2019年度は赤字計画! ユーザベースの有報から「大胆な挑戦」を読み解く

2019年度は赤字計画! ユーザベースの有報から「大胆な挑戦」を読み解く

B2B向けデータベース「SPEEDA」と、B2C向けメディア「NewsPicks」の両輪で事業を進めてきた株式会社ユーザベースが、2018年12月期の有価証券報告書を公表した。2018年7月に米「Quartz」を買収。業績好調の中、将来のさらなる成長に向けて「大胆な挑戦」を行う決断をしたようだ。


メディア買収やオフィス移転で販管費が増加

株式会社ユーザベース(UZABASE)は2019年3月29日、2018年12月期の有価証券報告書を公表した。売上高は93億4000万円で前期比204.6%と大幅増。EBITDA(営業利益+のれん償却費を含む減価償却費)は11億8700万円で前期比199.5%だった。

出典:2018年12月期 決算説明資料

SPEEDA事業、NewsPicks事業ともに伸びているが、後者の売上高が前期比323.7%と急増し、前者を抜いているところが目を引く。ただしこの中には、2018年7月末に買収が完了した米経済メディアQuartz(クォーツ)の売上が含まれている。

有価証券報告書の「連結損益計算書」を見ると、売上原価が抑えられているため、売上総利益(粗利)の伸びが前期比233.3%と非常に大きくなっている。しかし、販売費及び一般管理費の伸びがさらに上回ったため、営業利益の伸びが比較的小さくなっている。

販売費及び一般管理費の増加理由について、有価証券報告書は、主に

●Quartz社買収に伴い販売費及び一般管理費の総額が増加したこと
●『SPEEDA』事業及び『NewsPicks』国内事業について事業規模が拡大し、人件費、広告宣伝費等が増加したこと
●国内本社のオフィス移転により支払家賃が増加したこと


等によるもの、と説明している。

なお、ユーザーベースは、2018年7月1日に本社オフィスを六本木へ移転。また、同じビルに子会社の株式会社ニューズピックスが新拠点「NewsPicks Roppongi」をオープンしている。

利益を生み出す「SPEEDA事業」

SPEEDAは、企業・業界情報や統計データを束ねる「B2B向け」の情報プラットフォームだ。

SPEEDA|企業・業界情報プラットフォーム

https://jp.ub-speeda.com/

SPEEDA(スピーダ)は、ビジネスパーソンの情報収集・分析における課題を解決する最先端のプラットフォームです。世界中の企業情報、業界レポート、市場データ、ニュース、統計、M&Aなどあらゆるビジネス情報をカバーしています。

有価証券報告書には「世界200ヶ国以上をカバーした企業の財務、株価データ、560を超える業界の地域別の分析レポートの他、統計データ、経済ニュース、M&A情報など、幅広いビジネス情報にワンストップでアクセス」できると説明されている。

SPEEDA事業は、ユーザベースのEBITDAの過半数を生み出している。

出典:2018年12月期 決算説明資料

SPEEDA事業の主な収入源は、「契約ID数」に応じた月額の定額利用料金。これに、オプション機能契約や業界レポート等の追加購入が加わる。一顧客で複数のIDを契約している場合もあり、契約ID数は順調に伸びている。

これに伴い、「SPEEDA事業」の売上高も前期を上回る成長率を達成。売上高を期末の契約ID数で割ると、単純計算で1IDあたり150万円あまりの売上となり、月間利用料金12万円にオプション契約や新規サービスなどが加わっているものと見られる。

出典:2018年12月期 決算説明資料

「SPEEDA事業」のEBITDAは、2つの新規サービスへの投資を行いながら、順調に増加している。なお、新規サービスの概要は次の通り。

●「entrepedia」(アントレペディア):国内におけるスタートアップ企業のデータベース。2017年12月期より子会社となった株式会社ジャパンベンチャーリサーチが運営。

entrepedia - 日本最大級のスタートアップ動向 - アントレペディア

https://entrepedia.jp/

entrepedia –日本最大級のスタートアップデータベース / 1万社以上のスタートアップ情報を格納。企業概要、ファイナンスや最新ニュースなど一瞬で把握。スタートアップが情報発信し、「挑戦する勇気と機会を生み出すプラットフォーム」を目指します。

