【平均年収847万円】オリンパスの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収847万円】オリンパスの給与が高いのはなぜなのか

オリンパスの年収(給与・報酬)が丸わかり!同業他社との比較、平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに平均年収が高い理由や社員の収入実態に迫っていきます。今回注目する企業は医療機器国内首位のオリンパスです。就職・転職活動中の方は必見です。


オリンパスというと、多くの方は何を思い浮かべるでしょうか。
一般消費者にはカメラのイメージが強くあるかもしれませんが、実はオリンパスは1950年に世界で初めて胃カメラの試作機を開発した企業でもあるのです。

オリンパスの前身である高千穂製作所は、輸入品に対抗できる顕微鏡を国産するために、1919年に東京で山下長(たけし)氏によって発足されました。戦後は生産工場再建と本社の建設、さらには増資を経て、世界のオリンパスへと発展を遂げています。またオリンパスが開発する消化器内視鏡製品は、消化器内視鏡の世界シェアにおいて7割という圧倒的な強さも維持しているのです。

さらに近年では、内視鏡製品の技術を活用して工業用にも進出しています。産業分野の非破壊検査機器を用いれば、構造物を破壊することなく、有害な傷を発見し建物の安全を守ることができるのです。これまで培った強みを活かして、新しい分野への躍進は続いています。

またオリンパスは年収が高いことでも有名で、3000社を超える上場企業の中でも常に上位に位置しています。
では一体どれくらい高いのか、高い理由はなにか、年収の高さ以外のメリットやデメリットはあるのかなどに迫っていきましょう。

オリンパスの年収(給与・報酬)はどれくらい高いのか?

まずオリンパスの平均年収がどれくらいの額なのかから見ていきましょう。

2018年3月期の有価証券報告書によると、オリンパスの平均年収は847万円です。

国税庁が行った2017年民間給与実態統計調査では、男女合わせた正規雇用者の平均年収が493.7万円であることから、どれだけ高い年収なのかがわかりますね。

オリンパスとライバル企業との比較

では次に、同じ機械業界であるテルモ、富士フィルムホールディングスの平均年収と比べてみましょう。
以下に各社の有価証券報告書に記載されている情報をまとめました。

オリンパス:847万円(2018年3月期)
テルモ:743.3万円(2018年3月期)
富士フィルムホールディングス:971.1万円(2018年3月期)

こうしてみるとオリンパス業種・業界全体の平均年収が高いことがわかります。

と、ここまではほぼ公開データ上での話。同業他社同士で給与明細を比較してみると、さらに驚くべき結果が!

機械業界の給与明細

日本の平均年収を大きく上回る収入が

オリンパス20代・研究開発(非管理職)の 給与明細

テルモ20代・研究開発(非管理職)の 給与明細

富士フィルムホールディングス20代・研究開発(非管理職)の 給与明細

オリンパスの平均年収の推移

続いて、過去5年間における年収の推移を見てみましょう。

下は平均年収と平均年齢の推移を表したものです。

2014年3月期 826.3万円 (平均年齢 42.8歳)
2015年3月期 865万円 (平均年齢 43.5歳)
2016年3月期 870.9万円 (平均年齢 42.1歳)
2017年3月期 884.4万円 (平均年齢 41.6歳)
2018年3月期 847万円 (平均年齢 41.8歳)
(出典:有価証券報告書)

オリンパスの平均年収の推移を見てみると、2014年の826万円から緩やかながらも毎年上昇して、2018年は847万円に到達しています。

医療機器業界での同業他社との比較においては、売上高国内1位であるオリンパスの平均年収は、国内2位のテルモの743万円より高く、971万円である国内3位の富士フィルムホールディングスより低いことがわかりました。

この3社の得意分野と実際の売上高を比べると、オリンパスは消化器内視鏡で強くて売上高は6163億円、テルモはカテーテルなどディスポーザブル機器を得意として5877億円、富士フィルムホールディングスは画像処理や超音波診断などを強みとし4430億円となっています。この比較から、各社の得意分野が異なることがわかり、この点が医療機器業界において各社の安定収入の基盤となっているといえそうです。

これほど年収が高いということはどういう理由があるのでしょうか?

オリンパスの年収(給与・報酬)が高い理由は?

