【ユニクロ】(株)ファーストリテイリングに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【ユニクロ】(株)ファーストリテイリングに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ユニクロやジーユー、リンク・セオリー・ジャパンなどのアパレル会社を傘下にもつ持株会社。仏コントワー・デ・コトニエ、プリンセス タム・タムなども展開。カジュアル衣料で売上世界4位。売上比率は国内ユニクロ43.5%、海外ユニクロ38.0%、グローバルブランド18.3%。本社は山口県だが、東京本部はミッドタウン・タワー。


1. 株式会社ファーストリテイリングってどんな会社?

1-1. ひとことで言うと

株式会社ファーストリテイリング(英: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。

1-2. 創業者と沿革

柳井正(やないただし)は、日本の実業家で、ファーストリテイリング代表取締役兼社長。また、ソフトバンクの社外取締役でもある。1946年(昭和24年)山口県宇部市に生まれ、早稲田大学政治経済学部卒業後、ジャスコ(現在のイオンリテール)勤務を経て実家の小郡商事に入社。父の後を受け社長に就任後は「ユニクロ」一号店を1984年(昭和59年)に開店し、店舗を拡大して行く。ユニクロが徐々に受け入れられ始めた1991年(平成3年)には、社名を「ファーストリテイリング」に変更し、代表取締役兼最高経営責任者に就任し、現在はグループ会社の会長職も兼務している。

1949年3月 山口県宇部市でメンズショップ小郡商事を創業
1963年5月 資本金600万円にて小郡商事を設立
1984年6月 ユニクロ第1号店を広島市に出店(ユニクロ袋町店、1991年閉店)ユニクロ第1号店 1985年6月 ユニクロ初のロードサイド店(ユニクロ山の田店、1991年閉店)を山口県下関市に
      出店、その後のユニクロ店舗の原形となる ユニクロ初のロードサイド店
1991年9月 商号を小郡商事からファーストリテイリングに変更
1994年7月 広島証券取引所に株式を上場
1996年11月 自社企画商品の開発体制の充実を目的として、東京事務所(東京都渋谷区)を開設
1997年4月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
1998年2月 本社新社屋(山口市)を建設

1-3. 本社所在地とネットワーク

本社所在地
山口県山口市佐山717-1

出典:
http://www.fastretailing.com/jp/about/company/

概況 | FAST RETAILING CO., LTD.

http://www.fastretailing.com/jp/about/company/

最終更新日: 2018.04.12 to English page 商号 株式会...

1-4. ビジョン・ミッション

「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」は、
ファーストリテイリンググループが掲げる企業
理念です。(書家 杭迫柏樹作)

■FAST RETAILING WAY (FRグループ企業理念)
【ステートメント】
 服を変え、常識を変え、世界を変えていく

【ファーストリテイリンググループのミッション】
 ファーストリテイリンググループは─
 ・本当に良い服、今までにない新しい価値を持つ服を創造し、世界中のあらゆる人々に、
  良い服を着る喜び、幸せ、満足を提供します
 ・独自の企業活動を通じて人々の暮らしの充実に貢献し、社会との調和ある発展を目指します

【私たちの価値観 ─ Value】
  お客様の立場に立脚
  革新と挑戦
  個の尊重、会社と個人の成長
  正しさへのこだわり

2. 株式会社ファーストリテイリングの業績・主力商品・見通し

2-1. 業績推移・見通し

▲売上収益(IFRS)
2017年8月期 1兆8619億1700万円
2016年8月期 1兆7864億7300万円
2015年8月期 1兆6817億8100万円
▲営業利益(IFRS)
2017年8月期 1764億1400万円
2016年8月期 1272億9200万円
2015年8月期 1644億6300万円

▲親会社株主に帰属する当期純利益(IFRS)
2017年8月期 1192億8000万円
2016年8月期 480億5200万円
2015年8月期 1100億2700万円

