人気企業を目指す就活生に忠告! 自分に向かない会社には「早期退職」のリスクがある

人気企業を目指す就活生に忠告! 自分に向かない会社には「早期退職」のリスクがある

多くの学生が就職を目指す「大企業」。高い競争に勝ち残ってせっかく入った人気企業を短期間で辞めてしまう人がいます。それはなぜなのでしょうか。その理由をあらかじめ知っておくことで、自分に合わない会社に入ることを避けることができます。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第16回です。


いま就職・転職は、新卒も中途も2倍前後の求人倍率が続いており、「売り手市場」「採用難時代」と言われています。さぞかし皆好きなところに入って、満足して働いているのではと思いますが、「新卒は3年で3割の人が辞める」という状態はあまり変わらないようです。

それは中小企業のことではないか、とおっしゃる方もいるかもしれません。確かに規模や業界で退職率にはかなり差がありますが、数は少なくとも、どんな人気企業にも早期退職者は存在します。それは一体なぜなのでしょうか。(文:人材研究所代表・曽和利光)

「ワン・オブ・ゼム」を不安に思う人もいる

まず、「ふつう」の早期退職理由は、すでにいろいろ調査されています。たいてい「上司や同僚との相性」など人間関係が最大の理由となっており、「人は会社を辞めるのではなく、嫌な上司の下を去るのだ」と言ったりします。

他にも多いものとしては、就職時に自分の希望業界に入れなかった人は「やりたいことがやれない」、待遇がよくない中小企業などに入らざるをえなかった人は「長時間労働など労働環境が悪い」という退職理由となりやすい。私もおおよそ同感です。

本稿のテーマは、これらのことが人気企業にも当てはまるのか、人気企業を退職する理由もそうなのか、ということです。

人気の大企業は中小と比べて給料が高く、経営も安定しています。名前を知られているので、名刺一つで「会ってみようかな」と、最初の信頼ぐらいは獲得することができます。規模が大きいため、社会に強い影響を与えるような仕事をすることもしやすいでしょう。

それでは、そんな企業を人はなぜ早期退職するのか、つまりデメリットはどんなことなのでしょうか。最もよく聞くのは「ワン・オブ・ゼム」感とでも呼ぶ感情です。大きな会社の一部分でいることは、多くの人には安心感なのでしょうが、それを不安に思う人もいるのです。

「勝ちパターン」「分業」が疎外感を助長する

会社が大きく安定するにつれ、相対的に個人の存在価値は減っていくため、重要感を感じられなくなる不安はわかります。「お前なんかの代わりなどいつでもいるんだ」感とも言えます。「もっと自分を大事にしてくれるところ、自分が価値を出せるところに行きたい」とも思う人がいる。これが、人気企業である大企業を辞める一つの理由です。

それを助長するのが、大企業の「勝ちパターン」です。いや、何らかの勝ちパターンがあるからこそ、大企業になれたと言ってもよいかもしれません。勝ちパターンがあることは、経営上では問題どころか大メリットです。

しかし、働く人にとって、勝ちパターンは自由度を妨げる足かせにもなります。勝ちパターンがある会社は、別に最前線の社員にいろいろ考えたり試行錯誤したりしてもらわなくて結構、言い換えれば「無駄に考えるな。勝ちパターン通りに愚直にやればよいのだ」となりがちだ、ということです。

勝ちパターンに沿ってやれば、成果がどんどん出るのでしょうが、自分の力で成し遂げたわけではないからと、それを手放しで喜べない人もいます。失敗しても、自分で考えてみたいというわけです。

さらに大企業は、勝ちパターンをさらに「分業」によって成果を向上させようとします。社員がそれぞれの仕事に集中するから効率化・専門化していき、生産性が高まります。

しかし、これも、働く人にとっては「仕事の幅を狭める」「全体感が持てない」「自分の仕事の意味がわからなくなる」と捉える人もいるでしょう。これらはすべて重要感を下げることにつながり、結果、早期退職を促す要素になります。

