楽天の三木谷浩史会長兼社長は、なぜあんなにたくさんお金をもっているの?

楽天の三木谷浩史会長兼社長は、なぜあんなにたくさんお金をもっているの?

国内EC最大手の楽天株式会社。世界29か国・地域でグローバルに事業展開する同社を率いるのは、創業者で代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏(53歳)です。今回は、三木谷氏の巨額の資産の理由について情報を整理してみます。


三木谷氏は1965年生まれ。1995年に大手銀行を退職後起業し、2000年に株式を店頭公開。積極的なM&Aによって時価総額1.2兆円の大企業にまで押し上げました。最近では子会社のJリーグ・ヴィッセル神戸がイニエスタ選手を32億円もの高額年俸で獲得し、話題を集めました。

【平均年収708万円】楽天の給与が高いのはなぜなのか

https://tenshock.biz/articles/4270

楽天の年収(給与・報酬)が丸わかり!同業他社との比較、平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに平均年収が高い理由や社員の収入実態に迫っていきます。今回注目する企業はネット通販、金融、携帯など70以上のサービスを展開する楽天です。就職・転職活動中の方は必見です。

国内7位の大富豪

米経済誌「フォーブス」の2018年版長者番付ランキングによると、三木谷氏は国内7位の5,660億円もの資産を保有しています。

東京都渋谷区の超高級住宅街・松濤地区に270坪の自宅があり、土地と建物で推定30億円超とも言われています。アメリカにも生活の拠点を構えており、資産管理会社が保有するプライベートジェット「ガルフストリームG650 」は、新機で70億円するとも。

三木谷氏の資産をここまで拡大させたのは、楽天のビジネスです。2000年の上場以来連続増収を続け、売上高は2017年12月期までの5期間で約1.8倍に増加しました。2018年に入って朝日火災を約450億円で買収するなど、創業以来積極的なM&Aを行ってきた結果です。

営業利益は、広告宣伝費の増加や子会社株の評価損もあり減益傾向でしたが、2017年度は米国子会社と金融部門の牽引もあり最高益に転じました。5期平均の売上高営業利益率は14.8%と高い水準です。

【外国人2割】楽天(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

https://tenshock.biz/articles/54

就職・転職するなら「楽天株式会社」。主力事業のECモール「楽天市場」は、2017年5月で開設20周年。カード、銀行、証券などのフィンテック事業にも進出。社内の公用語が英語で、中途入社でもTOEIC800点以上が求められる。全社員(楽天単体)約6000人における外国籍比率は2割強にのぼる。社内カフェテリアは無料で利用可。

楽天の「儲けの秘密」

楽天の強みは、「楽天ID」による顧客の囲い込みです。2018年6月末時点で、楽天の会員数は9,870万人。4万6000を超える楽天市場の店舗や、グループ会社が運営する70以上のサービスを「楽天ID」で利用することができます。

楽天の公開資料によると、1ユーザーが2サービス以上を利用している指標のクロスユース率は68.4%にのぼります。

独自の楽天スーパーポイントや、今年1,500万会員を突破した楽天カードなど、実店舗でも使えるサービスも多く、ネットとリアルの融合を早くから取り組んだ結果が、楽天の収益性の高さにつながっているといえます。今回買収した損保事業とのシナジーも想定されていると見られます。

2017年12月期からはセグメントの集約を図り、楽天市場や楽天トラベル等のEC中心のインターネットサービス事業が67.1%、楽天カードや楽天銀行等のFintech事業が32.9%です。セグメント利益ではインターネットサービス事業が58.1%、FinTech事業が41.9%です。

売上高利益率はFinTech事業の方が高いこともあり、今後はFinTechの強化を目指しており、2018年8月に仮想通貨交換業の「みんなのビットコイン」を買収しています。

なお、Jリーグのヴィッセル神戸はインターネットサービス事業に含まれています。このほか、FCバルセロナのメインパートナーおよびグローバル イノベーション&エンターテインメント パートナーとして、4年間で250億円以上を拠出するそうです。

グローバルでの知名度を高めたい楽天にとって、スポーツを通じてブランド名を世界的に浸透させていきたいというところでしょう。

楽天のクリエイティブ職経験者が語る福利厚生「アメリカの会社のように充実していて最高」

https://tenshock.biz/articles/1

日本最大級のECモール「楽天市場」を運営する、株式会社楽天。2015年には世田谷区二子玉川に「楽天クリムゾンハウス」を建設し、社員の働きやすさに配慮した様々なサービスを提供している。「doda転職人気企業ランキング2016」では、総合6位にランクインした。

三木谷氏の役員報酬は1億未満?