ファーストリテイリング過去9年の売上高・営業利益の推移(スマートホンではタップ、PCではマウスオーバーで詳細が表示されます)

2-2. 事業セグメントと業績内訳

▲セグメントごとの売上高(IFRS)
 国内ユニクロ 8107億円
 海外ユニクロ 7081億円
 グローバルブランド 3401億円
(2017年3月期)

▲セグメント別期末店舗数(2017年8月期)
国内ユニクロ事業 831店
海外ユニクロ事業 1089店
グローバルブランド事業 1374店
※期末店舗数にはフランチャイズ店を含む。(ミーナ事業、グラミンユニクロ事業は含まず。)

2-3 主力事業

■国内ユニクロ・海外ユニクロ
【ユニクロ】
ユニクロはファーストリテイリンググループを代表するブランドです。ユニクロがめざしているのは、「人々の生活をより豊かに、より快適にする究極の普段着」です。ユニクロは、このLifeWearという、世界唯一の新しいカテゴリーの服を追求し、最高の品質と誰もが手に取れる価格の両立に挑戦しています。世界中のあらゆる人に、服を着る喜びを提供するのがユニクロの使命です。

出典:https://www.fastretailing.com/employment/ja/about/brands.html

■グローバルブランド
【ジーユー】
ジーユーは、ユニクロと並ぶ、ファーストリテイリンググループの中核事業です。ブランドメッセージは「ファッションを、もっと自由に。」。全社員が「自由」、「スピード」、「変化」を大切に考え、「あらゆる人が気軽に楽しめるファッション」という新しい常識を作り上げることを目指しています。現在は中国・台湾・香港への出店も果たし、世界中で「日本発のファストファッションブランド」となるべく、グローバル展開を加速しています。

■グローバルブランド
【セオリー】
フィットや素材、そしていつの時代にも通用するスタイルにこだわった服やアクセサリーを提供する革新的なブランドです。Theoryならではのモダンな感性が光るそのコレクションを彩るのは、世界最高級の生地を使用し、考え抜いたディティールと洗練されたデザインに落とし込んだアイテムの数々。シルエットはシンプルでありながら大胆、一体感がありながら万能、そしてなによりも今の時代のあらゆるライフシーンで活躍するようデザインされています。

3. 株式会社ファーストリテイリングの経営者ってどんな人?

3-1. 社長のプロフィール

株式会社ファーストリテイリング
代表取締役会長兼社長
柳井 正

1949年2月7日生
1972年8月 株式会社ファーストリテイリング入社
1972年9月 株式会社ファーストリテイリング取締役
1973年8月 株式会社ファーストリテイリング専務取締役
1984年9月 株式会社ファーストリテイリング代表取締役社長
2001年6月 ソフトバンク株式会社(現ソフトバンクグループ株式会社)社外取締役(現任)
2002年11月 株式会社ファーストリテイリング代表取締役会長
2005年9月 株式会社ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長(現任)
2005年11月 株式会社ユニクロ代表取締役会長兼社長(現任)
2008年9月 株式会社GOVリテイリング(現株式会社ジーユー)取締役会長 (現任)
2009年6月 日本ベンチャーキャピタル株式会社社外取締役(現任)
2011年11月 株式会社リンク・セオリー・ジャパン取締役(現任)

3-2. 発言・エピソード

世界の変化に対して、私たちもフラットなネットワーク組織になっていかなければなりません。商品の企画、生産、マーケティング、物流、販売、世界各地のそれぞれの領域でデジタルネットワークを介して縦横無尽に連携し、世界同時進行で仕事を進めていきます。チームは臨機応変に離合集散を繰り返し、「役割」はあっても上下関係は存在しません。そして当然ながらそこに国籍や民族、性別、年齢、学歴等は一切関係がありません。
(中略)今、私たちは全員で働き方を革かえようとしています。自分が変化するから世の中が変わるのであって、世の中が変わるのを待っていてはいけません。勇気を持って自らの成功を捨て去ってください。勇気を出して自ら変われば、そこには大成功が待っています。想像力と好奇心をもって、明るい気持ちで未来に向き合って下さい。ファーストリテイリングは小売業であり、サービス産業であり、情報産業であり、システム産業であり、またイノベーションカンパニーです。

