ダイハツ工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ダイハツ工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

トヨタグループとして自動車の設計開発および製造販売を行う会社。主に軽自動車や小型自動車のスモールカーを手がけており、軽自動車に関してはトップクラスのシェアとなる。海外展開では、インドネシアとマレーシアに生産工場を置き、生産および販売台数の実績を誇る。近年では低燃費・低価格・省資源の自動車の製造に注力している。


1. ダイハツ工業株式会社ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

国内、海外、受託・OEMの三事業を柱に、「低燃費/低価格/省資源」と高い付加価値を両立したクルマづくりを追求しています。

1-2 創業者と沿革

1907(M40)年3月 内燃機関の製作と販売を目的として「発動機製造(株)」創立
1939(S14)年2月 池田工場操業開始〔現本社( 池田) 第1 工場〕
1951(S26)年12月 社名を「ダイハツ工業(株)」に改称
1961(S36)年6月 池田第2工場操業開始〔現本社( 池田) 第2工場〕
1963(S38)年10月 教育センター設立〔現販売研修センター〕
1964(S39)年3月 保健センター設立
1965(S40)年3月 本社事務所、池田市に完成〔現本社・本館〕
1965(S40)年7月 電気自動車研究に着手
1966(S41)年5月 ディーゼル機関の製造販売部門を分離し「ダイハツディーゼル㈱」設立
1967(S42)年2月 滋賀テストコース完成

1-3 本社所在地とネットワーク

【本社所在地】
大阪府池田市ダイハツ町1−1

出典:
https://www.daihatsu.com/jp/company/access/index.html

DAIHATSU

https://www.daihatsu.com/jp/company/access/index.html

ダイハツのアクセスのご紹介です。

1-4 ビジョン・ミッション

■グループスローガン
「Light you up」
らしく、ともに、軽やかに

■ブランドビジョン
ダイハツグループは、世界中の一人ひとりが自分らしく、軽やかに輝くモビリティライフを広げます。(中略)

■グループ理念
私たちダイハツグループは、時代をリードする革新的な「クルマづくり」への挑戦を通じて、
“世界の人々に愛されるグローバル・ブランド” “自信と誇りを持った企業グループ”
を目指します
1.世界のお客様の笑顔と感動が私たちの喜びです
2.お互いの個性尊重と公平が私たちの絆です
3.地球と社会との共生が私たちの責務です
4.スピード・ブレークスルー・率先垂範が私たちの基本です
5.世界一のスモールカーづくりが私たちの挑戦(チャレンジ)です

2. ダイハツ工業の業績・主力商品・見通し

2-1 業績推移・見通し

【2017年度実績トピックス】
■国内販売
・軽自動車、登録車が増加し、4年ぶりに前年同期実績を上回った。
■海外販売
・インドネシアが減少し、2年ぶりに前年同期実績を下回った。
■グローバル販売
・国内が増加し、2年連続で前年同期実績を上回った。

【2016年度 実績トピックス】
■国内販売
・軽自動車が減少し、3年連続で前年同期実績を下回った。
■海外販売
・インドネシア、マレーシアが増加し、2年ぶりに前年同期実績を上回った。
■グローバル販売
・海外が増加し、3年ぶりに前年同期実績を上回った。

【2015年度 実績トピックス】
■国内販売
・軽自動車、登録車ともに減少し、2年連続で前年同期実績を下回った。
■海外販売
・インドネシア、マレーシアともに減少し、6年振りに前年同期実績を下回った。
■グローバル販売
・国内、海外ともに減少し、2年連続で前年同期実績を下回った。

2-2 主力事業

■国内事業
生産面では、「軽自動車でさらに収益の上がるビジネスモデル」を確立するため、生産工場の“シンプル・スリム・コンパクト”(SSC)化や調達改革の推進といった構造改革に取り組み、軽自動車に相応しい「低燃費」「低価格」「省資源」なクルマづくりをあらゆる面から行ってきました。さらに、「安全性」「多様性」も実現、お客様視点のクルマづくりも徹底的に追求しています。
販売面でも、より地域に密着した販売活動を展開することにより、お客様とのコミュニケーションを強化すると同時に、お客様の声を次のクルマづくりへ反映しています。お客様のニーズの変化が早い国内市場において、その変化を先んじて察し、また自ら変化を起こすスモールカーのリーディングカンパニーであり続けたいと考えています。

