採用ブランディングが今なぜ必要なのか。3つの理由と、その本質的な打ち手とは。

採用ブランディングが今なぜ必要なのか。3つの理由と、その本質的な打ち手とは。

母集団形成ができないという課題感が日に日に増すばかり。ダイレクトリクルーティングだ、リファラル採用だという流行りの打ち手はあるが本腰は入れられない。採用以外にもやるべきことがたくさんある。そんな忙しい人事担当者向けに今、御社の採用成功に必要な「採用ブランディング」というキーワードの読み解きを読了時間3分でお届けします。


採用ブランディングとは何か?

採用ブランディングとは、就職や転職を行っている求職者に対して、自社のミッションやビジョン、そして事業戦略や戦術を知ってもらい、自社への入社意向を高めてもらう採用におけるマーケティング手法のことを指します。


一般的に使われる「企業ブランディング」のうち、採用に特化した形で行うのが「採用ブランディング」です。そのため求職者に「この会社で働きたい」と思ってもらい、応募してもらい、入社してもらうことが、採用ブランディングを展開する上でのひとつのゴールとなりますし、究極的には入社した方が活躍しまた次の求職者に対して、リファラルマーケティングのような形で発信し、継続的に良い人材が集まり続けることが本当のゴールとなります。

今なぜ「採用ブランディング」が必要なのか?3つの理由

母集団形成の難易度は上がるばかり

労働人口の減少と(見た目上かもしれませんが)景気が継続していることもあり、有効求人倍率は高い水準で推移しています。求職者から見れば求人票はどこにでも落ちてある状態であり、よほどよい待遇や魅力的な内容の仕事内容でない限り、1つの求人に応募が殺到するということはありません。

面接を受けに来た求職者が自社のことを調べていない

求人がたくさんあるということは、求職者も一つひとつの求人票及びその募集会社に対してじっくりと調べる余裕が以前より少なくなったということを意味します。また、人材紹介会社などでは1人に対して50件、100件の求人を紹介することも珍しくなく、更に、「少しでも気になった求人にはすぐ応募しましょう」という勢いで背中を押すため、十分な下調べがなく面接に臨む求職者も後を絶ちません。

選考を進めても、選考辞退・内定辞退が止まらない

選考を進めている応募者に、「良い感触を持ってもらっているはず」と思っていたのもつかの間、選考辞退の連絡を突然にもらい、青ざめたという経験はありませんか。求職者は、選考を進めながら企業研究を進めます。使う手段は主にインターネットやSNS。ここでぼろがでると、採用するためのクロージングもむなしく、辞退意思を覆すことはできません。

採用ブランディングを行うために意識すべき重要なこと

急がば回れ。まずは社員のエンゲージメント向上を

新しいメンバーを迎えるための、採用ブランディングに取り組む前に今の従業員の会社や職場に対するエンゲージメントは十分でしょうか。どれだけPR予算をかけても、面談や面接で社員と接触することで本質的な会社のポテンシャルは簡単に見抜かれてしまいます。「こんな会社・職場で働きたい」と思ってもらうためには、まずは今いる社員にそう思われるような取り組みに力をいれましょう。

従来のPRでは片手落ち。活動後期ユーザーには中立メディアが有効

従来の採用ブランディングは、ホームページを綺麗に整え、ミッションやビジョンのコンテンツを充実させる。そしてそれをナビサイトのダイレクトメール等で届ける、といったことが一般的でした。


それらは就職・転職活動前期の求職者に向けたブランディング施策としては有効ですが、選考が進んだ段階ではもっと具体的でリアリティのある情報、例えば年収や福利厚生、働きがいの口コミ等を欲している求職者には別の届け方をする必要があります。


活動後期の求職者は、世の中に溢れる企業情報の中から「自分の意思決定の背中を押してくれる情報」を求め、中立的なサイトである口コミサイト、ニュースサイトやまとめサイトに情報を探しにくるのです。

これだけ押さえていればOK!採用ブランディング3つのサービス

PR Table

PR Table | 企業・団体の想いを届けるストーリーテリングサービス

https://www.pr-table.com/

PR Tableは企業・団体が“想い”を言語化し、ステークホルダーに伝えるために最適化したストーリーの作成・蓄積・活用サービスです。

活動初期のユーザーに、ブランドを届けるためにぴったりなサービスです。有料掲載期間中は、応募画面への直接誘導も可能です。サービス名にPRと入っているのでPRであることが誤解なく伝わります。

Wantedly

Wantedly(ウォンテッドリー)「はたらく」を面白くするビジネスSNS

https://www.wantedly.com/

Wantedlyは、運命のチームや仕事に出会えたり、人脈を広げ、ビジネスの情報収集に使えるビジネスSNSです。

ベンチャーの利用が多いイメージですが、最近は大手の企業も利用しています。ただし、コンテンツ作成のために従業員の協力はもちろんのこと、定期的に更新しないと埋もれてしまいます。

