【平均年収873万円】横河電機の給与が高いのはなぜなのか

【平均年収873万円】横河電機の給与が高いのはなぜなのか

横河電機の年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業はプラント生産制御システムのシェアで日本一の横河電機です。就職・転職活動中の方は必見です。


アメリカによる対イラン制裁が再開される見通しにより、供給減少の懸念から原油価格が高騰し、国内のガソリン価格が2015年前半の高さまで上昇しています。さらにこれから訪れる寒い季節に欠かせない灯油の値段も上がっており、私たちの国民生活への影響が広がりつつあります。

その一方で企業は、原油価格の上昇を機に設備投資に対する意欲を持ち直しているのです。これが好機となり、受注が増え増益を計上している好調な企業があります。それが今回取り上げる、プラント制御システムで日本首位を誇る横河電機です。

横河電機の前身となる横河電機研究所は1915年、当時は輸入に依存していた計測器の国産化に取り組むため、建築家として知られた横河民輔氏によって東京で設立されました。設立から半世紀以上が過ぎ、1975年に世界で初めて分散型生産制御システム(DCS)を販売しました。プラントの安定稼働実現を目指して40年以上を超えた今も、お客様に高く評価されている企業です。

また横河電機は年収が高いことでも有名で、3000社を超える上場企業の中でも常に上位に位置しています。
では一体どれくらい高いのか、高い理由はなにか、年収の高さ以外のメリットやデメリットはあるのかなどに迫っていきましょう。

横河電機の年収(給与・報酬)はどれくらい高いのか?

まず横河電機の平均年収がどれくらいの額なのかから見ていきましょう。

2018年3月期の有価証券報告書によると、横河電機の平均年収は872.8万円です。

国税庁が行った2017年民間給与実態統計調査では、男女合わせた正規雇用者の平均年収が493.7万円であることから、どれだけ高い年収なのかがわかりますね。

横河電機とライバル企業との比較

では次に、同じ業界であるアズビル、島津製作所の平均年収と比べてみましょう。
以下に各社の有価証券報告書に記載されている情報をまとめました。

横河電機:872.8万円(2018年3月期)
アズビル:765.9万円(2018年3月期)
島津製作所:810.9万円(2018年3月期)

こうしてみると横河電機の平均年収は他企業に比べ突出して高いことがわかります。

実際に働いた経験のある方の貴重な給与明細からは驚きの発見が!

業界の給与明細

日本の平均年収を大きく上回る収入が

横河電機20代・研究開発(非管理職)の 給与明細

アズビル20代・研究開発(非管理職)の 給与明細

島津製作所20代・研究開発(非管理職)の 給与明細

横河電機の平均年収の推移

続いて、過去5年間における年収の推移を見てみましょう。

下は平均年収と平均年齢の推移を表したものです。

2014年3月期 908.8万円 (平均年齢 45.4歳)
2015年3月期 925.8万円 (平均年齢 45歳)
2016年3月期 936万円 (平均年齢 44.6歳)
2017年3月期 976.3万円 (平均年齢 44.7歳)
2018年3月期 872.8万円 (平均年齢 44.9歳)
(出典:有価証券報告書)

横河電機の平均年収は2014年3月期から徐々に上がっており、その後2017年3月期と比較してみると翌2018年3月期は約100万円程度下がっていますが、それでも十分に高い水準といえます。

平均年収の他社比較においては、計測メーカーとして同社と競合する2社であるアズビルと島津製作所と比べてみました。この2社より高い売上高を計上する4065億円の横河電機の平均年収は、3社の中でもっとも売上高が低い2603億円のアズビルの平均年収765万9000円より高く、さらに島津製作所の平均年収である810万9000円と比べてもやはり高く、計測メーカーの中でも突出して平均年収が高いことが判明しました。

でもなぜ業界内でも群を抜いて年収が高いのでしょうか?

横河電機の年収(給与・報酬)が高い理由は?