■海外事業
当社の海外事業は、インドネシアとマレーシアを主力としています。経済の伸長による自動車保有が高まる両国のニーズに、当社は日本の「低燃費」「低価格」「省資源」なクルマづくりで培った技術や商品力で応えてきました。インドネシア専用車「アイラ」(トヨタ名:アギア)とマレーシア専用車「アジア」には、日本の軽自動車「ミラ イース」の技術やノウハウを応用。また、軽自動車の技術を活かし開発したグローバルAセグメントのプラットフォームを採用し、両国に最適となるよう進化させました。

■受託・OEM事業
当社は、トヨタグループの中でトヨタ自動車株式会社(以下トヨタ)と株式会社スバル(以下スバル)向けにバラエティに富んだ車両・エンジンを供給しています。トヨタ車の受託生産を1969年に開始して以来、トヨタへのOEM供給、さらには2009年よりスバル向けにOEM供給をするなど、事業を拡大してきました。
今後も、生産体制の整備のほかトヨタグループ内での連携を意識しつつ、当社の独自性を発揮することで、グループの発展に寄与したいと考えています。

3. ダイハツ工業の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役会長
三井 正則

1950年8月1日、大阪府に生まれる。1975年3月、中央大学理工学部精密機械工学科を卒業。
大学卒業とともに、ダイハツ工業株式会社に入社。2004年に取締役、2006年に常務取締役、2007年に専務取締役を経て2010年には代表取締役副社長へそれぞれ就任した。
2013年に代表取締役社長へ就任し、ダイハツ工業として21年振りに生え抜きの社長が誕生した。雑誌「プレジデント」は、2013年6月17日号の記事で「社員の士気を高めながらものづくり改革を推進し、商品力や競争力の強化を目指すには、うってつけのトップ交代」と評した 。2017年6月に代表取締役会長へ就任した。

代表取締役社長
奥平 総一郎

1979年3月に東京大学工学部卒業後、同年4月にトヨタ自動車工業 (現・トヨタ自動車) に入社。入社後は機能部品の設計、米国駐在、FRプラットフォームの設計を経て、製品企画に移り、プログレ、ブレビスの開発責任者を歴任。その後、サイオンブランド「xA」の開発を経て、2003年にエグゼクティブ・チーフ・エンジニアとして10代目カローラの開発責任者を歴任。2008年に同社常務役員就任後、東富士研究所所長、専務役員兼技術開発本部長。トヨタ自動車研究開発センター (中国) 有限会社取締役副会長兼社長。および中国・アジア・オセアニアのチーフテクニカルオフィサーを経て、2017年4月に顧問としてダイハツ工業へ転籍し、同年6月に同社社長に就任。

3-2 発言、エピソード

「既販車としてダイハツのクルマを使っているお客さまが大変多くいらっしゃいます。先ほど、2018年度中には200万台のクルマに「スマートアシスト」を付けていくという目標をご説明しましたが、既販車に乗っているお客さまはその数倍いらっしゃいます。次の課題は、そういった既販車に後付けで、同じような安全装置、誤発進防止であるとか、とくに衝突回避の装備ができないかということを、今研究しております。近いうちにみなさんにご説明できるよう、準備を進めているということをご理解いただきたいと思います」 (三井会長)

「ダイハツらしさ」をさらに磨き上げることが、トヨタグループの中におけるダイハツの存在感を高め、結果としてトヨタグループへの貢献になると考えています。
「ダイハツらしさ」を磨くことは、モノづくりにおける「DNGAの実現」そのものです。
DNGA(ダイハツ ニュー グローバル アーキテクチャー)は、軽を基点としたクルマづくり。
すなわち「小から大」のクルマづくりとなります。
このDNGAを実現するための3つのテーマに全力で取り組みます。
1.選択と集中による、さらなる良品廉価の追求
2.先進技術の採用
3.次世代SSC(シンプル・スリム・コンパクト)の確立 (奥平社長)

4. ダイハツ工業ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

12,796名(2018年4月1日現在)

