リクルート住まいカンパニーへの転職、最近リクルートを退職した元社員人材エージェントが語る必勝面接対策

リクルート住まいカンパニーへの転職、最近リクルートを退職した元社員人材エージェントが語る必勝面接対策

日本の住宅市場における情報サイトとして圧倒的な存在感があるSUUMOを運営する会社。直近まで働いていた元社員の人材エージェントが語る必勝面接対策とは?


話者紹介

(画像:左上)根本勇矢。元リクルート。リクナビNEXTの企画担当や住まい領域でグループ会社へ出向しマネジメント業務に従事。現在グローバルウェイではソーシャル・ウェブメディア事業部 ワークプレイス・メディアサービスGの事業責任者として、本音で探す自分らしい働き方の啓蒙に注力中。

(画像:右下)山本(仮名)元リクルート。最近までリクルートの某事業会社で企画職のマネージャーを務める。同企業にて営業職、企画職及び採用プロジェクトにも長年携わった経験があり、採用の実情に詳しい。

リクルート住まいカンパニーで働くひとってどんな人?

リクルート住まいカンパニーに転職するメリット・デメリット

根本

山本さん(仮名)、はじめまして。今回は取材にご協力いただけるとは思っていなかったので、非常にうれしいです。


山本

はい、最近辞めたばかりで守秘義務もありますので、ぶっちゃけ言えることと言えないことがありますがギリギリを攻めたいと思います。リクルートには十数年間在籍していたので割と長いほうなので色々と語れるかと。


根本

ありがとうございます。早速ですが、今回はリクルート住まいカンパニーへの転職について色々と伺いたいと思います。まずは、何やっている会社なんですか?


山本

一言で言うには難しいのですが、まぁ、ざっくり言うと、ユーザー目線では日本国内で最大手の「暮らし・住まいに関わる情報提供サービス」じゃないですかね。

企業目線では、ユーザーの集客サービスという位置づけでしょうか。暮らし・住まいに関しては買う・売る・借りる・建てる・直すの多領域で事業展開していますね。


根本

なるほど、さすが山本さん、端的で助かります!


山本

褒めても何も出ませんよ 笑 


根本

同じようなサービスは他社にもあると思いますが、何か違いはあるんですか?


山本

うーん、サービスモデル自体はリクルートの得意とするリボンモデルを構造概念としたマッチングサービスなので、他社と比較して独自性があるというわけではないんですよね。もちろん細かな違いはあるけれど転職の情報収集時点でそこまで知っておく必要はないかと。


根本

サービスモデル自体には違いはあまりない、と?


山本

そうですね。ビジネスモデルというよりは、それを「やり切る組織的な強み」がすごい。


根本

なるほど。「やり切る組織的な強み」というのは具体的にはどういうことなんでしょうか。


山本

うーん、ものすごく文化的なところなので、端的に言うのが難しいんですけど、「ビジョン」「戦略」「戦術オペレーション」の繋がりが筋が通っているところと実際にそれを実行する現場メンバー一人ひとりの「当事者意識」が本当にすごい。


根本

でた、「当事者意識」リクルートの記事ではほぼ必ずでてくるキーワードですよね。


山本

いや、本当にユーザーや取引企業の課題の解消を「自分ごと化」しているメンバーが多くて、住まいカンパニーだけでも何千人という従業員がそういう目線で仕事をしているっていうこと自体がリクルートの強みの源泉なんじゃないかなと思います。


根本

なるほど、リクルートに入社するメリットは大手の看板や給与だけでなく、そういった当事者意識の高い人たちと働けるというのもありそうですね。


山本

それはめっちゃあると思いますよ。あと、そういう人が大量に卒業してるから、リクルートを辞めたあともその当事者意識の高い人同士のつながりの中で仕事できるのはかなりメリット。

[転職のプロに相談してみませんか?]