●「FORCAS」(フォーカス):BtoBビジネスのマーケティングを支援するプラットフォーム。2017年12月期に子会社として設立した株式会社フォーカスが運営。

ABM実践を強力にサポートするBtoBマーケティングツール『FORCAS』

https://www.forcas.com/

FORCAS(フォーカス)は、データ分析に基づいて成約確度の高いアカウントを予測し、マーケティングと営業のリソースをそのターゲットアカウントに集中する最新マーケティング手法「ABM」の実践を強力にサポートするクラウドサービスです。

有料会員が10万人に迫る「NewsPicks」

NewsPicksは、日本国内の「B2C向け」ソーシャル経済メディアだ。

NewsPicks | 経済を、もっとおもしろく。

https://newspicks.com/

「経済を、もっとおもしろく。」ビジネスパーソンや就活生必携のソーシャル経済メディア。国内外の最先端の経済ニュースを厳選。専門家や著名人の解説コメントでニュースがわかる。

有報には「ニュースを配信するプラットフォーム及びオリジナルコンテンツを提供するメディアとしての性格に加えて、ユーザー同士やユーザーと企業とのコミュニケーションの場を提供する『コミュニティ』としての性格」も備えると説明されている。

主な収入源は、有料課金ユーザーから受け取る月額利用料による「有料課金売上」と、NewsPicksに掲載する「広告売上」で、ほぼ同規模。これに、コンテンツの外部販売やイベント売上等が加わる。

出典:2018年12月期 決算説明資料

有料会員数は2018年12月末で95,268人と、10万人に迫る勢い。なお、非課金ユーザーが370万人いる。有料課金ユーザーには、「プレミアム会員」「アカデミア会員」がいる。

●プレミアム会員:NewsPicksのオリジナル記事や海外の有料媒体の記事等を閲覧できる。月額料金は、iOS(iPhone)ユーザーは1,400円、iOS以外のプラットフォームでは1,500円、学生会員は月額500円。

NewsPicks Premium | 無料10日間読み放題で「経済を、もっとおもしろく。」

https://premium.newspicks.com/

無料お試し10日間。独占オリジナル特集が読み放題。起業リアリティーショー『メイクマネー』など、人気動画が見放題。経済を、もっとおもしろく。

●アカデミア会員:プレミアム会員のサービスに加え、各界著名人による特別講義の受講、NewsPicks選定のアカデミア書籍「NewsPicks Book」(毎月1冊)の提供、オンラインでの動画講義(MOOC)等を受けられる。月額料金は5,000円。

NewsPicksアカデミア

https://newspicks.com/academia/about

NewsPicksアカデミアは、多分野の実践者が集う新時代の「学び場」です。

「NewsPicks事業」の収入源には、このほか、NewsPicks上に掲載する広告収入、掲載する採用記事に関する報酬、NewsPicksを活用した法人向けソリューション(NewsPicks for Business。2018年9月開始)の報酬等がある。

NewsPicks for Businessをスタート。担当執行役員に麻生要一が就任

https://www.uzabase.com/company/news/newspicks-for-business/

ユーザベースグループの株式会社ニューズピックスは、ソーシャル経済メディア「NewsPicks」を活用した企業向けソリューションラインナップ「NewsPicks for Business」を開始いたします。

Quartzの新規事業に20億円投資

SPEEDA、NewsPicksとともにユーザベースの事業の3本柱となっているのが、米国発のクオリティ経済メディア「Quartz」だ。

Quartz — News, videos, ideas, and obsessions from the new global economy

https://qz.com/

News, videos, ideas, and obsessions from the new global economy

ユーザベースは、2012年に開設されたQuartzを2018年7月末に買収。5ヶ月分にもかかわらず業績は大きく、2019年12月期には売上高で既存の2事業を追い抜く可能性が高い。