2017年12月期の有価証券報告書を見ると、楽天では三木谷氏を含めて3名の常勤取締役、4名の社外取締役で構成されており、3名の常勤取締役に合計で3億2,000万円の報酬が支払われています。

そのうち2億400万円は副社長の穂坂雅之氏の報酬であることが記されており、残り1億1,600万円を三木谷氏と米国子会社の代表を務めるバクスター氏が分け合うことになります。バクスター氏の報酬が1,600万円程度とは考えられず、三木谷氏の報酬は1億円未満と見られます。

配当は年18億円

一方、三木谷氏は同社株の12.28%を保有しており、自身の資産管理会社である合同会社クリムゾングループの15.78%を合わせると、28.06%の楽天株を保有しています。2018年9月21日現在の楽天の時価総額は1兆2,319億円ですので、三木谷氏の持株時価は3,457億円となります。

楽天の2000年の上場時の時価総額は2,456億円であり、単純計算で企業価値が5倍に増加したことになります。

同社の配当利回りは2018年9月期時点で0.52%、年間4.5円の配当。三木谷氏は同社株を約4億264万株保有しているので、年18億円の配当を受け取っている計算になります。

なお、上場会社オーナーの場合、配当には最高税率の55%を適用されるため、三木谷氏名義分の約8億円分に対して年4億円もの税金を支払っています。

一般的なサラリーマンの感覚からは、かなり大きいと感じられます。しかし、年間131億円の配当を受け取るユニクロの柳井会長兼社長や、119億円のソフトバンクグループの孫会長兼社長に比べると少ない金額です。

楽天に勤務していた人の「退職エントリー」集 就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

https://tenshock.biz/articles/1697

就職・転職するなら「楽天」。ネットには楽天の内情をよく知る元社員による「退職エントリー」が見られる。ただし「楽天クリムゾンハウス」が建設された2015年以前の内容が多く、現在では状況が大きく変わっている可能性がある点に注意が必要だ。

単体の平均年収は708万円

楽天の2017年12月期の連結従業員数は14,845人で、単体では5,831人。平均年間給与は、単体で708万円でした。従業員数は5期連続で増加しており、従業員の出身国・地域が70を超えています。

連結従業員1人あたりの売上高は、この5期で右肩上がり。同営業利益は横ばいから下降気味でしたが、2017年度には前期比増となっています。楽天単体の従業員の平均年間給与は5期連続で増加していますが、グループ全体に恩恵を広げるためには利益率の向上が必要になるでしょう。

携帯電話事業への参入を宣言したものの、既存キャリアの電話料金を「4割値下げ」させる流れもあり、勝算が崩れたのではないか、という見方もあります。今後の成長をどの分野でもたらすのか。楽天の今後の戦略に注目されます。

【新体制】楽天グループに転職・就職したい人がチェックすべき「社内カンパニー制」

https://tenshock.biz/articles/3813

2017年度の連結売上収益が9000億円を超えた楽天株式会社。2018年7月1日より10つある社内カンパニーを5つに絞り、より自律的で機動性の高い組織体制を構築する。楽天に就職・転職したい人たちは、楽天の社内カンパニーにどのようなものがあり、どのようなサービスやグループ会社が関わっているか知っておくべきだろう。

この企業情報の記事作成

アナリストになる夢を持ち、証券会社で営業をしながら日々頑張ってます。

関連するキーワード


楽天グループ

関連する投稿


【新体制】楽天グループに転職・就職したい人がチェックすべき「社内カンパニー制」

【新体制】楽天グループに転職・就職したい人がチェックすべき「社内カンパニー制」

2017年度の連結売上収益が9000億円を超えた楽天株式会社。2018年7月1日より10つある社内カンパニーを5つに絞り、より自律的で機動性の高い組織体制を構築する。楽天に就職・転職したい人たちは、楽天の社内カンパニーにどのようなものがあり、どのようなサービスやグループ会社が関わっているか知っておくべきだろう。

楽天グループ


【ネット業界研究】ヤフー VS 楽天 比較――就職・転職するならどの会社?

