日本食品化工株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本食品化工株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱商事グループの食品・工業素材メーカー。とうもろこしを加工し「でん粉(コーンスターチ等)」や「糖化製品」を研究開発・製造・販売するコーンインダストリーのパイオニア。製造された素材は食品だけでなく工業、医療、化粧品など幅広い業界で利用されている。1948年設立。


1. 日本食品化工ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

日本食品化工株式会社(にほんしょくひんかこう、Nihon Shokuhin Kako Co., Ltd.)は、食品用デンプン 及び 工業用デンプンや、異性化液糖等のメーカー

とうもろこしの一貫高度加工のパイオニア

1-2 創業者と沿革

1948(昭和23)年 7月 とうもろこしを湿式法によって処理するわが国で最初の事業を行うため、日本穀産化工株式会社(資本金1千万円)を設立し、本店を東京都千代田区に、工場を愛知県半田市に置いて発足
1949(昭和24)年 5月 社名を日本食品化工株式会社と改称
1950(昭和25)年 3月 半田工場(愛知県半田市)の操業を開始
1951(昭和26)年 1月 名古屋支店(現 名古屋営業所)を開設
1952(昭和27)年 6月 大阪支店(現 大阪営業所)を開設
1961(昭和36)年 7月 三菱商事株式会社と販売総代理店契約を締結
        10月 東京、名古屋各証券取引所市場第二部に株式を上場
1965(昭和40)年 3月 静岡県富士市に富士工場を新設

1-3 本社所在地とネットワーク

【本社所在地】
東京都千代田区丸の内一丁目6番5号
丸の内北口ビル20階

1-4 ビジョン・ミッション

■企業理念

1.コーンインダストリーのパイオニアとして、積極的に未来に挑戦し、知恵を尽くしてたくましく成長する企業を目指します。

2.全員で優れた「ものづくり」と「サービス」と「情報」を通じてお客様に常に信頼され、社会に貢献する企業を目指します。

3.人間を尊重し、生きがいと夢の持てる誠実な企業を目指します。

2. 日本食品化工の業績・主力商品・見通し

2-1 業績推移・見通し

▲売上高(単体)
第97期(平成30年3月) 481億9600万円
第96期(平成29年3月) 505億6200万円
第95期(平成28年3月) 552億7700万円

出典:
http://www.nisshoku.co.jp/cms/doc/pdf/5b3330e149f08_20180627153825.pdf

▲経常利益(単体)
第97期(平成30年3月) 11億2400万円
第96期(平成29年3月) 22億1400万円
第95期(平成28年3月) 8億4300万円

出典:
http://www.nisshoku.co.jp/cms/doc/pdf/5b3330e149f08_20180627153825.pdf

▲当期純利益(単体)
第97期(平成30年3月) 9億9700万円
第96期(平成29年3月) 17億5200万円
第95期(平成28年3月) 5億5700万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲事業部門別販売実績(2018年3月期)
 ・澱粉部門       132億4700万円
 ・糖化品部門      281億1400万円
 ・ファインケミカル部門 17億4900万円
 ・副産物部門      50億8500万円

2-3 主力事業

■糖化品部門
コーンスターチなどを酵素で加水分解すると最終的にぶどう糖になりますが、加水分解の程度や酵素を変えることによって、水あめ・シラップ、ぶどう糖、異性化液糖、オリゴ糖が生み出されます。
これらの糖化製品は、清涼飲料、酒類飲料、和・洋菓子、パン、調味料などの食品分野や工業分野でも利用されています。
当社では、糖化製品のさらなる機能を求めて新製品開発および用途開発研究を推進しています。

■でん粉部門
でん粉は、私たちの身の回りの様々なところで利用されています。
新聞紙、コピー用紙、段ボールなどの紙製品、ビール、ねり製品、揚げ物、パン、菓子などの各種飲料・食品、そして医薬品とその用途は多岐にわたっています。当社では、とうもろこしのでん粉「コーンスターチ」とキャッサバ芋のでん粉「タピオカでん粉」のほか、用途に応じて当社独自の技術により高品質、高機能が付加された各種加工でん粉製品も取り揃えています。

■副製品部門
とうもろこしからは、コーンスターチ以外にも種皮(グル-テンフィード)、たんぱく質(グルーテンミール)、胚芽油(コーンオイル)、濃縮浸漬液(コーンスティープリカー)が作られます。
とうもろこしの胚芽から搾った100%ピュアなコーンオイルは、サラダオイルや油脂製品の原料として利用されており、当社は国内で唯一、自社工場内で圧搾による搾油、精製を一貫して行っています。
また、グルーテンフィードやグルーテンミールは配合飼料の原料などに、コーンスティープリカーは医薬分野を始めとした微生物の培養などに利用されています。