出典:2018年12月期 決算説明資料

2018年11月には、有料会員サービス「Quartz Membership」(月額14.99ドル、年間99.99ドル)を開始。米国版NewsPicsとの統合を図っている。

日本のNewsPicsにおける公式コメンテーター「Proピッカー」と同じような仕組みで、世界の最先端で活躍する著名人・専門家が「Quartz Pro」として参画しているという。

新プラットフォームサービス「Quartz」と有料会員サービス「Quartz Membership」の提供を開始 | 株式会社ニューズピックス

https://www.wantedly.com/companies/newspicks/post_articles/143663

~世界のトップで活躍する著名人が「Quartz Pro」として参画し、専門的なコメントも~ユーザベースグループのQuartz Media, Inc.では、本日より、新たに2つのサービスの提供を開...

最近の米新興メディアの多くは、BuzzFeedやViceなどが大規模なリストラを行うなど苦戦しているが、Quartzは前年比126%と業績を伸ばしている。

出典:2018年12月期 決算説明資料

社長は「既存事業の強さ」に自信示す

ユーザベースは、2019年12月期の売上高も高い成長率を維持するとしている。2015年12月期の19億円からわずか数年で、2018年12月期の93億円、2019年12月期の135億円(計画)まで、売上高を伸ばそうとしている。

出典:2018年12月期 決算説明資料

その一方で、中長期の成長のための投資を積極化し、2019年は「仕込み」の年としている。特にQuartzについては、既存事業の「広告・ソリューション」を黒字化し、新規事業の「有料課金」への投資を行うという。

出典:2018年12月期 決算説明資料

具体的には、既存事業のEBITDAに前期比147%の17.3億円を見込みながら、「Quartz新規事業投資分」として20億円を予定。トータルでマイナス5億円とする計画を示している。

出典:2018年12月期 決算説明資料

かなり大胆な挑戦に見えるが、この件については、2019年3月28日に開催されたユーザーベースの株主総会でも「負債リスクへの考え方について」という質問が投げかけられている。

NewsPicks出版事業、Quartzとの連携、SPEEDA中国展開などについて回答(ユーザベース第11回株主総会レポート)

https://newspicks.com/news/3788458/body/

梅田:皆様、こんばんは。株主総会の後半は、できるかぎりカジュアルに皆様とコミュニケーションさせていただく時間にできればと思っております。一方的に私たちからご説明するというよりも、 sli.do ...

代表取締役社長(共同経営者)の梅田優祐氏は、既存事業のストックビジネスが強固なキャッシュフローを生んでおり、「仮にQuartzなど新規事業で不振になることがあれば(略)止血さえすれば、既存事業が生み出すキャッシュをもって借入を返済」できると回答している。

IRライブラリー | 株式会社ユーザベース | UZABASE, Inc.

https://www.uzabase.com/ir/library/

「経済情報で、世界を変える」をミッションに、「SPEEDA」「NewsPicks」などを全世界に提供する株式会社ユーザベースの公式サイトです。

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


投資家向け

関連する投稿


屋台骨の「国内コンビニ事業」は大丈夫? セブン&アイHD 2019年2月期決算を読む

屋台骨の「国内コンビニ事業」は大丈夫? セブン&アイHD 2019年2月期決算を読む

株式会社セブン&アイ・ホールディングスは2019年4月5日、2019年2月期の決算を発表した。利益の大半を生み出す国内コンビニ事業が期首計画を達成できないなど、懸念材料は多い。2019年2月19日に5014円だった株価は、4月12日の終値で3830円まで下がった。

投資家向け


中小企業の事業承継支援で絶好調の日本M&Aセンターに「死角」はないか?

中小企業の事業承継支援で絶好調の日本M&Aセンターに「死角」はないか?

