【平均年収734万円】ナブテスコの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収734万円】ナブテスコの給与が高いのはなぜなのか

ナブテスコの年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業は産業ロボット用精密減速機で世界シェア6割のナブテスコです。就職・転職活動中の方は必見です。


テレビCM「ナブステスコって、ナンデスコ?」をご存知でしょうか。一体、何を扱っている会社なのか興味を引くところですが、実はこのCMキャラクター3人のナブテスコモンスターズは、ナブテスコがモーションコントロール技術で貢献している分野について紹介しているものなのです。

ナブテスコモンスターズのうち1番大きな茶色のカカオはタンカーのエンジンを、次に中くらいの大きさで緑色のピスタは飛行機のフライトコントロールを、そして1番小さな赤色のベリーは電車のブレーキやドアの開閉などを表現しています。ナブテスコは船用エンジン遠隔制御システムにおいて国内で約50%、世界で約40%のシェアを持ち、飛行機のフライト・コントロール・アクチュエーション・システムはなんと国内シェア100%を誇っているのです。その他にも、鉄道車両用ブレーキシステムは国内シェア50%、鉄道車両用ドア開閉装置については国内シェア70%と確固たる地位を築いています。

以上のことから、まさにCMの中に広がる世界のように、日常におけるさまざまな場所にはナブテスコによる技術が生かされていることがわかります。

またナブテスコは年収が高いことでも有名で、3000社を超える上場企業の中でも常に上位に位置しています。
では一体どれくらい高いのか、高い理由はなにか、年収の高さ以外のメリットやデメリットはあるのかなどに迫っていきましょう。

ナブテスコの年収(給与・報酬)はどれくらい高いのか?

まずナブテスコの平均年収がどれくらいの額なのかから見ていきましょう。

2017年12月期の有価証券報告書によると、ナブテスコの平均年収は734.3万円です。

国税庁が行った2017年民間給与実態統計調査では、男女合わせた正規雇用者の平均年収が493.7万円であることから、どれだけ高い年収なのかがわかりますね。

ナブテスコとライバル企業との比較

では次に、同じ業界であるSMC、ハーモニック・ドライブ・システムズ、IDECの平均年収と比べてみましょう。
以下に各社の有価証券報告書に記載されている情報をまとめました。

ナブテスコ:734.3万円(2017年12月期)
SMC:775.2万円(2018年3月期)
ハーモニック・ドライブ・システムズ:852.9万円(2018年3月期)
IDEC:658.1万円(2018年3月期)

こうしてみるとナブテスコ業種・業界全体の平均年収が高いことがわかります。

と、ここまではほぼ公開データ上での話。同業他社同士で給与明細を比較してみると、さらに驚くべき結果が!

業界の給与明細

日本の平均年収を大きく上回る収入が

ナブテスコ20代・技術職(非管理職)の 給与明細

SMC20代・技術職(非管理職)の 給与明細

ハーモニック・ドライブ・システムズ20代・技術職(非管理職)の 給与明細

IDEC20代・技術職(非管理職)の 給与明細

ナブテスコの平均年収の推移

続いて、過去5年間における年収の推移を見てみましょう。

有価証券報告書を元に平均年収額と平均年齢を書き出してみました。

2013年3月期 700.6万円 (平均年齢 42.9歳)
2014年3月期 678.2万円 (平均年齢 43歳)
2015年12月期 733万円 (平均年齢 42.5歳)
2016年12月期 724.5万円 (平均年齢 42.5歳)
2017年12月期 734.3万円 (平均年齢 42.4歳)
(出典:有価証券報告書)

平均年収の推移を見てみると、若干の波があるとはいえ、直近の3年間は700万円を超える状態が続いています。

比較の対象として、ナブテスコと同じく産業ロボット業界において重要部品を扱う3社のSMC、ハーモニック・ドライブ・システムズ、IDECを取り上げました。SMCは空圧制御機器で世界首位にあり、一方ハーモニック・ドライブ・システムズは小型ロボ向け精密減速機などを手がけている会社です。またIDECは制御機器専業メーカーとして、操作スイッチ部門などで国内首位となっています。比較をした3社とも世界や国内におけるトップを占め、きわめて業績好調であることがわかります。このような平均年収の高い3社をも追い越すような勢いで、ナブテスコがさらに上昇に向かっていることは明白です。

これほど年収が高いということはどういう理由があるのでしょうか? 探っていきましょう。

ナブテスコの年収(給与・報酬)が高い理由は?

