富士古河E&C株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

富士古河E&C株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1923(大正12)年に設立、神奈川県川崎市に本社を置く。2009年に古河グループとの統合によって、空調設備、上下水道、発電設備など新たに幅広い分野の設備技術をもつ企業となる。主力商品の売上は、年々増加傾向にあり、空調設備事業、電力・情報流通事業、海外事業が売上を伸ばしている。


1. 富士古河E&Cってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

古河グループに属し、上下水道・道路・電気鉄道などの社会インフラや、産業・エネルギープラント、産業建築と建築設備 の設計・施工を手掛ける企業。

1-2 創業者と沿革

大正12(1923)年10月 大型船の艤装電気工事、製紙機械の輸入及び修理、羅紗の輸入を主な目的として東京市麹町区に合資会社高千穂商会を設立
昭和13(1938)年 7月 株式会社組織(株式会社高千穂商会)に改め、電気工事の請負を事業の主体とする
昭和19(1944)年12月 富士電機製造株式会社(現 富士電機株式会社)が当社の全株式を取得
昭和25(1950)年 4月 商号を富士電気工事株式会社に変更
昭和34(1959)年 5月 本社を東京都港区に移転
昭和36(1961)年 4月 商号を富士電機工事株式会社に変更
昭和38(1963)年 7月 本社を横浜市鶴見区に移転

1-3 本社所在地とネットワーク

【本社所在地】
神奈川県川崎市幸区堀川町580番地
ソリッドスクエア西館

出典:
https://www.ffec.co.jp/company/outline/

1-4 ビジョン・ミッション

【基本理念】
 富士古河E&Cグループは総合設備企業としてお客様の満足を通じて社会に貢献します。

【経営方針】
・豊富な技術と積み上げてきたノウハウをベースに、エンジニアリングから設計施工、アフターサ
 ービスに至るライフサイクルを通じて、お客様に安心と信頼をお届けします。
・自然との調和を図るとともに、国際社会の一員として国内外の法令遵守と慣習その他の社会規範
 を尊重します。
・品質・安全を第一とする企業活動を通じて適正な利益確保を行い、その成果を株主、社員ならび
 に社会と分かち合います。
・社員を大切にし、働く意欲と情熱に溢れた社会に誇れる人材を育成します。

【行動指針】
・お客様の視点に立ち、熱い思いと誠意をもってお客様の期待に応えます。
・健康管理を怠らず、仕事にあたっては常に基本に戻って安全第一で考え行動します。
・法令、規則、社会的規範を守り、高い良識のある社会市民を目指します。
・変革に挑戦し、スピードと責任感をもって仕事に取り組みます。
・オープンコミュニケーションを大切にし、明るい笑顔のチームワークを実践します。

2. 富士古河E&Cの業績・主力商品・見通し

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2017年度 802億4500万円
2016年度 784億7200万円
2015年度 774億400万円

▲営業利益
2017年度 43億1100万円
2016年度 46億7000万円
2015年度 36億9200万円

▲(親会社株主に帰属する)当期純利益
2017年度 28億5700万円
2016年度 29億7000万円
2015年度 20億9200万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高
プラント事業 
2018年3月 215億円
2017年3月 221億円

▲セグメント別売上高
空調設備事業
2018年3月 230億円
2017年3月 206億円

▲セグメント別売上高
電設・建築事業
2018年3月 207億円
2017年3月 222億円

▲セグメント別売上高
電力・情報流通事業
2018年3月 64億円
2017年3月 51億円

▲セグメント別売上高
海外事業
2018年3月 70億円
2017年3月 61億円

▲セグメント別売上高
その他
2018年3月 14億円
2017年3月 20億円

2-3 主力事業

【空調設備事業】
工場などの産業用空調設備やデータセンターなどの特殊空調設備から、オフィス、教育施設、医療・福祉施設などの一般空調、給排水・衛生設備まで、様々な施設に応じた最適な環境を提供しています。
出典:https://www.ffec.co.jp/recruit/company/airconditioning.html

【プラント事業】
上下水道など私たちの暮らしに関わる公共施設、産業の基盤を支えるプラント設備、電力需要を支える発電設備など、幅広いニーズに合った設備を提供しています。

出典:
https://www.ffec.co.jp/recruit/company/plant.html

【電設・建築事業】
工場やビルなどの屋内外の電気設備工事や建物の新築・リニューアル工事、耐震補強工事などの設計、施工を行っています。
また、クリーンエネルギーである太陽光発電設備の導入支援・導入後のO&M(オペレーション・アンド・メンテナンス)を行っています。
出典:https://www.ffec.co.jp/recruit/company/construction.html

