「コミュ障」でも面接に受かるには? ギリギリ許される方法はこれだ!

「コミュ障」でも面接に受かるには? ギリギリ許される方法はこれだ!

人前に出ると極度に緊張し、うまくコミュニケーションが取れない……。そんな悩みを持つ人もいるでしょう。「コミュ障」の人が採用面接で思ったような対応ができないと、人生を左右しかねません。面接の場で許されるギリギリの方法について、人材研究所代表・曽和利光氏がアドバイスします。


コミュニケーションが苦手な人のことを、「コミュ障」と呼ぶことが若者を中心に定着しています。実際の障害の有無とは別の俗称ですが、日本人は対人緊張度の高い人が多く、コミュ障を自称する人もたくさんいます。

かなり訓練したのでいまでこそ何とかなっていますが、実は私もコミュ障でした。人と話がちゃんとできない。話をきちんと聞けない。言いたいことが伝わらない。人といるととても緊張してしまう等々。今でも家庭では話が通じないと、妻にいつも怒られています。

そういう人は、なべて面接など大の苦手ではないでしょうか。各種研究で分かっているように、面接はさほど精度の高い選考ではありません。しかし現状では選考における面接の比重は高く、面接が苦手なだけで世に出ていけない人がいるおそれもあります。

これはおかしなことだと思いますが、この慣習をすぐに変えることは難しく、応募者側で対策を考えざるを得ません。そこで今回は「コミュ障」の人たちが面接を突破するためにどうすればよいのか、考えてみたいと思います。(文:人材研究所代表・曽和利光)

まずは落ち着くこと

最初に必要なことは「いかに緊張せずに場に臨むか」ということです。いくつかの方法がありますが、一番効くのは「なんでもゆっくり」です。

呼吸をするのもゆっくり深呼吸。しゃべる速さもゆっくり、イスに座るのもゆっくり、立ち上がるのもゆっくり。そしてできるだけ動かない。手はおひざ。まるで太極拳でもやっているかのごとく、なんでもゆっくりと行動すれば、自然と気持ちは落ち着いてくるものです。

応募者がゆっくり事を進めることは、面接官にとってもありがたいことです。というのも、面接官は面接官で、質問を矢継ぎ早に繰り出すのは大変なことで、ゆっくり話してくれれば、次の質問をゆっくり考えることができて、いい質問につながります。

逆に、応募者が立板に水で話してしまうと、面接官が次の質問を考える間もなく終わってしまい、焦った面接官は「好きな食べ物はなんですか」など変な質問をしてしまうかもしれません。面接官も緊張しているのです。

それでも緊張してしまったら、「緊張してしまいました」と素直に言いましょう。緊張を宣言することで、自らの緊張を和らげる効果があると言われていますし、面接官もきっとケアしてくれるでしょう。

言いたいことを書いておく

面接で必ずこれだけは伝えたいということを、きちんと紙に書いておくのも有効です。ポイントやキーワードだけでよいので、手帳などに書いておきましょう。

最初に面接官に「お伝えしたいことを伝え逃さないように、メモを見てもよいでしょうか」と断って、目の前に手帳を広げて、面接官からの質問に答えても問題ありません。

なぜキーワードだけでよいかというと、文章にすると緊張すればどうしてもそれに頼ってしまい、結果、その文章を棒読みするという悪印象の行動をとってしまうからです。

コミュニケーションにおいては、当意即妙であることは大事なポイントです。用意してきたことを答えるのではなく、その場で聞かれたことに的確に答えるかで評価されます。用意してきたことが、その場で聞かれた質問にぴったりであればよいのですが、そんなことはなかなかありません。ですから、キーワードにしておくくらいがちょうどよいのです。

即興が無理ならプレゼン

キーワードだけでは心細く、即興で話をするのは無理という方は、やや違和感を持たれるのを覚悟で、相手に見せるためのプレゼン用の書類やシートをオリジナルで作ってもよいでしょう。会社が課す書類ではなく、自分で自分の伝えたいことをまとめる自己紹介書類のようなものです。