リクルートに強い専門エージェントに相談する

応募企業やポジションの「メリット」だけでなく、「デメリット」も教えます。うわべの情報に惑わされない、失敗しない転職活動を。
→専門エージェントに相談してみる

自分で調べて面接対策する場合

大手口コミサイトの中でも「本音」が集まる年収・面接内容口コミサイトで情報収集を。
→キャリコネで年収・面接内容の情報を見てみる

リクルート住まいカンパニーへの転職成功を目指す方へ

専用の面接対策は必須

根本

なるほど。本当に辞めたあとも「繋がり」というメリットがあるってすごいですね。

ちょっと話戻りますが、当事者意識が高い人って、そういう人を採用しているんですか?それとも採用してから教育していっているんですか?


山本

もちろん研修やマネジメントによる教育的側面もありますが、そもそもの採用の時点で大分絞っていると思いますね。SUUMOというサービスの知名度も高いし、給与も高いし、応募数自体には困っていませんので、厳しく選考している。なかなか選考突破する人いないですね。


根本

なるほど、やはり簡単ではないんですね。中途採用だとどういう人が受かるんですか?選考基準とか教えてもらえませんか?(直球)


山本

選考基準そのものはさすがに勘弁して!答えられる範囲で言うと、まず「若い」こと。これは年齢制限を設けているわけではないけど、組織文化的な側面でそうなっちゃってますね。

30歳前後でマネージャー任用を進めていくし、30代後半は年次的にもどんどん卒業していく組織でもあるから、30代後半から中途採用で入れるケースはかなり数としては少ないんじゃないかな。


根本

なるほど、受けるなら早めのチャレンジがいいということですね。営業職への転職についてちょっと聞いてもよいですか?リクルート全体ではITと海外M&Aという戦略方針がありますが、そうはいっても現場の営業力もまだまだ力強く採用しているように見えますが。


山本

営業職は、「やり切る力」みたいなものを重視しているかも。現職の会社で何かしらの目標を大幅に達成した経験がないと厳しいんじゃないかな。住まいカンパニーに限ったことではないけど、リクルートは営業職にも契約社員が多くて、またその方たちが優秀で。

正社員で採用するポジションでは優秀な契約社員にも勝てるぐらいの素養と入社後の努力がないといけないからなかなか狭き門だと思う。

一方で、営業の「型化」も相当進んでいるのがリクルートなので、そこで得られる営業及び営業組織を動かす知見、経験が得られるメリットはあるし、多種用意されている「表彰」制度によって自分が頑張った実績も客観的に証明できるので次の会社での転職成功及び活躍にも相当有利に働くとおもう。


根本

なるほど、ハードルは高いが得られるメリットもかなり大きそうですね。企画職の選考基準はどうですか?事業開発や事業推進的なポジションへの転職難易度について教えてください。


山本

そうですね。いわゆる「地頭」みたいなところは企画職では相当求められますね。まぁこれはどこの大手でもそうですけどね、SPIの論理系の点数で足切りもあると思いますよ。あくまで一般的な話として聞いてね!一般的な話ね。

また、書類通過しても面接がめちゃくちゃ難しい。最終面接は役員なんだけどあまりにも難しすぎて、人事も困ってる。東大卒業でもコンサル出身でも、書類は通るけど面接でガンガン落ちる。


根本

え?それは、またなんでなんですか?コンサル出身者なんてどの大企業でも欲しがりませんか?採用すればいいじゃないですか。


山本

リクルートって、年収が高いし、ブランド力もあるから、コンサル会社にいる若手が受けられる数少ない求人で、人気なんですよ。


根本

いいことじゃないですか。


山本

いやいや、人気求人だと「キャリアロンダリング」みたいなノリで受けられることもあって、そういう応募は困るんですよ。


根本

なんですか、「キャリアロンダリング」って 笑。


山本

最終職歴を「コンサル会社出身」ではなく「事業会社の事業開発出身」にしてしまおうという考え方です。


根本

それ、何か意味あるんですか?1回転職回数を増やすだけでキャリア形成上、不利になりません?