3. 富士古河E&Cの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長(執行役員社長)
日下 高
昭和34年6月3日生

出典:https://www.ffec.co.jp/assets/file/ir/library/certificate/h30_y.pdf

昭和57年4月 富士電機製造㈱(現 富士電機㈱)入社
平成13年7月 富士電機システムズ㈱エンジニアリング本部
業務部長
平成20年4月 同社取締役、経営企画本部企画部長
平成21年4月 同社取締役、経営企画本部長、輸出管理室長
平成22年4月 富士電機ホールディングス㈱(現 富士電機
㈱)エグゼクティブオフィサー、経営企画本
部経営企画室長
平成22年6月 同社取締役エグゼクティブオフィサー、経営
企画本部経営企画室長
平成23年4月 同社取締役執行役員、産業システム事業本部

平成23年6月 同社執行役員、産業システム事業本部長
平成24年4月 同社執行役員、産業インフラ事業本部長
平成29年4月 当社執行役員副社長
平成29年6月 代表取締役、執行役員副社長
平成30年4月 代表取締役社長、執行役員社長(現任)

3-2 発言、エピソード

グローバル化の進展や新興国を中心とした経済成長などを背景にエネルギーや環境問題が世界的に深刻化しております。国内では、東京オリンピックに向けた取り組みだけでなく、社会インフラや様々な設備の老朽化が進む中、IoTを始めとする省エネルギー、省人化や、働き方改革の取り組みなど、社会、産業の構造が大きく変わろうとしています。当社グループは、これまでに積み上げてきた技術と実績や、メーカー系総合設備企業としての強みを活かし、高い技術力によるワンストップソリューションで、さまざまな分野で時代の要請にお応えしてまいります。

2017年度は「働き方改革に取組み、持続的成長に向けた経営基盤を固める」を経営方針として、当社グループ全社員のより良いワークライフバランスの実現のため、2017年1月に設置した「働き方改革委員会」を中心に、社内の意識改革や現場業務の効率改善を図るとともに、人財育成やコンプライアンスの徹底など経営基盤の強化に努めてまいりました。 今年度は中期経営計画の最終年度であり、3年間の集大成として中期経営計画の完遂に努めるとともに創業100周年を迎える2023年を見据えた当社グループの新たな中長期ビジョンの策定に取り組むなど、より一層の企業価値の向上に努めてまいりますので、株主の皆様におかれましては、引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。

4. 富士古河E&Cではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

【連結】 1473人
プラント事業    ┐
空調設備事業    │
電設・建築事業   ├1369名
電力・情報流通事業 │
海外事業      │
その他       ┘
全社(共通)104名

【単体】 1124名
プラント事業    ┐
空調設備事業    │
電設・建築事業   ├1020名
電力・情報流通事業 │
海外事業      │
その他       ┘
全社(共通) 104名
(2018年3月31日現在)

4-2 平均年齢

44.4歳(単体、2018年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

19.3年(単体、2018年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

738万6989円(単体、2018年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

寺本 有優美
2015年入社
空調設備事業本部 空調設備事業部
1年間の研修終了後、空調設備事業部に配属され、現在、産業プロセス空調工事の現場で、現場代理人としての仕事に携わっています。
女性初の現場代理人というやりがいのある職に就けたのは、理解のある上司と先輩のおかげだと思っています。その上司から、「育休や産休などで現場を一度離れても、再び現場管理として働けるってところを見せて欲しい」とおっしゃっていただいたことがあり、それがそのまま私の目標になりました。女性も現場管理として一生涯携わることを、私が実証できたらと思っています。

松本 隆
2011年入社
プラント事業本部 電計プラント事業部
私は現在、電計プラント事業部で現場担当者として、工事を行うための施工図面の作成から、現場管理を行なっています。
研修時は、安全を確認する監視人だった私が、実際に計画する立場、設計・管理を受け持つことになったのです。不安はありましたが、内容や現場の雰囲気を研修で体感してきていたので、迷うことはありませんでした。初めて自分でやりきることで仕事全体の流れをつかみ、スムーズに仕事を終えることができたと思っています。

5. 富士古河E&Cの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

富士古河E&Cの仕事は、モノづくり。

90年以上の長い間に経験し、培ってきた技術力によって作り出されたものは
長い間人々の毎日の生活を力強く支えています。

施工管理の仕事は、1人でできる仕事ではありません。
仲間と共に情熱を持って仕事に取り組み、
完成した感動を仲間と分かち合えることが施工管理の原動力であると思います。