2018年8月期の海外ユニクロ事業は、売上収益が国内ユニクロ事業を超え、営業利益は国内ユニクロ事業に迫る水準になる見込みです。グレーターチャイナ、韓国、東南アジア・オセアニアといったエリアの事業の拡大には目を見張るものがあり、米国では西海岸を中心に次の成長市場としての芽が育ちつつあります。ユニクロは、グレーターチャイナから、韓国、東南アジア・オセアニア、インド、米国西海岸までの環太平洋地域の経済発展とともに、これからもビジネスを拡大できるチャンスがあると思います。
我々はグローバルでの事業拡大とともに、サステナブル(持続可能)な世界の実現にも力を注いでいます。服を製造する過程で、工場の労働環境、人権尊重、環境保全に取り組むほか、全商品リサイクル活動、女性活躍、障がい者雇用などをさらに積極化させていきます。

今は、非常に速いスピードでグローバル化、デジタル化が進んでいます。国境、産業、企業という概念を越え、人、モノ、情報が密接に繋がるようになりました。我々のような服をつくって販売する業界でも、アパレル業、小売業、繊維業という産業のボーダーが消滅しています。このように激変する時代のなかでファーストリテイリングが生き残るためには、情報を商品化する「新しい産業を創る」ことが重要だと考えています。

インターネットやスマートフォンが全世界に普及し、かつてないほどの速いスピードで情報が伝達されるようになっています。こうした時代の変化によって、我々のビジネスでも、お客様の声をダイレクトに聞くことができたり、お客様同士がSNSを通じて商品のコメントを交換したりすることで、商品へのフィードバックを瞬時に得ることができるようになりました。我々は、こうしたお客様の情報を分析し、お客様がご要望される商品をすぐに商品化できる「情報製造小売業」に、業態を転換し始めています。

世界No.1のアパレル製造小売業をめざす
ファーストリテイリングを「情報製造小売業」へと変革し、新しいビジネスモデルを確立させることで、世界No.1のアパレル製造小売業にしたいと考えています。2000年度には米国GAP社の2割程度しかなかった我々の売上規模は、2015年度にはGAP社と並ぶ水準に成長しました。現在は、我々と同じように企画・デザイン・生産・販売を行う"アパレル製造小売業"で成功を収めている、ZARAを展開するInditex社、H&M社に次ぐ、世界第3位の売上規模となりました。

ユニクロがZARAやH&Mといったファストファッションのブランドと差別化が図れているのは、ユニクロがめざすLifeWear( 究極の普段着)というコンセプトにあると思います。ZARAやH&Mのようにファッショントレンドを重視するブランドと、ユニクロがめざすものは異なります。我々のLifeWearは、「着る人の価値観からつくられる服、服に個性があるのではなく、着る人に個性がある」という考えに根ざしています。

有明プロジェクトを進めることにより、よりお客様の声を生かした、お客様のニーズに応えることができる「情報製造小売業」に転換し、同時に、我々のLifeWearも進化させていきたいと思っています。

ファーストリテイリングのビジネスは、お客様、そして社会を豊かにするためにあります。その目的を忘れず、世界をより良い方向に変えていくための努力を、我々はこれからも続けていきます。

4. 株式会社ファーストリテイリングではどんな社員が働いているの?

