会社は敵とは限らない 「社畜になるな!」に騙されるな

会社は敵とは限らない 「社畜になるな!」に騙されるな

会社を悪者にして「社畜になるな」と煽る人は、ネットにたくさんいます。しかし、会社や経営者は本当に敵なのでしょうか。本当の問題はどこにあり、自分をサポートしてくれる人が誰か、見誤ってはいけません。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第17回です。


会社に忠誠心を持って、私生活を犠牲にして仕事をしているような人を揶揄して「社畜」とよく言います。言うまでもなく「会社に飼われる家畜」という意味です。うまく動機付けして、やりがいを持たせることで、低賃金で人を雇って搾取する「やりがい搾取」という言葉もあります。

どちらも、背景に潜むのは「会社というものは、放っておくと社員からすぐに搾取しようとする敵である」というような性悪説です。この言葉を使う人の中には、会社を仮想敵に見立て、そこからどれだけ本来の取り分を取り戻せるかばかり考えている人もいます。

確かに、ブラック企業と呼ばれるような反社会的な会社もあるでしょうし、悪い経営者もいるかもしれません。実際に、今まではそういう人たちが相当数いたので「社畜」などという言葉が定着してしまったのだと思います。(文:人材研究所代表・曽和利光)

世の中は徐々によくなっている

しかし、このインターネット時代、これだけブラック企業や権力者のパワハラが告発される世の中、本当に悪質なものは徐々に減っていると思われます。というか、そんな会社はすぐに人が寄り付かなくなり潰れてしまうのではないでしょうか。

つまり、申し上げたいのは「そろそろ、そこまで会社を悪く思わなくてもいいのではないか」ということです。

人事コンサルティングをしていても、社員を離職させずに機嫌よく働いてもらうために、どこまで社員の待遇をよくできるのかを一生懸命考えている会社ばかりです。どこまで搾取できるのかというテーマなどほとんど聞いたことがありません。

今の世の中、一番の経営者の課題は「人手不足」です。アルバイトの時給でもどんどん上がっているのに、優秀な社員から搾取を目論んでいては、うまく経営できるわけがありません。

むしろ「社員の敵は社員」

もしも「敵」というものを想定するのであれば、それは会社ではないと私は思います。例えば、あなたの給料が成果に比して低いとすれば、確かに直接的には会社が低い給料を提示しているわけですが、それは根本的なものではなく、さらなる原因があります。

会社が報酬として支払う原資にはもちろん限界があります。そもそも報酬に回す金額、利益の中から人件費に支払える割合(労働分配率と言います)は、同じ業界であれば似たようなものです。

「内部留保が多過ぎる、社員に還元せよ」と、原資を増やすように要望するのもいいのですが、限度を超えると会社を弱体化させ、他社との競争に負けて、元も子もなくなってしまうかもしれません。

つまり、あなたの給料が不条理に低いのは、同じ報酬原資から不条理に高い報酬を得ている社員がいるということです。彼らがあなたの「敵」なのではないでしょうか。

敵の代表「働かないおじさん」

例えば、その代表例は大企業に多いとされる「働かないおじさん」です。いわゆる窓際族で暇にしているのに、年収2000万円ももらっている「Windows 2000」などと言われたりする、ある意味うらやましい立場ですが、彼らが若者の成果を搾取している人たちです。

繰り返しますが、原資は一度決まれば一定ですので、あとはそれを社員同士でどうやって分けて行くかということです。

社員個々人は見えている範囲だと、自分対会社と見えるので、会社を敵視する人もいるのでしょう。しかし本当は、会社は社員同士の分け前争いを仲裁しているだけとも言えます。

「働かないおじさん」が不当に得をする状況や制度を放置していることが会社の責任だと言うのであれば、それはそうでしょう。ただ、日本の労働法は待遇の不利益改定に厳しく、なかなか自由に彼らの報酬を下げることはできないのです。

「働き方改革」の隠れた目的とは

昨今の「働き方改革」は、少子化による労働力不足をカバーするとか、国民のワークライフバランスを健全化することで幸福な国を目指すとか、様々な目的を掲げています。

しかし、あまり喧伝されない目的の一つに、実はこの「働かないおじさん」問題を解決する意図があるのではないかと思います。

「働かないおじさん」が日本の生産性を下げ、若者に低賃金や非正規雇用を強いることがわかっており、「働く若者」へ報酬を徐々に移転しようとしているものではないかと。

会社や経営者の誤ったイメージを持っていないか

一方、労働時間を減らして報酬を減らそうとしているのではないか、という詮索もあります。私もそれは意図しない「副作用」として深刻だと思うのですが、実際の経営者の多くの本音は「成果を出せる人にたくさん払えるような原資を捻出したい」でしょう。

政府も、残業代減少によって減る賃金は昇給によって補填せよという方針ですし、実際、残業を減らした分を報奨金にするような会社も出てきています。

会社の人事施策の本意を知ろう

このような社会的に推進されている「働き方改革」だけでなく(というより、コントールできない政治的な動きを待たずに)、多くの企業が自社内でいろいろ人事制度改革を行っています。

役職定年や早期退職制度、年功性の高い給与制度の改定、職務給への移行、高額インセンティブ制度の創出など、これらはほとんどの場合、成果を出した人に適正なお金を支払うことができるようにする原資を作り出すためのものです。

福利厚生制度の改革などは、一見すると住宅手当とか家族手当とかの削減に見え、待遇の改悪と思えるかもしれませんが、これもやはり目的は原資の創出です。

私が以前在籍したリクルートでは、もう20年近く前に福利厚生を全廃し、それをすべて成果貢献給に配分しなおすことで、若手の活性化を図った結果、うまく世代交代が進み、現在の姿があるように思います。

