【平均年収804万円】西松建設の給与が高いのはなぜなのか

【平均年収804万円】西松建設の給与が高いのはなぜなのか

西松建設の年収(給与・報酬)が丸わかり!同業他社との比較、平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに平均年収が高い理由や社員の収入実態に迫っていきます。今回注目する企業は1874年創業 老舗ゼネコンの西松建設です。就職・転職活動中の方は必見です。


昨今のゼネコン業界では、社長交代が相次いでいます。
そのなかでも、とくに世間を騒がせたのが、西松建設の社長交代です。西松建設は今年で144年を迎える老舗ゼネコンの一つで、土木事業に大きな強みを持っています。しかし新しい社長は、2人続けて建設事業出身者が経営に携わることになりました。

それまで社長を務めていた近藤貞社氏は会長に就任し、新しく社長となったのは、髙瀨伸利氏です。社長交代は9年ぶりで、経営体制の若返りを図る目的があるようです。

建設に関わった経験を経営に生かせるというメリットはありますが、なぜ土木事業出身者ではないのでしょうか。実はここに、西松建設の生き残りの施策が隠されているのです。2人続けて建設出身ということが意味するものとは何なのか、そして、老舗の伝統を受け継ぎながら時代の流れを変革していくのか、その手法の一端を年収という切り口から見ていきましょう。

また西松建設は年収が高いことでも有名で、3000社を超える上場企業の中でも常に上位に位置しています。
では一体どれくらい高いのか、高い理由はなにか、年収の高さ以外のメリットやデメリットはあるのかなどに迫っていきましょう。

西松建設の年収(給与・報酬)はどれくらい高いのか?

まず西松建設の平均年収がどれくらいの額なのかから見ていきましょう。

2018年3月期の有価証券報告書によると、西松建設の平均年収は803.7万円です。

国税庁が行った2016年民間給与実態統計調査では、男女合わせた正規雇用者の平均年収が493.7万円であることから、どれだけ高い年収なのかがわかりますね。

西松建設とライバル企業との比較

では次に、同じ建設業界である熊谷組、安藤ハザマ、飛鳥建設の平均年収と比べてみましょう。
以下に各社の有価証券報告書に記載されている情報をまとめました。

西松建設:803.7万円(2018年3月期)
熊谷組:792.9万円(2018年3月期)
安藤ハザマ:827.1万円(2018年3月期)
飛鳥建設:776.7万円(2018年3月期)

こうしてみると西松建設業種・業界全体の平均年収が高いことがわかります。

実際に働いた経験のある方の貴重な給与明細からは驚きの発見が!

建設業界の給与明細

日本の平均年収を大きく上回る収入が

西松建設20代・施工管理(非管理職)の 給与明細

熊谷組20代・施工管理(非管理職)の 給与明細

安藤ハザマ20代・施工管理(非管理職)の 給与明細

飛鳥建設20代・施工管理(非管理職)の 給与明細

西松建設の平均年収の推移

続いて、過去5年間における年収の推移を見てみましょう。

下は平均年収と平均年齢の推移を表したものです。

2014年3月期 680.5万円 (平均年齢 42.9歳)
2015年3月期 720.8万円 (平均年齢 42歳)
2016年3月期 750.7万円 (平均年齢 43.4歳)
2017年3月期 773万円 (平均年齢 43.5歳)
2018年3月期 803.7万円 (平均年齢 44歳)
(出典:有価証券報告書)

西松建設の平均年収は、2018年3月期ではじめて800万円の大台にのりました。
これまでの推移を見てみると、この5年間で123万円も平均年収が上がっていることがわかります。伸び幅は42.3万円もアップした年(2017年3月期)もあれば、9.9万円(2016年3月期)ということもあり安定していないものの、着実に伸ばしていることが見て取れます。

東日本大震災からの復興事業を契機に、需要が拡大したことによって急回復した建設業界ですが、すべての準大手と中堅ゼネコンが800万円台の年収を得ているのかというと、そうではありません。緩やかながらも、どんな点が西松建設の年収を押し上げているのか気になりますよね。

これほど年収が高いということはどういう理由があるのでしょうか?

西松建設の年収(給与・報酬)が高い理由は?