4-1. 従業員数

■連結 44,424人(準社員及びアルバイト社員 31,719人)
 国内ユニクロ事業 13,046人(同 11,949人)
 海外ユニクロ事業 23,191人(同 13,388人)
 グローバルブランド事業 5,954人(同 6,175人)
 その他 1,067人(同 67人)
 全社(共通:管理部門)1,166人(同 140人)
■単体 1,166人(同 140人)
(2017年8月31日現在)

4-2. 平均年齢

37歳5ヶ月(単体、2017年8月31日現在)

4-3. 平均勤続年数

4年5ヶ月(単体、2017年8月31日現在)

4-4. 平均年間給与

791万5000円(単体、2017年8月31日現在)

ファーストリテイリングの年収について詳しく知りたい!

ファーストリテイリング(ユニクロ・ジーユー)の給与・年収はどれくらい?【転職・求人サイトを渡り歩いて調べてみました】

https://tenshock.biz/articles/2710/

低価格の衣料品を提供する「ユニクロ」「GU」を運営するファストリテイリング。国内のみならず海外展開にも積極的で日本初のファストファッションブランドとして確固とした地位を気づきました。そんな同社で働いてみたいけど、実際これはどうなの? と転職者が疑問に思うことを、信用度が高い転職・求人サイトや口コミの情報をまとめてみます

4-5. 社員インタビュー、コメント

高橋 辰代
2001年入社
ユニクロ日本 グローバル商品本部ウィメンズバリュークリエーション&プランニング部門 部長

現在、日本国内でウィメンズMD(マーチャンダイザー)チームをまとめる高橋は、パリと東京を行き来しながら、世界中のお客さまにより愛されるユニクロの商品づくりに取り組んでいる。
MDという仕事の大部分はチームをリードし、物事を決めていくことです。自分が全てできなくても、それぞれのメンバーの力を合わせれば、達成できることはたくさんあります。チームを信頼し、チームで仕事をするスキルは、店舗での経験がなければ身についていなかったかもしれません。

佐瀬 恵美
2012年入社
ジーユー 営業部 第1チーム スーパーバイザー

2017年に複数の店舗をまとめるスーパーバイザーとなる。
ジーユーの女性たちがこれからもっと活躍し、長く働いていくために、フレックスタイム制の適用範囲を店舗で働くスタッフの皆さんにも広げられたら、さらに働きやすくなり、雇用が安定するのではないかと思います。ファーストリテイリングには、「Women’sダイレクトミーティング」など、現場で働く社員の声をすくい上げる場が用意されていますので、そうした機会も利用して、経営層や人事部の人たちに自分の意見を積極的に伝えています。

福田
2015年4月入社:地域正社員

今の私の役割は、稼働計画を立てること。月間のシフト、週間のシフト、その日のシフトと種類があるのですが、目標の売上額を取るために、人件費予算を割り振りながら個人の希望や法的な出勤時間の制限はもちろん、一人ひとりの業務能力などを考慮し組み立てます。
実際に働き始めて、想像していた以上に真面目な会社だなと感じています。休みもしっかり取れるので、プライベートは完全オフで、いろんなところに出かけています。友達からは、「あなたが一番充実してるんじゃない!?」と言われることも。確かに、覚えることはたくさんあって、「こんなに覚えるの!?大変だ~」なんて思うこともありますが、それもお客様に喜んでいただきたいからこそ。先輩は「すぐ覚えられるよ」と言うのですが、最初は半信半疑。でもやってみたら本当にすぐ覚えられるんですよ。

市村
2015年4月入社
ジーユー 店長代行(地域正社員)

綿密な計画を立てて、みんなで戦略を考える事は面白く、また自分自身の成長へも繋がっています。自分たちで立てた計画をベースにして、発注や売り場づくりに自分なりの工夫を加えることで、どれだけ売上や利益を増やせるか、日々チャレンジの連続です。
ジーユーの魅力は、昇格・昇給の基準が明確なこと。毎月上司と一緒に自分の業務レベルをチェックし、何をどのレベルまでできれば次のステップに進めるのかがわかるので、迷わず成長していけます。

