3月期 5330億2700万円
2016年3月期 5319億2300万円

▲営業利益
2014年3月期 119億3400万円
2015年3月期 115億4600万円
2016年3月期 132億3300万円

▲純利益
2014年3月期 91億400万円
2015年3月期 96億7200万円
2016年3月期 115億2500万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別構成比・売上高
(2016年3月期)
・家庭電化商品 36.0% 2321億8200万円
・情報機器 27.7% 1781億1300万円
・季節商品 15.2% 982億6900万円
・映像商品 11.7% 751億8500万円
・音響商品 3.0% 193億3900万円
・その他 6.4% 410億9100万円

2-3 主力事業

家庭電化製品
テレビの大画面・高画質商品への買い替えや節電・省エネ・安心・安全・健康をキーワードに冷蔵庫や洗濯機をはじめとする家庭電化商品やエアコン等の高付加価値商品が販売されている。

情報機器
株式会社ケーズモバイルシステム(子会社)からは、携帯電話の仕入を行っております。

季節商品:エアコン
雨風・潮風・日光に強いケーズデンキオリジナル長持ち室外機仕様モデル

3. ケーズホールディングスの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長兼CEO兼COO
遠藤 裕之(えんどうひろゆき)

昭和48年10月 日本マクドナルド株式会社入社
昭和60年10月 当社入社
平成6年10月 第一商品部長
平成7年6月 取締役
平成15年6月 常務取締役
平成18年6月 専務取締役営業本部長
平成23年6月 代表取締役社長兼営業本部長 株式会社デジックスケーズ代表取締役社長(現任)
平成25年6月 当社代表取締役社長(現任)

3-2 発言、ブログ、エピソード

ケーズHDの“がんばらない経営” 価値訴求で脱価格競争へ持ち込めるか

遠藤裕之社長「ビックリするような低価格がでなくなった」 家電業界の構造変化を指摘

会社は誰がやっても変わらない

〔消費不況といわれる市場環境、同業他社やネット通販との価格競争と、逆風下での経営を強いられている家電量販店業界。アベノミクス効果によって、明るい兆しは見えつつも消費税の増税と“喜憂相半ば”といった状態にある。
そんななかにあってケーズホールディングスの売り上げは2012年、13年と前年割れしたものの、14年3月期は前年比3.5%増と持ち直した。しかし、4月からの消費税増税の影響が懸念される。とはいえ、消費税導入前のマスコミの取材に遠藤裕之社長は「影響は一時的で夏ぐらいには回復する」と語っていた。インタビューは現在の足下の状況からはじまった〕

4. ケーズホールディングスではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結:6568名
単体:2101名
(平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均37.4歳(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均12.2年(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均490万円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

■ 2012年新卒入社
■ 販売担当

接客時には笑顔で、お客様の求めている商品は何なのかを考えながらヒアリングをし、商品を提案しています。
お客様から笑顔で「ありがとう。また買いにくるね」と言っていいただいた時が本当にうれしく、「ケーズデンキで働いてよかった。これからも、たくさんのお客様に喜んでいただける接客をしていきたい!」と思っています。

■ 2012年新卒入社
■ 販売担当

ケーズデンキは社員を一番大切にし、社員を大切にすることにより社員が活き活きと接客ができ、最終的にお客様にご満足いただけるという考え方の会社です。
本部主導というより現場主義で、店舗から売れる商品や運営についても提案ができ、とてもやりがいがあります。

 

5. ケーズホールディングスの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

ケーズデンキでは、社員を『人財』と位置づけ、経歴や年齢にとらわれず、意欲的に仕事をし能力を発揮している人財を積極的に登用しています。

Q.会社説明会に参加できない場合は、採用試験は受験できませんか?

A.会社や仕事内容について十分に理解した上で当社を志望する方に入社して頂きたいと考えております。会社説明会に参加された方が、採用試験を受験できることになっています。

Q.入社前に取得しなければならない資格はありますか?