山本

コンサル出身の方って、頭良くてバリバリ働くからどこの会社も重宝しそうな気がするんですけど、一方で考え方が「数字」とか「効率」に偏りすぎていることがあって。


根本

なんとなく言いたいことはわかります。


山本

内資の事業会社の多くは自社の組織とのフィット感を気にしてコンサル出身者の採用には慎重になることが多いんですよね。


根本

なるほどですね。僕はこの若手採用難の中では、採用したほうがよいとは思いますけどね。


山本

俺もそう思う。話を戻すと、事業会社に一度転職をして事業会社の事業開発とか事業推進出身者という職歴になると、たとえその就業期間がわずかなものであっても、一気に採用される確率が高くなる。

恐らく、コンサルタントが得意な分析・設計フェーズだけでなく、実際に推進する際の組織の動かし方のバランスもわかっているはず、と期待するからでしょう。


根本

なるほど、だから「年収の高いリクルートで、キャリアロンダリングできたら最高なので受けに来ました」という感じで面接に臨む方も多いと。


山本

そう。個人としてはその考え方も間違っていない、むしろ後押しすらするんだけど、それを面接の場で匂わせちゃったら、内定は難しいと思う。


根本

なるほどですね。弊社でもリクルート専用の面接対策を行っていますが、その準備すらできない方は、受けるのを辞めてもらっていますね。


山本

専用の面接対策!?すごいね。フェルミ推定とか意味ないよとか?


根本

あぁ、そんな対策は一切ありません。フェルミ推定、一時期面接対策で流行りましたね。Googleも辞めたらしいですね。あれ系の質問。

リクルートが好きな視座・視野・視点を、リクルートで働きたい候補者に理解してもらいつつ、その理解の中でこれまでのキャリアを整理して話せるかというような対策をしています。

結構各論の質問を用意して対策させてもらっています。営業でも企画でもそこは同じですね。


山本

それはいいね、リクルートの面接はちょっと他の企業と違うからね。


根本

志望動機とかあんまり聞かれませんからね。聞かれることもありますけど,重要視されていない感じを人事のフィードバックからも感じますからね。


山本

それはある。ぜひ、「キャリアロンダリング」だと誤解されないように、リクルートの文化にあったひとを紹介してあげてください。もう俺は卒業したけど。


根本

はい、なんかあまりぶっちゃけた話聞けませんでしたね。


山本

いや、記事にするならこれ以上踏み込めないでしょ 笑


根本

リクルート受けたい人から質問があったらまた色々と教えてください


山本

もちろんOKですよ。ぜひ一緒に、リクルートに受かりたい、働きたい候補者に丁寧で具体的なアドバイスをしていきましょう。今は前よりはちょっとだけ入りやすくなっていますから。個人的見解ね。


根本

最後にちょっとぶっちゃけが入りましたね 笑。今日はお忙しい中ありがとうございました。


[転職のプロに相談してみませんか?]

リクルートに強い専門エージェントに相談する

応募企業やポジションの「メリット」だけでなく、「デメリット」も教えます。うわべの情報に惑わされない、失敗しない転職活動を。
→専門エージェントに相談してみる

自分で調べて面接対策する場合

大手口コミサイトの中でも「本音」が集まる年収・面接内容口コミサイトで情報収集を。
→キャリコネで年収・面接内容の情報を見てみる

この企業情報の記事作成

関連する投稿


御社にもダメ面接官はいないか? 『コミュ障のための面接戦略』は人事部長も必読

御社にもダメ面接官はいないか? 『コミュ障のための面接戦略』は人事部長も必読

『コミュ障のための面接戦略』(星海社新書)は、元リクルートのゼネラルマネージャーで現在は株式会社人材研究所の代表取締役社長を務める曽和利光氏の最新著作。自身がいわゆるコミュ障であった経験を踏まえ、優秀なのになぜか採用されない人に対し、具体的な面接突破術「面接ハック」を授ける。