中小企業のM&Aを多く手掛ける、国内大手のM&A仲介会社「株式会社日本M&Aセンター」の業績が好調です。年間案件成約件数やM&Aコンサルタント数で国内トップの強さはどこにあるのか。将来性はあるのか。同社の決算説明会資料を参考に、情報を整理してみました。

投資家向け


戦略事業に1400人増員! LINEの「2018年12月期通期決算」を読む

戦略事業に1400人増員! LINEの「2018年12月期通期決算」を読む

LINE株式会社は2019年1月31日、2018年12月期の通期決算を公表した。売上高は2000億円を超えたが、最終損益が赤字となったと報じられている。これを受けて株価は一時急落したが、すぐ反発。今後の経営の見通しはどうなるのか。

投資家向け


株価急落のサンバイオ 「テンバガー」の可能性は残されているのか?

株価急落のサンバイオ 「テンバガー」の可能性は残されているのか?

1月の株価大暴落で話題となった、バイオベンチャーのサンバイオ。3月に決算発表を行いましたが、「説明会資料」だけでは理解しにくい内容も少なくありませんでした。「テンバガー」(10倍大化け株)の可能性はまだ残されているのか。有価証券報告書などで内容を補いながら読み解いていきます。

投資家向け


「CtoC型越境EC」で成長中! 「BUYMA」に事業を集中させたエニグモの将来性

「CtoC型越境EC」で成長中! 「BUYMA」に事業を集中させたエニグモの将来性

2004年に創業し、さまざまな事業を打ち出してきた株式会社エニグモ。経営資源を「BUYMA(バイマ)」に集中し、2018年冬には「世界を買える FASHION MARKET」というコピーでテレビCMを打ちました。将来性を占うキーワードを探ります。

投資家向け


最新の投稿


屋台骨の「国内コンビニ事業」は大丈夫? セブン&アイHD 2019年2月期決算を読む

屋台骨の「国内コンビニ事業」は大丈夫? セブン&アイHD 2019年2月期決算を読む

株式会社セブン&アイ・ホールディングスは2019年4月5日、2019年2月期の決算を発表した。利益の大半を生み出す国内コンビニ事業が期首計画を達成できないなど、懸念材料は多い。2019年2月19日に5014円だった株価は、4月12日の終値で3830円まで下がった。

投資家向け


中小企業の事業承継支援で絶好調の日本M&Aセンターに「死角」はないか?

中小企業の事業承継支援で絶好調の日本M&Aセンターに「死角」はないか?

中小企業のM&Aを多く手掛ける、国内大手のM&A仲介会社「株式会社日本M&Aセンター」の業績が好調です。年間案件成約件数やM&Aコンサルタント数で国内トップの強さはどこにあるのか。将来性はあるのか。同社の決算説明会資料を参考に、情報を整理してみました。

投資家向け


就活は若者にとって「学びの機会」 採用担当者は「利己的な大人」になるな

就活は若者にとって「学びの機会」 採用担当者は「利己的な大人」になるな

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は、就活生に対する採用担当者の基本スタンスについて。自社で優秀な人材を採用することばかりを考えるのでなく、未来ある若者たちと接している自覚を持つべきだと提言します。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


2019年度は赤字計画! ユーザベースの有報から「大胆な挑戦」を読み解く

2019年度は赤字計画! ユーザベースの有報から「大胆な挑戦」を読み解く

B2B向けデータベース「SPEEDA」と、B2C向けメディア「NewsPicks」の両輪で事業を進めてきた株式会社ユーザベースが、2018年12月期の有価証券報告書を公表した。2018年7月に米「Quartz」を買収。業績好調の中、将来のさらなる成長に向けて「大胆な挑戦」を行う決断をしたようだ。

投資家向け


戦略事業に1400人増員! LINEの「2018年12月期通期決算」を読む

戦略事業に1400人増員! LINEの「2018年12月期通期決算」を読む

LINE株式会社は2019年1月31日、2018年12月期の通期決算を公表した。売上高は2000億円を超えたが、最終損益が赤字となったと報じられている。これを受けて株価は一時急落したが、すぐ反発。今後の経営の見通しはどうなるのか。

投資家向け


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300