■ファインケミカル部門
とうもろこしやコーンスターチなどのでん粉からは、さらに高度な特性を持った製品が開発されています。
輸液用の糖質として高純度に精製された「日本薬局方マルトース水和物」、「日本薬局方ブドウ糖」や、錠剤の賦形剤に使用される「日本薬局方トウモロコシデンプン」などは医薬分野で利用されています。
包接機能を持つ「環状オリゴ糖」(シクロデキストリン)は、安定化剤、粉末化基材、可溶化剤、乳化剤、消臭剤として、また、品質改善を目的として食品、医薬品、化粧品、農薬などさまざまな分野で利用されています。

3. 日本食品化工の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長
髙野瀬 励

昭和33年10月14日生

昭和57年4月 三菱商事(株)入社
平成16年6月 同社食糧本部油脂ユニットマネージャー
平成23年4月 同社農水産本部副本部長兼油脂ユニットマネージャー
平成25年4月 同社執行役員生活産業グループCEOオフィス室長
平成26年4月 同社執行役員中国生活産業グループ統括
平成28年4月 同社執行役員関西支社副支社長
平成30年4月 当社社長内部監査担当
平成30年6月 代表取締役社長内部監査担当(現)

3-2 発言・エピソード

当社はとうもろこしの一貫高度加工のパイオニアとして、「お客様のニーズと信頼にお応えすること」をモットーに、様々な業界への素材提供を通じて豊かな社会を築き上げるべく努力を重ねてまいりました。

創業から70周年を迎え、この間に蓄積された豊富なノウハウと技術力を生かし、厳格な品質管理の下、サービスとソリューションをご提供する提案型営業を通じて、食品、工業、医薬を始め幅広いお客様に製品を安定供給し、高い評価と信頼をいただいています。一方お客様の多様なニーズにお応えすべく、新機能、用途を有する高付加価値製品の開発を進め、新しい価値の創造に日々努力を重ねています。更には成長分野である海外事業の拡大にも注力し、当社グループの事業基盤の強化に努めています。

4. 日本食品化工ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

【単体】423名(臨時雇用者数:42名)
 澱粉部門   127名(同:13名)
 糖化品部門  144名(同:14名)
 ファインケミカル部門  42名(同:4名)
 副産物部門       34名(同:3名)
 管理部門        76名(同:8名)

(2018年3月31日現在)

4-2 平均年齢

39歳9ヶ月(単体、2018年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

16年8ヶ月(単体、2018年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

773万3000円(単体、2018年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

奥田 茜(2007年入社)
研究所 研究二課

研究所の一員として食品用の加工でんぷんの研究開発に取り組んでいます。特に担当しているのは、麺やフライ用の粉、惣菜、パン、飲料などに用いられるでんぷん。ラボスケールでの開発に始まり、次第にスケールアップしながら併設する工場での試作を行っていくのですが、通常は1年くらいの時間をかけてじっくりとモノ作りに挑んでいきます。

鈴木 敦士(2010年入社)
技術部 技術開発課

静岡県にある富士工場の工程改善及び新規工事に携わっています。3年目から本格的に工事の担当者となり、現場の要望を汲み上げ、必要な機器や部品のメーカーに問い合わせ、工事を発注し、据付後の動作確認をするという一連の流れを、責任を持って見ています。最近は「酵素等の副資材の削減の検討」「配管工事や工程の運用方法の検討」などをテーマにした改善を行っていきました。

5. 日本食品化工の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

当社は穏やかな社員が多く、“チームで仕事をする” という雰囲気があります。入社当初から大きな仕事が任され戸惑うこともあるかもしれませんが、壁にぶつかった時は、必ず誰かが手を差し伸べて助けてくれます。

また、約1カ月間の新入社員研修、特に工場での現場研修では、製造工場の最前線の業務を体験し、製造部門の従業員との絆を深めることができる良い機会となり、研修終了後の業務において非常に有益であると従業員から評価されています。

さらに、働きやすさは離職率の低さにも現れており、多くの従業員が新入社員で入社して定年まで勤務しています。

そんな環境の中で、積極的に社内外問わず周囲とコミュニケーションを取りながらじっくりと人間関係を築きつつ、困難をチャンスととらえ取り組んでいけるようなそんな方をお待ちしています。