5. 株式会社ファーストリテイリングの人材採用・育成方法

5-1. 採用に関する方針・施策

ファーストリテイリングの仲間として、変化を恐れず勇気を持ち、新たな一歩を踏み出したいと思っている方々をお待ちしております。

【ユニクロ店舗運営スタッフ(地域正社員)/ジーユー店舗運営スタッフ(地域正社員)】
■地域正社員に求める5つのポイント
01:成長志向
   店舗の代行者として活躍する意思とポテンシャルのある人
02:チームワーク
   チームで仕事ができ店舗を盛り立てていく事が出来る人
03:共感
   ファーストリテイリング・ユニクロの経営理念に共感ができ、地域・社会に貢献したい人
04:主体性・リーダーシップ
   店舗を地域NO.1にするために、自ら考え、提案・行動が出来る人
05:サービス精神
   人が好き、接客が好き、服が好き、サービス精神が感じられる人

【リンク・セオリー・ジャパン】
 リンク・セオリー・ジャパンでは成長意欲・ファッション性・コミュニケーション力のある方に
 ぜひ来ていただきたいと考えています。ただし、ご応募の時点では全てが揃っていなくても
 構いません。ご自身の強みを生かして働いていく中で必ず成長していくことができます。
 お互いがの存在が刺激となり磨きあえる、LTJにはそんな社風があります。
(成長意欲)
・チャレンジ精神のある人
・向上心=成長意欲のある人
・自分に期待できる人
・主体的に行動できる人
・ビジョンを明確に持てる人
(ファッション性)
・お洋服が好きな人
・美意識を追求できる人
・流行に敏感な人
・友人のコーディネートを考えることが好きな人
(コミュニケーション力)
・自分の事と同じように他人を思える人
・人のために貢献できる人
・探究心のある人
・人が好きな人

5-2. 育成に関する方針・施策

■能力開発・教育の促進
【人事制度と教育プログラムの連動】
従業員のキャリアを広げるためには、全体教育に加え、個性や目標に応じた個別教育が重要です。また、複雑なビジネス環境のなかで成果を出せるグローバルリーダーの育成には、人事制度と教育プログラムの連動が不可欠です。
そこでファーストリテイリンググループの社内教育機関「FR-MIC(FR Management and Innovation Center)」は、人事部とともに長期的な視点で人材を育成する「10年教育カリキュラム」を策定しています。また、グローバルリーダーの育成に向けて、世界各地の事業拠点から推薦された経営者候補が、ブランドや事業国・地域を横断した業務上の重要課題を解決することを目指す「未来のグローバルリーダープログラム」、事業課題の解決や新規事業の開発、提案と実行にチャレンジする「MIRAIプロジェクト」を運営。現在は、これら活動の成果を検証しながら、一層効果的なプログラムの開発に取り組んでいます。

■ユニクロの教育体制
 MIC(社内の教育チーム)と営業部が連携して、地域正社員1人ひとりに必要な教育の機会を
 設けています。

【教育・研修プログラム】
(入社時研修)
 会社の歴史や、大切にしていること、地域正社員の期待役割、制度などを講義、
 グループディスカッションを通して学び、会社についての理解を深めます。

(スキルアップ研修)
 店長代行者として活躍するために必要な、専門知識の基礎から実践までを段階的に学びます。
 例えば、
 ・トレーナーとしての心構えと行動を学ぶ研修
 ・商品知識をはじめ、売場の作り方を学ぶ研修
 ・商売に沿ったワークスケジュールの考え方から実践までを学ぶ研修
 ・売上、在庫管理の基本から具体的な策定方法を学ぶ研修
 など、ご本人の成長に合わせて段階的に研修を受講いただきます。

5-3. 評価・報酬に関する方針・施策

ファーストリテイリングは、従業員を正しく評価するために、目に見える成果だけでなく、上司・同僚・部下が個人の多様な能力を360度評価する制度を2017年10月から全グループに導入しています。
また、透明で公正な人事評価や報酬をファーストリテイリンググループで統一して実施していくために、職種階層別に求められる能力や要件を定義したグローバルグレードを採用。2015年度からは、国、地域、評価者、業績による評価の偏りを防ぐためにファーストリテイリンググループ共通の評価分布ガイドラインを導入しています。