4-2 平均年齢

40.2歳(2018年4月1日現在)

4-3 平均勤続年数

18.4年(2018年4月1日現在)

4-4 平均年間給与

(1) 企業の採用サイトの記載

ダイハツ工業の経験者採用情報には、現在以下の職種で求人が出ています。
技術系では
EV/HV開発、安全運転支援システム開発、自動車の開発・設計、パワートレーン関連の先行技術開発

EV/HV開発の募集要項には、給与について以下のように書かれています。

■給与:2018年度新卒初任給実績
博士卒/250,000円
修士卒/229,000円
学部卒/207,000円
高専・短大卒/179,500円
高校卒/167,500円
経験、年齢等を考慮の上、当社規定により優遇いたします

(2) 口コミサイト「キャリコネ」の書き込み

企業口コミサイトのキャリコネには、現役・OBOG社員のリアルな書き込みや給与明細が249件残されています。口コミを書き込んだ人の平均年収は537万円。世代別の最高年収は、20代で942万円、30代で848万円、40代で1182万円でした。

給与の満足度は5点満点で3.2点。20代後半の商品管理(年収450万円)は、報酬の満足度について次のように書いています。

新卒2年目からボーナスは年間100万円近くもらうことが出来た。昇進するとごとに・・・

(3) 求人情報サイトの記載

求人情報サイトには「安全運転支援システム開発」の求人が掲載されています。
給与について以下のように書かれています。

■予定年収:400万円〜
■月給:206,000円〜
予定年収はあくまでも目安の金額であり、選考を通じて上下する可能性があります。
月給は固定手当を含めた表記です。

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

T・Y:2015年入社
事業・商品部 商品企画室
私が所属している部門の役割は、ユーザーの生活や消費、車に対する意識や、社会環境の変化、競合他社の強みなどを分析し、その結果を元に新型車や、ダイハツ車の育成案を企画することです。直近の業務は、海外のユーザーに対するダイハツ車のインタビュー調査です。(中略)自分の調査結果やアプローチが商品に反映されて形になるのは、この仕事の大きな醍醐味だと思います。

I・N:2010年入社
車両開発部 内外装設計室
内外装設計室では、各種メーターやエアコンのパネル、インパネ、ドアトリム、バンパーなど、車内外を構成する意匠部品の開発を行っています。具体的には、企画部署で企画された車をカタチにするために設計構想を立案し、次に構造検討を行い、部品の詳細を作り上げていきます。検討をするときにはCATIAという3D CADソフトを使用して部品の形状を描き、デザイン、性能、安全性、原価はもちろん、工場での作りやすさも考えながら設計します。

I・T:2015年入社
駆動開発部 駆動実験室
私が所属する駆動実験室の役割は、エンジンとタイヤをつなぐ駆動系の様々な要素が狙いどおりの性能を発揮できるかどうかを実験・評価して品質の保証をすることです。私はその中でも、トランスミッションの性能・強度の実験評価を担当しています。(中略)ダイハツ工業の高い技術力を実験・評価を通じて支えられるこの仕事に大きなやりがいを感じています。

5. ダイハツ工業の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

大きなイノベーションの真っただ中にある自動車業界で求められるのは、その人だけが持つ「自分だけの色」。あなただけの経験、感覚から培われてきた実力をダイハツというフィールドで、思う存分発揮してもらいたいと考えています。

■キャリア採用者への期待
培った力を、ダイハツで存分に活かしてほしい
同業種・異業種にかかわらず、他社で活躍された皆さんが持つ豊富な知識やスキルが、ダイハツの社内に刺激を与えること、そして組織全体を活性化させることにも期待しております。
(中略)大きなステージの中で自分の能力を伸ばしたい、という意欲のある方々は、ぜひ当社にチャレンジしていただきたいと思っています。

5-2 育成に関する方針・施策

Q2.入社後の教育制度を教えてください。
ダイハツの教育制度は、自ら学び、成長することを基本にカリキュラム設定しています。
役割に応じて受講する「階層別教育」、グローバル人材を育成するための英語研修や外国語研修、やる気のある人が自発的に学ぶことをサポートする社内の語学レッスンや通信教育、eラーニングなどの「自己啓発教育」があります。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

