採用担当者が頑張っているのに「成果が出ない会社」が増えている理由

採用担当者が頑張っているのに「成果が出ない会社」が増えている理由

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。第2回目は、就活に熱心だからといって、優秀な学生とは限らないという話。そのうえ優秀な学生は、人気企業に流れてしまいます。普通の会社の採用担当者は、就活に熱心ではなくても優秀な学生をターゲットにすべきでしょう。


早期からたくさん人を集めていたのに

採用に力を入れようとして、就職活動の早期からインターンシップやら会社説明会やらをバンバンやって、たくさん人を集めて、口説いていたのにもかかわらず、最終的に入社に結びつかず、採用に失敗してしまう企業が増えています。

採用担当者の方は熱意にあふれ、大変な努力をしているのに……。原因のひとつは、少子化や好景気などの環境要因に伴う「売り手市場」です。しかし、その中でも成功している会社もあるわけで、すべてを環境のせいにはできません。

間違っているのは「ターゲット」

採用意欲の盛んな「がんばっている会社」で成果が出ないのは、なぜでしょうか。それは「間違ったターゲットに採用活動を行なっている」ことです。

本当ならターゲットにしてはいけないような、なかなか採用につながらない対象をターゲットにしているのが最大の理由。その間違ったターゲットとは「就職活動を頑張っている人」「就活意欲の高い人」です。

就活初期から頑張っている学生の特徴

なぜそれが間違ったターゲットなのか。就職活動初期から頑張っている学生がいる理由は、みんなに「すごいね!」と言ってもらえるような、入社難易度の高い人気企業、有名企業に是が非でも入社したいからです。

入社難易度の高い企業にどうしても入りたい思いが強くなければ、この売り手市場においては、そこまで頑張る必要はないでしょう。

つまり、企業が早期に採用活動を始めることの一番の落とし穴はここです。採用活動を張り切って早く始めてしまうと、人気企業に受かれば最終的にそちらに行ってしまうような学生にばかり出会ってしまうということです。

狙うべきは「就活意欲の高くない優秀な学生」

採用競合に先んじて、早くから採用活動を頑張ること自体は悪いわけではありません。ただその場合は、できるだけ「就活意欲の高い学生」には会わないようにし、むしろ就職活動にまだあまり関心がない人に出会う工夫をすることが重要です。

例えば、マス広報よりもリファラル(内定者や社員からの紹介)で母集団形成を行うとか、自社の職場体験的なインターンではなく、どんな学生でも興味を引くようなネタ(地方創生系とか大学生向け事業開発とか)でインターンをするなどです。

入り口のところで就活意欲があまり高くない人を集めて、その中から自社に合う人を見つける。それができれば、人気企業と競合せずに自社への入社までこぎつける人を比較的容易に確保できる確率は高まるのではないでしょうか。

筆者:曽和利光
組織人事コンサルタント。京都大学教育学部教育心理学科卒。リクルート人事部ゼネラルマネジャーを経てライフネット生命、オープンハウスと一貫として人事畑を進み、2011年に株式会社人材研究所を設立。著書に『就活「後ろ倒し」の衝撃』(東洋経済新聞社)。
■株式会社人材研究所ウェブサイト
http://jinzai-kenkyusho.co.jp/
■オンラインサロン《「本当のこと」しか言わない 就職の学校》
https://lounge.dmm.com/detail/1461/

曽和利光:人事と採用のセオリー 成長企業に共通する組織運営の原理と原則

¥ 1836

「リクルート⇒ライフネット生命⇒オープンハウス」で人事・採用責任者を歴任した著者が明かす、人を動かし、組織を伸ばす人材マネジメント。

この企業情報の記事作成

人事コンサルティング、採用アウトソーシング、新卒人材紹介を行う株式会社人材研究所 代表取締役社長。

関連する投稿


中小・ベンチャー企業にこそ「新卒採用」を勧めたいワケ

中小・ベンチャー企業にこそ「新卒採用」を勧めたいワケ

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は「新卒採用」について考えます。中小・ベンチャーは新卒採用ができないと考えがち。確かに担当者は効率的で楽かもしれませんが、それでは不十分ではないかという話です。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