転職理由は「もっと成長できるところへ行きたい」

また、求人倍率の低い人気業界を見ると、すべてに当てはまるわけではありませんが、そのうちの意外に多くの会社が「規制産業」であることがわかります。規制に守られていることも、メリットとデメリットがあるのです。

リクルートワークス研究所の「ワークス大卒求人倍率調査」(2019年卒対象)によると、流通業は約13倍と非常に厳しい求人倍率です。一方、金融業は0.21倍、サービス・情報業は0.45倍と低い。サービス・情報業には、通信・放送・情報サービス・インターネット業界・マスコミ・広告・不動産・鉄道・インフラなど、いかにも人気企業がここに入ります。

一番わかりやすいのは、金融や放送局、通信やインフラなどでしょう。これらの業界は規制が厳しく、参入障壁が高い。事実上、独占・寡占状態の業界もあります。そのために、競争が相対的に穏やかで余裕がある。給料も高い、いい会社です。

こんないい会社のどこが嫌で辞める人が多いかというと「停滞感」です。こういう業界はあまり人が辞めません。それで、上が詰まっている。企業において競争は活力の源のようなものですので、競争がなければ人はなかなか精進しません。

そのため、社員のうちには年をとる毎に成長スピードが落ち、相当の年齢になれば成長が止まってしまっている人もいる。それを見ている若手は「ああはなりたくない」と思うのに、余裕のある会社は彼らに厳しい評価もせず、切ることもなく放置しておく。

結果、能力ある若手が見合った昇進ができない。これが人気企業の退職理由で最も多いものです。組織の停滞感が自己成長の停滞感につながり、「もっと成長できるところへ行きたい」という願望につながり、これもまた早期退職につながっていきます。

自分のタイプをきちんと分析しておこう

以上、かなり一般化して申し上げてしまいましたが(例外はたくさんあるでしょう)、人気企業にも述べてきたような、人によっては退職にまでつながるデメリットに感じることがあるということです。

まとめて言うならば、大企業や人気企業に行こうとする人は、自分が「こういう人」ではないか、きちんと自己分析しておくべきということです。こういう人とは、

●重要感を感じていたい、人から必要とされたい人
●真実自体よりも、真実を知る過程を自分でやってみたい人、試行錯誤がしたい人
●全体感を見渡せるような仕事をしたい、自分のやっていることの全体にとっての意味を知りたい人
●早く成長して行きたい、いわば生き急いでいる人

ということです。これらに当てはまるような人は、もしかすると、皆がうらやむような人気企業に入ったとしても、自分にはフィットせずに、早期に辞めることになってしまうかもしれません。人気企業に行こうとする人の参考になりましたら幸いです。

この企業情報の記事作成

人事コンサルティング、採用アウトソーシング、新卒人材紹介を行う株式会社人材研究所 代表取締役社長。

関連するキーワード


悩まないキャリアの歩き方

関連する投稿


「コミュ障」でも面接に受かるには? ギリギリ許される方法はこれだ!

「コミュ障」でも面接に受かるには? ギリギリ許される方法はこれだ!

人前に出ると極度に緊張し、うまくコミュニケーションが取れない……。そんな悩みを持つ人もいるでしょう。「コミュ障」の人が採用面接で思ったような対応ができないと、人生を左右しかねません。面接の場で許されるギリギリの方法について、人材研究所代表・曽和利光氏がアドバイスします。

悩まないキャリアの歩き方


会社は敵とは限らない 「社畜になるな!」に騙されるな

会社は敵とは限らない 「社畜になるな!」に騙されるな

会社を悪者にして「社畜になるな」と煽る人は、ネットにたくさんいます。しかし、会社や経営者は本当に敵なのでしょうか。本当の問題はどこにあり、自分をサポートしてくれる人が誰か、見誤ってはいけません。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第17回です。