西松建設の平均年収が800万円の大台にのった理由に、財務の急改善と高い自己資本比率が挙げられます。首都圏再開発の需要もあって、2017年12月末の総資産は5年前の2012年12月末より637億円増え、1823億円にまで大きく成長しました。それに伴い、自己資本比率は同+12ポイントの49%にまで上昇させたのです。

また西松建設は、課長未満の総合職の若手社員を対象に5%のベースアップを実施しました。定期昇給と合わせるとその昇給率は7.3%にも及びます。
対象を絞っての2年ぶりのベースアップとなりますが、これは若手社員の確保と離職防止を目的とするほか、現場を支える若手社員の労をねぎらう会社としての姿勢を表したものです。これらの成果が平均年収に反映されているといってよいでしょう。

口コミには年収の実態を如実に表す証言がありました。

西松建設社員の口コミ

同業他社と比べると妥当、他の業種と比較すると・・・

「他の業種と比べると、給与は比較的良い方だと思います。 やりがいを得られるのが魅力で、その理由は5年を過ぎると……

大きな仕事やレベルの高い仕事に挑戦できる!

「現場監督業の業務は見積もりや図面チェック、工程管理など多岐に渡る。 コミュニケーションを取りながら、目標に向かって仕事を遂行していくため……

新入社員の研修制度が充実!若手育成に力を入れている

「20代後半で小さな現場を任されることもあるため、実力があれば評価に反映する。 40代前半で現場所長を任されることもあるが、給与面は他の准大手と比べると……

ボーナスは年々増加傾向にある!

「土曜日は毎週出勤で、繁忙期は残業時間が増えてしまいます。 残業代は45時間が基本となるが、ボーナス年々増加していて年度末賞与も……

ここまでで、十分高い収入を得られることも、年収が高い理由もわかりました。では社内でどんな人、どんな仕事をしている人がより給与が高いのでしょうか。

西松建設社内で年収(給与・報酬)が高い職種・役職は?

2015年度から優秀な職長や技能者に手当を増額すると発表した西松建設では、技能者に対する手当が厚い傾向にあります。

現場の作業に長く従事する「上級職長」と呼ばれる職務では、従来の4倍となる2000円が手当として支給され、その上級職長の中でもトップの位置に属する「西松マイスター」は、従来の2.4倍となる3000円が支給されるのです。
年収ベースで見てみると、上級職長は年間で48万円、西松マイスターは72万円を上限に上乗せされます。

これらの制度は、若手社員に希望を与えるとともに、全社員のモチベーションアップにもつながるのではないでしょうか。現段階では「上級職長」と「西松マイスター」に限定されていますが、一つの目標として捉えると、仕事に対しての関わり方も変わってくるかもしれません。

実際の給与明細を見比べると、目安では見えてこなかった驚きの現実が!

西松建設社員の給与明細

手当の差が年収に影響する

20代・建築設計・非管理職の 給与明細

30代・建築設計・非管理職の 給与明細

基本給・手当・賞与に大きな差

20代・建築土木施工管理・非管理職(賞与なし)の 給与明細

20代・建築土木施工管理・非管理職(賞与あり)の 給与明細

年収の高さばかりに目を奪われがちですが、就職・転職を検討するにあたり気をつけなければならないことはないのでしょうか。

西松建設の見落としがちな留意点、課題は?

手持ち工事の少ない準大手ゼネコンとしては、2020年に開催される五輪後の不安が大きいと言えます。手持ち工事が潤沢な大手と比べると先行きの不安がつきまといますし、工期が1年前後の案件が多いことから、五輪後の需要の影響が直撃してしまいます。受注競争が激化する可能性もあるとされているため、留意しておくとよいでしょう。

また業界全体が人手不足のため、一人あたりの負担が増える可能性があります。日本建設行連合会によると、2014年度には約343万人いた技能労働者のうち、2025年度までにその3分の1程度の約128万人が離職する見通しであることが発表されていることもあり、重大な局面を迎えることになります。これらの課題を踏まえた上で慎重に判断する必要がありそうです。

この他にも口コミにはこんな意見が書かれています。

西松建設社員の口コミ

現場でものを作り上げる喜びが味わえる

「作り上げている過程を日々目の当たりにできるので、やりがいを実感できる。 困難なことはたくさんあるが、完成したときの達成感は現場の人間にしか分からない……

個人に裁量が任され自由度が高い

「大きな現場であれば調整して交代で休むことができます。 個人裁量に任されているので試してみたいことは沢山試せるし、次につながる……

きちんと休みをとる事が評価される

「社長が変わったことで上場企業としての変化を感じます。 完全週休2日は難しいが代休は問題なく取れますし、みなし残業も……

自分の責任においてやりたいように仕事ができる

「現場でのやり方は各個人に任されているので、自ら考えながら動けます。 工程通りにミスやロスなく行っていれば、試してみたいことを試すことができるので……

西松建設には年収以外にメリットはある?

ここまで西松建設の年収面を見てきました。ただ就職先、転職先として年収の高さだけで決めることはできません。その他にメリットは無いのでしょうか?