採用担当者が人材紹介会社に「不合格の理由」を詳細に伝えるべき理由

採用担当者が人材紹介会社に「不合格の理由」を詳細に伝えるべき理由

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は、人材紹介会社の使い方について考えます。「人材紹介会社に依頼しても、なかなか人を紹介してくれない」という悩みを持つ採用担当者の方は、やってはいけないことをやっていないでしょうか。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


内定出しは「プロポーズ」 採用担当者は伝え方を工夫しよう

内定出しは「プロポーズ」 採用担当者は伝え方を工夫しよう

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は最終選考を終え、会社から応募者に採用を伝える「内定」について考えます。あとは応募者に入社を承諾してもらうだけ、という大事な段階なのに、採用担当者は無味乾燥な対応をしていないでしょうか。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


「最終面接官」のジャッジは絶対ではない 採用担当者は「カルマ」を受け入れよ

「最終面接官」のジャッジは絶対ではない 採用担当者は「カルマ」を受け入れよ

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。社長など「最終面接官」のジャッジは絶対というのが、多くの会社の決まりでしょう。しかし曽和氏は、応募者を一番よく知る採用担当者がその結果に納得できなければ、責任をもって物申すべきだと指摘します。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


採用担当者は歴史小説より「ノンフィクション」を読もう!

採用担当者は歴史小説より「ノンフィクション」を読もう!

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。上司から幕末の歴史小説を勧められた経験のある人は少なくないでしょう。しかし曽和氏は、生身の人間を知るために“人事は「近現代のノンフィクション」を読むこと”を勧めます。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


最新の投稿


ケイミュー株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ケイミュー株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

2013年に、株式会社クボタとパナソニック株式会社の「住宅外装建材部門」を事業統合し設立した外装建材メーカー。外壁・屋根・雨といを主に扱い、この3点をセット扱うメーカーは日本唯一であり、外観をトータル提案出来ることが強みとなっている。平板スレート瓦でのシェアは約100%を誇る。

大阪府 住宅 非上場 パナソニックグループ


パナソニック エコシステムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

パナソニック エコシステムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

パナソニックグループで空気、水、土壌、エネルギーの環境技術を担当。室内の空気質IAQ(Indoor Air Quality=室内空気質)の向上を目指し、空気清浄機や除湿機などの家電製品を開発・製造・販売している。家庭用・業務用の換気扇や、送風機などの換気送風機器ではグローバルシェアNo.1を誇る。

愛知県 電機・電子 非上場 パナソニックグループ


【平均年収775万円】SMCの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収775万円】SMCの給与が高いのはなぜなのか

SMCの年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業はFAに欠かせない空気圧制御機器で世界首位のシェアを誇るSMCです。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 SMC 機械


【補聴器首位】リオン(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【補聴器首位】リオン(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

国内初の量産型補聴器を製造・販売した補聴器メーカー。「リオネット補聴器」は国内シェアNo.1ブランド。補聴器や医用検査機器などの医療機器事業のほか、技術を活かした騒音計・振動計・地震計や微粒子計測器などの環境機器事業も行う。新卒採用は職種別には行わず、すべて総合職としての採用となる。本社は東京都国分寺市。

東証一部 電機・電子 東京都国分寺市


PHCホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

PHCホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

医療機器や医療ITシステム等の開発・製造販売を行う会社。糖尿病患者に血糖値測定システムを提供し日常的な血糖値検査のサポートを手がけるなど、糖尿病ケアの事業展開に注力している。研究開発拠点を日本とアメリカに置き、グローバルな最先端研究を行うほか、製品やサービスを世界125カ国以上に展開している。

東京都港区 非上場 電機・電子 パナソニックグループ


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300