悩まないキャリアの歩き方 働き方改革 働かないおじさん


「マネジメントに興味がない」と言う若い人たちへ――したい時には機会なし

「マネジメントに興味がない」と言う若い人たちへ――したい時には機会なし

スペシャリスト志向の若者が増える中、マネジャーになりたくないという人が増えているそうです。しかし需要があるのだから、機会があれば挑戦してみる価値があるという考えもあります。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第15回です。

悩まないキャリアの歩き方


「AI採用」で得をするのは、頭はいいけど暗い人? 印象評価からデータ重視の選考へ

「AI採用」で得をするのは、頭はいいけど暗い人? 印象評価からデータ重視の選考へ

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第14回。AI(人工知能)に仕事が奪われると危機感を煽る意見がある一方で、人間がやるよりも仕事の質が高まるという指摘もあります。それでは企業の「採用選考」はどう変わるのでしょうか。得をする人がいれば、もしかすると損をしてしまう人もいるかもしれません。

悩まないキャリアの歩き方


「なりたい自分」の諦め方 きちんと絶望するから希望が生まれる

「なりたい自分」の諦め方 きちんと絶望するから希望が生まれる

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第13回。日々の仕事に打ち込めず、「自分はここにいてよいのか」と悶々とする思いを抱えている人はいないでしょうか。そんな人たちに曽和氏は、自らの体験とともに、夢を「きちんと諦める」ことでようやく自分が「何か」に近づくことができると説いています。

悩まないキャリアの歩き方


最新の投稿


トヨタファイナンス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

トヨタファイナンス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車販売金融の事業を中心とした金融サービスを展開する会社。自動車メーカーの金融会社という強みを活かし、車の販売店と購入者に対して金融商品とサービスを組み合わせた、さまざまなソリューションを提案している。近年では、キャッシュレス社会の実現に向けた、決済サービスの展開に取り組んでいる。

愛知県 非上場 クレジット・リース トヨタグループ


パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

電気・電子などの各種機器に関するシステムの開発や、製造販売を行う会社。官公庁・自治体、金融の業界などの法人に対して、幅広い「パナソニック製品」と「ITソリューション」を組み合わせたシステムを提供している。ビジネスの現場で発生するリアルな課題を解決できる体制を強みとし、設計から構築・運用までを一貫して手がけている。

東京都中央区 非上場 パナソニックグループ ITサービス・ソフトウエア


パナソニック カーエレクトロニクス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

パナソニック カーエレクトロニクス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

カーエレクトロニクス専門販売会社。主に「Strada」「Gorilla」のカーナビブランドを扱うほか、ETCやドライブレコーダー、バッテリーなど幅広い商品を取り扱っている。近年では、業務用カーナビを使用した運行管理クラウドサービスの事業立上げや、映像システムの構築を行うなど新たな商品の提案活動に取り組んでいる。

東京都品川区 非上場 自動車関連 パナソニックグループ


福西電機株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

福西電機株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

パナソニック株式会社を親会社とする、総合エレクトロニクス商社。電設資材、電子機器、制御・通信機器などを取り扱う。住宅やビルなどさまざまな分野で、電材と呼ばれる照明や、分電盤などを提供する他、システムインテグレーションや設置、保守・運用サービスを行なっている。

大阪府 非上場 パナソニックグループ 電機・電子


アイジー工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

アイジー工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

山形県に本社を置く建築用外壁材・屋根材のメーカー。金属に特化した製品の研究開発、製造、販売をすべて一貫して自社で行う。2017年に金属製外壁材 [SF-ビレクト]でグッドデザイン賞を受賞。また、日経アーキテクチャの建材・設備メーカーランキング2018で金属サイディング部門1位を獲得など、独創的な挑戦を続けている。

山形県 鉄鋼・非鉄金属 非上場 住友商事グループ


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300