年収が高い理由としては、業績に連動した賞与の比率が大きいという企業特性が挙げられるでしょう。その根本を支えているのは、何といってもナブテスコの好業績です。2017年度の売上高と利益率はともに予想数値を大幅に上回り、過去最高益を更新する増収・増益となりました。なかでもコンポーネントソリューションセグメントは、前期比の売上高が13.7%増、営業利益率は16.5%増という快挙を遂げています。

たとえば産業用ロボットの動きを支える精密減速機事業では、ナブテスコがグローバル市場のシェア6割を占め、競争優位性の源泉となっています。また建設機械の高性能化に貢献する油圧機器事業では、油圧モーター、減速機、パーキングブレーキなどを一体化した走行ユニット「GMシリーズ」が顧客から広く支持を受けました。

こうした時世の省人化や自動化のニーズが追い風となり、また世界的な建設機械向け需要の好調さに後押しされ、ナブテスコの右肩上がりの成長につながっているのです。

口コミには年収の実態を如実に表す証言がありました。

ナブテスコ社員の口コミ

一言で言って、給料が良い!

「年収がいい。とくに賞与は業績が良かったので、連動して最高の額でした。 査定で感じたことは、昇給への近道を行くには、ある程度……

時間外手当については、シビアな一面も…

「残業時間数については、1カ月当たりの額があらかじめ決まっています。 もしその時間数を超えた場合については、基本的には……

ここまでで、十分高い収入を得られることも、年収が高い理由もわかりました。では社内でどんな人、どんな仕事をしている人がより給与が高いのでしょうか。

ナブテスコ社内で年収(給与・報酬)が高い職種・役職は?

先述したとおり、ナブテスコでは賞与が年収に占める割合が大きいため、より高額の賞与を得ている人材は年収が高いといえるでしょう。管理職以下の役職の場合は、業績が賞与に対して直接的に響くことはありません。しかしながら年2回支給される賞与は年間平均6カ月分以上にも上るため、やはり大きな存在です。

入社1年目から3年目で400万円~450万円ほどだった年収は、係長級で700万円前後となり、課長級で900万円~1100万円へと急激に伸びていきます。
実は、会社の業績や個人に対する評価が大きく賞与に影響を与えるようになるのは、管理職に就いてからのことなのです。つまりナブテスコでは、評価を受けた課長級以上の役職の年収がきわめて高いといえます。

実際の給与明細を見比べると、目安では見えてこなかった驚きの現実が!

ナブテスコ社員の給与明細

同年代同職種でも、賞与や手当の額で差が…

20代・生産製造技術(非管理職)の 給与明細

20代・生産製造技術(非管理職)の 給与明細

年収の高さばかりに目を奪われがちですが、就職・転職を検討するにあたり気をつけなければならないことはないのでしょうか。

ナブテスコの見落としがちな留意点、課題は?

懸念すべき点は、各事業所や配属先によってワークライフバランスが取りやすいか否かが異なることです。とくに設計開発部門は、事業の特徴ゆえに社内でも業務量が多いことから残業が発生してしまいます。会社としての残業規制が定められてはいるものの、業務量をこなすために時間外勤務が多く発生し、結果として就業が夜遅くや休日にまで及ぶこともあるようです。

現状では定時退社日の導入や強制的な休日出勤を指示されることはありませんが、いわば自主的な土日出勤をしている人も多いといいます。平日でも設計部門を中心として21時から22時まで残ることが多々あり、プライベートの時間を確保しづらい点はあらかじめ理解しておくとよいでしょう。

この他にも口コミにはこんな意見が書かれています。

ナブテスコ社員の口コミ

自由な雰囲気の中での付き合いができる!

「社風は所属部署によって異なり、飲み会などがほとんどない職場もあります。 希望すればサークル活動などに参加することもでき、社内イベントも……

社内は、実にいい雰囲気がある!

「和気あいあいとした、とてもいい感じのする職場だと思います。 職場で安心できるのは、なんといっても周りからの……

育児休暇などの制度が利用できる部署も…

「申請さえすれば、育児休暇や育児・介護のための時短勤務を取得することもできます。 ただし、設計開発などの多忙な部署においては、なかなか……

ナブテスコには年収以外にメリットはある?

ここまでナブテスコの年収面を見てきました。ただ就職先、転職先として年収の高さだけで決めることはできません。その他にメリットは無いのでしょうか?