5-2 育成に関する方針・施策

■研修制度
1.新入社員研修
社会人としての意識の切り替えを図り、マナーや仕事への取り組み方などの業務遂行の基本を取得
2.フォローアップ研修
入社してからの半年間を振り返り、仕事に取り組む意義を再確認すると共に、今後の目標設定、行動計画を作成
3.若手社員研修
入社5年目前後の社員を対象に、業務上の問題点の発見とその解決方法を学ぶと共に、関係者に働きかけながら主体的に仕事を推進する力を習得
4.中堅社員研修
入社10年目前後の社員を対象に、中堅社員に求められる能力と役割、職場のコミュニケーション力を身につけ、次世代を担う人材に必要な資質と職場のリーダーとしての自覚を促す
5.管理者基礎研修
初級管理者としての基本的な役割を認識し、部下や後輩に信頼され、第一線で活躍できる能力を習得
6.管理者研修
第一線監督者としての意識と行動を促し、部下の指導・育成などの管理者として必要なマネジメント能力を習得
7.新任ライン管理職研修
部下の能力開発促進に資する人事考課の仕組みやルール、具体的な手法など人事制度および諸規則を習得
8.ライン管理職研修
人事考課を行う意識と組織における役割を理解し、公平かつ納得性のある考課能力を身につけ、正しい運用に資する考課方法を習得
9.新任場所長研修
新任場所長として果たす役割や必要な知識を習得
10.キャリアアップ研修
(若手社員)自己のキャリアを見つめ直し、更なるステップアップを目指す、また、自己のライフプランを踏まえ、キャリアビジョンを描く
(管理職候補社員)将来の管理職としてのマネジメントスキルおよびマインドを習得

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

■基本給
<2017年4月初任給実績(月額)>
(大学院了)205,375円
(大学卒)189,000円
(短大・高専卒)171,000円

■モデル月収例
<2017年4月初任給実績(月額)>
(大学院了)
本社勤務者 237,675円(都市手当と住宅手当32,300円含む)
営業所勤務者 236,175~237,175円(都市手当と住宅手当30,800~31,800円含む)
工場・研究所勤務 215,175円(住宅手当 9,800円含む)
(大学卒)
本社勤務者 221,300円(都市手当と住宅手当32,300円含む)
営業所勤務者 220,800~221,800円(都市手当と住宅手当30,800~31,800円含む)
工場・研究所勤務 198,800円(住宅手当 9,800円含む)
(短大・高専卒)
本社勤務者 203,300円(都市手当と住宅手当32,300円含む)
営業所勤務者 201,800~202,800円(都市手当と住宅手当30,800~31,800円含む)
工場・研究所勤務 180,800円(住宅手当 9,800円含む)

※社宅・寮入居者は住宅手当不支給

■諸手当
住宅手当、親族手当、都市手当、通勤手当、時間外手当ほか

■昇給
年1回(7月)

■賞与
年2回(6月、12月)

6. 日本食品加工出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

児嶋 準一(こじま じゅんいち)
NPOコミュニティ・シンクタンクふじ理事長

1961年熊本大学工学部卒業後、日本炭鉱(株)入社。同年10月日本食品化工(株)入社。87年研究部長、90年取締役水島工場長、91年取締役技術管理室長、93年取締役富士工場長、94年常務取締役富士工場長を経て98年専務取締役、2000年顧問に就任。02年退職後、03年4月NPOコミュニティ・シンクタンクふじ代表。NPO法人のリーダーとしてボランティア活動を始める。同年10月から理事長。65歳。

7. 日本食品加工の福利厚生は?

独身寮、社宅、独身者帰省制度、永年勤続旅行制度、住宅資金融資・利子補給制度、財形貯蓄制度、資格取得支援、各種クラブ活動ほか

8. 日本食品加工の新卒採用、中途採用の求人は?

9. 日本食品化工のキャリコネ、Vorkers、転職会議、カイシャの評判の総合評価や他口コミ項目を見る

10. 日本食品化工の、業界平均と比較したホワイト・ブラック企業度は?