オリンパスの年収が高い理由の1つとして、高利益の主力事業が好調なことが挙げられます。2018年3月期の連結決算では、純利益が前期比33%増の570億円を計上しています。さらに、売上高の約8割も占める内視鏡を中心にした医療事業の利益率は、約20%で高水準です。この高い利益率が年収によい影響を与えているといえそうです。

また症例ごとに消費・購入される「ディスポーザブル・デバイス」のビジネスモデルによって、収入が安定していることも影響しています。オリンパスでは、内視鏡の使用1回に対して課金する「症例単価払い」の形態を採用しています。症例数にあわせて使用料金を払ってもらうため、従来のリース形態のデメリットであった収益が発生しない期間がなくなり、安定した収入を期待できるのです。

今後ますます加速する高齢化と、それに比例して増加する症例数を見越した事業戦略により、今後もオリンパスのビジネスは順調であるといえます。

口コミには年収の実態を如実に表す証言がありました。

オリンパス社員の口コミ

何が賞与に反映される?

「成果が出せて上司に評価されれば、その期の賞与に反映される。 昇給や昇格のペースは遅めで、中長期的に評価され続け……

成果の基準や要件の明確さの他に…

「開発部署では、成果の基準や要件がわかりやすく報酬などに反映されやすい。 報酬に反映されるのは、自分もしくは事業部の成果だけでなく……

業界の特徴や社内のシステムで年収が高くなることがわかりました。それでは社内ではどんな人、どんな仕事をしている人がより給与が高いのでしょうか。

オリンパス社内で年収(給与・報酬)が高い職種・役職は?

オリンパスでは、職務で分かれるステージにより給与が異なります。ステージは、スタッフ・プロフェッショナル・エグゼクティブの3つに分かれており、30代あたりで昇格試験を合格するとプロフェッショナルになります。3段階中、2段階目のプロフェッショナルになれば、年収も600万円を超えてくるようです。

また職種による違いもあります。クリエイティブな要素が高い技術開発部門などの職種は、基本裁量労働制が採用されていることから、残業代がつかない分は賞与として加えられます。全社的に年収に対する賞与が占める割合が高い傾向にあるようです。成果を賞与に反映させる仕組みではありますが、全社全体の業績が賞与に及ぼす影響は、部門毎の目標達成度以上に大きいといえるでしょう。

実際の給与明細を見比べると、目安では見えてこなかった驚きの現実が!

オリンパス社員の給与明細

20代と30代で違いは?

20代・電気/電子回路設計(非管理職)の 給与明細

30代・電気/電子回路設計(非管理職)の 給与明細

みなし残業制度の有無で大きな違いが?

30代・研究開発・みなし残業制度あり(非管理職)の 給与明細

30代・研究開発・みなし残業制度なし(非管理職)の 給与明細

年収の高さばかりに目を奪われがちですが、就職・転職を検討するにあたり気をつけなければならないことはないのでしょうか。

オリンパスの見落としがちな留意点、課題は?

デジタルカメラの市場が縮小傾向にあることは懸念点の一つといえます。国内のデジタルカメラ出荷台数は、最盛期の1/5に縮小しており、とくにコンパクトデジタルカメラは最盛期の1/10まで減少しています。コンパクトカメラ業界では、2018年5月に「EXLIM」シリーズのカシオ計算機がこの市場からの撤退を決断しました。そのような中、オリンパスが国内シェア25%をもつミラーレスカメラの推移も横ばいにあり、今後に一抹の懸念があります。

また、先進国でのビジネス拡大余地が小さいことも気にかかります。北米や日本などの先進国では、すでにオリンパスの製品が普及しているため、これらの国々では新製品を発売するまで大幅な増収が見込めみにくい構造になっていることから、今後のビジネスの方向性が大きく影響するといえるでしょう。

人によって受け取り方はさまざまですが、口コミには驚きの意見が!

オリンパス社員の口コミ

カメラのコンシューマー系から医療系主体になり…

「医療機器が主体の会社になり、逆に保守的な風土がさらに加速している。 経営陣はトップダウンで改善を試みているが、現状のビジネス自体は……

やりがいのある仕事を若くても任される!

「エネルギッシュでフットワークの軽い人には遣り甲斐のある仕事だと思います。 欧米現地法人や国内営業、開発、製造、サービスなど社内の……

オリンパスには年収以外にメリットはある?

ここまでオリンパスの年収面を見てきました。ただ就職先、転職先として年収の高さだけで決めることはできません。その他にメリットは無いのでしょうか?

