【M&Aで海外事業を加速】パーク24(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【M&Aで海外事業を加速】パーク24(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パーク24は日本国内でコインパーキング「タイムズ」を展開している企業。現在は駐車場事業のほか、カーシェアリングサービスやレンタカー事業なども手がける。2017年4月、憧れの名車を貸し出すサービス「Service X」をタイムズカーレンタル名古屋駅前店でサービスを開始。今後、東京・神奈川・愛知で計10店舗を展開予定。


パーク24、豪州系企業買収 5カ国で駐車場事業

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ07HT5_X01C16A2000000/

 駐車場事業大手のパーク24は7日、オーストラリアなどで駐車場を運営するセキュア・パーキングのグループ会社を買収すると発表した。豪州やシンガポール、マレーシアなど5カ国で駐車場事業を展開する。株式の取

日本経済新聞:2016年12月7日掲載

1. パーク24ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

パーク24株式会社は、東京を拠点とする駐車場運営会社他を所有する持株会社である。

1-2 創業者と沿革

西川 清(にしかわ きよし、1938年6月7日- 2005年7月9日)は日本の実業家。
東証1部上場企業で駐車場運営・管理の最大手であるパーク24株式会社(資本金55億9,499万6,528円)の創業者。2004年1月からは取締役会長を務めていた。

沿革|企業情報|パーク24株式会社

http://www.park24.co.jp/company/history.html

パーク24株式会社の沿革ページです。1971年創業以来のパーク24の歩みをご紹介します。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社
東京都千代田区有楽町二丁目7番1号

パーク24グループ一覧|企業情報|パーク24株式会社

http://www.park24.co.jp/company/group.html

パーク24株式会社のグループ一覧ページです。グループ組織図や、タイムズ24、タイムズサービス、タイムズコミュニケーション、マツダレンタカーなどの情報はこちらからご確認ください。

国内外のグループ会社一覧

1-4 ビジョン・ミッション

パーク24グループ理念
▪快適なクルマ社会の実現

パーク24グループは、人とクルマと街との調和のとれた「快適なクルマ社会」を実現していきます。
「快適なクルマ社会」とはストレスのない移動手段を実現するクルマ社会だと考えます。この考えのもと、私たちは、お客様との相互理解を深め、「環境性」「快適性」を追求した新たなモビリティサービスを創造し続けることで、クルマ社会の持続的発展を実現します。
これによりクルマ社会にとってなくてはならない存在になることを目指し、全てのステークホルダーの期待に応えてまいります。

2. パーク24って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2016年10月期 1943億9800万円
2015年10月期 1796億9800万円
2014年10月期 1670億2200万円

▲営業利益
2016年10月期 214億5300万円
2015年10月期 187億3000万円
2014年10月期 175億5400万円

▲親会社株主に帰属する当期純利益
2016年10月期 139億6300万円
2015年10月期 115億4900万円
2014年10月期 103億8800万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高(自 平成27年11月1日 至 平成28年10月31日))
駐車場事業 1421億4200万円
モビリティ事業 522億5500万円

2-3 主力事業

駐車場事業
■ST(一般タイムズ/Standard Times)
個人・法人の土地オーナー様から遊休地などをお借りして運営しています。
建築物などに転用されにくい小型の駐車場(4~5台/約100㎡)を多く運営していることが特徴です。

駐車場事業
■駐車場管理受託
病院や行政などが運営する駐車場の緊急対応や機器メンテナンスといった管理業務を請け負うほか、警備研修を受けた社員を派遣する有人管理などを行っています。

モビリティ事業
■カーシェアリングサービス
会員登録をすることで、24時間いつでも、必要な時間(15分単位)だけクルマが利用できるサービスを「タイムズカープラス」のブランドで展開しています。タイムズ駐車場を活用し、積極的に拡大しています。

3. パーク24の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長 西川 光一

東京都生まれ。
1989年国士舘大学政経学部を卒業後、アマダ(現・アマダホールディングス)を経て1993年11月にパーク24へ入社。2004年1月、パーク24の創業者である父・西川清の跡を継ぎ、同社の代表取締役社長に就任。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%B7%9D%E5%85%89%E4%B8%80

3-2 発言、ブログ、エピソード

サービスをより便利に、より快適にご利用いただけるようサービス網の更なる拡大に取り組むとともに、駐車場・レンタカー・カーシェアリングを融合した新たなサービスの創出や、空いている土地スペースを有効活用したい方と確実にクルマをとめたいドライバーの方をマッチングする会員制駐車場サービス「B-Times」など、個人及び法人の会員様向けサービスの拡充を進めてまいります。

--経営者にとっていちばん大切なことは何ですか。

会社は自分の体の一部と思うことでしょうか。何かをするときも、自分の身を切る覚悟というか、会社と自分は一心同体という感覚で正々堂々とやらなければいけないのかなと思っています。

4. パーク24ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 2448名
単体 268名(平成28年10月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 36.6歳(平成28年10月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 6.8年(平成28年10月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 659万8000円(平成28年10月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

福満 大樹
タイムズ24株式会社 営業企画本部 関連事業部

現在は駐車場に付帯するサービスの企画・運営と、業務の効率化・品質向上を行っています。やりがいは大きく分けて3つ。1つ目は、各社と連携して事業を進め、お客様に喜んでもらえた上で収益が得られるという点。2つ目は、自分の成長を感じられる点。3つ目は仲間と考案した企画を進めることができる点です。苦しみを分かち合った仲間と味わう喜びは格別ですよ。