【諸手当】
時間外勤務手当、家族手当、通勤交通費など

【昇給・賞与】
昇給:年1回(4月)
賞与:年2回(7、12月)

■人事制度
「機会均等」「実力主義」の実現
自動車産業は、国内を含む先進国市場の成熟化と新興国市場の拡大を背景とした国際競争の一層の激化や環境関連規制の強化、国を超えた提携や再編など、厳しいビジネス環境にさらされています。そのため、当社は、2012年度に人事制度を抜本的に改定し、「機会均等」「実力主義」を基本理念とした人事制度を導入しています。

【基本理念】
実力、意欲のある人が、「いつでも、誰でも、公平にチャレンジできる」機会均等の実現
職種系統、学歴、年齢などに関係なく、「頑張って成果を上げた人に報いる」実力主義の実現

(評価の公平性を担保)
公正で納得性の高い評価を行い、人材育成を促進するには、評価制度そのものではなく、その運用や評価者の取組みが最も重要です。そのため、当社の人事制度における評価制度では、会社が求める人材を明確化した上で、「人材育成を促進する評価」「公正・納得感・メリハリのある評価」の2点を重視し、以下の取組みに力を入れています。

・評価者教育の定期的な実施
・評価結果とその理由、期待する行動/役割の本人へのフィードバック
・多面評価(評価者である管理職への360度評価)

6. ダイハツ工業出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

岡本 隆
K&Mパートナーズ株式会社 代表取締役

大阪府中小企業診断協会
中小機構近畿 経営相談員
大阪市産業創造館 専門家
ひょうご産業活性化センター
神戸市産業支援財団 経営専門家
神戸市海外ビジネスセンター 専門家

1983 東京農工大学工学部数理情報工学科 卒業
1983 ダイハツ工業(株)入社
1986 ダイハツ新東京販売(株)出向
1989 ダイハツ工業(株)復職 海外事業部
1999 調達部、原価企画部
2015 ダイハツ工業(株)早期退職
2015 大阪府ものづくりB2Bネットワーク事務局 コーディネーター
2016 岡本コンサルティングオフィス開業
2016 かがわ産業支援財団 大阪駐在員
2017 K&Mパートナーズ株式会社 創業

梶原 伸治
近畿大学講師 准教授 博士(エネルギー科学)

日立造船(株)技術研究所(1993年)、ダイハツ工業(株)技術開発部(2001年)、近畿大学講師(2005年)

梶谷 満信
愛知工科大学 工学部 機械システム工学科 教授

大学卒業後、自動車会社に勤務し、70年代の米国マスキー法を起点として強化され続けてきた環境規制に対応するためのクリーンエンジンの開発に従事し、“創意と工夫” を考え方の基本とすることで、数々の独自システムを輩出。また、自動車工業会委員として、環境規制の整備にも従事。
1975年4月~1984年7月 日産自動車株式会社 機関設計部/1984年8月~2007年 ダイハツ工業株式会社 エンジン部/技術開発部/2007年~ 愛知工科大学 工学部 機械システム工学科 教授

7. ダイハツ工業の福利厚生は?

雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金
制度:財形貯蓄、自動車・住宅購入資金貸付制度、共済会など
施設:独身寮、診療所、保養所など

8. ダイハツ工業の新卒採用、中途採用の求人は?

【ダイハツ工業株式会社 採用情報】

https://www.daihatsu.com/jp/recruit/

スモールカーづくりのプロとして世界の人々に愛されるスモールカーブランドを一緒に目指しませんか

 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


株式会社長谷工ライブネットに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社長谷工ライブネットに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

賃貸マンションの管理運営や賃貸経営のコンサルティングなどを行う会社。物件価値の向上をサポートするリーシング力・市場分析力・提案力を強みとし、投資用賃貸マンションの業界においては、数多くの管理戸数を誇る。ほかにも、社宅仲介・管理代行等を行うソリューション事業やマンションの不動産買取再販事業なども展開している。