当社は、皆さんが活躍できる職場環境を万全に整えて、皆さんを迎えます。
1年間という長い研修期間を設けているのは、
『人財』の大切さを何よりも強く思っているからです。

あなたの力を、社会を支える強い力とするために
毎日の“あたりまえ”を創る・支えるエンジニアになってみませんか?
採用担当一同、お待ちしております。

5-2 育成に関する方針・施策

当社の一番の財産は「人財」。
そこで当社では、階層別、部門別、目的別の研修など、充実した教育制度を体系化。中でも、1年間にもわたる新人研修では、技術講習や現場実習、資格取得といったカリキュラムによって、エンジニアを育成します。これらの教育制度によって、施工管理技士、電気工事士など、多くの有資格者が現場で活躍しています!

【教育体系について】
・階層別教育
 恒常的に体系化された全社教育

 職責別教育
 各役職者が自身の職責を全うする上で必要となる基礎知識とマインドの習得を目的とした教育
 例:新任マネージャー研修…新しくマネージャーに就任した社員を対象とした研修

 世代別教育
 新入社員、新卒3年目、幹部社員、次世代経営層など、各世代ごとに求められるマインドや個人
 成長を促すことを目的とした教育
 例:リーダーシップ研修…主任となった社員を対象とした研修

・技術向上教育
 技術者育成および技術力向上を目的とした全社教育

 技術者育成教育
 必要とされる専門知識の段階的習得による技術者の育成を目的とした教育
 例:ジュニア研修…入社3年目の社員を対象とした研修

将来の施工管理監督者である技術系社員を育てるため、階層別教育の一環として技術系新入社員に1年間の研修期間を設けています。

【1年間の新人教育】
富士古河E&Cは新人研修期間を1年間設けています。

4月・5月 新入社員ビジネス研修・安全の基礎・重要基本作業・CAD・製図
6月・7月 現場実習、資材・部材・安全管理の習得
(現場実習1回目:6月~7月、2回目:10月~11月、3回目:1月~2月)
8月 技術教育・プレゼンテーション・企画
10月/12月 第一種電気工事士試験(10月:筆記/12月:実技)
3月 プレゼンテーション・企画・海外研修・英会話

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

【初任給】■2017年度実績
 修士卒:231,500円
 大卒、高専(専攻科卒)、能開大(応用課程卒):210,500円
 高専(本科卒)、能開大(専門課程卒):185,500円
【昇給】年1回
【賞与】年2回
【諸手当】 養育手当・残業手当・出張手当・資格手当・その他

6. 富士古河E&C出身者(OB・OG)にはどんな人がいる?

情報はありません

7. 富士古河E&Cの福利厚生は?

【独身寮】
 ワンルームマンションタイプ(バス、トイレ付)
 寮費(月額)
 25歳まで:10,000円
 30歳まで:15,000円
【社宅制度】
 転勤社宅・単身赴任社宅など
【家賃補助】
 新婚者向け家賃補助
【保養所】 
 新潟・苗場(新潟)、鎌倉(神奈川)、木曽駒高原(長野)
【社会保険】
 各種社会保険完備(健康保険・厚生年金保険・労働保険・雇用保険など)
【財産形成】
 財産形成貯蓄・住宅融資・社内持株会
【年金制度】
厚生年金、確定給付年金(企業年金)、確定拠出年金(日本版401K)

8. 富士古河E&Cの新卒採用、中途採用の求人は?

採用情報 | 新卒採用, キャリア採用 | 富士古河E&C株式会社

https://www.ffec.co.jp/recruit/

富士古河E&C株式会社の新卒採用、キャリア採用サイトです。会社の事業紹介から仕事の流れ、先輩の情報、教育制度、福利厚生まで、メーカー系総合設備工事会社である富士古河E&Cのことを知って下さい。

9. 富士古河E&Cのキャリコネ、Vorkers、転職会議、カイシャの評判の総合評価や他口コミ項目を見る

10. 富士古河E&Cの、業界平均と比較したホワイト・ブラック企業度は?