実は西松建設は、今後「建設しない事業」すなわち不動産開発やビル管理で収益拡大を目指しています。自らは建設に携わらず、賃料や管理手数料を収益源にすることで安定的に稼ごうという方針です。

またインフラ整備の需要が年々高まっているため、西松建設にとっては追い風にあります。高度経済成長期以降に整備された道路橋やトンネル、下水道等は、今後20年で建設してから50年以上経過する施設の割合が加速度的に高くなるため、メンテナンス工事が増えることになりそうです。これに対して土木の名門と呼ばれる西松建設は、2011年から「インフラの総合病院」として土木リニューアル事業を開始しています。こうした先見の明ある事業展開が明暗を分けていくことでしょう。

さらに西松建設では、下請け会社との関係にも着目しています。今までは現金で支払う基準が50万円だったのに対して1000万円に引き上げました。これにより、自社の人材に頼るだけではなく、下請け会社の資金繰りを支援しつつ良好な関係を築き、受注機会を増やしていくことも予想されます。このような先を見越したさまざまな改善が、今後の西松建設の土台になっていくかもしれません。

結論的には、努力や覚悟は必要ですが、就職・転職先として素晴らしい企業であるといって問題ないでしょう。

西松建設についてもっと知りたい!

西松建設に関する詳しい企業情報は以下の記事にまとめています。あわせてご覧ください。

【土木に強い】西松建設(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

https://tenshock.biz/articles/381

就職・転職するなら「西松建設株式会社」。西松建設は明治7年の創業以来、140年を超える長い歴史と伝統によって培われた高度な技術力を強みに、ダム・トンネル等大型官庁土木を得意とする会社。ゼネコンとしては準大手Aゼネコンの一角として強固な財務体質を備え、同じく準大手Aの建築を主体とする戸田建設との業務提携を結んでいる。

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【平均年収706万円】東レの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収706万円】東レの給与が高いのはなぜなのか

東レの年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業は国内唯一、三大合成繊維を生産できる繊維総合メーカー東レです。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 東レ 繊維製品


【平均年収767万円】ニコンの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収767万円】ニコンの給与が高いのはなぜなのか

ニコンの年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業はカメラだけじゃない、FPS露光装置の世界シェアNo.1のニコンです。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 ニコン 精密機器 半導体製造装置


【平均年収743万円】テルモの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収743万円】テルモの給与が高いのはなぜなのか

テルモの年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業はカテーテルで国内首位の売上高を誇る老舗医療機器メーカーのテルモです。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 テルモ 精密機器


【平均年収811万円】島津製作所の給与が高いのはなぜなのか

【平均年収811万円】島津製作所の給与が高いのはなぜなのか

島津製作所の年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業は分析計測機器から航空機器まで幅広く展開する老舗メーカーの島津製作所です。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 島津製作所 精密機器 医療機器 航空機器


【平均年収780万円】住友重機械工業の給与が高いのはなぜなのか

【平均年収780万円】住友重機械工業の給与が高いのはなぜなのか

住友重機械工業の年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業は変減速機と射出形成機で国内シェアNo1の住友重機械工業です。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 住友重機械工業 機械 建設機械 産業機械


最新の投稿


【平均年収706万円】東レの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収706万円】東レの給与が高いのはなぜなのか

東レの年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業は国内唯一、三大合成繊維を生産できる繊維総合メーカー東レです。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 東レ 繊維製品


御社の面接担当者には「インタビュー」と「人の見立て」の基本能力が備わっているか?

御社の面接担当者には「インタビュー」と「人の見立て」の基本能力が備わっているか?

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は「面接担当者に求められる基本的な能力」について。人事は「採用基準の目線合わせ」を重視するところが多いですが、もっと大事なことがあるのではないかという指摘です。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


【平均年収767万円】ニコンの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収767万円】ニコンの給与が高いのはなぜなのか

ニコンの年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業はカメラだけじゃない、FPS露光装置の世界シェアNo.1のニコンです。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 ニコン 精密機器 半導体製造装置


候補者の緊張を解きほぐしてこそ「プロの採用面接担当者」だ

候補者の緊張を解きほぐしてこそ「プロの採用面接担当者」だ

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は「面接の場での緊張」について。候補者が緊張するのは当たり前。上手にアイスブレークし、異常時ではなく「ふつうの場」で本性を見るのがプロだという指摘です。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


大手企業じゃなくても、たった2ヶ月で優秀な若手人材を採用できた理由

大手企業じゃなくても、たった2ヶ月で優秀な若手人材を採用できた理由

ノウハウが無い中小企業が中途採用に苦労するのはよくあること。しかし、早期に中途採用を成功させた会社がある。その秘訣とは何か。アメリカンホリデーズ代表取締役社長・遠藤秀登氏にうかがった。

中途採用


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300