A.取得済みであることが採用条件になっている資格はありません。但し、郊外中心の店舗展開のため、首都圏の一部店舗を除いては車通勤が中心です。また、お客様宅へ訪問する場合もありますので、入社までに運転免許を取得して頂く必要があります。
時間に余裕のある学生時代のうちに勉強をしておきたいという方には、「販売士」や「家電製品アドバイザー」資格の取得をお勧めしています。

5-2 育成に関する方針・施策

現在の仕事についての意見、担当したい業務や目標、希望の勤務地などについて記入し、今後のキャリアアップについての希望や考え方などを自己申告します。
この自己申告制度により、本人の適性や希望に即した適切な人員配置の実現を目指しています。現在は、1年に2回実施しています。

入社後に身につけられますので、入社前には商品知識がなくても大丈夫です。商品知識は、日々の仕事の中で自分で勉強して覚えていくことが基本になりますが、「商品勉強のし方」を新入社員研修で学びますので、心配いりません。また、パソコンとインターネット環境さえあれば自宅で商品勉強ができるeラーニングシステムや、各店での新商品勉強会など、商品知識を身につけるためのさまざまな機会をご用意しています。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

社員の意見にきちんと耳を傾ける社風があります。
お客様のために提供できるサービスや業務の効率化につながるシステムなど、良い提案があれば積極的に取り入れていきます。また、人とコミュニケーションをとることが好きな明るい社員ばかりなので、職場の雰囲気も活気があります。
仕事中だけではなく、プライベートでも気兼ねなく付き合っていける仲間たちです。

自己申告制度や透明性の高い公正な評価制度により、自分のキャリアプランを自分でつくり上げていくことのできる人事制度で、社員一人ひとりの意欲や能力を伸ばしていきます。 『人』を大切にすること。このことが、ケーズデンキの活力を生み出し、安定した成長を支えているのです。

初任給(2015年4月実績)
大学 203,300円 短大・専門学校 179,000円

諸手当 通勤・時間外・休日出勤・家族・目標達成・拡売・資格 ほか

昇給 年1回(4月)

賞与 年2回(6月・12月)

6. ケーズホールディングス出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

大坂 靖彦
1944年に静岡県浜松市生まれ。上智大学を卒業後、松下電器産業株式会社に入社。
そして、1972年に両親が香川県で経営する有限会社大坂屋入社。
その後、事業拡大を目指して1983年に株式会社マツヤデンキと業務提携。
1988年には株式会社大坂屋の代表取締役就任。
さらに1995年にはケーズデンキと業務提携し、酒・電器複合店を開店。
また、オリジナルドイツワイン輸入を開始し、事業のさらなる拡大を図る。
そして1999年に遂に年商100億円を達成。
2005年、ギガスケーズデンキ株式会社と株式交換契約を締結し、同社の取締役に就任(兼務)。2006年には株式会社ギガスケーズデンキ常務取締役に就任。
その後、2009年にケーズグループ全役員を退任し、事業活動の一線から身を引き、
若手経営者の育成を目的に2010年から大坂塾を主宰。大坂塾塾生は累計358社にのぼる。

7. ケーズホールディングスの福利厚生は?

各種社会保険加入、社員持株制度、確定拠出年金制度、ストックオプション、
社宅制度、定期健康診断(40歳以上人間ドック)、社員割引、契約保養所、
テーマパーク割引 ほか

8. ケーズホールディングスの中途採用は?

キャリア採用 | ケーズデンキ −株式会社ケーズホールディングス

http://www.ksdenki.co.jp/kshd/pages/adoption_career_top.aspx

株式会社ケーズホールディングス コーポレートサイト。会社情報、CSR情報、各エリアの新卒採用、新店舗採用、キャリア採用、パート・アルバイト採用の募集要項をご紹介します。

 
 

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


茨城県 東証一部 小売

関連する投稿


【中途入社58%】(株)サイバーエージェントに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【中途入社58%】(株)サイバーエージェントに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