横河電機の年収が高い理由の1つとして、好調な制御事業が総売上高の80%強を占めている点が挙げられます。2017年度のセグメント別売上比率を見てみると、制御事業は89.3%と非常に高い数字が占めており、残りの10%程度が創業時からの事業である計測事業とそのほかの事業の売上です。制御事業では冒頭で紹介した制御・運転監視を実現するDCS(分散型制御システム)をはじめ、生産設備の状況をリアルタイムで計測するセンサー、分析機器、そしてプラントの事故を未然に防止する安全計装システムを提供しています。そしてこれらハード製品やシステムに加えて、ソフトウェア製品やコンサルティングサービスなど、ソフト面からもプラントの管理業務を支援する幅広い事業で展開をしています。

さらに海外市場でのビジネス拡大による収益の増加も、年収を押し上げる要因です。2005年度における制御事業の海外売上高比率は約半分の47.6%ですが、毎年その比率を高めており2017年度には70.6%まで拡大しています。また海外比率拡大に伴い海外売上高も増え、2005年度の海外売上高1205億円は、2017年度までに200%超の増加となる2563億円を計上しており、著しい成長をみせています。

口コミには年収の実態を如実に表す証言がありました。

横河電機社員の口コミ

年功序列の色が給与に強く反映される?

「成果主義を標榜しているが、評価によって大幅に給与が変わることはあまりない。 査定についても大多数が平均的な査定を受ける印象があり……

年収額は競合と比べて高い!

「査定制度についてはどこの会社でも完璧なものはないと思われる。 そのうえで十分に高いと思えるので、査定に不満があっても……

ここまでで、十分高い収入を得られることも、年収が高い理由もわかりました。では社内でどんな人、どんな仕事をしている人がより給与が高いのでしょうか。

横河電機社内で年収(給与・報酬)が高い職種・役職は?

横河電機では、基本給よりはボーナスで報酬を支払う傾向があります。基本給が低くても、基本給の約6か月分が年間賞与として支給されるため、結果として年収が上がるのです。

また年功序列の色が強く反映されており、40代以降から役職に就くことで年収に差が出てきます。一般社員のグレードは4つに分かれていて、さらに同じグレード内にもいくつかの階級に区分されています。そのため階級の違いや所属部署の違い、また経験年数などによって同じグレード内の同じ職種であっても年収にばらつきがあるものの、最終的には実力に応じて40代ごろから課長などのマネージャー職に就き、活躍するケースが多いようです。課長になると、1000万円台を超える年収が期待できると考えてよいでしょう。

実際の給与明細を見比べると、目安では見えてこなかった驚きの現実が!

横河電機社員の給与明細

同職種であっても20代と30代で違いが!

20代・機械設計(非管理職)の 給与明細

30代・機械設計(非管理職)の 給与明細

賞与の有り無しで年収に大きな違いが!

20代・技術関連職・賞与あり(非管理職)の 給与明細

20代・技術関連職・賞与なし(非管理職)の 給与明細

年収の高さばかりに目を奪われがちですが、就職・転職を検討するにあたり気をつけなければならないことはないのでしょうか。

横河電機の見落としがちな留意点、課題は?

横河電機に就職・転職を考える場合の留意点として、海外勤務や海外出張が多いことが挙げられます。地域別人員構成で日本は全体の37%と低く、サービス拠点が80か国に加えて海外開発拠点も8か国に点在し、海外出張や海外駐在勤務となる確率が高いと考えてよさそうです。

また上司が外国人になる可能性もあります。同社がグローバルに事業を拡大するなかで、海外そして国内でも多様な人種や国籍をもつ人材の活用を進めています。そしてハード製品を売る従来型ビジネスからコンサルティングなど、サービスやソリューションを販売するビジネス形態へと変わっているため、海外のコンサルティングに強い企業から同社へ加わった外国人も活躍しているのです。言語能力や海外渡航・海外勤務に心配がある方は、その頻度や可能性を事前に確認しておくとよいでしょう。

その辺り、口コミを見ると興味深い実態が浮き彫りになっています。

横河電機社員の口コミ

恵まれた職場環境!

「有休は多い方で、翌年などに繰り越しもできます。 残業は部署によりまちまちなのでひとくくりにはできませんが……

海外プロジェクトにかかわる醍醐味とは?

「プラントエンジニアリングを技術面でかかわりたい人にとって面白みがある会社。 国内で新設プラントが立つケースは少ないと思いますので……

横河電機には年収以外にメリットはある?

ここまで横河電機の年収面を見てきました。ただ就職先、転職先として年収の高さだけで決めることはできません。その他にメリットは無いのでしょうか?