■評価制度
ファーストリテイリングは、評価基準をキャリアごとに細かく明確にしています。
目標と達成度が明瞭になることで、評価は、個々人の成長を促すための教育であると考えているからです。
【評価制度4つのポイント】
 01:期間は3ヶ月間
    日頃の業務に対しての上司からの評価・フィードバックを、3ヶ月ごとに実施します。
 02:個々人に応じた目標設定
    自分自身と上司で話し合い、個々人のレベルにあった目標を設定します。
 03:評価基準は達成度+α
    達成度だけをみるのではなく、その「過程」も評価します。
 04:評価サイクルを通じた人材育成
    評価サイクル(目標設定→実行→評価)における上司の適切な関与が、部下の育成に
    結びつきます。

6. 株式会社ファーストリテイリング出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

沢田貴司(さわだ・たかし)
ファミリーマート代表取締役社長
1957年生まれ。81年上智大学理工学部卒、伊藤忠商事入社。97年ファーストリテイリング入社、98年副社長、2002年退社。03年に投資ファンドのキアコン設立。05年に企業支援会社のリヴァンプを設立、社長に就任。野村総合研究所などの社外取締役も務めた。16年9月より現職。石川県出身

玉塚元一(たまつか・げんいち)
株式会社ローソン会長兼最高経営責任者(CEO)
1962年生まれ、52歳。実家は玉塚証券(現みずほ証券)の創業家。85年に慶応義塾大学法学部を卒業後、旭硝子(株)入社。97年ケース・ウェスタン・リザーブ大学経営大学院にてMBA取得、サンダーバード大学大学院にて国際経営学修士号取得。
98年日本アイ・ビー・エム(株)を経て、(株)ファーストリテイリング入社、2002年同社代表取締役社長兼COO。05年(株)リヴァンプ設立。10年ローソン顧問に就任し、14年から現職。

森井 健太
タスクシェア株式会社 代表

1987年生まれ。
2010年4月に楽天株式会社へ入社。電子マネー事業部に配属後は大手法人の新規開拓とルート営業を行う。
2013年9月より株式会社ユニクロ(ファーストリテイリング)へ入社。店舗マネジメントに携わった後、フィリピンのベンチャー企業、ユナイテッド・リグロースのBPO事業責任者として0から事業を創る。
その後2015年27歳の時にフィリピンにてTask Share,incを設立し現在に至る。

梶 尚人
合同会社西友 常勤監査役

早稲田大学 法学部 卒業
1990年 日本合成ゴム株式会社(現:JRS株式会社) 入社
1997年 日本タンデムコンピューターズ株式会社
    (現:日本ヒューレット・パッカード株式会社) 入社
1998年 コンパックコンピュータ株式会社(現:日本ヒューレット・パッカード株式会社) 入社
1999年 株式会社ディレク・ティービー 入社
2000年 株式会社ファーストリテイリング 入社
2002年 株式会社アトラス 入社
2004年 AIGエジソン生命保険株式会社(現:ジブラルタ生命保険株式会社) 入社
2006年 デル株式会社 入社
2007年 株式会社ヒガ・インダストリーズ(現:株式会社ドミノ・ピザジャパン) 監査役就任
2011年8月 当社 監査役就任
2013年12月 合同会社西友 入社
2016年12月 当社 常勤監査役就任(現任)

7. 株式会社ファーストリテイリングの福利厚生は?