「21世紀を代表する会社を創る」というビジョンを掲げる東京・渋谷の会社。創業以来19期連続で増収。インターネット広告事業とゲーム事業で収益を上げながら、「AbemaTV」などの新規事業に積極的に先行投資。社員の90%は30代以下。中途採用の割合は58%を占める。家賃・ランチ代補助などの福利厚生策が充実している。


ラオックス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ラオックス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

連結売上高は627億円(2016年12月期)、創業80年以上の老舗 家電量販店であるラオックス。近年では来日観光客の増加や市場のグローバル化に対応して免税ビジネスをスタート、今や国内最大級の総合免税店ネットワークを作り上げている。その他、主に中国向けにメイドインジャパン製品の販売も行なっている。


株式会社東理ホールディングスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社東理ホールディングスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

元はアルミダイカスト製品の製造を行う東京理化工業所の持株会社として設立されたが、2016年にダイカスト事業からは撤退。現在は業務スーパーを運営する「食品流通事業」や「酒類製造事業」、教育関係の図書、教材の製作・販売を行う「教育関連事業」などを主体に展開している。


株式会社アスモに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アスモに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

食肉輸入等の卸売事業、老人ホームや病院、企業、学校などの給食事業、老人ホームの運営等の介護事業、信託事業、アジアでの和食レストラン、国内を中心にイタリアンレストラン等の経営をしている外食事業、少額短期保険事業などを展開している商社。現在はこれらの事業をグループ企業に分割し、各企業の管理・経営指導を行っている。


清水建設株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

清水建設株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

江戸時代から続く、国内屈指の大手ゼネコン。建設、土木を基幹事業とし、その他にも投資開発、PFI事業と呼ばれる事業を行っている。PFI事業とは、民間資金などを活用して、公共施設などを建設、運営する事業である。過去3カ年、売上高1兆円以上で推移している。


最新の投稿


【中途入社58%】(株)サイバーエージェントに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【中途入社58%】(株)サイバーエージェントに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

「21世紀を代表する会社を創る」というビジョンを掲げる東京・渋谷の会社。創業以来19期連続で増収。インターネット広告事業とゲーム事業で収益を上げながら、「AbemaTV」などの新規事業に積極的に先行投資。社員の90%は30代以下。中途採用の割合は58%を占める。家賃・ランチ代補助などの福利厚生策が充実している。


株式会社ハイレックスコーポレーションに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ハイレックスコーポレーションに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車用コントロールケーブルでの世界最大手メーカー。他を圧倒する技術・開発力と一貫生産体制で国内トップシェアを占め、世界14ヶ国に30を超える拠点を構える。その技術力を応用した新規市場開拓にも力を入れており、すでに進めている医療分野では癌治療用マイクロカテーテルがTV「夢の扉」で取り上げられた。


朝日インテック株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

朝日インテック株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1976年7月に設立された医療機器の開発・製造・販売を行う会社。本社を愛知県名古屋市に置く。「ガイドワイヤー」をはじめとするカテーテル治療に不可欠な医療製品を主力としている。創業以来グローバル規模でこの医療製品市場のシェアを拡大し続けている。


「そんな志望動機なら、ウチじゃなくてもいいよね?」とアホな面接担当者が詰めてきたときの返し方

「そんな志望動機なら、ウチじゃなくてもいいよね?」とアホな面接担当者が詰めてきたときの返し方

人材研究所代表の曽和利光氏が贈る新連載の第2弾。京都大学で学んだ心理学とリクルート人事部GMなどとして2万人を面接した経験を踏まえて、キャリアの悩みにアドバイスします。


【倉庫業界研究】三菱倉庫・三井倉庫・住友倉庫 比較――就職・転職するならどの会社?

【倉庫業界研究】三菱倉庫・三井倉庫・住友倉庫 比較――就職・転職するならどの会社?

今回は倉庫業界のトップ3社について見ていきます。倉庫会社というと「荷物を置く場所を貸す仕事」という印象くらいしかなく、就職・転職先としてイメージが湧かないかもしれません。しかし調べてみると、さまざまな仕事を行っていることが分かります。


wiget_w300 wiget_w300