若者は目を見開いて適切な判断を

「俺たちは社畜じゃない」「会社はもっと俺たちを遇せよ」と不遇をかこつ若者たちは、その矛先を向ける方向を間違ってはいけないと思います。

上に述べたような会社の様々な改革に率先して反対しているのは、既得権益を持つ「働かないおじさん」だったりしませんか? 彼らはあなたからお金を搾取している張本人です。彼らと若手の皆さんは、利害関係が一致しているわけではないのです。

もちろん、これは話を極端にシンプルにしていますので、会社の置かれている環境によっては異なる事情もあると思います。しかし、世の中的に言われている「会社悪者論」「社員社畜化論」に簡単に流されるのべきではないことには変わりありません。

自分の目を見開いて、自分の会社においては、本当の問題はどこにあり、自分に害悪をなしているのは一体誰で、自分をサポートしようとしているのは誰なのかについて、適切な判断をされることを願っています。

この企業情報の記事作成

人事コンサルティング、採用アウトソーシング、新卒人材紹介を行う株式会社人材研究所 代表取締役社長。

関連する投稿


「コミュ障」でも面接に受かるには? ギリギリ許される方法はこれだ!

「コミュ障」でも面接に受かるには? ギリギリ許される方法はこれだ!

人前に出ると極度に緊張し、うまくコミュニケーションが取れない……。そんな悩みを持つ人もいるでしょう。「コミュ障」の人が採用面接で思ったような対応ができないと、人生を左右しかねません。面接の場で許されるギリギリの方法について、人材研究所代表・曽和利光氏がアドバイスします。

悩まないキャリアの歩き方


人気企業を目指す就活生に忠告! 自分に向かない会社には「早期退職」のリスクがある

人気企業を目指す就活生に忠告! 自分に向かない会社には「早期退職」のリスクがある

多くの学生が就職を目指す「大企業」。高い競争に勝ち残ってせっかく入った人気企業を短期間で辞めてしまう人がいます。それはなぜなのでしょうか。その理由をあらかじめ知っておくことで、自分に合わない会社に入ることを避けることができます。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第16回です。

悩まないキャリアの歩き方


「マネジメントに興味がない」と言う若い人たちへ――したい時には機会なし

「マネジメントに興味がない」と言う若い人たちへ――したい時には機会なし

スペシャリスト志向の若者が増える中、マネジャーになりたくないという人が増えているそうです。しかし需要があるのだから、機会があれば挑戦してみる価値があるという考えもあります。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第15回です。

悩まないキャリアの歩き方


女性差別が横行する日本企業 「組織図は別枠」「下の名で呼びコンパニオン扱い」

女性差別が横行する日本企業 「組織図は別枠」「下の名で呼びコンパニオン扱い」

東京医科大学が女子受験生を一律減点していた問題が発覚しましたが、日本企業にも、とても平成の時代とは思えない男女差別が残っています。キャリコネの口コミから、女性の訴えを拾ってみました。

働き方改革 働かないおじさん


「AI採用」で得をするのは、頭はいいけど暗い人? 印象評価からデータ重視の選考へ

「AI採用」で得をするのは、頭はいいけど暗い人? 印象評価からデータ重視の選考へ

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第14回。AI(人工知能)に仕事が奪われると危機感を煽る意見がある一方で、人間がやるよりも仕事の質が高まるという指摘もあります。それでは企業の「採用選考」はどう変わるのでしょうか。得をする人がいれば、もしかすると損をしてしまう人もいるかもしれません。

悩まないキャリアの歩き方


最新の投稿


「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

コンビニエンスストア「セブン-イレブン」のフランチャイズオーナーと本部が、24時間営業の継続などをめぐって対立するニュースが流れています。この背景には、セブン&アイグループの問題は関係していないでしょうか。第3四半期決算報告会の説明資料から読み解きます。

投資家向け


いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は、人事採用担当者の課題とされている「ダイバシティ」について考えます。組織における人材の多様性向上は疑うべくもない常識とされつつありますが、それは本当に正しいのでしょうか。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

今回は即席麺メーカーから日清食品HDと東洋水産の2社について比較します。朝ドラのテーマとして再注目されている日本が誇る即席麺業界について、今回は上場しているトップ2社の財務面から特徴を洗い出します。就職・転職活動の参考になれば幸いです。

業界研究


「ZOZO離れ」は深刻な問題なのか? 決算説明会資料から占う将来性

「ZOZO離れ」は深刻な問題なのか? 決算説明会資料から占う将来性

若者に人気のアパレルECサイト「ZOZOTOWN」に対する批判的な報道が、ここのところ相次いでいます。「ZOZO離れ」という言葉も見られますが、運営する株式会社ZOZOの行く先には本当に暗雲が垂れ込めているのでしょうか。同社の決算説明会の資料を参考に、情報を整理してみました。

ZOZO 投資家向け


ぐるなびの業績悪化は、楽天との資本業務提携で改善できるのか?

ぐるなびの業績悪化は、楽天との資本業務提携で改善できるのか?

「加盟店の解約増加で大失速」とネットで話題になっている株式会社ぐるなび。創業者の滝久雄会長は2018年7月、保有株式の一部を楽天に売って資本業務提携を締結しました。すでに会員の新規獲得数やネット予約件数で効果が現れているようですが、今後の見通しはどうなのでしょうか。

投資家向け


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300