■401K(確定拠出年金制度)
一人ひとりのキャリアデザイン・ライフデザインの実現を支援するため、将来の備えを形成する制度です。 毎月一定金額を積み立て、その資産を個人が運用し、運用の結果に応じて、将来の年金支給額が決まります。
特長は以下の4つです。
特徴1:個人1人ひとりが自己責任で資産運用をする
特徴2:資産運用の結果次第で将来の年金額が変動
特徴3:離転職先に資産持ち運びが可能
特徴4:税金の大幅な優遇処置

ユニクロでは、女性が出産のときに、仕事との両立を図れるように次のような支援制度がそれぞれの段階で用意されています。
■妊娠中
 残業・深夜業の禁止、産婦人科の通気通院するための勤務上の配慮、つわり休暇
■出産前後
 出産休暇
■子供が1歳になるまで
 育児休暇、育児短時間勤務、勤務中の育児時間、残業・深夜業の禁止
■子供が小学4年生の始期に達するまで
 育児短時間勤務、介護休暇
 また、休暇後、職場復帰時の活躍の場も個人の事情を考慮し、それぞれについて
 対応しています。

8. 株式会社ファーストリテイリングの新卒採用、中途採用の求人は?

8-1.中途採用求人の全体傾向

ファーストリテイリングのような成長企業の場合、新卒・第二新卒のほか、経験者の中途採用も積極的に行っています。特に専門職の社員が退職して欠員が出た場合や、社内の人材だけで経営課題に対応できない場合には、社外から専門性を有した人材を中途採用で確保します。そのチャンスを掴めるかどうかは、情報収集の巧拙にかかっています。

8-2.「コーポレートサイト」のキャリア採用求人

コーポレートサイトには新卒・第二新卒のほか、中途採用の求人がまとまって掲載されています。ファーストリテイリングの「デザイナー、パタンナー」「MD、VMD」「生産・物流」「IT」「マーケティング、PR」「本社管理部門」のほか、グループ会社のユニクロやGUのデザイナー等の専門職、セオリーなどを含む店舗スタッフの求人があります。

8-3.「求人情報サイト」の公開求人

求人情報サイトには、ファーストリテイリングの人事部門アシスタント(GU担当)の契約社員など、会社の採用サイトに掲載されていない求人も見られます(2017年8月29日現在)。コーポレートサイトの求人を見て、ハードルが高すぎるなと感じた人は、ぜひ目を通してみてください。

8-4.「転職エージェント」に提供される非公開求人

このほか、応募者の質向上や極秘プロジェクトの人材確保を目的として、転職エージェントにのみ「非公開求人」の情報が提供されている場合があります。
大手人材紹介サービスの「リクルートエージェント」や「PASONA(パソナ)」「マイナビエージェント」や「doda(デューダ)」に登録すると、希望に合った非公開求人をキャリアアドバイザーから紹介してもらえることがあります。

キャリコネがおすすめする、信頼の大手人材紹介サービス4社

https://careerconnection.jp/consultant/agent.html?utm_source=tenshock&utm_medium=45&utm_campaign=body&utm_content=link_8-4&dmai=TEN

信頼の大手人材紹介サービス会社「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」、「PASONA(パソナ)」や「doda(デューダ)」に登録

9. ファーストリテイリングのキャリコネ、Vorkers、転職会議、カイシャの評判の総合評価や他口コミ項目を見る

10. ファーストリテイリングの、業界平均と比較したホワイト・ブラック企業度は?

 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【ハイコーキ】工機ホールディングス(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【ハイコーキ】工機ホールディングス(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

大手電動工具メーカー。旧日立工機。2017年3月に日立グループを離脱し同年7月に上場廃止。2018年5月に社名変更し同年11月新ブランド名「HiKOKI(ハイコーキ)」を採用。1000を超える豊富なラインアップを手がけ、遠心分離機などのライフサイエンス機器も製造。海外売上高が約7割、中国での生産活動が約8割を占める。