TENSHOCK

テンショック No.1 就職・転職企業まとめサイト TENSHOCK

https://tenshock.biz/

No.1就職・転職企業まとめサイト「テンショック」は、業績推移や社長プロフィール、社員の年収、人事制度、求人などを紹介します。人気企業に入りたい新卒・中途採用の面接対策に。

大手上場企業の情報を中心に、求職者にとって入社意思決定に必要な情報をまとめてある中立的なサイトです。まとめサイトに親和性の高い、20代の利用が80%です。SEOにも強く、更新に運用の手間がかからないことも魅力として利用企業が今急速に拡大しています。

まとめ

いかがだったでしょうか。巷には、採用ブランディングの手法が溢れかえっていますが、シンプルに言うとやるべきことは、たったの3つだけです。

1.現在の従業員の満足度を高める

2.就職・転職活動初期のユーザーにPR情報を届ける(知ってもらう)

3.同じく後期のユーザーには意思決定を後押しするような中立的なサイトを通して間接的に説得する

このページに訪れた人事担当者のあなたは、既に「自社の名前×転職」等のキーワードでTENSHOCKがSEO上位表示されていることを体験されています。貴社の選考に進まれている候補者の方も同じようにキーワードで検索して来ていることでしょう。

選考途中辞退、内定後辞退を防ぐための採用ブランディングは対策済ですか?中立的なサイトを使った、PRではない新しい形の「意思決定背中推し型採用ブランディング」を試してみませんか?

TENSHOCKの資料請求を行う

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


TENSHOCK 採用ブランディング

関連する投稿


【VRが最前線】「体験型採用ブランディング」のサービスまとめ

【VRが最前線】「体験型採用ブランディング」のサービスまとめ

優秀な人材の獲得、取りこぼしの予防が期待できる「体験型採用ブランディング」とは?従来の平面動画や写真による採用ブランディング手法とは異なり、「次世代の採用ブランディング」と言われる「体験型採用ブランディング」について解説します。

VR VR職場見学 VR採用 VR面接 体験型採用ブランディング 採用ブランディング


最新の投稿


屋台骨の「国内コンビニ事業」は大丈夫? セブン&アイHD 2019年2月期決算を読む

屋台骨の「国内コンビニ事業」は大丈夫? セブン&アイHD 2019年2月期決算を読む

株式会社セブン&アイ・ホールディングスは2019年4月5日、2019年2月期の決算を発表した。利益の大半を生み出す国内コンビニ事業が期首計画を達成できないなど、懸念材料は多い。2019年2月19日に5014円だった株価は、4月12日の終値で3830円まで下がった。

投資家向け


中小企業の事業承継支援で絶好調の日本M&Aセンターに「死角」はないか?

中小企業の事業承継支援で絶好調の日本M&Aセンターに「死角」はないか?

中小企業のM&Aを多く手掛ける、国内大手のM&A仲介会社「株式会社日本M&Aセンター」の業績が好調です。年間案件成約件数やM&Aコンサルタント数で国内トップの強さはどこにあるのか。将来性はあるのか。同社の決算説明会資料を参考に、情報を整理してみました。

投資家向け


就活は若者にとって「学びの機会」 採用担当者は「利己的な大人」になるな

就活は若者にとって「学びの機会」 採用担当者は「利己的な大人」になるな

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は、就活生に対する採用担当者の基本スタンスについて。自社で優秀な人材を採用することばかりを考えるのでなく、未来ある若者たちと接している自覚を持つべきだと提言します。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


2019年度は赤字計画! ユーザベースの有報から「大胆な挑戦」を読み解く

2019年度は赤字計画! ユーザベースの有報から「大胆な挑戦」を読み解く

B2B向けデータベース「SPEEDA」と、B2C向けメディア「NewsPicks」の両輪で事業を進めてきた株式会社ユーザベースが、2018年12月期の有価証券報告書を公表した。2018年7月に米「Quartz」を買収。業績好調の中、将来のさらなる成長に向けて「大胆な挑戦」を行う決断をしたようだ。

投資家向け


戦略事業に1400人増員! LINEの「2018年12月期通期決算」を読む

戦略事業に1400人増員! LINEの「2018年12月期通期決算」を読む

LINE株式会社は2019年1月31日、2018年12月期の通期決算を公表した。売上高は2000億円を超えたが、最終損益が赤字となったと報じられている。これを受けて株価は一時急落したが、すぐ反発。今後の経営の見通しはどうなるのか。

投資家向け


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300