【世界シェアNo.1】マブチモーター(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【世界シェアNo.1】マブチモーター(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

マブチモーターは千葉県に本社を置く小型モーターの開発・製造・販売を手がけるメーカー。ラジコンから自動車、家電製品、通信機器など世界中の暮らしや産業のなかで広く使われており、世界トップクラスのシェアを誇る。近年は生産拠点をアジアに移し、日本国内においては難易度の高い研究などに取り組んでいる。


1. マブチモーターってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

世界シェアの有鉄心モーターで業界一番のシェアを占める電気機器の大手。

1-2 創業者と沿革

馬渕健一(まぶち けんいち、1922年11月13日 - 2005年7月16日)
マブチモーター創業者である。小型モーターのシェアが世界一となるような企業に育てあげた。

1922年11月13日:香川県高松市のブリキ工場を営んでいた家に生まれる。
1946年:関西理科研究所を創業する。小型マグネットモーターを開発する。
1954年:東京科学工業を創業する。
1971年:マブチモーターへ社名変更。
1985年:社長を弟の馬渕隆一に譲り、会長へ。
1999年:会長を引退する。名誉会長へ。
2005年7月16日:心不全のため松戸市松戸の新東京病院で死去。享年82。

沿革

https://www.mabuchi-motor.co.jp/company/history.html

沿革をご覧いただけます。マブチモーターオフィシャルサイト。小型直流モーター世界No.1ブランドとして、人々や社会の「夢」を実現する製品づくりを支えます。

会社の歩み

https://www.mabuchi-motor.co.jp/investor/individual/company.html

会社の歩みをご覧いただけます。マブチモーターオフィシャルサイト。小型直流モーター世界No.1ブランドとして、人々や社会の「夢」を実現する製品づくりを支えます。

1-3 本社所在地とネットワーク

千葉県松戸市松飛台430番地

本社・技術センターへのアクセス

https://www.mabuchi-motor.co.jp/company/access/

本社・技術センターへのアクセスをご覧いただけます。マブチモーターオフィシャルサイト。小型直流モーター世界No.1ブランドとして、人々や社会の「夢」を実現する製品づくりを支えます。

拠点一覧

https://www.mabuchi-motor.co.jp/company/network/

拠点一覧をご覧いただけます。マブチモーターオフィシャルサイト。小型直流モーター世界No.1ブランドとして、人々や社会の「夢」を実現する製品づくりを支えます。

国内外の拠点一覧

1-4 ビジョン・ミッション

マブチの経営ビジョン体系

経営理念
「国際社会への貢献とその継続的拡大」

マブチの「経営理念」には、社会に対する貢献度を高め、世の中のために無くてはならない企業であり続けたいという想いと共に、マブチグループに属する総ての人達が、「企業の一員として仕事を通じて社会貢献に参画すること」、「人間だけではなく自然や環境、その他万物すべてを大切に思い、物質的な豊かさのみにとらわれない心の充実を得ることによって人間的な成長を遂げること」への想いが込められています。いわば、「経営理念」は企業経営を行う上での根本的な思想であると同時にマブチの遺伝子として未来永劫に受け継がれていく思想でもあります。

2. マブチモーターって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2016年12月期 1406億9900万円
2015年12月期 1431億4300万円
2014年12月期 1225億4400万円


▲営業利益
2016年12月期 242億2500万円
2015年12月期 229億6100万円
2014年12月期 168億7500万円


▲親会社株主に帰属する当期純利益
2016年12月期 205億9800万円
2015年12月期 185億4600万円
2014年12月期 180億9000万円


2-2 事業セグメントと業績内訳

▲用途別市場動向と販売状況(2016年度)
自動車電装機器 1001億円
民生・業務機器市場 405億円

▲地域ごとの売上(自 平成28年1月1日 至 平成28年12月31日)
日本  120億1800万円
アジア 812億300万円
米国  173億6000万円
欧州  301億1700万円

2-3 主力商品

自動車電装分野
モータリゼーションがさまざまな地域において進展するなかで、世界の自動車生産台数は今後も増加が見込まれています。また、電動化に伴って自動車への小型モーター搭載数も増え続けています。マブチモーターは、さまざまな自動車電装機器に組み込まれ、制御や駆動を担う高性能な小型モーターを提供し、自動車の安全性・快適性の向上に貢献していきます。

ステアリングロックの使用モータ例
FC-286SB FC-280PC FC-280SC

精密・事務分野
デジタル技術の進化とともに、さまざまなエレクトロニクス機器がネットワークを通じて統合されるなか、機器の多機能化が加速しています。マブチモーターは、プリンターや複写機・複合機(MFP)、自動販売機などに組み込まれ、次世代製品の進化に貢献しています。

インクジェットプリンター
キャリッジ駆動・給紙の使用モータ例
RS-385PV RS-425PV RS-435PV RS-645VA RS-655VA FK-130RH RK-370CA RS-365PH RS-455PA RS-555PC