転職 就活


京都府で幼稚園教諭の求人をお探しの方に、知っておいて欲しい大切なこと

京都府で幼稚園教諭の求人をお探しの方に、知っておいて欲しい大切なこと

なりたい職業で常に上位に入る、幼稚園の先生人気は衰えません。では幼稚園教諭の実態はどうなのか、京都で人気の幼稚園を営んでいるのはどんな学校法人なのか。今回は京都府周辺で求人を出している「幼稚園教諭」の情報をまとめてみました。

就職 転職 教育 丸投げプラン


【熊本】正社員に積極登用! キャリコネ転職の内勤営業で「地方で働く」を後押し

【熊本】正社員に積極登用! キャリコネ転職の内勤営業で「地方で働く」を後押し

日本最大級の転職口コミサイト「キャリコネ」を運営する株式会社グローバルウェイ。全国の中小・ベンチャー企業の働きやすさや働きがいを伝え、中途採用を成功に導く「キャリコネ転職」が、熊本オフィスのスタッフを募集しています。成果や業務の習熟度などに応じ、契約社員から正社員、リーダー、マネジャーとキャリアアップが望めます。

熊本県 転職


愛知で介護職求人は常時7,000件以上!愛知で見つける、楽しくやりがいのある介護職の探し方

愛知で介護職求人は常時7,000件以上!愛知で見つける、楽しくやりがいのある介護職の探し方

最近何かと話題の介護職ですが、介護施設や携わっている人も多くなってきました。介護職の実態はどうなのか、愛知の介護事業を営む企業はどんな会社があるのか。愛知にある事業所の特徴と合わせてまとめてみました。

介護 転職 就職 丸投げプラン


新卒より「専門性の高い経験者採用」を優先? NTTデータとパナソニックが方針転換

新卒より「専門性の高い経験者採用」を優先? NTTデータとパナソニックが方針転換

日本型経営といえば「新卒一括採用」と「終身雇用」、それに「年功序列」が鉄の掟といわれてきたが、有名大企業でその一角が崩れるかもしれない。背景にはテクノロジー分野での事業環境の大変化と、若年層の急速な人口減少がある。転職・中途採用市場に変化は起こるか?

転職 中途採用


最新の投稿


「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

コンビニエンスストア「セブン-イレブン」のフランチャイズオーナーと本部が、24時間営業の継続などをめぐって対立するニュースが流れています。この背景には、セブン&アイグループの問題は関係していないでしょうか。第3四半期決算報告会の説明資料から読み解きます。

投資家向け


いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は、人事採用担当者の課題とされている「ダイバシティ」について考えます。組織における人材の多様性向上は疑うべくもない常識とされつつありますが、それは本当に正しいのでしょうか。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

今回は即席麺メーカーから日清食品HDと東洋水産の2社について比較します。朝ドラのテーマとして再注目されている日本が誇る即席麺業界について、今回は上場しているトップ2社の財務面から特徴を洗い出します。就職・転職活動の参考になれば幸いです。

業界研究


「ZOZO離れ」は深刻な問題なのか? 決算説明会資料から占う将来性

「ZOZO離れ」は深刻な問題なのか? 決算説明会資料から占う将来性

若者に人気のアパレルECサイト「ZOZOTOWN」に対する批判的な報道が、ここのところ相次いでいます。「ZOZO離れ」という言葉も見られますが、運営する株式会社ZOZOの行く先には本当に暗雲が垂れ込めているのでしょうか。同社の決算説明会の資料を参考に、情報を整理してみました。

ZOZO 投資家向け


ぐるなびの業績悪化は、楽天との資本業務提携で改善できるのか?

ぐるなびの業績悪化は、楽天との資本業務提携で改善できるのか?

「加盟店の解約増加で大失速」とネットで話題になっている株式会社ぐるなび。創業者の滝久雄会長は2018年7月、保有株式の一部を楽天に売って資本業務提携を締結しました。すでに会員の新規獲得数やネット予約件数で効果が現れているようですが、今後の見通しはどうなのでしょうか。

投資家向け


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300