 

関連するキーワード


建設業 神奈川県 東証二部

関連する投稿


東芝ライテック株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東芝ライテック株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

LED電球・蛍光ランプ等の製造販売を行う会社。一般家庭用やオフィス、商業施設等の照明、大型施設の照明システムまで、さまざまな分野に提供している。平等院鳳凰堂のライトアップで「第33回照明学会日本照明賞」を受賞するなど、数多くの受賞実績を誇る。近年では、温室効果ガスの削減を目的としたLED照明の商品化に注力している。

神奈川県 非上場 電機・電子 東芝グループ


【業務用エアコン】東芝キヤリア株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【業務用エアコン】東芝キヤリア株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

業務用や家庭用の空調設備や換気扇、給湯器などを設計、製作、販売する会社。東芝の空調・設備事業部とキヤリア社(アメリカ)の合弁会社として、1999年に設立。日本全国に支社・支店を構える他、海外ではイギリス、タイ、中国などの世界各地に関連会社を設けグローバルに展開している。

神奈川県 非上場 電機・電子 東芝グループ


【最新版】神奈川労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

【最新版】神奈川労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

厚生労働省が2018年12月28日に公表した「労働基準関係法令違反に係る公表事案」(2017年12月1日~2018年11月30日公表分。いわゆる「ブラック企業」リスト)のうち、神奈川労働局管轄の一覧(最終更新日:2018年11月30日)です。

ブラック企業 神奈川県


東芝エネルギーシステムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東芝エネルギーシステムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

火力・原子力・自然エネルギーを使用した電力のサービスを提供する会社。株式会社東芝の創業以来培ってきた技術力を強みとし、電力エネルギーの安定的な供給に取り組んでいる。また電力を家庭や商業等の施設に届けるための送変電システムや、原子力技術を応用した重粒子線がん治療装置など、さまざまな事業も手がけている。

神奈川県 非上場 エネルギー 東芝グループ


株式会社ロブテックスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ロブテックスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

130年の歴史を持ち、「エビ印」ブランドの金属製品事業とゴルフ場等のレジャー事業を行うグループ会社。両手式バリカンを発明し理容業界に普及させたことが始まりと言われる。近年、金属製品事業の売上が特に好調で国内のみならず、海外にも売上を伸ばしている。1923年に設立。大阪府東大阪市に本社を置く。

大阪府 電機・電子 東証二部 レジャー


最新の投稿


三井物産セキュアディレクション株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三井物産セキュアディレクション株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都中央区に本店を置く、三井物産グループのセキュリティ部門を網羅する会社。情報漏えい調査、セキュリティ診断、セキュリティ監視、セキュリティコンサルティング、内部統制支援などを提供している。企業だけでなく官公庁や地方自治体への導入実績が多数あり、それぞれの業界に向けたサービスを展開させている。

非上場 東京都中央区 三井物産グループ セキュリティ


株式会社ジョイックスコーポレーションに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ジョイックスコーポレーションに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

「ポール・スミス」や「ランバン」「ヴィヴィアンウエストウッド」等の海外有名ブランドのアパレル製品の販売・企画を行う。伊藤忠商事株式会社の100%出資子会社である。アパレル業界が苦境を強いられる中、メンズ商品への強いこだわりのもと、堅調な売上を維持している。

東京都千代田区 アパレル 非上場 伊藤忠商事グループ


東芝三菱電機産業システム株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東芝三菱電機産業システム株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東芝と三菱電機から引き継いだ技術力を基に、パワーエレクトロニクス、回転機、エンジニアリングなどを開発・製造しさまざまな産業を支えている。製造業プラント向け電気設備の分野で、国内トップクラスのシェアを誇る。近年はグローバル展開に力を入れ、海外売上比率は3分の1が海外である。

東京都中央区 非上場 東芝グループ 電気・電子


株式会社荒井製作所に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社荒井製作所に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都に本社を置く、自動車部品メーカーである。バイク向けオイルシールの販売シェアは70%を占める。自動車のみならず農耕機械、OA機器、モータースポーツなど幅広い分野で製品を開発製造している。1981年にインドネシアに合弁会社を設立以来、アメリカ、中国など7か国に関係会社・製造拠点を構えグローバルに展開している。

非上場 東京都中央区 自動車関連


「ホワイト企業アワード」のエントリー企業を募集中 締切は1月31日

「ホワイト企業アワード」のエントリー企業を募集中 締切は1月31日

一般財団法人 日本次世代企業普及機構(通称:ホワイト企業普及機構)は2019年1月31日(木)まで、第4回「ホワイト企業アワード」のエントリー企業を募集している。応募対象は、ホワイト企業認定の理念に共感し、認定を取得する(あるいはすでにしている)企業。事業規模は問わない。

ホワイト企業


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300