スキャナーの使用モータ例
FK-130RH RK-370CA

家電・工具分野
近年、家庭で使われるモーターの用途はさらなる広がりを見せています。マブチモーターは、ヘアードライヤーやシェーバー、歯ブラシ、健康関連機器、電気錠、工具など、身近な家庭機器向けに多彩な製品をラインアップ。さらに幅広い用途への対応と性能の向上を図るべく、製品を進化させていきます。

ヘアードライヤーの使用モータ例
RS-365SV RS-385SV RS-545SH

3. マブチモーターの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長社長執行役員 大越 博雄
昭和36年7月9日生まれ
昭和59年4月 当社入社
平成2年6月 萬寶至實業有限公司購買課長
平成8年8月 同社総経理室長
平成14年5月 同社董事兼総務部長兼人事部長
平成14年10月 当社経営企画室長
平成15年3月 当社事業基盤改革推進本部副本部長
平成16年1月 当社経営企画部長
平成21年11月 当社執行役員管理本部長
平成23年3月 当社取締役
平成25年3月 当社代表取締役社長・社長執行役員(現在)

3-2 発言、ブログ、エピソード

当社グループの関連市場におきましては、自動車電装機器市場は、欧米の堅調が継続し、中国及びその他新興国の成長鈍化をカバーし緩やかな成長となると予想しております。民生・業務機器市場では、家電機器、工具及び法人向け事務機器の需要が横ばいで推移するものの、個人向け事務機器需要は縮小すると予想しております。(大越社長)

当社は創業以来、小型直流モーターの専業メーカーとして「国際社会への貢献とその継続的拡大」を理念に掲げ、より良い製品をより安く供給することにより、豊かな社会と人々の快適な生活の実現を目指し、企業活動を行っております。
更なる貢献に向け、長年培われた技術と英知を結集し、市場創造と小型直流モーターのもつ限りない可能性を追求し、その実現に向けマブチグループ一丸となって取り組んでまいる所存です。
(大越社長)

4. マブチモーターではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結:2万3768人
単体:781人
(平成28年年12月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均43.5歳(平成28年年12月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均18.6年(平成28年年12月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均731万6064円(平成28年年12月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

Mikito H 製品開発部
モーターの開発

課題を解決することでモーターが少しずつお客様のご要望に近づくことにやりがいを感じます。今後も製品開発のスペシャリストを目指し、多くのモーターを世に送り出したいと考えています。

・あなたにとってのマブチの魅力を教えてください。
中途採用者、新卒採用者の区別なく挑戦の機会があることです。
その他、英語教育プログラムや通信教育制度を設けるなど、会社として社員のキャリアアップに前向きに取り組んでいることはマブチの魅力であると思います。
それから、食堂で提供される食事は非常においしいです。

Kei F 営業
自動車電装用大型モーター事業・欧州担当

営業として売上を追うことだけではなく、製品開発部や品質保証部など、多くの人を自らリードし、プロジェクトを遂行する器量が求められます。また、頻繁に海外のお客様との電話会議があり、英会話能力は必須です。海外出張も毎月のようにあり、お客様と直接英語で交渉する必要があります。
自分自身が会社の代表として、担当のお客様と折衝することに責任感とやりがいを感じます。また、仕事を通して社内外の方々の信頼を得られた際に大きな喜びを感じます。今後は海外駐在を経験し、よりお客様に近い立場で経験を積むとともに、幅広い用途を受け持つことで製品知識を深めたいと思っています。

 

5. マブチモーターの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

マブチモーターでは、継続的な事業の成長、更なるグローバル化推進に向け、キャリア採用を積極的に行っています。
中途入社の方には前職で培われた多くのご経験やスキルを余すことなく発揮頂き、即戦力としてご活躍頂くとともに、在職社員に対して新たな風や刺激を与える存在となり、共に成長できることを期待しております。
社内では新卒、中途を意識することなく受け止める風土があります。各フィールドにおいて中途採用の方も多数ご活躍頂いており、非常に働きやすい会社であると確信しています。
マブチモーターは世の中のために無くてはならない企業であり続けたいという想いと共に、国際社会に対する貢献度を高めるべく企業活動を行っています。熱意や成長意欲を持ち、マブチモーターの経営理念に共感頂ける方のご応募をお待ちしております。

5-2 育成に関する方針・施策

人材育成プログラム
当社の人材育成方針は「人を最も重要な経営資源と位置づけ、仕事を通じて人を活かし、社会に役立つ人を育てる」です。 会社だけではなく「社会=国際社会」に貢献できるような社会人・国際人の養成を目指しています。企業活動を通じて、国際社会の進歩と発展に寄与することこそが、当社が存在する唯一の理由であるからです。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

・初任給
修士了:234,000円(2016年実績)
大卒:210,000円(2016年実績)
・昇給 年1回(4月)
・賞与 年2回 6.61ヶ月(2016年実績)