「すみません。まとめてきたものがあるのですが、そちらを使って自己紹介してもよいでしょうか」と断ってから、書類を渡して、それに基づいてお話をするというのであれば、ギリギリ「あり」ではないかと思います。

プレゼンシートを作るだけでもやや奇異なので、ふつうに文章を書くのがよいと思います。しかし、長文は相手に「圧」を与えるので、簡潔に箇条書きでまとめましょう。面接中に長文はなかなか読めませんから、面接中にこちらから勝手に出す書類は簡潔さが重要です。

もちろん、話下手なのかなとは思われますが、口がうまくないとダメな仕事でなければ、そう思われたからといって、即合否につながるわけではありません。問題は中身です。

真顔でふつうにしていればよい

「コミュ障」の方は緊張を隠そうとするあまり、ひきつった笑顔になってしまうことも多いです。しかし、それは完全な逆効果です。たまに、おばあちゃんが死んだ話をするような時にも笑顔でするような人が面接ではいますが、当然ながらそこは「悲しそうな顔」が正解ですよね。面接ではどうでしょうか。

面接は、どれだけ面接官がフランクな場にしようとしたとしても、基本的には人生の大きな岐路であり、人が人を評価するシリアスな場です。ですから、面接においては、別に笑う必要などありません。緊張していますという感じで、真顔でいればいいのです。それをマイナスに思う人はいません。

ただ、人によっては真顔ではなく、仏頂面で怒っているような印象を与える表情になってしまう人がたまにいます。自分で鏡を見て確認してください。怒っているような表情はマイナスです。面接官も人の子なので、怒られたら腹が立ちます。ですから、そうなっていないかだけ注意しましょう。でも、真顔で大丈夫です。

礼儀だけはしっかりと

最後に、礼儀だけはしっかりしておきましょう。柔軟性の高いコミュニケーションが取れないのであれば、逆に格式張ったコミュニケーションを取ればよいと思います。

冒頭の挨拶でも気の利いたことが言えないのであれば、「本日は大変お忙しいところ、私のためにお時間を頂戴しまして、誠にありがとうございます」とかっちりしたことを言えばよいですし、話の途中で頭が真っ白になってしまったら、

「大変、失礼しました。緊張のあまり頭が真っ白になって、考えていたことを忘れてしまいました。もう一度、ご質問をいただけませんでしょうか」

などと言う。お辞儀もきっちりと、ホテルマンのように深々とすればよいですし(どちらがよいかは趣味の問題です)、一人称も「僕」とかではなく「わたくし」などにしておけばよいのではないでしょうか。

どうせ緊張して硬くなるのです。それなら徹頭徹尾硬めで行けば、「この人は硬いけど、きっちりした人だし、真剣さが伝わってくる」となるのではないでしょうか。

この企業情報の記事作成

人事コンサルティング、採用アウトソーシング、新卒人材紹介を行う株式会社人材研究所 代表取締役社長。

関連するキーワード


悩まないキャリアの歩き方

関連する投稿


会社は敵とは限らない 「社畜になるな!」に騙されるな

会社は敵とは限らない 「社畜になるな!」に騙されるな

会社を悪者にして「社畜になるな」と煽る人は、ネットにたくさんいます。しかし、会社や経営者は本当に敵なのでしょうか。本当の問題はどこにあり、自分をサポートしてくれる人が誰か、見誤ってはいけません。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第17回です。

悩まないキャリアの歩き方 働き方改革 働かないおじさん


人気企業を目指す就活生に忠告! 自分に向かない会社には「早期退職」のリスクがある

人気企業を目指す就活生に忠告! 自分に向かない会社には「早期退職」のリスクがある

多くの学生が就職を目指す「大企業」。高い競争に勝ち残ってせっかく入った人気企業を短期間で辞めてしまう人がいます。それはなぜなのでしょうか。その理由をあらかじめ知っておくことで、自分に合わない会社に入ることを避けることができます。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第16回です。