東京都港区 東証一部 電機・電子


泉州電業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

泉州電業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1947年創業。機器用・通信用ケーブルを中心に各種電線の製造・販売を行う電線総合商社。本社は大阪府吹田市。「ないものはつくる」をモットーに、オリジナル商品の開発も行っており、ユーザーによって異なるさまざまなニーズにあわせた最適な仕様提案と加工技術を持ち合わせている。2017年11月に東証一部上場。

大阪府 東証一部 商社


【最新版】山口労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

【最新版】山口労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

厚生労働省が2018年9月28日に公表した「労働基準関係法令違反に係る公表事案」(2017年9月1日~2018年8月31日公表分。いわゆる「ブラック企業」リスト)のうち、山口労働局管轄の一覧(最終更新日:2018年8月31日)です。

ブラック企業 山口県


【オプジーボ】小野薬品工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【オプジーボ】小野薬品工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

300年以上の歴史を持つ製薬会社。医療用医薬品に特化した研究開発型製薬企業。がん治療薬「オプジーボ」は、ノーベル医学・生理学賞の本庶佑氏との長年にわたる共同研究で実用化した。独創的かつ革新的な創薬事業は高い利益率を誇る。韓国、台湾に子会社を設立し、海外自販体制の構築を進めている。

東証一部 大阪府大阪市 製薬 doda_転職人気企業ランキング201 大阪 JPX日経400


豊和工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊和工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

愛知県清須市に本社を置く工作関連機械メーカー。源流は繊維機械の国産化・量産化のために設立された豊田式織機。工作機械のほか、空・油圧機器、電子機械、防音サッシ・ビル用サッシ等の金属製建具、清掃車両、小銃・猟銃等の火器も手がける。小銃メーカーとしては国内で唯一の企業。

愛知県 東証一部 建機・工機 電機・電子


最新の投稿


株式会社ASIAN STAR(エイシアンスター)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ASIAN STAR(エイシアンスター)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1979年設立。神奈川県に本社を置く、不動産会社。横浜、川崎エリアを中心に自社ブランド「グリフィンマンションシリーズ」を分譲、販売している。首都圏を中心に、マンション・アパート等の収益不動産を仕入れリノベーションを施し「不動産価値を高める」ことに注力。また、レンタルスペース事業等、不動産を様々な形で利用提案している。

東証ジャスダック 不動産 神奈川県


【平均年収1019万円】WOWOWの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収1019万円】WOWOWの給与が高いのはなぜなのか

WOWOWの年収(給与・報酬)が丸わかり!同業他社との比較、平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに平均年収が高い理由や社員の収入実態に迫っていきます。今回注目する企業は日本初・民間衛星放送局のWOWOWです。就職・転職活動中の方は必見です。

WOWOW 年収


【人材ベンチャー】(株)ネオキャリアに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【人材ベンチャー】(株)ネオキャリアに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

転職情報サイトに掲載する求人広告代理店として2000年に設立。現在は、新卒・中途採用支援と介護士・保育士・看護師の採用支援、海外採用支援、人事業務支援の4つの柱で事業を展開している。2016年「働きがいのある会社」大規模部門25位。

人材・介護 東京都新宿区 非上場


【平均年収1077万円】東京エレクトロンの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収1077万円】東京エレクトロンの給与が高いのはなぜなのか

東京エレクトロンの年収(給与・報酬)が丸わかり!同業他社との比較、平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに平均年収が高い理由や社員の収入実態に迫っていきます。今回注目する企業は半導体製造装置国内最大手の東京エレクトロンです。就職・転職活動中の方は必見です。

東京エレクトロン 年収


北海道コカ・コーラボトリング株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

北海道コカ・コーラボトリング株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

北海道各地にコカ・コーラを販売している会社。札幌の本社を中心に全道各地に17の営業所から、販売を行っている。また、コカ・コーラだけではなく北海道の自然が生み出す水と原材料を活かして、道内限定商品の開発・販売や、地域社会との関わりを重視し、環境保全活動にも取り組んでいる。

食品・飲料 東証二部 北海道


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300