6. マブチモーター出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

高田 貴久
プレセナ・ストラテジック・パートナーズ取締役CEO・創業者
世界最古の戦略コンサルティングファーム、
アーサー・D・リトル(ジャパン)において
プロジェクトリーダー・教育担当・採用担当を
努めた後、クライアントであったマブチモーター
株式会社へ転職。社長付 兼 経営企画部付・
事業基盤改革推進本部 本部長補佐として改革を
推進。ボストン・コンサルティング・グループを
経て、2006年に株式会社プレセナ・
ストラテジック・パートナーズ設立。

富沢 裕司
日本工業大学大学院 客員教授、Gallup(米国)認定ストレングスコーチ
(株)プレセナ・ストラテジック・パートナーズ講師
マブチモーター株式会社にて、営業本部における管理・企画部門のマネジャーとして、用途事業戦略策定や、販売計画の立案と分析、人材育成などの業務に従事
その後、プレセナ・ストラテジック・パートナーズに参画

7. マブチモーターの福利厚生は?

社会保険、独身寮・各種施設

福利厚生施設

マブチクラブ
マブチクラブは当社所有の総合福利厚生施設です。
仕事帰りに一汗流すためのエアロビルームや、マシン類も充実したフィットネスルーム、リフレッシュのためのカラオケルームなどを備えています。仕事仲間が集う社員倶楽部では、ちょっとした宴会が催されることもあります。

独身寮
安全性を飛躍的に向上させ、様々な面で改善された住環境によって、社員の心身の健康を維持すると同時に、士気が高まることを期待して、2009年夏に独身寮を新築しました。
入寮資格対象者は30歳未満の独身で、実家からの通勤時間が公共交通機関で片道2時間以上かかる方です。

テニスコート
砂入り人工芝コートを2面備えております。(ナイター完備)
平日は夕方4時から夜8時、会社休日は朝9時から夕方6時までプレー可能

8. マブチモーターの中途採用は?

キャリア採用情報  | マブチモーター株式会社

https://www.mabuchi-motor.co.jp/recruit/career/

キャリア採用情報を掲載しています。マブチモーター採用サイト。小型直流モーター世界No.29ブランドとして、人々や社会の「夢」を実現する製品づくりを支えます。

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1981年創業のインターネットおよび通信を主な事業基盤とするソフトバンクグループの持株会社。主なグループ企業にはソフトバンク㈱、ヤフー㈱、福岡ソフトバンクホークス㈱などがある。国内事業に加え、スプリントおよびブライトスターの子会社化により米国内での事業規模も大きく拡大。さらにインドや東南アジアなどへの投資を推進中。


【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。近年、クラウド事業をはじめとして、グローバル市場への展開を積極的に推進しており、海外売上高が拡大している。


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


株式会社LITALICOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社LITALICOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

働くことに障害のある人への就労を支援する事業を展開している企業。「LITALICOワークス」は全国各地へ展開し日々多くの就労者支援を行っているほか、発達障害のある子供向けの療育・学習支援サービス「LITALICOジュニア」等の運営も行う。若手ベンチャー起業家を称える「ドリームゲートアワード2008」を受賞した。


ソネット・メディア・ネットワークス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

人工知能、金融工学等のコアテクノロジーを軸に、マーケティング・テクノロジー事業を主に展開しているインターネット広告会社。情報通信技術を人に優しいかたちにして、愉快なる未来を創る事を掲げており、サービスの一つであるLogicadでは広告配信最適化プラットフォームを実現している。ソネットの子会社。


最新の投稿


株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

兵庫県尼崎市に本社を構える、チタン・ポリシリコン・高機能材料を製造・販売している企業。日本で初めてスポンジチタン製造の工業化に成功した、スポンジチタン界のパイオニア。また、ポリシリコン分野では、半導体グレード品としては世界トップレベルの製品を安定供給するなど、現代文明に欠かせない技術を有している。


株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバは、「モーター・制御・機構」の技術に長けている、自動車・二輪車用部品の製造、販売を手がける部品メーカー。グローバル展開を行っており、二輪スタータでは世界シェアの3割から4割を占めるトップ企業。培った技術を活かして、ライフサポート製品なども手掛けている。


スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社は、静岡市に本社を置く、電子機器・工作機械・精密部品メーカー。市場規模1000億円以下のニッチな市場においてシェアを確保するグローバルニッチ戦略を基本とし、海外売上高の割合が高く、2016年には全体の8割の売り上げが海外でのものとなっている。


キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社は、戦前精密時計を製作していた英工社の秩父工場を母体に、キヤノンの子会社として1954年に設立された精密機器を製造・販売する企業である。坂巻社長の発案で、会社から椅子を無くして業績を伸ばすなど先進的な試みを行っている。IT分野、情報セキュリティ分野にも進出している。


株式会社ユーシンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ユーシンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

貿易業から製造業に転じ、東証一部の会社となった。世界17ケ国に24の工場を展開し、自動車部品や農業・産業機械の部品を供給している。2013年にフランスのValeo社アクセスメカニズム事業を買収したことで、主力のキーセットは世界シェア首位となった。


wiget_w300 wiget_w300