デジタルカメラの技術は、カメラだけに活用されるわけではなく医療にも応用されています。デジタル映像技術により、内視鏡はファイバースコープからビデオスコープへと進化しているのです。また中国や東南アジアの新興国では、医療インフラの整備が急ピッチで進んでおり、計画通りにいけば事業全体の新興国売上比率が2019年3月期には20%台に達する見通しです。

またオリンパスは、社員のための制度も次々と打ち出しています。有給休暇を5日連続で自由に取得可能としたほか、2021年までに全社禁煙を目指すなどしています。さらには国内製造拠点では初となる従業員向け託児所を開設しました。

変化の激しい現代でも医療分野は強く、決して欠かせない医療機器分野の国内1位のシェアを獲得しながらも躍進は続きます。素晴らしいのは、完全にゼロから始めた分野ではなく、カメラ事業の技術を随所に活かしている点で、メーカーとして理想の生き残り方の一例を見ることができます。

結論的には、努力や覚悟は必要ですが、就職・転職先として素晴らしい企業であるといって問題ないでしょう。

オリンパスについてもっと知りたい!

オリンパスに関する詳しい企業情報は以下の記事にまとめています。あわせてご覧ください。

【医療機器】オリンパス(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

https://tenshock.biz/articles/235

就職・転職するなら「オリンパス株式会社」。内視鏡などを主力製品とするグローバルな医療機器メーカー。一般にはカメラメーカーとして知られるが、元は顕微鏡の国産化を目指して1919年に創立され、戦後には世界初の実用的な胃カメラの開発に成功している。現在は、売上高の78%は内視鏡などの医療事業が占め、海外売上比率も80.4%にのぼる。

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【平均年収747万円】カネカの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収747万円】カネカの給与が高いのはなぜなのか

カネカの年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業は樹脂から食品、電子材料まで幅広く展開する化学メーカーのカネカです。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 カネカ 化学


【平均年収706万円】東レの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収706万円】東レの給与が高いのはなぜなのか

東レの年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業は国内唯一、三大合成繊維を生産できる繊維総合メーカー東レです。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 東レ 繊維製品


【平均年収767万円】ニコンの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収767万円】ニコンの給与が高いのはなぜなのか

ニコンの年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業はカメラだけじゃない、FPS露光装置の世界シェアNo.1のニコンです。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 ニコン 精密機器 半導体製造装置


【平均年収743万円】テルモの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収743万円】テルモの給与が高いのはなぜなのか

テルモの年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業はカテーテルで国内首位の売上高を誇る老舗医療機器メーカーのテルモです。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 テルモ 精密機器


【平均年収811万円】島津製作所の給与が高いのはなぜなのか

【平均年収811万円】島津製作所の給与が高いのはなぜなのか

島津製作所の年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業は分析計測機器から航空機器まで幅広く展開する老舗メーカーの島津製作所です。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 島津製作所 精密機器 医療機器 航空機器


最新の投稿


「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

コンビニエンスストア「セブン-イレブン」のフランチャイズオーナーと本部が、24時間営業の継続などをめぐって対立するニュースが流れています。この背景には、セブン&アイグループの問題は関係していないでしょうか。第3四半期決算報告会の説明資料から読み解きます。

投資家向け


いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は、人事採用担当者の課題とされている「ダイバシティ」について考えます。組織における人材の多様性向上は疑うべくもない常識とされつつありますが、それは本当に正しいのでしょうか。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

今回は即席麺メーカーから日清食品HDと東洋水産の2社について比較します。朝ドラのテーマとして再注目されている日本が誇る即席麺業界について、今回は上場しているトップ2社の財務面から特徴を洗い出します。就職・転職活動の参考になれば幸いです。

業界研究


「ZOZO離れ」は深刻な問題なのか? 決算説明会資料から占う将来性

「ZOZO離れ」は深刻な問題なのか? 決算説明会資料から占う将来性

若者に人気のアパレルECサイト「ZOZOTOWN」に対する批判的な報道が、ここのところ相次いでいます。「ZOZO離れ」という言葉も見られますが、運営する株式会社ZOZOの行く先には本当に暗雲が垂れ込めているのでしょうか。同社の決算説明会の資料を参考に、情報を整理してみました。

ZOZO 投資家向け


ぐるなびの業績悪化は、楽天との資本業務提携で改善できるのか?

ぐるなびの業績悪化は、楽天との資本業務提携で改善できるのか?

「加盟店の解約増加で大失速」とネットで話題になっている株式会社ぐるなび。創業者の滝久雄会長は2018年7月、保有株式の一部を楽天に売って資本業務提携を締結しました。すでに会員の新規獲得数やネット予約件数で効果が現れているようですが、今後の見通しはどうなのでしょうか。

投資家向け


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300