悩まないキャリアの歩き方


「マネジメントに興味がない」と言う若い人たちへ――したい時には機会なし

「マネジメントに興味がない」と言う若い人たちへ――したい時には機会なし

スペシャリスト志向の若者が増える中、マネジャーになりたくないという人が増えているそうです。しかし需要があるのだから、機会があれば挑戦してみる価値があるという考えもあります。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第15回です。

悩まないキャリアの歩き方


「AI採用」で得をするのは、頭はいいけど暗い人? 印象評価からデータ重視の選考へ

「AI採用」で得をするのは、頭はいいけど暗い人? 印象評価からデータ重視の選考へ

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第14回。AI(人工知能)に仕事が奪われると危機感を煽る意見がある一方で、人間がやるよりも仕事の質が高まるという指摘もあります。それでは企業の「採用選考」はどう変わるのでしょうか。得をする人がいれば、もしかすると損をしてしまう人もいるかもしれません。

悩まないキャリアの歩き方


「なりたい自分」の諦め方 きちんと絶望するから希望が生まれる

「なりたい自分」の諦め方 きちんと絶望するから希望が生まれる

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第13回。日々の仕事に打ち込めず、「自分はここにいてよいのか」と悶々とする思いを抱えている人はいないでしょうか。そんな人たちに曽和氏は、自らの体験とともに、夢を「きちんと諦める」ことでようやく自分が「何か」に近づくことができると説いています。

悩まないキャリアの歩き方


最新の投稿


【臨床試験を支援】(株)アイロムグループに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【臨床試験を支援】(株)アイロムグループに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

先端医療事業・SMO事業・CRO事業・メディカルサポート事業の4つの事業を軸に医療サービスを提供する企業グループの持株会社。製薬企業の開発ニーズに答え、全国に提携施設を持っている。創業以来の基盤領域でのノウハウを活かし、高度専門医療への治験業務拡大が最大の事業となっている。

東京都千代田区 東証一部 製薬 アイロムグループ


株式会社玉造に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社玉造に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

主に極厚鋼板や特殊鋼板の加工品を販売をする会社。全国で手がけている企業が少ないとされる厚板の加工製品を、大量に生産できることを強みとする。また溶断を得意としているほか、顧客の要望に応じて短納期や小ロット、特殊型加工の対応も可能とする。溶接後は建設業をはじめ産業や造船、プラント、橋梁などの幅広い分野へ供給している。

大阪府 非上場 三菱商事グループ 鉄鋼・非鉄金属


【平均年収727万円】日本信号の給与が高いのはなぜなのか

【平均年収727万円】日本信号の給与が高いのはなぜなのか

日本信号の年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業は自動改札機や鉄道制御システムも手掛ける日本3大信号会社のトップメーカー日本信号です。

年収 日本信号 電気機器


 東京国際エアカーゴターミナル株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京国際エアカーゴターミナル株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京国際空港(羽田空港)において、国内外航空会社の国際航空貨物の輸出入取扱や、ターミナルの管理・運営を行っている。国際貨物ビルを2つと、定温庫を備えた生鮮棟を有している。2006年に東京国際空港 国際線地区貨物ターミナル整備・運営事業の民間事業者として選ばれ、三井物産株式会社により設立。

東京都大田区 空運 非上場 三井物産グループ


株式会社成城石井に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社成城石井に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

輸入・販売、仕入・製造まですべて自社で行える独自の仕組みを持つスーパーマーケット。「食へのこだわり」を大切に商品展開し、プロの調理人が作ったお惣菜を販売。2017年には関東地方を中心に140店舗を展開し、2013年よりワインバー「ル・バーラ・ヴァン52」の運営を開始している。

神奈川県 小売 非上場 三菱商事グループ


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300