東京都港区 非上場 不動産 長谷工グループ


不二建設株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

不二建設株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

マンション、オフィスビル、商業施設などの建築物を設計・施工する会社。独自の事業計画の提案から、設計・施工、竣工後のアフターサービスに至るまで一貫したサービスを手がけており、企画提案型のビジネスタイルで提供している。ほかにも、耐震改修等のリフォーム工事や土地の仲介など宅地建物の取引も手がけている。

東京都港区 非上場 建設 長谷工グループ


株式会社長谷工リフォームに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社長谷工リフォームに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

マンション共用部の大規模修繕工事やインテリアのリフォーム工事などを行う会社。マンションの現状についての調査力・分析力の強みを活かし、修繕および改修に関するプラン提案を行う。また、高経年マンション向けに建物の長寿命化を行う「総合CO2改修」と、断熱性能の向上を目的とした「省エネ、省CO2」を開発した。

東京都港区 非上場 建設 長谷工グループ


大林ファシリティーズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

大林ファシリティーズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

オフィスビルなどの建物設備管理や清掃、警備などを行う会社。主に首都圏、京阪神地区の大林組が建設した建物を中心にサービス展開している。これまで歴史的な建物から最新鋭のビル、大小さまざまな建物のプロジェクトを手がけてきた実績を強みとする。近年では、公共事業分野への民間参画に参加することで、更なる事業拡大に取り組んでいる。

東京都千代田区 非上場 住宅 大林グループ


エムスリーキャリア株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

エムスリーキャリア株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

医師や薬剤師を中心とした、人材紹介および転職支援サービスを行う会社。主に医師従事者向けに、職種ごとのジャンルに分けた複数の求人メディアサービスを提供。また、近年では「キャリア向けの情報提供」と「医療コンサルティングの新規事業」も展開。今後は新たな主力事業を増やすため、病院やクリニック向けの経営・業務支援なども手がる。

東京都港区 非上場 人材・介護 エムスリーグループ


最新の投稿


株式会社長谷工ライブネットに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社長谷工ライブネットに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

賃貸マンションの管理運営や賃貸経営のコンサルティングなどを行う会社。物件価値の向上をサポートするリーシング力・市場分析力・提案力を強みとし、投資用賃貸マンションの業界においては、数多くの管理戸数を誇る。ほかにも、社宅仲介・管理代行等を行うソリューション事業やマンションの不動産買取再販事業なども展開している。

東京都港区 非上場 不動産 長谷工グループ


不二建設株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

不二建設株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

マンション、オフィスビル、商業施設などの建築物を設計・施工する会社。独自の事業計画の提案から、設計・施工、竣工後のアフターサービスに至るまで一貫したサービスを手がけており、企画提案型のビジネスタイルで提供している。ほかにも、耐震改修等のリフォーム工事や土地の仲介など宅地建物の取引も手がけている。

東京都港区 非上場 建設 長谷工グループ


株式会社長谷工リフォームに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社長谷工リフォームに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

マンション共用部の大規模修繕工事やインテリアのリフォーム工事などを行う会社。マンションの現状についての調査力・分析力の強みを活かし、修繕および改修に関するプラン提案を行う。また、高経年マンション向けに建物の長寿命化を行う「総合CO2改修」と、断熱性能の向上を目的とした「省エネ、省CO2」を開発した。

東京都港区 非上場 建設 長谷工グループ


大林ファシリティーズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

大林ファシリティーズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

オフィスビルなどの建物設備管理や清掃、警備などを行う会社。主に首都圏、京阪神地区の大林組が建設した建物を中心にサービス展開している。これまで歴史的な建物から最新鋭のビル、大小さまざまな建物のプロジェクトを手がけてきた実績を強みとする。近年では、公共事業分野への民間参画に参加することで、更なる事業拡大に取り組んでいる。

東京都千代田区 非上場 住宅 大林グループ


エムスリーキャリア株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

エムスリーキャリア株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

医師や薬剤師を中心とした、人材紹介および転職支援サービスを行う会社。主に医師従事者向けに、職種ごとのジャンルに分けた複数の求人メディアサービスを提供。また、近年では「キャリア向けの情報提供」と「医療コンサルティングの新規事業」も展開。今後は新たな主力事業を増やすため、病院やクリニック向けの経営・業務支援なども手がる。

東京都港区 非上場 人材・介護 エムスリーグループ


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300