横河電機は働きやすい企業として、社員から多くの支持を得ています。横河電機の平均勤続年数は20年で、大学卒業後の22歳から定年60歳までの38年の半分にあたる、勤続年数19年を定着率の高さの目安とすると、同社は定着率が非常に高い企業といえるでしょう。

勤続年数の高さの理由は高年収だけではなく、ワークライフバランスの取りやすい職場環境にもあります。取得時期が選べる夏休みや、年間定められた有給日数取得を奨励するフレックスホリデー制度が設けられています。さらには業務に支障がない限り、前日に申し出るだけで有給休暇を取得して家族の行事や私用にあてることもできるのです。この他にも、部下の残業が少ないことが上司の評価基準の1つであることから、残業が少ない点も社員に人気のポイントです。

休暇の取りやすさと残業の少なさを会社の魅力と感じて働く社員が多い横河電機は、職場での社員のやる気を最大限に引き出し、今後加速するダイバーシティー化の強みを活かして、グローバル企業として活躍しつづけることでしょう。

結論的には、就職・転職先として非常に魅力的だと言っていいでしょう。

横河電機についてもっと知りたい!

横河電機に関する詳しい企業情報は以下の記事にまとめています。あわせてご覧ください。

【休日の満足度:口コミ高評価】横河電機(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

https://tenshock.biz/articles/401

就職・転職するなら「横河電機株式会社」。東京都武蔵野市に本社を置く、工業計器・プロセス制御を手がける専業メーカー。横河電機グループの事業持株会社でもある。計測・制御機器メーカーとしては国内最大手であり、世界でもトップレベルの規模を誇る。事業の約6割が海外市場であり、従業員も約6割が外国籍を有している。芙蓉グループに所属。

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


年収 横河電機 電気機器

関連する投稿


【平均年収747万円】カネカの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収747万円】カネカの給与が高いのはなぜなのか

カネカの年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業は樹脂から食品、電子材料まで幅広く展開する化学メーカーのカネカです。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 カネカ 化学


【平均年収706万円】東レの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収706万円】東レの給与が高いのはなぜなのか

東レの年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業は国内唯一、三大合成繊維を生産できる繊維総合メーカー東レです。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 東レ 繊維製品


【平均年収767万円】ニコンの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収767万円】ニコンの給与が高いのはなぜなのか

ニコンの年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業はカメラだけじゃない、FPS露光装置の世界シェアNo.1のニコンです。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 ニコン 精密機器 半導体製造装置


【平均年収743万円】テルモの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収743万円】テルモの給与が高いのはなぜなのか

テルモの年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業はカテーテルで国内首位の売上高を誇る老舗医療機器メーカーのテルモです。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 テルモ 精密機器


【平均年収811万円】島津製作所の給与が高いのはなぜなのか

【平均年収811万円】島津製作所の給与が高いのはなぜなのか

島津製作所の年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業は分析計測機器から航空機器まで幅広く展開する老舗メーカーの島津製作所です。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 島津製作所 精密機器 医療機器 航空機器


最新の投稿


【面接対策】アクセンチュアの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】アクセンチュアの中途採用面接では何を聞かれるのか

中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果などを具体的に問われるほか、キャリアシートでは見えてこない「人間性」も見られます。即戦力として、そして一緒に仕事をする仲間としても多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。今回は外資系コンサルティングファームのアクセンチュアです。


【年収と働きやすさを両立】転職者向けLINEの企業研究

【年収と働きやすさを両立】転職者向けLINEの企業研究

口コミと公開データを元に転職者目線で企業研究。業績と待遇の2つの面で志望企業を掘り下げます。今回取り上げるのはIT企業のLINE(株)です。

LINE


「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

コンビニエンスストア「セブン-イレブン」のフランチャイズオーナーと本部が、24時間営業の継続などをめぐって対立するニュースが流れています。この背景には、セブン&アイグループの問題は関係していないでしょうか。第3四半期決算報告会の説明資料から読み解きます。

投資家向け


いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は、人事採用担当者の課題とされている「ダイバシティ」について考えます。組織における人材の多様性向上は疑うべくもない常識とされつつありますが、それは本当に正しいのでしょうか。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

今回は即席麺メーカーから日清食品HDと東洋水産の2社について比較します。朝ドラのテーマとして再注目されている日本が誇る即席麺業界について、今回は上場しているトップ2社の財務面から特徴を洗い出します。就職・転職活動の参考になれば幸いです。

業界研究


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300