ナブテスコの自己都合による退職率は1%前後と非常に低く、過去も同水準で推移していることが大きな特徴です。社員の平均年齢は42歳で、メーカーの一般的な水準であるにもかかわらず、平均勤続年数は17年と長期就業の傾向が顕著です。

こうした離職率1%かつ長期就業可能な環境を維持するため、ナブテスコでは離職者に対してアンケートを実施しています。その結果からデータを作成し、分析したものを社員の労務管理の改善や各種施策へとつなげているのです。具体的には労働環境の改善の一環として、サービス残業撲滅運動を実施しています。PCログを監視することによって勤怠実績との乖離を確認するなど、いわゆるサービス残業を一掃するために人事部が主体となり取り組んでいるのです。

結論的には、努力や覚悟は必要ですが、就職・転職先として素晴らしい企業であるといって問題ないでしょう。

ナブテスコについてもっと知りたい!

ナブテスコに関する詳しい企業情報は以下の記事にまとめています。あわせてご覧ください。

【世界シェア6割】ナブテスコ(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

https://tenshock.biz/articles/294

就職・転職するなら「ナブテスコ株式会社」。2003年にそれぞれ長い歴史を持つ帝人製機とナブコが統合して生まれた機械メーカー。油圧機器を手がけており、産業用ロボットの関節等に使用される精密減速機は世界シェア6割、自動ドア開閉装置では世界トップシェア級。鉄道車両のブレーキ装置でも高いシェアを誇る。

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


年収 ナブテスコ 機械

関連する投稿


【平均年収747万円】カネカの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収747万円】カネカの給与が高いのはなぜなのか

カネカの年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業は樹脂から食品、電子材料まで幅広く展開する化学メーカーのカネカです。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 カネカ 化学


【平均年収706万円】東レの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収706万円】東レの給与が高いのはなぜなのか

東レの年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業は国内唯一、三大合成繊維を生産できる繊維総合メーカー東レです。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 東レ 繊維製品


【平均年収767万円】ニコンの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収767万円】ニコンの給与が高いのはなぜなのか

ニコンの年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業はカメラだけじゃない、FPS露光装置の世界シェアNo.1のニコンです。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 ニコン 精密機器 半導体製造装置


【平均年収743万円】テルモの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収743万円】テルモの給与が高いのはなぜなのか

テルモの年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業はカテーテルで国内首位の売上高を誇る老舗医療機器メーカーのテルモです。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 テルモ 精密機器


【平均年収811万円】島津製作所の給与が高いのはなぜなのか

【平均年収811万円】島津製作所の給与が高いのはなぜなのか

島津製作所の年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業は分析計測機器から航空機器まで幅広く展開する老舗メーカーの島津製作所です。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 島津製作所 精密機器 医療機器 航空機器


最新の投稿


「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

コンビニエンスストア「セブン-イレブン」のフランチャイズオーナーと本部が、24時間営業の継続などをめぐって対立するニュースが流れています。この背景には、セブン&アイグループの問題は関係していないでしょうか。第3四半期決算報告会の説明資料から読み解きます。

投資家向け


いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は、人事採用担当者の課題とされている「ダイバシティ」について考えます。組織における人材の多様性向上は疑うべくもない常識とされつつありますが、それは本当に正しいのでしょうか。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

今回は即席麺メーカーから日清食品HDと東洋水産の2社について比較します。朝ドラのテーマとして再注目されている日本が誇る即席麺業界について、今回は上場しているトップ2社の財務面から特徴を洗い出します。就職・転職活動の参考になれば幸いです。

業界研究


「ZOZO離れ」は深刻な問題なのか? 決算説明会資料から占う将来性

「ZOZO離れ」は深刻な問題なのか? 決算説明会資料から占う将来性

若者に人気のアパレルECサイト「ZOZOTOWN」に対する批判的な報道が、ここのところ相次いでいます。「ZOZO離れ」という言葉も見られますが、運営する株式会社ZOZOの行く先には本当に暗雲が垂れ込めているのでしょうか。同社の決算説明会の資料を参考に、情報を整理してみました。

ZOZO 投資家向け


ぐるなびの業績悪化は、楽天との資本業務提携で改善できるのか?

ぐるなびの業績悪化は、楽天との資本業務提携で改善できるのか?

「加盟店の解約増加で大失速」とネットで話題になっている株式会社ぐるなび。創業者の滝久雄会長は2018年7月、保有株式の一部を楽天に売って資本業務提携を締結しました。すでに会員の新規獲得数やネット予約件数で効果が現れているようですが、今後の見通しはどうなのでしょうか。

投資家向け


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300