 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【臨床試験を支援】(株)アイロムグループに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【臨床試験を支援】(株)アイロムグループに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

先端医療事業・SMO事業・CRO事業・メディカルサポート事業の4つの事業を軸に医療サービスを提供する企業グループの持株会社。製薬企業の開発ニーズに答え、全国に提携施設を持っている。創業以来の基盤領域でのノウハウを活かし、高度専門医療への治験業務拡大が最大の事業となっている。

東京都千代田区 東証一部 製薬 アイロムグループ


ジャパンファームホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ジャパンファームホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

鶏肉、豚肉、農産物の生産・加工を行っている企業。設立後に「ジャパンファーム方式」といわれる事業ケースを確立。1988年には厳しい衛生基準をクリアし、日本ケンタッキーフライドチキン株式会社の「認定工場第一号」となる。現在、チキン事業の年間生産処理羽数は4,100万羽を超え、養豚事業では年間出荷頭数が18.9万頭を超える。

三菱商事グループ 非上場 鹿児島県 食品・飲料


株式会社メタルワンに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社メタルワンに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱商事株式会社と双日株式会社によって生み出された、業界No.1の鉄鋼総合商社。日本国内のみに限らず、世界各国に拠点やグループ会社を持つ。2019年1月には、住友商事と国内鋼管関連事業を統合して作られる新会社「住商メタルワン鋼管株式会社」が設立される。鋼管専門商社としては国内最大規模となる見通しだ。

東京都千代田区 非上場 三菱商事グループ 商社


日本和装ホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたいまとめ

日本和装ホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたいまとめ

創業35年、全国で無料のきもの着付け教室を展開し、きものの販売仲介を行っていている業界の大手企業。教室を卒業した生徒は17万人にのぼり、卒業生を対象としたイベントにも力を入れている。また国内外にグループ会社が7社あり、着物小物の販売や、男性に特化したきもの販売を行う店舗もオープンし顧客を広げている。

東京都千代田区 東証二部 アパレル


エムシー・ファーティコム株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

エムシー・ファーティコム株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

農業分野を中心とした肥料の開発生産や販売を行う会社。三菱商事株式会社の傘下であり、肥料グループとの一体性を持つ。肥効調節型肥料、省力型肥料等の特殊な技術が必要不可欠とされる機能性肥料を主に手がけている。近年では、研究開発の拠点を、つくば市の開発センターに集約し、機能性肥料の「伸びる肥料」に注力している。

東京都千代田区 非上場 化学・繊維 三菱商事グループ


最新の投稿


【臨床試験を支援】(株)アイロムグループに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【臨床試験を支援】(株)アイロムグループに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

先端医療事業・SMO事業・CRO事業・メディカルサポート事業の4つの事業を軸に医療サービスを提供する企業グループの持株会社。製薬企業の開発ニーズに答え、全国に提携施設を持っている。創業以来の基盤領域でのノウハウを活かし、高度専門医療への治験業務拡大が最大の事業となっている。

東京都千代田区 東証一部 製薬 アイロムグループ


株式会社玉造に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社玉造に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

主に極厚鋼板や特殊鋼板の加工品を販売をする会社。全国で手がけている企業が少ないとされる厚板の加工製品を、大量に生産できることを強みとする。また溶断を得意としているほか、顧客の要望に応じて短納期や小ロット、特殊型加工の対応も可能とする。溶接後は建設業をはじめ産業や造船、プラント、橋梁などの幅広い分野へ供給している。

大阪府 非上場 三菱商事グループ 鉄鋼・非鉄金属


【平均年収727万円】日本信号の給与が高いのはなぜなのか

【平均年収727万円】日本信号の給与が高いのはなぜなのか

日本信号の年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業は自動改札機や鉄道制御システムも手掛ける日本3大信号会社のトップメーカー日本信号です。

年収 日本信号 電気機器


 東京国際エアカーゴターミナル株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京国際エアカーゴターミナル株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京国際空港(羽田空港)において、国内外航空会社の国際航空貨物の輸出入取扱や、ターミナルの管理・運営を行っている。国際貨物ビルを2つと、定温庫を備えた生鮮棟を有している。2006年に東京国際空港 国際線地区貨物ターミナル整備・運営事業の民間事業者として選ばれ、三井物産株式会社により設立。

東京都大田区 空運 非上場 三井物産グループ


株式会社成城石井に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社成城石井に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

輸入・販売、仕入・製造まですべて自社で行える独自の仕組みを持つスーパーマーケット。「食へのこだわり」を大切に商品展開し、プロの調理人が作ったお惣菜を販売。2017年には関東地方を中心に140店舗を展開し、2013年よりワインバー「ル・バーラ・ヴァン52」の運営を開始している。

神奈川県 小売 非上場 三菱商事グループ


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300