安部 健人
タイムズ24株式会社 タイムズカープラス事業部

現在はカーシェアリング車両の配置場所を探す仕事をしています。地元の不動産会社やマンション管理会社などへお話をし、カーシェアリングへの理解を頂き、商談をする。カーシェアリングを設置することは、地域の利便性の向上につながります。カーシェアリングは車がより身近になる交通インフラ。今、自分の力で新しいクルマ社会の常識や価値の創造に貢献できているということは誇らしいですし、とてもやりがいに感じています。

 

5. パーク24の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

▪パーク24グループに必要な人材
「とにかく熱い方。がむしゃらに、ひたむきに、挑戦する方。」と、私は考えます。
なぜなら、私たちはゼロから数々の挑戦をし、形作ってきた歴史があるからです。

▪挑戦者を待っています
『駐車場ビジネスはサービス業である』ということをグループ内の全員が共有し、グループ企業各社のリソースを活用することで、これからも未知への領域に積極的に挑戦していきます。
あなたもパーク24グループのドアを叩いてください。
そして、我々と一緒にこの日本に新たなイノベーションを起こしていきましょう!

パーク24グループの人材採用・育成方法については、各グループ会社のウェブサイトなどを参照してください。

5-2 育成に関する方針・施策

新入社員研修、フォロー研修、階層別研修、海外研修、e-learning、職種別研修

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

・給与 初任給予定額
大学院了/月給220,000円~230,000円(住宅手当を含む)
4年制大学卒/月給211,000円~221,000円(住宅手当を含む)

・昇給昇格 年1回
・賞与 年2回

6. パーク24出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報がありません。

7. パーク24の福利厚生は?

<保養所>ハワイ、舞子高原、箱根強羅、南紀白浜
<制度>従業員持株制度、財形貯蓄制度、永年勤続表彰(リフレッシュ休暇)、会員制福利厚生サービス『福利厚生倶楽部』、退職金制度

8. パーク24の中途採用は?

パーク24グループ採用情報

http://career.park24.co.jp/recruit03.html

パーク24グループの採用情報サイト。「パーク24を知る」「プロジェクトを知る」「人を知る」「ビジネスを知る」「採用を知る」というカテゴリーごとにパーク24グループについてご紹介します。また新卒採用情報、中途採用情報、アルバイト採用情報をご覧いただけます。

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1981年創業のインターネットおよび通信を主な事業基盤とするソフトバンクグループの持株会社。主なグループ企業にはソフトバンク㈱、ヤフー㈱、福岡ソフトバンクホークス㈱などがある。国内事業に加え、スプリントおよびブライトスターの子会社化により米国内での事業規模も大きく拡大。さらにインドや東南アジアなどへの投資を推進中。


【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。近年、クラウド事業をはじめとして、グローバル市場への展開を積極的に推進しており、海外売上高が拡大している。


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

家賃債務保証を中心に介護費保証や医療費保証など、さまざまな保証サービスを展開する企業。大手企業との協業や提携による強固な事業基盤を強みに、保証保有件数は年率130%超で成長し、2016年8月時点で24万件を突破。培った保証スキームでECや教育など生活に関わる多くの分野への展開を図り、日本の未来を支えることを目指す。


株式会社グローバルグループに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社グローバルグループに転職するなら知っておきたい情報まとめ

首都圏を中心に多数の保育所や学童クラブなどを運営する、子育て支援事業を行う企業。2015年に(株)グローバルキッズと(株)ろくの2社の持株会社として誕生した。「豊かに生きる力を育てる」を理念とし、独自のノウハウを活用した保育は保育士業界でも人気。2016年度末現在で、約100施設を運営している。


最新の投稿


株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

兵庫県尼崎市に本社を構える、チタン・ポリシリコン・高機能材料を製造・販売している企業。日本で初めてスポンジチタン製造の工業化に成功した、スポンジチタン界のパイオニア。また、ポリシリコン分野では、半導体グレード品としては世界トップレベルの製品を安定供給するなど、現代文明に欠かせない技術を有している。


株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバは、「モーター・制御・機構」の技術に長けている、自動車・二輪車用部品の製造、販売を手がける部品メーカー。グローバル展開を行っており、二輪スタータでは世界シェアの3割から4割を占めるトップ企業。培った技術を活かして、ライフサポート製品なども手掛けている。


スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社は、静岡市に本社を置く、電子機器・工作機械・精密部品メーカー。市場規模1000億円以下のニッチな市場においてシェアを確保するグローバルニッチ戦略を基本とし、海外売上高の割合が高く、2016年には全体の8割の売り上げが海外でのものとなっている。


キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社は、戦前精密時計を製作していた英工社の秩父工場を母体に、キヤノンの子会社として1954年に設立された精密機器を製造・販売する企業である。坂巻社長の発案で、会社から椅子を無くして業績を伸ばすなど先進的な試みを行っている。IT分野、情報セキュリティ分野にも進出している。


株式会社ユーシンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ユーシンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

貿易業から製造業に転じ、東証一部の会社となった。世界17ケ国に24の工場を展開し、自動車部品や農業・産業機械の部品を供給している。2013年にフランスのValeo社アクセスメカニズム事業を買収したことで、主力のキーセットは世界シェア首位となった。


wiget_w300 wiget_w300