【ネット業界研究】ヤフー VS 楽天 比較――就職・転職するならどの会社?

今回はヤフーと楽天を比較します。2017年12月22日時点での時価総額は、ヤフーが2兆9452億円、楽天が1兆4783億円と巨額。メガベンチャーとして並び称されるサイバーエージェントの5556億円や、DeNAの3497億円を大きく引き離しています。就職・転職先選びの参考になれば幸いです。

ヤフーグループ 楽天グループ


「楽天ゲームズ」が正式オープン でも「なんで今更ブラウザゲーなんだろ?」と疑問の声も

「楽天ゲームズ」が正式オープン でも「なんで今更ブラウザゲーなんだろ?」と疑問の声も

楽天が運営するソーシャルゲーム・プラットフォーム「R Games」が2017年4月4日、正式提供を開始した。スマホアプリが全盛の中で、HTML5対応のブラウザゲームだけを集めたサイトを運営するのは、先進的な取り組みとはいえない。しかしアプリゲームが過当競争になるなかで、意外といいやり方ではないかと評価する声もある。

楽天グループ


楽天のクリエイティブ職経験者が語る福利厚生「アメリカの会社のように充実していて最高」

楽天のクリエイティブ職経験者が語る福利厚生「アメリカの会社のように充実していて最高」

日本最大級のECモール「楽天市場」を運営する、株式会社楽天。2015年には世田谷区二子玉川に「楽天クリムゾンハウス」を建設し、社員の働きやすさに配慮した様々なサービスを提供している。「doda転職人気企業ランキング2016」では、総合6位にランクインした。

楽天グループ


最新の投稿


「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

コンビニエンスストア「セブン-イレブン」のフランチャイズオーナーと本部が、24時間営業の継続などをめぐって対立するニュースが流れています。この背景には、セブン&アイグループの問題は関係していないでしょうか。第3四半期決算報告会の説明資料から読み解きます。

投資家向け


いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は、人事採用担当者の課題とされている「ダイバシティ」について考えます。組織における人材の多様性向上は疑うべくもない常識とされつつありますが、それは本当に正しいのでしょうか。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

今回は即席麺メーカーから日清食品HDと東洋水産の2社について比較します。朝ドラのテーマとして再注目されている日本が誇る即席麺業界について、今回は上場しているトップ2社の財務面から特徴を洗い出します。就職・転職活動の参考になれば幸いです。

業界研究


「ZOZO離れ」は深刻な問題なのか? 決算説明会資料から占う将来性

「ZOZO離れ」は深刻な問題なのか? 決算説明会資料から占う将来性

若者に人気のアパレルECサイト「ZOZOTOWN」に対する批判的な報道が、ここのところ相次いでいます。「ZOZO離れ」という言葉も見られますが、運営する株式会社ZOZOの行く先には本当に暗雲が垂れ込めているのでしょうか。同社の決算説明会の資料を参考に、情報を整理してみました。

ZOZO 投資家向け


ぐるなびの業績悪化は、楽天との資本業務提携で改善できるのか?

ぐるなびの業績悪化は、楽天との資本業務提携で改善できるのか?

「加盟店の解約増加で大失速」とネットで話題になっている株式会社ぐるなび。創業者の滝久雄会長は2018年7月、保有株式の一部を楽天に売って資本業務提携を締結しました。すでに会員の新規獲得数やネット予約件数で効果が現れているようですが、今後の見通しはどうなのでしょうか。

投資家向け


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300